CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
北海道社会福祉協議会 北海道ボランティア・市民活動センター ブログ 〜ふれあい活動日誌〜
北海道社会福祉協議会地域福祉部地域福祉課の事業などについて紹介します。
週1回更新の予定です。
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ヘルパー向けの研修を実施しました[2017年07月24日(Mon)]

みなさん夏バテされていませんか?あせあせ(飛び散る汗)
先々週は真夏日が続いており、先週は気温20度前後に落ち着いておりましたが、また8月にかけて気温上昇が予想されます晴れ
冷房等による外気と室内の温度差に体調を崩されませんようお気を付けくださいかわいい

さて、今回は真夏日となった7月6日と7日に行われました
「平成29年度全道ホームヘルプサービス研究大会」の模様をお送りいたしますひらめき

道社協 地域福祉課では、道内の訪問介護事業所を会員とする北海道ホームヘルプサービス協議会の事務局を所管しており、ホームヘルパーのスキルアップを目的に研修会を行っております。

今回の研修では、2日間にわたり総勢155名にご参加いただき、ホームヘルプサービスに必要な知識を学んでいただきましたぴかぴか(新しい)

DSCN4881.JPG

1日目は、介護保険制度からみる訪問介護の在り方や、介護職員処遇改善加算について学びましたペン

DSCN4901.JPG

2日目は、3つの分科会に分かれ、「認知症」「高次脳機能障害」「アンガーマネージメント」をテーマに、より実践的な内容の研修を行いましたexclamation

このうち「認知症」をテーマにした分科会では、様々なパターンの事例をもとにロールプレイを交えた研修が行われ、参加者からは「現場をイメージしやすく、参考になった」との意見が多く寄せられましたぴかぴか(新しい)


本研修で学んだことが現場での実践の参考となりましたら幸いですわーい(嬉しい顔)

(てるてる)
災害に備えていますか?[2017年07月18日(Tue)]
現在、九州北部を中心とした豪雨による甚大な被害のため避難中の方もいらっしゃいます。
また、最近、揺れの大きい地震も全国で観測されているようです。
いつどこでどのように起こるか予測しにくい災害に対する備えを、再度確認したいと思います。


まず、避難場所の確認や持ち物の準備は済んでいますか?
例えば、津波の場合には高台への避難が必要となるように、
災害の種類により避難場所が変更となる場合もあるため確認しておきたいですね。


そして、災害発生時に発令される避難情報ですが、
昨年度名称が変更されており、危険度が低い順に「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」となっております。


「避難準備・高齢者等避難開始」は高齢者や障がいのある方、乳幼児がいらっしゃる方など移動に時間のかかる方に対して避難を呼びかけるものです。


「避難勧告」は災害が発生するおそれがあるため、速やかに避難を呼びかけるものです。


「避難指示(緊急)」は災害が発生している、または災害が発生するおそれが非常に高い際に、直ちに避難を呼びかけるものです。


また、避難情報が出ていなくても、自分や家族の命を守るために
危険だと判断したら避難できる準備をしておくことが大事です。
最新の情報を確認できるようにラジオ、携帯電話の準備をしておきたいですねひらめき
さっそく家に帰ったら確認したいと思います。

(オカ)

全道新任社協職員研修会が終了しました![2017年07月13日(Thu)]

北海道でも気温の高い日が続いています。札幌市では、7月10日に最高気温33.2度を記録し、4日連続の真夏日となりました。7月上旬に4日連続の真夏日を記録したのは、なんと1892年以来125年ぶりとのこと…!
暑い日が続いていますので、皆さん、夏バテしないようお気を付けください。


さて、6月26日〜6月28日の3日間にわたり、全道新任社協職員研修会を開催いたしました。
今年度は道内各地から57名もの皆さんに参加していただきました。

【圧縮済】DSCN4797.JPG


研修がはじまったときには、皆さん、緊張した面持ちでしたが、プログラム等でコミュニケーションをとることで、徐々に緊張もほぐれ、お互いに積極的に声を掛け合う姿が見られました。

講義や演習、実践報告等盛りだくさんの内容でしたが、あっという間の3日間でした。最終日には、集合写真を撮影しました。

【圧縮済】DSCN4848.JPG


参加してくださった皆さん、大変お疲れ様でした。
本研修会で学んだことや参加者間のつながりを大切に、今後の業務に取り組んでいただければ幸いです。
私も、皆さんとまたお会いできることを楽しみにしています!

(ニューヨーク)

ボランティア愛ランドの募集がはじまりました[2017年07月03日(Mon)]
暖かい日と涼しい日を繰り返し、気づけば夏至が過ぎました晴れ

そういえば一年で一番日照時間が長い時期であるのに気温が一番高い時期と重ならないのがいつも不思議だなと思っており、調べてみました。
簡単に言うと、「毎日、一日の最高気温が正午ではなく午後2時である」ことと同じ理屈で、
たくさん太陽を浴びた空気が温まるまでに時間が掛かり、一番日照時間のある夏至のころより1か月半後に最高気温になる、という仕組みらしいですペン
同じく、冬至(12月の下旬)から1ヶ月〜1ヶ月半くらいが年間の最低気温雪とのこと。
ふむふむ、なるほどぴかぴか(新しい)眼鏡


犬


さて、今年の夏至は6月21日でしたが、その1か月半後のまさに一番気温が高い時期、
平成29年8月5日(土)に、今年の「ボランティア愛ランド」が開催されます手(グー)


詳細はこちらをご覧ください。


今年は札幌市での開催です。
災害をテーマにした講演とリレートークが中心となります。

昨年度は北海道でも台風による甚大な被害がありました。
これまで道民の中にあった「台風は北海道まで来ない」という常識が覆された年でした。
秋を前に、改めて災害への心構えを確認する場面となれば幸いです。
ぜひ、奮ってご参加ください手(パー)


猫うどんこバスケットボール

平成29年度ボランティアルーム利用者会議が開催されました[2017年06月23日(Fri)]

 地域福祉課に配属となり、2度目の更新です。
 本州では梅雨雨真っ盛りですが、北海道はあまり影響を受けないので過ごしやすくて快適ですね。

 さて、先月にはなりますが、標記会議が5月26日に開催されましたぴかぴか(新しい)
 ボランティアルームとは、北海道ボランティア・市民活動センターの隣室を登録制にてボランティア団体へ貸出を行っている部屋のことです。ボランティア活動に関する例会や作業に限っての利用としておりますが、多くの団体が利用されています。
 当日はボランティアルームの運営委員と利用者団体に集まって頂き、28年度の報告と、今年度のボランティアルームの運営について協議を行いました。

 団体がどのような活動を行っているのか詳しく知ることのできる貴重な機会でもあり、活動内容は様々ですが、皆さん本当に熱心にどんっ(衝撃)活動を続けておられ、事務局としてもますますより良いボランティアルームの運営に尽力していきたいと感じました。
 「ボランティアルームがあるから活動を続けていける」という嬉しいお言葉を頂きもうやだ〜(悲しい顔)、今後もボランティア活動の拠点として提供するだけでなく、私も利用者団体の活動から多くのことを学んでいきたいと思います。

 直接お話しをすることで初めて分かることも多いため、来年は全利用者団体が参加して頂けることを楽しみにしていまするんるん


                                   (グリコ)
新規事業のご案内[2017年06月21日(Wed)]
YOSAKOIソーラン祭りも終わり、これから札幌も本格的に暑くなっていきますね。

介護保険制度の改正により介護予防給付の一部が地域支援事業に移行することとなり、その流れの中で新たな役割として生活支援コーディネーターという方々が道内でも活動しています。

新たな役割であり、進め方等について悩んでいるコーディネーターさんも多くいる中で、道社協では新規事業として社協配置の生活支援コーディネーターさんを対象に下記の通り連絡会議を開催することとなりました。

・日時:平成29年7月19日(水)
・場所:北海道自治労会館
・対象:社協配置の生活支援コーディネーター

詳細については、開催要綱(各市町村社協に送付済)にてご確認ください。
参加申込の締切は、7月10日(月)です。

講義・説明そしてグループワークと、先進事例や道内の状況を知り、そして他の生活支援コーディネーターさんと横のつながりも出来る内容となっています。
道内の社協配置の生活支援コーディネーターさんのたくさんの参加をお待ちしています。

(ナダル)
平成29年度全道市町村社協会長・事務局長研究協議会が終了しました。[2017年06月08日(Thu)]
 標記研究協議会が平成29年6月5日(月)〜6日(火)にかけて、札幌市の北海道第2水産ビルとかでる2・7で開催されました。

 当日は約300名の市町村社協会長・事務局長に全道各地から集まっていただきました。1日目は基調説明・講義・道社協事業説明と進み、2日目はテーマごとに分かれた課題別分科会を実施しました。

 標記研究協議会が平成29年6月5日(月)〜6日(火)にかけて、札幌市の北海道第2水産ビルとかでる2・7で開催されました。

 当日は約300名の市町村社協会長・事務局長に全道各地から集まっていただきました。1日目は基調説明・講義・道社協事業説明と進み、2日目はテーマごとに分かれた課題別分科会を実施しました。

DSC_0120.JPG
↑ 大盛況の当日の様子

 ここでは、全てのプログラムのうち、2日目の課題別分科会1「社協における地域福祉活動について」の内容を紹介いたします。この分科会では登別市社協地域福祉係長の坂本様と津別町社協地域福祉係長の笹谷様に日頃の社協活動について御報告をいただきました。

 登別市社協の坂本様には登別市地域福祉実践計画(愛称:きずな)について、御報告いただきました。登別市社協の地域福祉実践計画の大きな特徴は、全市計画のほかに小学校区ごとの校区計画も作成しているところです。住民座談会でも住民自ら進行し、活発な意見交換が展開されるなど、住民主体の地域づくりが実践されています。

 津別町社協の笹谷様には、町内の地域福祉活動(サロン活動の支援、介護予防いきいきポイント事業、生活困窮者等への支援に関する事業)について御報告いただきました。サロン活動の支援では、新規サロン設立への支援はもちろんのこと、立ち上げ後も相談や行事のお手伝いやサロン運営者同士の連絡会議を実施している様子を写真を交えて御報告いただきました。

 お二方の実践的な報告により、参加された方々にも大変好評でありました。今後の地元での社協活動の展開に有意義な時間となりました。

(Y)
韓国のボランティアセンターによる北海道ボランティア・市民活動センター視察[2017年06月07日(Wed)]
 6月に入り、2017年も折り返しに近づいてまいりました。
 もうすぐ札幌の初夏の大イベントである、よさこいソーラン祭りで街が熱気に包まれますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうかexclamation&question

 今回は、私たちの北海道ボランティア市民活動センターも熱気に包まれた出来事がありましたのでご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
 その出来事とは、5月に本センターに海外のお客様がいらっしゃったことですexclamation×2

 海外のお客様とは、韓国にある京畿道(キョンギド)という地域のボランティアセンターの方々で、本センターの視察へ月内に3度いらっしゃいました。
 今回は3度の視察のうち、5月31日の視察の様子をご紹介いたしますひらめき

DSC_0022.JPG

 
 およそ30名の方が視察に来られ、道内で活動されているボランティア団体の方の発表に興味深く耳を傾け、質疑応答となると盛んに多くの質問をされておりましたひらめき

 その中で印象に残ったのは、「各ボランティア活動の財源はどこから出ているのか」「国からの補助などがあるのか」といった質問に対して、国からの補助はなく、各団体の会費や個々の持ち寄りで自発的に活動しているとボランティア団体の方が答えられたことに大変驚き、多くの方が賞賛の拍手を送っておられたことでした手(パー)

 また中には「社協は全国にどれくらいあるのか」、「道社協はどんな活動をしているのか」、「さまざまなボランティア団体が存在する中で社協はどのような役割を果たしているのか」といった質問をされた方もおり、社協の活動にも関心を持っていただけたようでした目

 今回の本センターの視察を通して、日本のボランティア活動やその精神は世界に誇ることができるものなのだと改めて感じることができました。また私たちもボランティア活動について考えさせられる良い機会になったと思います。

 写真は発表に対して質問されている様子ですぴかぴか(新しい)
 それでは最後まで読んでくださり、カムサハムニダ(ありがとうございました)わーい(嬉しい顔)
 (あー)
新しく地域活動始めてみませんか[2017年05月26日(Fri)]
気づけば、5月の終わりも近づき、初夏の陽気を感じられるようになりました。
私は今年で地域福祉課も5年目を迎え、さらに業務も一部変わり、毎日時間の早さを感じているところです。
 

さて、今年度も自主企画事業をご案内いたします。
この事業は、地域活動を主体的に担っていく高齢者を対象に、生きがいづくりや仲間づくりを目的とした組織の立ちあげや事業に要する経費を一部支援することを目的としています。

詳しくは、PRチラシをご参照ください。
H29チラシ.doc
なお、応募に係る申請様式については、事務局まで御連絡ください。

沢山のご応募お待ちしております!

(すぅ)
全道新任社協職員研修会の申込開始![2017年05月23日(Tue)]

5月も下旬に差しかかり、札幌でも暑さを感じるようになりました。大通公園では、「第59回さっぽろライラックまつり」が開催されており、市民や観光客で賑わっています。

さて、今年度も新しく社協職員になった方を対象に、「全道新任社協職員研修会」を開催いたします。概要は以下のとおりです。

○日時:平成29年6月26日(月)〜6月28日(水)
○場所:NTT北海道セミナーセンタ(札幌市)
○対象:経験年数3年未満の道内の市町村社協職員

詳細については、開催要綱(各市町村社協に送付済)にてご確認ください。
参加申込の締切は、6月7日(水)です。

交流会も設けており、他の市町村社協職員とのつながりができる良い機会になると思います!
たくさんの出会いがあることを期待し、皆様の参加をお待ちしていますぴかぴか(新しい)

(ニューヨーク)


| 次へ
プロフィール

北海道社会福祉協議会さんの画像
北海道社会福祉協議会
プロフィール
ブログ
リンク集
福祉の学習推進パンフレット
市町村ボランティアセンター統計資料
http://blog.canpan.info/d-vola/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/d-vola/index2_0.xml