CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« マダケがテングス病で枯れてきた | Main | 小さい秋見つけた »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
スギとヒノキの見分け方[2007年11月11日(Sun)]


 前回の記事「マダケがテングス病で枯れてきた」の中で、「尾根松、谷杉、中檜」のことに触れ、「林業ではこのような『適地適木』の考え方があり、『尾根松、谷杉、中檜』は私たちの森林でもそうした植林のなごりが見られます」と書きました。

 この記事を校正してもらったNさんからは、この場合の松、アカマツは、植林するのではなく、種子が飛んできて尾根に育ったのだろうから「乾燥してやせた尾根にはマツが育ち」と訂正した経緯があります。

 上記『尾根松、谷杉、中檜』という目でみるために、11月第2週の活動日の10日の午後、竹炭やきの合間に松、杉、檜に注目して観察に出かけました。

 ところで、杉と檜は上方の枝を見ても私には区別ができません。そこで、Nさんから杉、檜の見分け方を教えてもらいました。



スギとヒノキの区別、まずは、樹の周りの地面を見てみよう

 ヒノキの葉は近づいてみると、写真1に示すように、スギの葉とは区別ができますが、枝打ちされたスギやヒノキの葉っぱは上の方にあり、なかなか見分けが付かないものです。



    写真1 ヒノキの葉っぱ

 この森ではヒノキだけですが、ヒノキの葉によく似たサワラ、アスナロの区別は葉っぱの表側からでは区別が難しいようです。

 葉を裏返してみると、これらの葉の裏には、気孔帯と呼ばれる白い部分があります。ヒノキはY型、サワラはX型であり、アスナロはべったりと白くて、葉の裏全体が白く見えるそうですが、KさんはX、Y、Zで覚えたといっていました。

 スギとヒノキの区別は、地面を見るとスギは写真2に示すように枯れた枝が散らばっているのでスギと判断できます。




    写真2 スギの樹の下にはスギの枝が落ちている

 ところが、ヒノキの葉は落ちると、葉が細かく砕けて他の落ち葉に交じってしまって見分けにくいので、ヒノキの葉はじめんでは見当たりません。




     写真3 ヒノキの下には枝や葉が落ちていない

スギとヒノキの区別、次に枝を見てみよう

 スギは、写真4に示すように枯れた枝とともに枯れた葉っぱが残っています。



     写真4 スギの枯れた枝と枯れた葉っぱ

 スギの枯れた葉っぱは枝の根元から落ちていくので、その途中の段階では写真2のように樹の根元付近に枯れた葉っぱが残っています。

 写真5はヒノキですが、高いところに葉っぱがあって見分けが付きませんが、枯れた枝は葉っぱだけが落ちて枝は残ったままになっているのでヒノキだと判断できます。



        写真5 ヒノキの枯れた枝

アカマツについて

 アカマツは痩せ地に強い種であり、劣悪な環境にも生育できて、乾燥した尾根や岩場などに生育することは良く知られています。

 箕面山中の滝安寺周辺では、寺が管理している林と同じ寺領の中でも住民が落ち葉や薪を持ち出せる林ではマツの育ち方が違っていたといわれています。その林では住民が薪や落ち葉などを燃料や炭材、田んぼの肥料として取りつくして禿山になっていきました。こうしてやせた禿山でもマツだけは残って育っていったのです。

 ところが、昭和30年代からの燃料革命で森林資源を燃料などとして使われなくなると、落ち葉の積もった肥沃な森林に変わっていきました。やせた土地のアカマツに生えてくるマツタケが育たなくなるとともに、アカマツも枯れて育たなくなったといわれています。

 上記の話は、今朝窯止めに出かけたとき、植物に詳しく、箕面市内のボランティアガイドをしていたNさんから聞きました。

 これと、ほぼ同じことがインターネットの「富山市科学文化センター」に掲載されていましたので引用させてもらいました。

 「マツタケは、落ち葉の少ない、やせた土地のアカマツ林に生えます。落ち葉がつもっていたり、土がこえていたり、草が多いと生きられません。まるで落ち葉をほうきではいたような所に生える、きれい好きなキノコです。きれい好きなわけは、落ち葉や草が多いとほかのキノコやカビなどが増え、その競争に負けてしまうからです。

 今から50年ほど前までは、マツタケは日本でたくさんとれました。そのころ、煮炊きするのには、まきや炭を使っていました。アカマツの落ち葉やかれ枝も集めて、もやしていました。ところが今では、ガスや電気で煮炊きをするので、アカマツの落ち葉やかれ枝は、林につもったままになります。きれい好きなマツタケが生きられるアカマツ林は、落ち葉がつもりにくい所、山の尾根などにかぎられるようになりました」と今月の話題:No.295 「マツタケはきれい好き」に書いてありました。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/archive/58
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
鼻くそ
Posted by:鼻くそ  at 2011年11月23日(Wed) 14:12

プロフィール

箕面だんだんクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dandan-minoh/index2_0.xml