CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 特別授業»
「技術立国日本の底力」 [2017年02月22日(Wed)]

☆彡KDK_1424 (640x427).jpg
2月18日の授業

2月18日(土)2時から川越市の大東公民館で、子ども大学かわごえの今期最後の授業と修了式がありました。
授業は城西大学経営学部非常勤講師・佐竹博先生の「技術立国日本の底力」。先生は横河電機で40年間、工業用コンピューターの研究開発に取り組まれたということです。

会場風景KDK_1320 (640x377).jpg
はじめに「技術立国とは」の説明があり、「産業技術、科学技術などを育成し、それらに基づいて国を発展・繁栄させること」「底力とは、普段は表面に出ないが、いざというときに発揮する強い力」と述べました。

つぎに「技術立国を代表した日本の製品」として、トランジスタラジオ、液晶電卓、卓上食器洗い機、液晶テレビ/プラズマテレビ、デジタルカメラ、DVDレコーダを挙げました。
「日本の技術立国を支えるのは中小企業の世界最先端技術」として、東京都大田区の中小企業40社が協力した世界最速の「下町ボブスレー」の開発(来年の韓国・平昌での冬季五輪に出場予定)や、日本の伝統研磨技術をiPod/iPoneに利用したこと、ロケット部品やパラボラアンテナづくりの紹介がありました。

また、「技術立国を支えた世界的技術」として、ほとんど失敗のない世界トップレベルの大型ロケットH2A、ハワイのすばる望遠鏡、世界一高い電波塔・東京スカイツリーが取り上げられました。そして「世界をリードする日本の技術」として、モノとインターネットをつなぐIoTが普段の生活をより便利にすることや、介護ロボットなど多種なロボットの未来について話があり、最後に学生たちに「努力は才能に勝る」「よい習慣は才能を超える」というメッセージを贈りました。
◎講座終了後先生に直撃取材の学生記者KDK_1392.jpg
授業終了後、修了式があり、学生170人全員に修了証、授業感想の良かった学生20人に「はなまる賞」、毎回出席した学生47人に「精勤賞」が授与されました。
「自然の神秘と音楽」 尚美学園大学   漢那拓也 講師 [2017年01月23日(Mon)]

201701漢那先生のスライド (640x430).jpg2017年1月7日(日)尚美学園大学の教室で、世界的な電子音楽作曲家の冨田勲さんに師事していたサウンドクリエーターの漢那拓也(かんなたくや)講師から、「自然の神秘と音楽」というテーマで講義が行われました。

始めに自己紹介を兼ね自分が制作にかかわった「初音ミク」が登場する『イーハトーヴ交響曲』や『ドクター・コッペリウス』の映像を見せ、子どもたちに新しい音楽表現を感じてもらいました。
 漢那拓也先生の講座風景DEF_9686 (567x377).jpg次いでクラシックのヴィバルディの「四季」、プロコフィエフの「ピーターと狼」を聴いてもらい、自然とつながる音楽を解説しました。

気温の変化を使って、数字の羅列もグラフにするとその意味するところがわかるのを理解してもらってから、数字の変化を音楽にする世界へ案内しました。

音楽の3要素を、音を繰り返すとリズムが生まれ、音を上げ下げするとメロディーが、音を重ねるとハーモニーが生まれるのを感じてもらい、いよいよテーマへと

子どもたちのなじんでいる時間割を使って、教科に音を割り当てて、パソコンのプログラムを介して音楽をつくる工程を見せ、聴いてもらいました。201701講座風景 (640x430).jpg

最後は土の中の微生物の種類をデータに変換し、音楽を作り、映像でも見せて、講義を終わりました。少し難しかったかもしれませんが、最先端の音楽づくりを感じて、未来のアーティスト、ITクリエイターが誕生することを期待しましょう。


201701子ども記者 (640x430).jpg
「民主主義と私たち」 講師:東京工業大学   池上彰教授 [2016年11月30日(Wed)]

 11月26日(土)尚美学園大学で、子ども大学かわごえの正規授業が行われました。今回の講師はテレビでおなじみの、東京工業大学の池上彰教授で、講義タイトルは「民主主義と私たち」、階段教室は生徒と保護者で一杯になりました。池上さんはとても忙しい中、2009年度から毎年ボランティアで、子どもたちに講義をしに川越に来ていただいています。
 今話題になっているアメリカのトランプ次期大統領候補の話題から入り、今回行なわれた選挙は大統領そのものではなく、選挙人選挙だったこと、来年1月に大統領選挙が行われることなど、大人でも良くわかっていないことを解り易く説明していました。
 後半は子どもたちからの質問を受けて回答するなどして、盛り上げていました。どんな質問にも、その質問の意味を解釈して、回答していたのが印象的でした。
 講義が終わり、池上さんを囲んで記念写真を撮り参加者の思い出作りができました。
☆新聞・web1DS30120.jpg