CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«三井物産株式会社:候補企業 | Main | 奥田建設株式会社:候補企業»
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
CANPAN CSRプラス大賞一覧へ!
CANPAN CSRプラス大賞一覧

CANPAN 第2回CSRプラス大賞へ!
CANPAN 第2回CSRプラス大賞へ!

CANPAN 第3回CSRプラス大賞へ!
CANPAN 第3回CSRプラス大賞へ!

最新コメント
ユニバーサルサイン
ソニー株式会社:候補企業 (09/17)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/csr2007/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/csr2007/index2_0.xml
コマスマーケティング株式会社:候補企業 [2007年09月14日(Fri)]

コマスマーケティング株式会社

マーケティングを中心としたコンサルティング・企画サービスを提供しています。市場調査、広告・販売促進企画、WEB・システム企画、商品企画などマーケティング全般を支援しています。独自サービスとしまして、子育て世帯会員組織『トキっ子くらぶ』を運営し、子育て支援とビジネスの両立に取り組んでいます。
社会貢献と収益の両立させた事業をカタチに   目標は「継続」

コマスマーケティング(株)は、2006年6月に設立した生まれて間もないマーケティング会社だ。「自分たちの発想・企画力で新潟を変えたい、面白くしていきたい」という気持ちを胸に、「トキっ子くらぶ」という新潟県内で子育てをしている家庭を対象にした会員クラブを作り、子育てしやすい地域づくりを目指している。

===================================================================
子育て世帯を応援!『トキっ子くらぶ』

『トキっ子くらぶ』は、新潟県の12歳以下の子どもを持つ家庭を対象とした会員クラブだ。会員に「トキっ子くらぶカード」を発行し、そのカードを協賛店でみせると商品の割引やイベントへの参加等の特典が受けることができる。登録件数はわずか4ヶ月で子育て世帯会員登録が3600世帯、協賛店は320店舗となった。

あるスーパーマーケットではトキっ子くらぶの会員向けにクーポン券を毎月発行し、商品の割引分は、メーカーが負担している。県内販売店だけでなく、メーカーもトキっ子くらぶの存在を知り消費者への商品のアピールの場、販路として注目をしている。トキっ子くらぶへの協賛費用は年間10500円で、「トキっ子くらぶ」のHP(PC・携帯)で店舗案内のページを作成するほか、「トキっ子くらぶ」ステッカー・ポスターなども提供している。また、協賛店に加入することで、子育て支援を通して社会貢献をするというお店のイメージアップにもなる。

===================================================================
「トキっ子くらぶ」で広がる子育て世代のつながり

「トキっ子くらぶ」では、フリーペーパーや、SNS、トキっ子くらぶ会員限定イベントなど、サポート店にとって集客に役立つツールと会員にとってよりよい地域情報を得られる機会を提供している。フリーペーパー「トキっ子ラウンジ」では、主婦向けの求人広告や親子で楽しめる休日スポットなど子育て世帯が求める情報の発信、また、SNS「トキっ子広場」では300人を超える会員がネット上で育児日記を書くなど、子育て情報の交換をしている。イベント第一弾として開催した、親子のための本格クラシックコンサートでは協 賛店の協力で無料で開催するなど、新潟県内の子育てネットワークは広がり続けている。

===================================================================
中越沖地震で「トキっ子くらぶ」ができること

2007年7月中越沖地震が発生し、「トキっ子くらぶ」でなにかできることはないかと考え実施したのが、SNS「トキっ子広場」での「被災者向け子育てカウンセリング」だった。プロのカウンセラーが無料で被災した子育て家族の悩みや質問に答えた。SNSという特性をいかし、相談者ばかりでなく同じような不安を持った人にとっても「悩んでいるのは自分ばかりではない」と、お互いの想いを共有し励まし合うことができた。

また、上越のある協賛店である美容室から、被災地で子供向けにボランティアカットをしたいとの相談が「トキっ子くらぶ」の事務局に寄せられた。事務局では、快くその相談に応じ、場所の手配や広報などをして、被災地でのボランティアカット実施に協力した。子育て支援のネットワークの中からの「地域へのこんな貢献をしたい!」という想いの発生が、これから新潟を住みやすい、子育てしやすい新潟へと変えていく大きな力になるだろう。

少子化問題や子育て支援を行政任せにせず、民間企業が主体となって新潟の子育てを盛り上げられないか?という思いから始まった「トキっ子くらぶ」はこれからもきっと多くの地域における好循環を生んでいくに違いない。

新潟NPO協会からのコメント
コマスマーケティング(株)の企業活動は、地域資源を活かしながら地域課題の解決をビジネスの手法で取り組む「コミュニティービジネス」と重なってみえる。地域の人材や施設、資金を活用し、地域コミュニティの活性化につながる活動が特徴的だ。

社名である、コマスマーケティングの“コマス”とは、子ども(コ)が増える(マス)という思いで名付けたという。会社設立後まもなく父親となった代表取締役社長の今井氏の子育てのしやすい魅力的な地域社会づくりにかける思いが社名にも表れている。「地域社会と共に豊になる」を目標に掲げるコマスマーケティング(株)にとっての社会貢献とは、ビジネス事業を成り立たせ、会社を存続させていくこと。まだ立ち上がって1年ほどの企業だが、地域からの期待は熱い。これからの「トキっ子くらぶ」を軸にした事業展開が楽しみだ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/229706

コメントする
コメント