CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 竹炭の使い方 | Main | 炭窯作り »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
第101話 「竹の春」に竹を伐る[2008年09月21日(Sun)]


 俳句の季語に「竹の春」「竹伐る」があります。季語は季節と結びついて、その季節を表すと定められている語です。「竹の春」「竹伐る」は「秋」の季語ですが、「竹の秋」は「春」ですから、逆になっています。

 歳時記をめくると「竹の春」には「竹は秋になると緑鮮やかに繁茂するので、この言葉が生まれた」とあり、また「竹伐る」では「木六、竹八といって、竹の性のよいのは陰暦の8月ころで、その頃から陰暦の1月ころまで竹を切る。そのころの竹は最も質が良い」と解説しています。

 この「竹の春」の時期、今年は9月9日から11日までの3日間、質の良い竹を間伐して炭材にするために、名神高速道路茨木インターチェンジ近くの竹林で行いました。

 「竹の春」に行った竹の間伐の話題をまとめてみました。


「竹の秋」

 歳時記の「竹の秋」には、『竹秋』『竹の秋風』などがあり、3,4月ころになると地中の筍を育てるために古い葉が黄ばんでくる。他の草木の秋の様と似かよっているのでいう、と書いています。

 Bamboo home pageの「竹の成長」の中で、
「竹の秋ってどんな現象?」をみると、
 
 「竹類は、紅葉している葉はすでにほぼ1年間の働きを終え、そして枯れ、落葉しようとしている葉です。このような状態の時に竹林の『竹の秋』が見られるのです。竹類はほぼ毎年新しい葉に更新します。その更新時に竹は紅葉します。しかも、ほんの短い期間ですから、その紅葉に気付かないこともあります。しかし、落葉樹のように、すべての葉が一時に落ち、葉のない時期があるのではありません。紅葉している葉の付け根の小枝からすでに新しい葉が針状に伸びています。この新しい葉は紅葉している葉が落ちると同時に開き、同化作用を始めます。したがって、竹類は常緑です」と説明しています

 今年の4月から6月まで毎週水曜日に万博記念公園の竹林の前を通る機会がありましたが、竹の葉っぱが紅葉していることには全く気がつきませんでした。
むしろ4月下旬から出始めた筍の成長の速さに目が向いていました。

 写真1は筍が出始めたころから、2週間の成長を写しました。




   写真1上段:4月30日筍が出始めた
       中段:5月7日すくすく伸びた若竹
       下段:5月14日大きく伸びすぎて少しバックして写す


竹は1日にどのくらい伸びるか?

 上記の写真では、筍の成長していく過程で竹は1日にどのくらい成長するのか、1週間ごとにデジカメで定点撮影を試みました。しかし、きっちりと計測するならともかく、デジカメ程度では定点での撮影がカメラに収まらず見事に失敗しました。

 その後、大阪自然保全協会主催の「竹林の講義と実地見学」が7月6日京都大学・桂キャンパスで行われ、フィールド科学教育研究センター里域生態系部門・里山資源保全学分野・柴田昌三京都大学教授から、竹林に関する話題を聞くことができました。

 スライド説明で1日の伸長量を書き取りましたが、出典を記録しそこないました。ネットで検索してみると同じ伸長量だったので、上田弘一郎先生の調査が出典だろうと思います。それによると、
  6月20日  21cm
  6月21日  91cm
  6月22日 121cm
  6月23日 105cm
  6月24日  91cm
  6月25日 106cm

 ギネスブックに掲載されているマダケの1日の伸長量は121センチ、モウソウチクでは24時間に119センチ伸びたという記録が残っているそうです。

 上記Bamboo home page「破竹の勢い」の中で、「何故そんなに伸びるのか?」には「竹の生長は2カ所で起こる。一つはタケノコの頂点で、そこには成長点があり、そこで細胞分裂して上方に伸びる。もう一つは、一つひとつの節の真上にある成長帯であり、ここで新しい細胞が増えるのであり、むしろ、この方が全体の伸びに強く関係しているのである」。

 その伸び方の説明に提灯を例に挙げて「提灯を引き上げることは、それぞれの蛇腹の部分を伸ばすことである。タケノコも同様に、それぞれの節は提灯の蛇腹に相当していて、それぞれの節間が伸びることによって全体が伸長するのである。つまり、トップの高さはそれぞれの節の伸長量と頂点の伸長量とのト−タルなのである。単純な計算例を言うなら、例えばタケノコに20個の節があり、それぞれの節間が5センチ伸びたとすると、ト−タルでは100センチの伸びとなる」と説明されています。

 柴田先生の講義では「細胞分裂だけでなく、風船みたいに圧力がかかっている」という説もあるといわれていました。


整備された竹林と整備されていない竹林

 「竹林の講義と実地見学」では、午後から周辺の竹林で
整備されていない竹林と整備された竹林(京都土の塾)を見学しました。

 写真2上段はこの付近に広がっている竹林の全体を写しました。かつては筍の産地として竹林の整備もされてきましたが、旧住宅都市整備公団が大規模な住宅団地計画で買い取られ、その後のバブル崩壊などで京都・洛西地区の竹林が永年放置されてきました。

 写真2中段は整備されていない竹林の中へ入っていきました。薄暗くなんとも不気味な感じがします。これでも30%は間伐したそうですが、鬱蒼としています。写真2下段は「京都土の塾」が「たけのこプロジェクト」を立ち上げ、整備された竹林です。

 整備されていない竹は全般に太い竹が多いのに比べ、整備された京都土の塾の竹林は細いのです。
 
 柴田先生は「放置された竹は生存競争で勝った竹がぐんぐん伸びるのに比べ、整備されると竹はストレスであまり大きく太らないのだ」と説明がありました。


 「植物がストレスを感じる」という話は、以前「トマトなどの水耕栽培でモーツァルトの音楽を流して収穫を上げている企業の話題を調べたことがありますので、別の機会に取り上げたいと思っています。




   写真2上段:竹林の全景(7月6日撮影)
       中段:整備されていない竹林(7月6日撮影)
       下段:整備された竹林(7月6日撮影)


「竹の春」の竹林の中

 8月23日の雨の降る日に、茨木市内の竹林へ事前調査に出かけました。かつての炭やきでは障壁を設けていなかったので、炭材は70センチとしていました。障壁を設けると収炭率があがり、窯内の空気の流れも良いと判断し、障壁のレンガの厚み等を差し引いて炭材の長さを60センチとしてきました。

 今回はその中間を取って炭材を65センチにしました。65センチ×3=195センチが現地から運び出す竹の長さです。
間伐した場所からトラックに積みこむ場所までの約300メートルの間はリヤカーで小運搬すること、車の駐車場所など詳細に地主さんと話し合い、9月9日から3日間間伐作業をすることにしました。

 事前調査のとき藪蚊がやたらに多いことが気になりました。間伐作業の3日間、朝夕は涼しい好天でしたが、竹林に入ったと同時にびっくりするほど藪蚊がいっせいに集り、蚊取り線香をくゆらしてやっとおさまりました。注意すべきことは、作業中は腰に携帯用蚊取り器を取り付けていましたが、枝払いなどの力仕事で、蚊取り器が開いて火が地面に落ちたことが3日間で3回ありました。線香は湿気の少ない枯葉だったので火は消えていませんでした。みんなで手分けして大事に至らずに済みました。これだけ多い蚊の発生源は竹の切り株に溜まった雨水だろうと思われます。

 写真3は気持ちの良い晴れた空を見上げて青々とした竹の葉っぱの茂った様子を写しました。まさに竹の春といった感がしました。この竹林では3年ほど前までは手入れをしていたそうですが、今では密集し肉厚の太い竹をたくさん間伐できました。




   写真3 青々と茂ったモウソウチク(9月10日撮影)

竹を伐る

 この竹林では今後筍を取るために、間伐では4,5年経った竹をできるだけ根元から切ることにして、作業の効率を考えてチェーンソー2台で間伐しました。



    写真4 チェーンソー使っての間伐作業

 数本重なり合った竹が多くあったので、写真5のようにそのうちの年数の経った太い方を伐るようにしました。



     写真5 重なって生えた竹が多い

 間伐3日間とも14人ほどが参加しましたが、間伐し、寸法に切りそろえ、寸法測定や枝払い作業が追われっぱなしになりました。1.95メートルに切りそろえた竹を1回70本ほど積み込み、4回半運びました。これで、約300本×3の炭材が確保できました。

竹を詠んだ俳句

 竹と季語を調べたので、竹の春、竹の秋を詠んだ有名人の俳句を探してみました。

  唐門の赤き壁見ゆ竹の春       高浜虚子
  初冬や竹伐る山の鉈の音       夏目漱石
  竹の春水きらめきて流れけり     成瀬桜桃子
  観覧車より東京の竹の春       黛まどか
  竹の春いつもの位置に父の椅子   角川春樹

 ネットでwww15.ocn.ne.jp/~kamido/haiku/takenoharu.htm「竹の春、竹の秋という季語」を読むと、「竹の春や竹の秋はとても強い心象の季語である。そのため、その前後に具象をもってこなければなかなか俳句にならないように思える。これらは、これだけで味わえそうな雰囲気のある季語であり、他に何をもってきても全体として味わいのある俳句にはならないように思えるのである。とても難しい季語である……才能のない人はあまり手を出さない方がよさそうである」と書いていました。  
                                         (平成20年9月21日)


第33話 竹林の間伐作業[2007年09月11日(Tue)]

  昔の人々の生活の知恵を、語呂よく人の名に例えて、木六竹八塀十郎(きろく たけはち へいじゅうろう)という言葉があります。木は陰暦六月に切るがよく、竹は八月に切ると性がよい。土塀は乾燥した十月に塗るのがよいという意を、人名に擬した言葉です。

 この言葉の9月(新暦)を待っていましたとばかりに、10日に竹林の間伐作業を行いました。昨年から今年の2月に採取した竹炭用炭材の残量が少なくなり、冬に竹炭やきをするには、乾燥期間をいれればもう待ったなしの状況かもしれません。
平日でしたが、勤めている人は少ないこともあって12人が参加しました。


皮手袋をはめて作業をしてください!

 今年の2月13日の竹林の間伐作業で枝払いをしていた私は、左薬指の先端を鉈で思いきり打ちおろしてしまいました。ゴムを張った布製の軍手をしていましたが、前日砥石で研いだ鉈は鋭い切れ味で、軍手の布などスパッと切れてしまい爪でかろうじてとまりました。汚れた手袋だったせいか、切断した骨に細菌がはびこって再度手術する羽目になりました。

 その後、8月4日の「暑気払い・ソーメン流し」のとき、私と怪我の話をしていたKさんが皮手袋の傷を見せてくれました。その1週間前の活動日の午後からの作業で少し疲れが出ていたのか、鉈で左親指の付け根をたたいてしまったそうです。




     写真1 鉈を振り下ろしたが、皮手袋で怪我にならなかった事例

 写真1でわかるように、親指の付け根辺りに白い傷が入っています。
皮手袋をしていたおかげで、私のように生身の手に届く前に皮手袋で食い止めてくれたのです。

 今日の竹林の間伐作業の朝礼では、こうした怪我の事例があっただけに、代表から「作業には皮手袋をはめておこなってください」と注意がありました。


枝打ち作業には鉈を使わなくてもできます

 私の傷は治りましたが、4ヶ月も包帯で固定していたために、未だに中指、薬指は曲がったままです。今では鉈はこわくて使っていませんが、写真2のような剪定はさみで孟宗竹の枝を切ることができました。



 昨日の竹炭やきで竹林の間伐作業の道具の準備をしていた役員から、生の竹なら剪定はさみで切るほうが鉈や鎌で振り下ろすより安全だし、力も要らないと教えてもらいました。


間伐に伴う雑作業

 竹林の間伐作業は、写真2で見られるように竹を切って竹林から広場に引きずり出し、運搬しやすく、60センチの炭材の3倍の180センチに切りそろえます。

 邪魔な枝は鉈や鎌のほかに私のように剪定はさみで切り取ります。
180センチに切りそろえた竹は、集積地まで人力で運びます。そして、さらにトラックの場所まで運びやすいように3,4本毎に紐でくくって束にする作業もあります。散らばった枝は、運搬の邪魔になるので集めて通路を確保しなければなりません。

 メインの竹を切り倒す作業をスムーズに進めるために影で支える雑作業が結構あるものです。




写真2 切り取った竹をロープで安全な場所へ誘導する作業

間伐前と間伐後




       写真3 間伐作業に入る前の竹林の状況

 写真3は間伐する前の10時過ぎの竹林の状況です。  
 この斜面を登った奥は薄暗く、今年竹の子から成長した1年目の竹から2年、3年、6年以上経った竹は緑色を失って茶色になっていました。




        写真4 間伐した後の竹林の状況


 写真4はその2時間後の12時前に写した同じ場所の竹林です。午後からもまだ作業が続きますので、もっとすっきりした竹林になっていることと思います。
 



8月4日の「暑気払いソーメン流し」のとき切り出した青竹の中に水がずいぶん溜まっているのを見て不思議な感じがしましたが、それから1ヶ月強過ぎた今日、切り取った竹の中には水が溜まってはいませんでした。

 木六竹八塀十郎とはうまい言葉で、私たちにはまだまだ残暑の厳しさだけが目立つ9月ですが、竹は季節の変化を敏感に感じ取って「竹八」になっているのでしょう。
 そして、来年の子孫、竹の子のために、唐傘をさせるほどの広さに間伐してほしいと訴えているような気がしました。


(平成19年9月11日)

ニュージーランド高校生が竹林の間伐作業を![2007年07月24日(Tue)]


 前回近所に住む外国人が竹炭を使い始めたことを書きました。このことに関連して2年前にニュージーランドの高校生と一緒に竹の間伐作業をしたことを思い出しました。
 少し古い話題ですが、作業そのものは今でも全く変わっていませんので、彼等と一緒に作業したことを書きます。

箕面市とニュージーランドハット市
 
 インターネットの箕面市文化国際課:国際協力都市ハット市によると、
 平成7年(1995年)7月16日、箕面市とハット市は以下の国際協力都市提携を盟約しました。以来、両市の市民の間では、さまざまな交流活動が活発に行われています。
 箕面市とハット市による国際協力都市提携の盟約によると、
日本国箕面市とニュージーランド国ハット市は、次の事項について、市民が主役の国際交流を深めることにより、両市の市民がお互いに心から理解できることをめざす国際協力都市となることを誓います。
1.教育についての交流を進めます。
2.お互いの文化の違いを知り、理解するための交流を進めます。
3.地域社会が抱えているさまざまな問題を、ともに学び、より良い社会をつくるため  
  の提言をします。
4.人権を大切にし、環境を守るなど、地域 
  全体が抱えているさまざまな問題を、ともに学び、平和な社会をつくるための提 
  言をします。
5.多くの市民がお互いに両市を訪問し、また経済的な交流を進めることにより、 
  市民一人ひとりの生活を豊かにすることを進めます。


 ところで、近所のSさんはニュージーランドで生活されておられたことから、現在箕面市・ハット市友好クラブで活躍されておられます。
 Sさんからハット市のパンフレットをお借りして街の景色をスキャナしてみました。
 Sさんの話では、「首都ウェリントンとハット市は、大阪市とその郊外の箕面市のような位置関係にあり、山あり、川あり、海がある美しい街です」と話してくれました




ハット市の高校生と竹の間伐作業
 
 私たちクラブの「活動記録写真集」をめくってみると、「2005年10月4日箕面市国際交流協会の依頼を受けて、New Zealand Hatt市の高校生受け入れる。女子3名、男子2名」と記録していました。
 作業場所は、箕面市社会福祉法人あかつき特別養護老人ホーム内で、私たちが年に3回は果樹園やその周辺で草刈している場所のすぐ横の竹林です。



 いつもの活動日と同じように、作業内容、安全上の注意をした後、彼らに英語で自己紹介してもらいました。その内容は代表のKさんが意訳してくれました。

 ヘルメットの着用指導をした後、研修生1人に会員2名が、のこぎりや鉈の使い方を教えました。




 長く伸びた竹を根元から切ってロープを使って竹林の隙間に安全に倒す作業、倒した竹を鎌や鉈を使っての枝打ち作業、窯に入れる寸法の3倍で、トラックに積める長さ2.1メートルに切りそろえる作業、それらを積み込みできるヤードまでの運搬作業を学んでもらいました。


             やっと一人でのこぎりが引けるようになりました

初めて体験した間伐作業の感想
 
 午前中で作業を終え、炭窯のあるクリーンセンターへ移動しました。
 折から雨が降り出しましたが、日よけ、雨よけになる自慢の10メートル×10メートル四方のシートを引っ張り出した下での昼食でした。



 昼食後、コーヒーを飲みながら、彼ら一人ひとりから感想を述べてもらいました。
 2年前のことで記憶があいまいなので、前代表のKさんに当時のことを聞きました。
 「箕面市にやってくる海外からの学生たちは、ボランティア活動では介護施設を訪問して研修を受ける機会はあるものの、山の保全活動も体験させてやろう」という経緯で実現したそうです。
 
 彼ら5名はこうした山の保全活動はニュージーランドでも経験したことがなく、この研修は新鮮だったようです。
 だから、のこぎりや鉈を持つのも初めてでした。竹炭そのものも見るのは初めてなので、使い方、竹炭の効用も知らないのは当然です。
 
 この体験学習のお土産に竹炭を、Kさんの英語版解説書を添えてプレゼントしました。ところが、竹炭を海外へ持ち出すとき出国、入国審査で引っかからないか懸念していました。しかし、無事ニュージーランドへ持ち帰ることができたそうです。

 ちょうど大阪外国語大学でタガログ語を教えている先生とその主人がやってきました。主人はフィリピンで活動しているプロの写真家です。私たちの活動をカメラに収めていました。フィリピンでも竹林はあるが、このように竹炭を使うことはないということでした。


竹炭の海外事情
 
 私たちの炭窯を取り替えることを検討し始めた昨年9月、インターネットで炭窯の資料を収集した中に、日本の炭窯つくりの技術を指導したレポートもあったのでこれを今日のコピペにしました。
 今回この記事を書くに当たって再度炭窯の海外事情を検索してみましたが、注目すべき話題は検索できませんでした。
 竹林資源を有効活用するためにも、この研修から得られた体験から、ニュージーランドでも竹炭が普及していくことを願っています。
 

今日のコピペ:竹炭の元気窯のホームページから
「竹炭窯つくりin ベトナム、タイ」


 平成11年4月に、竹炭窯つくりの指導にベトナム(ハノイの北)に行った時の写真です。ここでは、ウーロン茶の栽培をする農場でしたが、茶の栽培をする際、農薬や化学肥料を使わないで、土壌改良、害虫駆除のために竹炭、竹酢液を活用したいとの希望がありまして、延べ1ヶ月で完成しました。現地の人たちだけで、窯も増設でき、生産できるという窯を造ってほしいということで、レンガと泥だけでつくりました。現在もこの窯は元気で活躍しているそうです。
 その後、タイ政府のすすめている1村1品運動の手助けにと、タイ北部チェンライを中心に延べ1年以上、窯作りの指導に行っております。タイだけでも、10基以上が、いまなお活躍しているそうです。タイの王女さまに謁見し、金のメダルをいただいただけ(?)のまったくの無料奉仕でしたが、現地の人たちとのふれあいが感動的でした。その後の「元気窯」をたずねて歩いてみたいものです。
プロフィール

箕面だんだんクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index2_0.xml