CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 野菜つくり | Main | 講演会の話題 »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
第184話 地中に深く伸びる直根で植樹する[2013年07月15日(Mon)]
 箕面だんだんクラブでは、2007年から「箕面市体験学習の森」で植樹を行っている。
箕面市広報誌「もみじだより」を通じて、一般市民に呼び掛けると共に、箕面クワガタ探検隊などの協力を得てすでに6年を経過している。

 2008年に「小鳥の水場」近くの日当たりのよい場所に植えたクヌギは、写真1のように4年強で一番大きく育っている。

P1120064.jpg


写真1 日当たりがよく一番大きく育ったクヌギ(2013年1月13日撮影)


 クヌギ等の苗木は、初年度の2007年は、財団法人「大阪みどりのトラスト協会」からの助成で購入した。
 購入のため苗木の育ち具合等を見学した会員から、この程度ならどんぐりから発芽させて苗木を育てられると確信し、翌年から自前でクヌギやコナラ、エノキ、ヤマグリなどをどんぐりから育てている。

 平成20年12月14日に公開したブログ「第110話 今年もクヌギの苗木の植樹を行います」の記事に「今年の苗木26本は、昨年10月に拾ったドングリ(クヌギの実)をポットに植えました。今年の4月には発芽して順調に育ち、現在は60センチほどの苗木に育っています」とポットで育てた苗木を使っていた。
 
 苗木は当クラブ初代代表のKさんが自宅の庭で育てられていて、2〜3年に育った苗木を植樹の時に持ってきてもらっている。

ポット苗や根切りした苗は防災林として役に立たない

 今年2013年6月19日朝日新聞夕刊の環境欄に、「防災林植え方に警鐘・『地中深く伸びる直根(ちょっこん)、切らないで』」という記事を見つけた。

 その記事によると「東日本大震災で被災した東北地方の防災林再生が、地盤整備の進んだところから始まっている。広く使われている『ポット苗』や根切りをした苗は、『地中深く根が伸びず防災に役立たない』と山寺喜成(よしなり)・元信州大学教授は危機感を持つ。被災地に何を植えるかはずいぶん議論されたが、植え方への関心が低すぎると憂えている…… 直根が長いと深い穴を掘らなければならず、作業が大変になる。また、直根を切って細い側根を増やした方が根付く確率が高いという学説があり、広く受け入れられてきた。プラスチック容器で育てる『ポット苗』は、直根を切ることはしない。ポット内で根が伸びてぐるぐる巻きになる。

 山寺さんは、ポット苗を植えて7年後に掘る返し、根が丸いこぶ状になっていたのを観察している。これでは津波や土砂崩れにあったらすぐに倒れてしまう。
 実際、東日本大震災の大津波で根こそぎひっくり返ったマツのほとんどで直根が見られなかった。山寺さんは「『直根を切るな』を新しい常識にする努力を急ぐべきです」と訴えている。


保育ブロック苗

 山寺さんは、「ポット苗は直根が育たず、根がぐるぐる巻きになって、土砂崩れで植樹した木はすぐに倒れてしまう」ので、直根を育てる方法として、土壌と肥料を固めて真ん中に穴を通したブロックを使う「ブロック苗」で直根がまっすぐ育つ工夫をしている。
 
img01522.jpg


写真2 直根を育てるブロック(朝日新聞記事から)


 穴に沿って根の発達が抑制されないで、直根がまっすぐ育つが、植林するときには、ブロックの重さが短所になる」と記事は指摘している。

孟宗竹を活用して苗木を育てている

 6月27日の活動日に、上記新聞記事をどんぐりから苗木を育てている初代代表のKさんに見せると、最初の1回目だけはポットで育てたものを購入していた。

 2008年からは直根を育てなければならないと気が付いて、40cmほどの孟宗竹を2つに割り、節を取ってその中にどんぐりを入れて育てているということだった。
その苗木の状況を見せてもらった。

IMG_0615.JPG


写真3 孟宗竹の2つ割りで育てているクヌギの苗木


 竹は35cmだが、2年を経過したクヌギの苗は、直根の全長は55cmまで伸びていた。
結束した2ケ所を外し、写真4のように竹筒の中を見せてもらった。

IMG_0618.JPG


写真4 竹筒の結束を外した苗木の断面


 竹筒は肉厚が薄く比較的軽く2ケ所の結束で十分に形状を保っている。結束を外しても簡単に元の状態に復元することができた。

 植樹する当日に、竹筒から苗木だけを簡単に取り出し、直根を新聞紙にくるんで、湿り気を保って現場まで運んでくる。

 苗木だけの重さだけなので、運搬は乗用車で現地まで運んでいる。

 この竹筒による直根を伸ばした苗木で植樹したこともあって、日当たりのよい場所では、写真1に見るように立派に成長していることがわかる。

 Kさんの庭には、年末に植える苗木が写真5のように育っている。

IMG_0624.JPG


写真5 竹筒で育てている苗木


 当クラブでは、発足時から特別養護老人ホーム「あかつき園」で、ボランティア活動として放置されていた竹林を整備するとともに、その間伐材を有効活用するために竹炭を生産している。身近にあった竹を利用して、直根の苗を育てることができた。
 
 朝日新聞の記事「防災林植え方に警鐘・『地中深く伸びる直根(ちょっこん)、切らないで』」から、ブロック苗とは違った、身近な竹を利用した苗木の育て方を紹介してみた。

(平成25年7月15日)




第141話 大津波から村民を救った浜口梧陵の里を訪ねて[2011年04月01日(Fri)]


 3月11日、新御堂筋の高架橋を走っていたとき、午後2時45分突然「緊急地震速報」がラジオから流れた。本物の速報を聞くのは初めてだった。何秒かあとに東北地方だと分かったが、家にいた孫は揺れを感じたというし、出先の店の人は吊り下げた電気の傘が揺れて気持ちが悪くなったといっていた。大阪は震度3だったという。

 同乗していた娘がカー・ナビゲーターの地図情報からテレビに切り替えると、大津波が押し寄せてきて民家や田畑だけでなく、走行中の車までを飲み込んでいく凄まじい状況をヘリコプターからの映像で流していた。
 
 ここ大阪でも揺れを感じたという東日本大震災はマグニチュード9.0という巨大地震で、大津波のほかに、東京電力の福島第一原子力発電所の損壊で放射能汚染までが広がっていて、収束できないまま今日に至っている。

 被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。被災地の皆様のご無事と一日も早い復興を心より祈念いたします。

 この東日本大震災があった40日ほど前の2月1日朝日新聞夕刊「Do!」に「広村堤防を訪ねる」の記事を読んでいたので、今回の大地震と大津波のことを思うと、是非、この広村の堤防を見ておきたいと思った。
 記事には約4年の歳月と5万6736人の人手をかけて、世界初ともいう津波防波堤を現在の貨幣価値なら5億円という巨額の私財を投じてつくった浜口梧陵のことが書いてあった。


稲むら火の館(濱口梧陵記念館・津波防災教育センター)

 記念館の入り口に写真1の石碑が立っている。注意もせずに写真だけを撮っていたが、館内でボランティアガイドから「入り口の石碑は、小泉純一郎元首相が書いたものである」と話してくれた。
 
 こうした揮毫を書くことの少ない首相だったが、2005年1月、インド洋大津波をうけてジャカルタで開催された東南アジア諸国連合緊急首脳会議でシンガポールのリー・シェンロン首相が当時の小泉純一郎総理大臣に、日本では小学校教科書に『稲むらの火』という話があって、子供の時から津波対策を教えているというが、事実か?」と尋ねたが、戦後世代なのでこの話を知らなかった。帰国して「稲むらの火」のことを知り、揮毫したという。




写真1 小泉元首相の揮毫による「稲むらの火の館」


「稲むらの火」の国語読本

 シンガポールのリー・シェンロン首相が当時の小泉純一郎総理大臣が尋ねた「稲むらの火」は、昭和12年(1937年)から昭和21年(1946年)まで尋常小学5年生用国語読本で使われていた。



写真2 小学5年生の国語読本


 「稲むらの火の館」には、小學國語讀本 巻十(写真2)が棚に置いてあって無料でもらえた。
 「稲むらの火」の逸話は、広村でおきた浜口梧陵の美談を耳にしたラフかディオ・ハーン(小泉八雲:1850年〜1904年)の「A Living God」が原型になっている。

 地元湯浅町出身の中井常蔵は、この小泉八雲の作品を師範学校在学中に英語の教材として出会った。彼は梧陵が創立した耐久中学校へ入学し、梧陵が築いた津波防波堤を通学路に使っていていつしか梧陵の思いを伝えたいと思っていた。教師になってから文部省第四期国定教科書に応募して当選し、昭和12年から読本で使われることになった。

 上記朝日新聞「広村堤防を訪ねる」の記事には、「小泉八雲が米国の雑誌に発表し、それを元にした教材や絵本が台湾やインドなどでも作られ、知る人ぞ知る逸話となった」。

 また、「1989年の日本海中部地震でも注目された。秋田県の海岸で、地震の揺れが収まった後に岩場に下りて弁当を広げていた遠足の小学生13人が津波で死亡。『稲むらの火』を知っていたら、防げたのに、と声が上がったのだ」と。

 そして、「その教訓を再び防災教育に生かすべきだという声はその後も強く、今春から使われる国語など幾つかの小学校教科書で復活する」とも書いていた。


稲むらの火の実話

 千葉県銚子で家業のヤマサ醤油の事業をしていた濱口梧陵が和歌山県広村に帰郷していたとき、安政元年(1854年)12月23日に強い地震(安政東海道地震)に遭遇した。
 梧陵は「大地震の後には、津波が襲ってくる」と伝え聞いていたので、村民に高台に家財道具を運ばせ、女性、子供、老人を八幡神社に避難させた。

 その32時間後の午後4時ころに再び強い地震が発生。前日のものとは比べようもない激震だった。マグニチュード8.4と推定されている安政南海地震である。
 和歌山県広川町発行の「稲むら燃ゆ―海嘯と闘った男・浜口梧陵の軌跡」には、梧陵の手記「安政元年海嘯の実況」などをもとに、津波の様子が書かれている。

 「地震発生から十数分の内に、巨大津波が村を襲う。広村では前後7波が確認されているが、第2波が最も高く、その高さは8メートルにも達したといわれている。津波は、停泊中の漁船をなぎ倒し、広川を鋭く逆流しながら陸地へと突き進んだ。
 
 走って逃げながらも津波に押し流される者、流れる材木にしがみついたまま波に呑み込まれる者―巨大な黒い壁と化した津波は、瞬時にして村を地獄絵図に変えてしまったのである。梧陵自身も津波に押し流されたものの、幸いにして高台に漂着し、一命を取り留めている。
 村人を案じた彼は、すぐさま避難所となっていた八幡神社にかけつけ、悲鳴や泣き声の中を「落ち着きなさい」となだめてまわった。
 そして、彼は、十人あまりの男たちに松明を持たせて、被害状況を調べに村の中へと向かった。日もすっかり暮れ、さらに道にも流失家屋が折り重なり、歩くこともままならない。梧陵たちは、やむを得ず途中で引き返すことにしたが、「逃げ遅れて、まだ海に漂流している者がいるかもしれない」と考え、安全な場所を知らせるために道端の稲むらに火をつけたのである。
 これが、実話の「稲むらの火」である。

 安政南海地震に遭遇したときの梧陵は35歳で、村人は1323人、地震の揺れは激震に対し、小泉八雲では浜口五兵衛(老人)、村人は400人、長くゆったりした揺れといった相違がある。
 稲むらに火を放った理由も前者が、「漂流者に安全な場所を知らせるため」に対し、後者は「村人に津波襲来を知らせるため」と相違が見られる。




図−広村を襲う安政南海地震津波之図


 「広村を襲う安政南海地震津波之図」は、1854年12月24日広村を襲った安政の大津波のようすを被災者の一人である古田庄右衛門が描いたもので、「稲むらの火の館・展示要覧」からスキャナしたもので、「夕やみがせまる混乱の中を、濱口梧陵が危険をおかしてたくさんの稲むらに火を放ちました。それを目印に、村人たちが迫りくる津波から高台に逃げていくようすがうかがえます」と解説している。

広村堤防

 「広村堤防を訪ねる」の記事を読んでいて、「田に積まれていた十数か所の稲わらの山に火を放って高台への逃げ道を示した」のは、「50年か100年ごとに津波が来る」と言い伝えを知っていて機転を利かせたというのは理解できたが、私財を投げ打ってまで、「田畑や舟を失った人々に、4,5百人分の日当を払い土手を築かせ、漂流物の激突を和らげる数千本の松と換金出来る木蝋(もくろう)が取れるハゼを数百本植えた」という根本的な考え方を知りたかった。

 ボランティアガイドに尋ねると、「経世済民:人々の身になって世の中を治め、民衆の苦しみを救う」だという。四字熟語だけでは理解できないと首をかしげると、「関 寛斎 蘭方医から開拓の父へ」(川崎巳三郎著 新日本新書282)の1ページ分のコピーを見せてくれた。




写真3 国指定史跡「広村堤防」


 それによると、「また彼(浜口梧陵)は、日本がやがて重大な激動期を迎えることを予感し、そのときの役に立つような埋もれた人材を世に出すことに異常な関心を持っていた。貧乏書生時代の勝海舟もまた彼の援助を受けた一人であった。辛らつきわまる人物批評で有名な海舟の座談筆記『氷川清話』のなかで、海舟は梧陵のことを「一種の人物」と評価している。

 梧陵は、「金持ちとたばこ盆の灰おとしは、たまればたまるほど、きたなくなる」と言われた当時の富豪のなかでは類を見ない、特別の金銭観を持っていた。金はためるためにあるのではなく、使うためにある。だから、たまった金をどう使うかがいちばん重要な問題である、というのが、ひらたく言えば、梧陵の金銭観であった。

 寛斉は、その死の3年前に書いた「めざまし草」の序文のなかで、梧陵のこの考え方を、つぎのように紹介している。
「人たるものの本分は眼前にあらずして永遠にあり。公平なる天禄を享(うく)る為には、仮令(たとい)自ら労苦して得るところの富をも独有すべきにあらず。いわんや祖先および父母の勤倹労苦より成るところの家庭においては、これを私有すれば、倫(とう)安怠惰(目先の安楽さにあぐらをかいて怠ける)に陥るものなれば、子孫のためには家産を遺す如きをば為すべからず。」

 梧陵はこういう信念から、社会福祉事業や埋もれた人材の発掘など、社会公共のために私財を投ずることを惜しまなかった」と書いてあり、たまった金をいかに有効に使ってきたかという梧陵の考え方の一端を知ることが出来た。




 写真4は西太平洋地震・津波防災シンポジウム(事務局:気象庁)のパンフレットを引用した。今回の東日本大震災で被災した湾岸地区と同じように、リアス式で地形が似ているので参考になればと思う。 

 (平成23年4月1日)
プロフィール

箕面だんだんクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index2_0.xml