CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
放送を終えてその2 孤独を知った日々 [2017年05月03日(Wed)]
さて昨日の続きから。
番組で放送されなかった話を中心に
シリーズで投稿していきます。

そんなことで18歳の春。
人生においてはじめて富田地区で
孤独を感じる生活を強いられることになります。

浪人生といえども予備校で友達を作ることは
もちろん可能ですし、GWが終わる頃には
予備校でもそんな仲良しグループがあちこちに。
しかし授業が終わったらすぐに夕刊配達へ
行かないといけないため友人を作ることができない。
ということでお昼も学食でぼっち飯。

正直、高校卒業するまで家族との団らんや
学校の休み時間の友人たちとの薄ぺっらい会話を
人生において無意味なものと思っていました。
富田地区に行き家庭、学校での関係性がなくなった時
その無意味なものと思った時間が本当はとても
大事な時間や空間であったことに気づかされたわけです。

そんな25年前に孤独な生活を送っていた話を取材で入った
富田地区のみなさんに話すとみんな笑いながら
「隣保館に来てくれたら良かったのに」
と言われてしまいました。
TV取材ではあまり触れられませんでしたが
富田地区は同和対策として隣保館の取り組むなどで
子どもや若者の居場所があったのですが
ネットもない当時に通りの向こうにそんな世界が
あったことを知るすべなかったのです。

そう歴史を遡ると子どもの居場所といえば
同和地区などでは隣保館と呼ばれる支援センターがあり
学習、遊びそして食の支援が当たり前に行われていました。
しかし特に大阪や京都では政策転換が起こり
行政による同和対策の取り組みは急激になくなりました。

番組の中で富田地区の中学校が子ども食堂づくりに
学校をあげて協力してくれるシーンが映ります。
その背景にはそのような地域としての歴史があるわけです。

さて25年前の自分は富田地区の居場所を
知りませんでしたが、別の地域の居場所を知っていました。
「こども劇場・おやこ劇場」
子ども時代から参加していた地域のNPO活動に
親が役員をしていたこともあり岡山でずっと
参加していたこの団体が全国各地にあるのを思い出し
でも申し訳ないのですが大阪高槻の印象が悪かったので
京都で活動に参加しようと思い事務局に問い合わしました。

それが「山科醍醐こどものひろば」だったわけです。
20年後に理事長になり、全国デビューするきっかけに
なるとは当時全く知りませんでした。

続く・・・

s_1992camp.jpg
秘蔵写真シリーズ(?)山科醍醐こどものひろばデビュー
当時の山科醍醐こどものひろばではキャンプが一大イベント。
毎週2回の会議と子どもたちとの班会。
同世代の仲間と話をすること。そんなあたり前の日常を
毎回感じながら活動に参加していました。
写真は新聞配達の夏期休を使っても
途中からの参加しか出来なかったキャンプの一コマ。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 12:10
放送を終えてその1 富田地区とのご縁 [2017年05月02日(Tue)]
みなさん番組観ていただけましたか?
このブログでは番組で放送されなかった話を
中心にしばらくシリーズで投稿していきます。

「地域魅力化ドキュメントふるさとグングン!」
ひとりぼっちのいない町というテーマで
大阪高槻市富田地区に入ったわけですが
実はこの地区はボクにとっては思い出の地でもありました。
1992年春。高校卒業後、福祉系大学への進学を
目標にしていましたが見事に大学受験に失敗。
まわりの友人はみんな大学進学する中
実家での予備校生活が正直イヤだったので
大学受験雑誌に広告の載っていた
新聞奨学生に申し込みました。
希望した京都はすでに定員いっぱいということで
予備校は京都だったのですが配属されたのが
富田地区の新聞配達所でした。

ところが新聞奨学生の生活はパンフレットに
書かれたことがほとんど行われてなく
仲間との寮での共同生活ではなく
あてがわれた古いアパートで一人暮らし。
正直それまで見たことないゴキブリや
ネズミとの同居生活(苦笑)。
風呂はついてないので銭湯に毎日行くのですが
背中が華やかな方ばかりでビビりまくり。
(実際は気さくな方ばかりでしたが)
夕食もまかないの暖かいご飯と仲間との食卓でなく
朝はパン、夜は弁当か総菜をアパートで孤食。
そして3時からの朝刊配達という契約書と違い
1時から朝刊配達。電話もネットのない環境で
毎日泣いて暮らしていました。
そしてGWの頃には一緒に入った新聞奨学生仲間は
みんなやめていってしまいました。

そんな暗黒の一年送った高槻市富田地域。
あれから15年後、ボクは地域の子どもの居場所づくりで
その暗黒の地(ボクにとってですが)へ入ります。

続く・・・

s_1992setohs.jpg
秘蔵写真シリーズ(?)高校の卒業式。
ゆっきー少年はこの1ヶ月後に岡山を出て
大阪で地獄を見ることになるとは知らなかった・・・
そして高校で友達と過ごした当たり前の大切さを
身にしみて感じることになるのでした。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 12:36
本日放送 [2017年04月30日(Sun)]
ブログは職員のみんなにまかしていることもあり
すっかりレア投稿になりつつある「ゆっきーのつぶやき」
今日はさすがにTV放送日なので投稿しました。

orca_share_media1491207907567.JPG

地域魅力化ドキュメントふるさとグングン!
1月にあの超有名な先輩ソーシャルワーカーさんが
「子どもの居場所作りなら幸重さんがいいよ」と
紹介していただいたご縁で、今回の番組作りに
関わらせてもらうことになりました。

「達人」という扱いには今もひっかかりがありますが
地域の子どもの居場所づくりにソーシャルワーカーである
自分が関わり応援しながら立ち上がるという流れは
まさに今自分が子どもたちが歩ける場所(つまり学区)に
小さくても暖かい子どもの居場所づくりをしていこう
そのためのソーシャルアクションをしていこうと
考えている自分の思いとも一致しました。
(これを「こどもソーシャルワーク」と
 勝手に名付けていたのを広めるチャンスとも!)

全国各地の候補地を番組ディレクターさんと巡り
自分にとってもご縁があった大阪府高槻市富田地区の
居場所づくりに関わることになりました。
2月から地域に入り、活動づくりの取り組みに入り
3月は先進地として自分の取り組みや機会があれば
紹介したかったスクールソーシャルワーカー仲間が
立ち上げた素敵な居場所に視察取材が入り。
そして富田地域での啓発イベントを経て
誰でも参加できる子ども食堂が春休みにスタート。
4月からは夕刻を支える居場所も
はじめることが出来ました。

4月に入り人生初のスタジオ収録。
久しぶりにがっちがちに緊張しましたが
芸能人のみなさんやテレビスタッフのみなさんに
支えていただきいい感じのスタジオ収録になりました。

そして今日2時間後に放送。
多くの人たちの目に触れることで
一人でも多くの人や地域の方が
自分たちで子どもの居場所づくりをしたい
関わりたい応援したいと思ってもらうこと。
ボクは会うことないけど、その居場所の中で
多くの子どもたちが家庭や学校でしんどい気持ちに
なっても地域の居場所の中で自分を好きで居続けて
次に別の子どもや地域を元気にしていく
光になっていければ素敵だなと思っています。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 07:53
2017年の野望 [2017年01月01日(Sun)]
あけましておめでとうございます。
年末から連続投稿です。
毎年恒例の投稿である年末のまとめと年始の抱負。
ちょっとここ3年の抱負を振り返ってみました。

2016年の抱負・・・書けてない
2015年の抱負
 △滋賀県で子どもの貧困対策の包括的モデルを作る
 ×保育系・社会的養護系の事業をスタート
 ○ソーシャルワーカーの教育、養成、啓発活動
2014年の抱負
 △NPO法人化
 ○大津・滋賀を中心とした活動への移行
 ×社会的養護系の事業をスタート
 ○就労支援系の事業をスタート
 ×ボランティアの活躍する組織

ついでに2014年の1月のブログを読み返していると
来週1月6日からの企画展でお世話になる
Colaboの仁藤夢乃さんとはじめて会った時
(東京でのシンポジウムで一緒になった)
の記事があったりしておもしろかったです。

ということで2017年の抱負、行きます!

○啓発事業
『子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち』の
続巻にあたる本の出版。
まあ原稿は執筆済みなので、おそらく目標達成間近。
ちょうど京都山科での活動から滋賀大津への活動の
移行期に起こしたソーシャルアクションをまとめています。

○トワイライトステイの拡大
来年度の大津市の方針は見えませんが
法人化すれば民間助成金を取りやすくなるはずなので
寄付金と併用して何とか運転資金を集め
今、待っている子どもたちを少しでも早く
トワイライトステイにつなげていくつもりです。

○組織の強化
いつまでたってもスタートできない法人化を今年度こそ。
そしてボランティアやコアスタッフを増やすことで
活動を増やしていきたいです。
とっても素敵なセンターなので、もっとボランティアの
たまり場にしていきたいのですが、
なかなかふらっと遊びに来てもらえていません。

◎ハロウィンプロジェクト
そして今年最大の目玉イベントに考えているのが
こちらの企画。いつの間にか市民権を得ている
ハロウィンを使って子どもを中心にした
新たな地域活動を立ち上げます。
妄想だけでテンションあがっています。

ということで2017年も
こどもソーシャルワークセンターを
よろしくお願いします。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:24
2016年を振り返って [2016年12月31日(Sat)]
年末ということで代表による連続投稿です。

今日は今年のまとめを。
何となく昨年あたりから近いうちに事務所を
大津に移すことになるかなと考えていましたが
急にスイッチが入って今年4月に移転となりました。
大津市社会福祉協議会のご紹介でとても素敵な
大家さんを紹介していただき居場所と事務所機能を
抱える新たな拠点が大津市に誕生しました。
それを機会に個人事業形態の独立型社会福祉事務所から
全国へのモデル普及を含めてNPO法人を目指して
「こどもソーシャルワークセンター」という名称に。

そしてスタッフも大きく入れ替わりました。
現在は6名のスタッフが活動を支えています。
とはいえ活動の中身が変わるわけではなく
関わる子どもたちや若者たちのニーズに応えながら
事業をすすめていくことが出来ました。
特に京都時代に比べて子どもや若者が集える場に
なってきたことがとてもうれしいです。
あとはボランティアの居場所になっていけば
目指している形になっていくかなと思っています。

大津市に移転してネットワークはつながり
昨年に続き、今年も大津市長の視察はあったものの
残念ながら大津市や滋賀県を巻き込んで
安定した活動がまわせる制度化までに
持っていくことは出来ませんでした。
来年も資金面ではかなり苦しい一年になりそうですが
寄付、助成金などを活用しながら何とか
子ども若者たちに活動を提供しつつ
来年こそきちんと運営できる制度化を
目指していきたいと思います。

あとセンターの活動ではないのですが
今年は久しぶりに配置型のスクールソーシャルワーカーとして
活動した一年でもありました。
コミュニティーソーシャルワーク力が上がったこともあり
今、関わっている甲良町でもら来年は何か
学校×地域の新たなアクションを起こせたらと
個人的には考えています。

来年の今頃はどう進化しているか今から楽しみです。
今後もこのブログを通してみなさんに
こどもソーシャルワークセンターの進化を
見守っていください。
2017年もよろしくお願い致します。

代表 幸重忠孝
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:30
「私たちは『買われた展in関西』」で伝えたいこと [2016年12月30日(Fri)]
気がつけば明日が大晦日。
そしてブログは職員まかせで本当にすみません。
久しぶりに代表のブログ投稿(3連投の予定)

さて年明けには10月10日のイベントで
お世話になったcolaboさんと一緒に
「私たちは『買われた展』in関西」を大津で開催。
ということで今日の投稿は熱い気持ちを伝えます。

気がつけば年間通して100回近く
講演などを通して困難を抱える子どもたちの声を
多くの人たちに届けています。
でもそれはあくまで大人の自分の代弁であって
大人の自分のフィルターがかかった言葉。
同時に100日近くスクールソーシャルワーカーとして
またこどもソーシャルワークセンターの関わりで
困難を抱える子どもと関わっています。
でもその関わりで出てくる言葉を
そのまま切り取って人に見せることは出来ません。

多くの子どもに関わる大人との会話の中で
大人はやたらと子どもに対して支援したがります。
(自分も仕事ではその部分も持ってます)
でも本当は子どもたちが何を望み、何を伝えたいのか
もっともっと耳を傾けるべきだと思います。

自分の団体ではまだ子どもの年齢や関係性のため
まだそのレベルに達していない中、
子どもの貧困対策センターあすのば子ども委員会
(あすのばについてはまたの機会に語ります)
そして今回一緒に関西で企画展を行うcolaboに関わる
当事者の女の子たちのグループTsubomi
では子どもたちが社会に声をあげています。

それが8月に東京で行われた企画展。
そして企画展を追ったドキュメンタリー
ETV「私たちは買われた 少女たちの企画展
もちろん企画で買春や性的虐待、セクハラなど性が
テーマになっているところも大事ですが
関西でなぜこの企画展をしたかったかというと
単純に多くの人に「子どもたちの生の声」の力を
知って欲しかったからです。
この企画展を見て、まだまだ自分も子どもの声を
聞けてなかったと気づかされました。

とにかくライブで子どもたちの声を感じてください。
おそらく子どもたちが「性」というテーマで
語りかける文章づくりは本当に命や心を削る
作業だったはずです。彼女たちにはその対価として
削った命や心を埋める作業が必要になります。
そのためにこの企画展ではファンドレイジングで
寄付を集めて組織を通して体験活動で彼女たちに
返していきます。写真はそんな活動のワンショット。
企画展に参加した女の子たちを10月に
大津に招待しての合宿を行った時の様子。

20161010.jpg
※写真は許可をいただき仁藤さんのFacebookからの転載です。

今回の関西での企画展終了後もそんな機会をもうけていきます。
ぜひこちらのサイトから寄付での応援もお願いします。

JAPANGIVING「私たちは『買われた』展を関西で開催したい


Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:19
イベント前の風邪 [2016年10月05日(Wed)]
ゆっきーです。大事なイベント前なのに
風邪をひいて1週間ほど役にたっていません。
今回はノドをやられて今はセキに苦しんでいます。
話すことが多い仕事なのでダメダメです。

ちなみに薬手帳というものがあるので
過去いつ体調を崩してたかこの手帳で一目瞭然。
この手帳によると誕生日(10月10日)前後は
毎年風邪ひいているらしいです。

人間の身体って不思議ですね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 18:50
私たちは『買われた』展 [2016年08月12日(Fri)]
今日からお盆休みに入っているゆっきーです。

一昨日、山梨で講演があって昨日はその帰りに
東京へ寄ってきました。
仕事の関係でアウトプットが多いけど
インプットも大事ということで
10月10日に浜大津明日都で開催する
こどもソーシャルワークセンター法人設立記念イベントで
対談する女子高生サポートセンターcolaboの仁藤さんが
昨日から開催している企画展
「私たちは『買われた』展」に行ってきました。

ボク自身もしんどさを抱える家庭の子どもに関わって
講演やヴィジュアルノベルを作って伝えてきましたが
今回の企画展は当事者たちが書いた文章、
そしてイメージカットが公開されるということで
そのインパクトと言葉の重みは段違いでした。
しかも「性虐待、性暴力、人身売買」という
日本の社会が見ようとしてこなかった現実。

そしてこの企画展で改めて感じたことは
女の子たちは3重の苦しみを受けていること。
まず守られるべき家庭、学校で性被害や心ない言葉を
浴びせられていること。学校で働くSSWとして
本当に力不足を感じましたが、学校という守られる場所で
先生という大人に傷つけられている事実が
女の子たちの文章に赤裸々に書かれていました。

そして次に女の子たちを苦しめているのが
専門家と呼ばれる福祉、医療、警察の言葉や態度。
残念ながら児童相談所や児童養護施設で
職員に言われたこととして記された言葉は
子ども家庭福祉の現場では実際発しているだろうと
自分も含め支援者の恐ろしさを改めて感じました。
ある子の文章の中にこのような内容がありました。
「一時保護できるのは17時までだから、それまでに決めて」
迷って、態度を変えると。
「それって、ためし行動だよね」

言葉にしないだけで、自分も仕事として子どもと関わる時に
頭の中でいつも考えていること。
そのような専門家支援に子どもたちがどれだけ傷つき
見捨てられた感情を生み出しているのか
女の子たちの言葉だからこそグサリと刺さります。

最後にこうして勇気を持って社会に発信する
女の子たちを社会の中には「自己責任」とする風潮が
あることに悲しくなり、
でもどうすればわかってもらえるのか。
この企画展の後に子どもの貧困対策センターあすのばの
新しい事務所であすのばの若者たちと会ってきました。
あすのばの若者たちも子ども時代にしんどさを抱え
その過去を社会に発信し、政策提言をしています。
多くの子が実名でマスコミの前で訴えます。
(それについてのリスクもありますが)
その反応の多くがやがて社会からの応援に変わります。
しかし、colaboの女の子たちの社会発信は
本人たちは安全のために直接伝えることは出来ず
発信した結果も社会の応援以上に、
自分で身体を「売った」子として
ネットなどで中傷や批判にさらされます。

その違いは何なのか?
あすのばの若者たちはしんどかったけど
どこかで「当たりの大人や団体」とつながった。
colaboの女の子たちはしんどかった時に
「性の喰いものにしようとした大人や業者」に
つながるしかなかった。
たったそれだけの違いなのに
同じ社会発信をしてもそれが成功体験や
自分の自信につながりにくい。

では自分はどうすればいいのか?
しんどさを抱えている子どもを
今、やっている小中学生の居場所活動で
「当たりの大人や地域」につなげること。
そしてこれだけの企画展を勇気をもって
行ってくれたcolaboの女の子たちには
まともな大人が一人でも多く
この社会発信を見てもらうよう
しっかり社会に呼びかけること。
(特に教育、福祉関係者は絶対に見て欲しい!)
あとお疲れ様とねぎらいたい気持ちを
形に変えるべく10月10日に仁藤さんに
来てもらうのにあわせて女の子たちも
滋賀や京都でゆっくりしてもらう
企画展のお疲れ様会を企画します!

ということでまずはお近くのみなさん
20日までに企画展に足を運んでくださいね。

P_20160811_143624.jpg

女子高生サポートセンターcolabo
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 15:08
給食無償化を調べてわかったこと [2016年08月07日(Sun)]
今日はスクールソーシャルワーカーズネットワーク
SSW-Netの夏のつどい2日目です。

初日は北大の松本さんの基調講演
シンポジウム「夕刻を支える場と学校の連携」で
こどもソーシャルワークセンターの実践も報告
させてもらいました。

松本さんの基調講演でおっしゃっていた
「本当の貧困(虐待)探しは意味ない」は
本当にストンと来ましたので
これから講演でパクらせてもらいます。

さてナイトケアの宿直の後の2日目は
学校で出来る「食」の支援ということで
いつもの地域での子ども食堂とは違い切口で
学ぶ分科会を企画したところゲストスピーカー
招聘に失敗して自分で報告するはめに。

もともと興味をもったのはこの9月から
滋賀県の長浜市で小学校の完全給食無償化を
知ったからです。さっそく担当者に話を聞きに
いったところ「へぇ」という話をたくさん聞けました。
(ゲストに来てもらうのは失敗)
一番驚いたのは学校給食は法律で無償化出来ないこと。
「学校給食法」という法律で給食費は保護者が
支払うことになっていました。
ということで無償化ではなく正確には全員に給食費を
補助をするという手続きになります。
笑えるのは実は補助金を受けられない世帯があって
就学援助や生活保護の教育扶助は国庫補助なので
そちらからの支出になるので市費を使う補助対象外。
みんなが給食費を実質払っていない中
唯一払わないといけないのが貧困家庭。
(もちろん就学援助や教育扶助の中に含まれて
 支給されているわけですが)

と、久しぶりに自分で調べて勉強をしたなと
感じる分科会でした。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:09
恩師浜田先生との共演 [2016年06月04日(Sat)]
今日は部落解放同盟大阪府連合会の集まりで
子どもの貧困と居場所づくりについて講演をしてきました。

なんとそのイベントで自分の講演の前が
大学院の指導教官であった浜田寿美男先生の講演!
えん罪事件をテーマに話をしてくれました。
恩師と同じイベントで講演できることにちょっと興奮。

えん罪の話と子どもの貧困の話は
一見関係なさそうで実はつながっているのを再確認。
いつも言っていることですが、居場所を作ったからと言って
子どもの家庭環境や人生が大きく変わるわけでなく
でも子ども時代にそこで信頼できる大人と出会うことが
大人になった時に小さな糸でもつながろうと思うか
どうせ他人や社会は信頼出来ないと考えるかで
大きく変わっていくと思っています。

えん罪はもちろん誰にでも降りかかる可能性がある
社会課題ですが、実は貧困などで孤立した生き方を
している人たちの方が巻き込まれやすく
そして助けにつながりにくいと浜田先生の話を
久しぶりに聴きながら感じました。

ということで懐かしい大学院浜田ゼミの修論合宿の
写真をアップしてみました。懐かしい!

s_07.jpg
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:15
| 次へ
検索
検索語句
リンク集
プロフィール

こどもソーシャルワークセンターさんの画像
http://blog.canpan.info/cswc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cswc/index2_0.xml