CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
9月4日は台風接近のためお休みです [2018年09月04日(Tue)]
本日、センターとほっとるーむはお休みとなります。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 09:15
8月29日 夏休み最後のナイトステイ [2018年08月29日(Wed)]
子どもたちの「朝まで起きてやるで〜!!」が、ナイトステイ開始の合図。
「DVD見るで!」、「ゲームしようや」、「次はプロレスや!」と目まぐるしくリクエスト。ボランティアさんや実習生さんの取り合いです。


今回のナイトステイの夕食は、バーベキュー。ご寄付の浄財で購入させていただいたバーベキューセットが初のお披露目。
お肉や野菜をボランティアさんたちに取り分ける気遣いも見せながらも、「おなかいっぱいや」というまでモグモグ。
「朝まで起きてやるで〜!」と言っていた子どもたちでしたが、酷暑で疲れ果てている大人たちを気遣ってか、日付変更線を超えたら朝までグッスリ。


2日目は、「どうしても見たいんや」と言っていた映画鑑賞。ポップコーンも食べて、ご満悦。
途中、転んで擦り傷を作りながらヤンチャしていた子どもたちも、迎えに来られたお母さんの前では借りてきたネコ。手を振りながら、ナイトステイは終了しました。


IMG_7782.JPG
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:55
8月29日 夏休み最後のナイトステイ [2018年08月29日(Wed)]
子どもたちの「朝まで起きてやるで〜!!」が、ナイトステイ開始の合図。
「DVD見るで!」、「ゲームしようや」、「次はプロレスや!」と目まぐるしくリクエスト。ボランティアさんや実習生さんの取り合いです。


今回のナイトステイの夕食は、バーベキュー。ご寄付の浄財で購入させていただいたバーベキューセットが初のお披露目。
お肉や野菜をボランティアさんたちに取り分ける気遣いも見せながらも、「おなかいっぱいや」というまでモグモグ。
「朝まで起きてやるで〜!」と言っていた子どもたちでしたが、酷暑で疲れ果てている大人たちを気遣ってか、日付変更線を超えたら朝までグッスリ。


2日目は、「どうしても見たいんや」と言っていた映画鑑賞。ポップコーンも食べて、ご満悦。
途中、転んで擦り傷を作りながらヤンチャしていた子どもたちも、迎えに来られたお母さんの前では借りてきたネコ。手を振りながら、ナイトステイは終了しました。


IMG_7782.JPG
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:55
8月23日は台風接近のためお休みです [2018年08月23日(Thu)]
本日、開催のほっとるーむ、
子ども食堂eatalkもお休みとなります。
なお来週30日の子ども食堂eatalkは
市内のネットワーク行事と重なるために
お休みとさせてもらいます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 10:33
8月21日 ナイトステイのワンシーン [2018年08月21日(Tue)]
火曜日の午前の様子。
この日は前日のトワイライトからお泊りをしていたので朝ご飯を作りました。この朝ごはんづくりは宿題も兼ねています。


みんなで食パンをトースターで焼いてツナやコーンなど好きな具材を入れてサンドウィッチに。
「うち、こんなに豪華なご飯食べられて幸せや〜」
幸せそうにほっこり笑顔を見せてくれました。
食後は宿題プリントを書きました。
そこには家族からのコメントという欄が
「家族じゃないのに書いてもらってええんかな・・・」
と戸惑いましたが
「大丈夫大丈夫!」
とゆっきーとボランティアのひかりちゃんがコメントを書いていました。その様子に安心した様子でした。
一緒に何かをする大人が血のつながった家族じゃなくてもいい。
私たちにできることがあるなら寄り添ってあげたい。そう強く思いました。


午後からはフリータイム
フリータイムならば何をしてもいい!ということになりKちゃんの希望で映画館にコードブルーを見に行きました。
鑑賞後は「こんなに泣いたの今年一番」と言っていました。
初めての経験がたくさんできました。


S_8450360707976.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:47
8月21日 ナイトステイのワンシーン [2018年08月21日(Tue)]
火曜日の午前の様子。
この日は前日のトワイライトからお泊りをしていたので朝ご飯を作りました。この朝ごはんづくりは宿題も兼ねています。


みんなで食パンをトースターで焼いてツナやコーンなど好きな具材を入れてサンドウィッチに。
「うち、こんなに豪華なご飯食べられて幸せや〜」
幸せそうにほっこり笑顔を見せてくれました。
食後は宿題プリントを書きました。
そこには家族からのコメントという欄が
「家族じゃないのに書いてもらってええんかな・・・」
と戸惑いましたが
「大丈夫大丈夫!」
とゆっきーとボランティアのひかりちゃんがコメントを書いていました。その様子に安心した様子でした。
一緒に何かをする大人が血のつながった家族じゃなくてもいい。
私たちにできることがあるなら寄り添ってあげたい。そう強く思いました。


午後からはフリータイム
フリータイムならば何をしてもいい!ということになりKちゃんの希望で映画館にコードブルーを見に行きました。
鑑賞後は「こんなに泣いたの今年一番」と言っていました。
初めての経験がたくさんできました。


S_8450360707976.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 18:47
8月20日のトワイライト [2018年08月20日(Mon)]
お盆明け最初のトワイライト。

弟くんは岡山県から来られている実習生と一緒にボードゲームをして過ごしていました。


実習で活動に入るのは初めての二人にボードゲームのルールを教えていました。
一戦目は実は事前にやっていた実習生に負けてしまいましたが、めげずに二戦目には違うゲームで挑みます。
さすが何度も遊んだゲーム!
経験の差で圧勝していました(笑)

image1 b.jpg


おにぎりを作ったり、ゲームをしたり、宿題をしたり、久々に会ったボランティアさんとお話ししたり、お盆明けのトワイライトではみんな思い思いに過ごしました。

image2 b.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:40
8月20日のトワイライト [2018年08月20日(Mon)]
お盆明け最初のトワイライト。

弟くんは岡山県から来られている実習生と一緒にボードゲームをして過ごしていました。


実習で活動に入るのは初めての二人にボードゲームのルールを教えていました。
一戦目は実は事前にやっていた実習生に負けてしまいましたが、めげずに二戦目には違うゲームで挑みます。
さすが何度も遊んだゲーム!
経験の差で圧勝していました(笑)

image1 b.jpg


おにぎりを作ったり、ゲームをしたり、宿題をしたり、久々に会ったボランティアさんとお話ししたり、お盆明けのトワイライトではみんな思い思いに過ごしました。

image2 b.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 21:40
お菓子のご寄付! [2018年07月27日(Fri)]
寄付180727.jpg

安養寺さま、長寿寺さまより、おてらおやつクラブとしてお菓子をいただきました。

夏場、外を出歩くだけでも疲れてしまうこの時期に、塩っけのあるお菓子から、冷たく冷やせるお菓子までいただき、うれしい限りです。

ありがとうございました!

Posted by こどもソーシャルワークセンター at 11:44
7月26日のeatalk [2018年07月26日(Thu)]
【ALWAYS3丁目の夕日】
eatalk180726_2.jpg
木曜日のeatalkのひとこま

ほっとるーむに引き続き、eatalkではついに冷麺が解禁。
調理のボランティアさんと一緒に盛り付けもしました。

いつにもまして蒸し暑さが厳しい夕方。

「これほんとに夜の7時?」

ふと窓に顔を上げると、白いカーテンレースが黄色く光っていました。
スタッフも思わず、

「え、なんでこんな色してんの!?」
「レトロや」
「オールウェイズじゃないですか」

気になりすぎて飛び出す、スタッフ。
蒸し暑くて外に出たくないみんな。

「え、ちょっと来てって。やばいって!」

と我も忘れてみんなを呼び出すスタッフ。
とりあえずしぶしぶ出るみんな。

「これはびわ湖行くしかないって」

とみんなでぞろぞろびわ湖にくりだして行きました。

黄色い世界。
雨が降りそうな気配。
それでもきれいな空。

センターから歩いて2、3分の疎水の橋から見る景色は、なんとも不思議で落ち着くものでした。

つい写真を撮りたくなる光景。

「青春っぽい(笑)」
「青春ごっこや」

そんな感じで、橋から覗き込みます。

蒸し暑さを忘れながら、ポロポロと気持ちが言葉になります。

「なんかおもろいな」
「なんかいい」

年齢の差も忘れて、ほんとにみんな子どもだった時のように、走ったり、立ち止まったりして、時間を意識せずにはしゃぎました。

いつしか空は黄色からグレーへ、暗く暗くなっていきます。

「帰るか」

そういって道を引き返し、不思議な時間を振り返ります。

センターに着くと、すべての時間は元通り。
夜を迎えていました・・・。

/////////////////////////////////////////////////

「無邪気」でいられる、「無邪気」になれる。
たった空の色ひとつ変わっただけで、こんなに「子ども」になれる。

気なんか使わなくていい。
どんな恥ずかしいことしてもいい。

そういう時間を過ごせることに、確かに重要な意味なんて見出すことがばかばかしくなるくらい、感じたままにこの空間を一緒過ごせてよかったと思うのです。

「言葉を交わさなくても、同じ景色を見れた」
そんな感じが、なんだかよかったなと振り返ればそう思います。

いつもありがとうございます。
eatalk180726.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 11:31
検索
検索語句
リンク集
プロフィール

こどもソーシャルワークセンターさんの画像
http://blog.canpan.info/cswc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cswc/index2_0.xml