CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
緊急寄付月間〜スタッフくっきー3ヶ月働いて〜 [2019年07月02日(Tue)]
おはようございますスタッフのくっきーです!

今日は珍しく朝からブログを更新しています。
というのも7月に入りセンターでは緊急寄付月間に入りました。

もちろんこれはセンターの資金繰りの状況が苦しい状態でFacebookには代表幸重が皆さんに現状の報告とこれからについて発信しています。
今日は3ヶ月働いて見えてきたセンターの在り方とこれからについて述べようと思います。


今年度に入りセンターへボランティアにやってくる学生、社会人は3ヶ月の間だけでも10人以上、
既存のボランティアさんも含めると20人以上います。いずれもセンターの活動に興味を持っていただいて来られます。そして、いつもセンターを助けていただいている存在です。
ほんまにありがとうございます。

こどもたちは3ヶ月の間でも体も心も日々成長を感じます。最初に比べると話や遊ぶことも増えました。それと同時に遊びの中からみえる言動や行動。会話から感じる将来の不安や家の心配ごと。
いずれもこどもたちから発信される本物ばかりです。


センターはいままでもそれらを受け止めてボランティアさんや地域、他団体、支援者の皆様とともに活動して来れました。
そしてこれからも受け止めていく。それらを発信していく。日常を過ごしていく。
そのためにも皆さんのご理解とご協力のうえお気持ちをいただければと思います。

これは3ヶ月センターで働いたスタッフくっきーの率直な気持ちの発信です。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 09:37
人間だもの〜スタッフのつぶやき〜 [2019年06月19日(Wed)]
スタッフのくっきーです!

今日は活動のことではなく私自身のことを少しお話をしようかなと思います。

4月から働き出して早3ヶ月。
前職は仙台で児童館職員として働いていました。
現場をメインに子どもと遊ぶことが多かったので事務仕事は正直言って苦手です笑
しかし、苦手なこともひとつずつ経験して自分の糧にして成長できるように日々をすごしてます!

ただやっぱり疲れも出てくるもので今日は朝から体が重い。。。
午後はゆっきーにお願いしてお休みをいただきました。

うん自分の成長とかなんだかんだ頑張ると述べましたが。。。
人間だものどこかで疲れがでます笑
なので今日は午後お休みをいただいて心と体もリフレッシュしてきます!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 14:37
山科へもぐもぐ勉強会 [2019年06月05日(Wed)]
S__5472259.jpgS__5472260.jpg

どうもスタッフのくっきーです。
今日は仕事が終わったあとは最近買ったロードバイクで大津から山科へ自転車
山道を超えて20分ぐらいで到着!
坂道下るのがなかなかに快感( *´艸`)

さあ今回は何しに山科へ来たのかというと、先月から行われていた山科醍醐こどもの広場でおこなわれている勉強会へ(詳細は↓のURLをクリック!)
https://www.facebook.com/events/2505110799501076/


普段何気なく使う言葉の意味をみんなで考える時間。
誰かと一緒にあーだこーだと話して意味を追求する時間って普段なかなか取れないもんだなと気づきました!
具体的な言葉を抽象的な言葉に変えるのは得意な人は多くても、その逆をするのは難しい。。。
プレゼントとは、価値観の共有、仲直り、ちゃんと、しっかり、スカート、自分事などなど
もちろん辞書的に調べれば出てくるものですが、場面、立場、環境によって言葉の意味が変わる。。。
これらを「考える」時間は言葉の意味だけでなく人を考えることにもつながるとも感じました。

センターにおいての自分がつかっている言葉と人について改めて「考える」こと意識します。


山科醍醐こどものひろば勉強会もぐもぐは月に3回程度(今月は12日と19日)が各月行われていきます。
空気感はとてもゆるーい、静かでなんか厳格な感じではない。
ぜひ興味があるかたは是非ご参加ください!
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 13:46
草むしりむしり [2019年06月04日(Tue)]
WP_20190604_15_09_41_Pro.jpg

夏の気配が感じる季節になりましたね〜
庭の雑草たちも季節に呼応して、ぐんぐん伸びる。。。
スタッフくっきーはひとりでに雑草と格闘するもすぐに伸びる。。。

そんな果てしない戦いに終止符が打たれたのは今日の午後。
ボランティアさんが活動を終えたあと帰る前に雑草抜きをお手伝いしてもらいました!

以前、少しだけ子どもとボランティアさんで雑草抜きを手伝ってもらっていましたが、今回はがっつり綺麗にしてくれるとのこと。

おかげで庭の花壇まで綺麗になりました♪

さて綺麗になった庭でなんかおもろいことができたらと考えていきたいですね〜
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 17:56
「スタッフくっきーのきづき」日々のなかで [2019年05月17日(Fri)]
スタッフのくっき〜です!

本日は大津市内は曇り時々雨。。。
ついに梅雨の時期が始まるのかなと感じさせられています。

こどもたちも季節の節目を感じる場面があるのかこんな会話がありました。

くっきー「なんか最近暑くなってきたねー」
こども「夏って感じ。けど夜はまだちょっと寒い。。。」
くっきー「確かにビミョーな季節やね」
こども「今は春なんやろか夏なんやろか」
くっきー「・・・初夏?」
こども「初夏にしては早すぎでしょ〜けど微妙すぎてわからへんね」

その後、調べてみると立夏を迎えていたこと。初夏と立夏の違いを知る。
少なくとも僕一人では調べなかったことだし、こどももこんな会話が無かったら調べてなかったとのこと。

こんな会話、されど会話。
内容がどうであれお互いに知らないことを調べるきっかけがこの会話になっていったと感じた場面。
これからも大事にしたいです。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 13:00
スタッフくっきー半月が経って。。。 [2019年04月19日(Fri)]
新年度がはじまって半月がすぎました。
桜もあっという間に咲いて散ってしまって時間の流れが目に見えてわかる季節だな〜と感心しているスタッフのくっきーです。

時間の流れは人によって感じ方はもちろん違います。
僕の場合、新年度からセンターで働いてホントにあっという間の2週間でした。
しかし、出会うこどもや若者からは学校で過ごす時間が遅く感じる、センターで過ごす時間はあっという間に感じるなど様々です。
感じ方は時間に限らず様々な場面で違いが出ます。
食事、遊び、勉学、交流などなど。。。

違いはあるのは当たり前です。

けれど、相手(自分)の感じ方に興味、感心をもつ。
そばにいて相手を感じてることを受け入れる。
まだまだ若輩者ではありますが、センターで半月働いて私が「感じた」ものでございます。


スタッフくっきーのつぶやきでした。
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 14:45
2019年4月が始まりました!新スタッフのくっき〜です! [2019年04月01日(Mon)]
2019年4月になりました!
新年度で学年が変わったり、新社会人など皆さんにとって節目の月になる事でしょう。
そして、子どもソーシャルワークセンターにも新しくスタッフが加わることになりました!

くっき〜です
趣味は一人旅(18きっぷ)でふらーっとどこかに行くのが大好きです!

新年度のため子どもソーシャルワークセンターは大掃除のため1週間お休みをいただき来週から始動します。
日頃の様子などはTwitterやFacebookなどでもご覧になられます(^^)
是非ご覧ください!(大掃除の写真にくっき〜が写っているかも!?)

スタッフくっき〜
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 17:58
はじめまして! [2018年07月10日(Tue)]
7月からスタッフになりましたくらしょーです!

趣味はゲームと工作です。工作と言っても、大工的なものではなく、手作りハンドスピナーや、100均素材で作るペットボトルロケット、他にも「あれ100均で作れるんちゃう?」的な感じで研究しながら作るのが好きです。

座右の銘は「全力で遊ぶ大人!」と言えるように、毎日のワクワクを大切に生きています。

unnamed[2].jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 13:02
新しいスタッフの紹介 [2018年07月09日(Mon)]
とりあえず、"な〜さん"と呼んでください。

会えば見たとおり、頼りになるやらならぬやらの人間です。

愛車で出かけてハンモックで風に吹かれるのが至福の時間です。

ぼちぼちやっていきたいと思います。よろしくお願いします。
なーさん.jpg
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 13:00
地域の玄関 [2018年06月21日(Thu)]
つばめ180621.jpg

ひなたちが大きくなり、灰色だった産毛がはっきりとした色に生え変わってきました。

スタッフルームで仕事をしていると、玄関のつばめの巣を見て立ち止まっていく地域の人たちの姿をよく目にします。

実は、センターにはちょっと前まで「幸重社会福祉士事務所」しか看板がかかっていませんでしたが、新しく「こどもソーシャルワークセンター」の看板も玄関の横に掲げられました。

今までは怪しい何をしているかわからない事務所だったのが、「こども」がつくことによって、特に子育て世代の方や子どもたちが玄関の前にちょっと立ち止まってくれることが増えました。

「何してる場所やろ」
「あのつばめかわいいな」
「めっちゃうんこしてるやん」

などなどそんな会話が聞こえてきます。

玄関を掃除していると、つばめのことで声をかけられることもあります。
なぜか、ちょっと地域の人とつながれたような気がしてうれしくなります。

世間では成人年齢の引き下げで、こどもとおとなの境目が議論されていますが、こうしてセンターでいろいろな子ども、若者のみんなと関わっていると、むしろ大事な議論は「引き下るかどうか」の話ではないような気がしてきます。

以前つばめの話を向かいの豆腐屋さんと話していると、
「よく鳴き声きいてみ。
チュンッ!チュンッ!って勢いよく鳴くときあるやろ。
あれはな、周りにカラスとか猫とかおるときやねん。
周りに知らしてんねん。

ほんで群れで飛びよるねん」

つばめはてっきり巣ごとに親鳥が守っているかと思っていましたが、連携して守ることに驚きました。
もしかしたら、人間社会よりご近所同士の子育てが進んでいるかもしれません。

つばめの巣ができると「幸せを運んでくれる」といいますが、そんな大げさな話でなくても、ただ玄関につばめの巣(とつばめ)があるだけで、こんなに人と人との間をやわらかくしてくれたり、大事なようなものを思い返さしてくれたりと、”いいこと”を運んできてくれるような感じがします。

センターがここにできて3年目を迎えていますが、毎週来てくれている子ども・若者から全国から足を運んでくれる見学者までいろんな人が交わる場所だからこそ、今まで出会わなかったようないろんな人のあたたかさに触れられる「地域の玄関」にもなってほしいなと思います。

文:ますお

///////////////////////////////////////

センターでは、さらにこの場所を必要としている子どもたちを受けるために今年18年3月から法人格を取得しました。
昨年、居場所事業として大津市に週5回運営できるよう事業費を申請しましたが、週1回分のみの予算となりました。
来たいと言っている子どもに「ちょっと待って」という状態が続いています。
せっかくこの場に出会えたのに資金不足で来れない。
一人でも多くの子ども・若者とつながれるよう、みなさんのご支援をお願いしたいです。

以下のURLにて法人設立寄付者を募集しております。
https://japangiving.jp/supports/4264
Posted by こどもソーシャルワークセンター at 14:02
| 次へ
検索
検索語句
リンク集
プロフィール

こどもソーシャルワークセンターさんの画像
http://blog.canpan.info/cswc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cswc/index2_0.xml