CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

CSOネットワークのブログ

一般財団法人CSOネットワークのブログです。
一人一人の尊厳が保障される公正な社会の実現に向けて、
持続可能な社会づくりの担い手をセクターを越えてつなぎ、
人々の参加を促すことを目的に活動しています。
評価事業、SDGs関連事業などについての記事を書いていきます。


発展的評価について考える(その2〜評価的思考について思考する) [2017年12月09日(Sat)]

こんにちは。

CSOネットワークの今田です。


本ブログで、発展的評価について考えたいと思います。

その1は、こちらから↓

http://blog.canpan.info/csonj/archive/6



 「型」=「一連のやり方・手法」が評価の主旋律でないのだとしたら、評価の中核にはなにがあるのでしょう。「発展的評価(DE)では…」、と考える前に、その周辺を少しウロウロしてみたいと思います。


 評価が研究・実践の分野として発展していて、評価学会に7000人を超えるメンバーを擁する米国で、2000年を過ぎたあたりから、特に評価の能力強化を加速させる概念として注目されているものに、評価的思考(Evaluative Thinking)があります。評価能力を高めたければ評価的思考を高めることに尽力しましょう、というわけです。


 評価的思考とは、例えば、次のように定義されます(*1)。


評価的思考とは、好奇心に駆られ、エビデンスの価値を信じて、

1.     物事の想定事項を見える化し、

2.     思慮深い質問を投げかけ、

3.     内省や視点の選択を通じて物事の深い理解を追求し、

4.     状況をよく理解した上での決断を下し、行動を用意する

認知プロセスである。


 そんなに難しい定義ではないですね。学校教育などで言われる「批判的思考」に通じるものがあります。ではなぜこれが大事なのか?それは、評価的思考のクセを組織文化に取り入れた組織はぐんと伸びるということが言われるようになったからです。


 評価的思考のクセを取り入れた組織とは、例えば、オフィスを訪ねてみると、スタッフが互いにこんな質問を投げかけているような組織だといいます。


「どうしてそれが言えるの?」

「裏付けは?」

「そもそもの前提はそれでいいの?」

「ほかにどういう説明があり得る?」

「結論づける前に足りない情報は?」

「◯◯(ステークホルダーの種類)の視点が欠けてるんじゃない?」

等々。


 そう、上の定義では「エビデンスの価値を信じて」とありますが、このクセを持つことで、エビデンスを使って自分たちの思考形態を崩してみよう、ズラしてみよう、意思決定や行動をエビデンス・ベースで考えよう、という習慣につながるというわけです。評価の型や手法は、あくまでもこの過程をサポートする手段になるのです。


 評価的思考は、内部評価であれ外部評価であれ、良質の評価を繰り返し行うことによって育てられるといいます。また、それは自然に身に着くものではなく、意識してクセとして持つようにしないと身に着かないといいます。評価を「しなければいけないからする」態度では到底育つものではないといいます。(*3


 評価手法をよりよく使うために評価的思考を身に着けるのではなく、評価的思考を最大限活用できるように評価手法を使う。主客逆転。


この項つづく。


DEの基礎については、こちら↓

https://www.slideshare.net/CSONetworkJapan/ss-82079836


ba47ba84f5003d830581c9ba7f7b7486_s.jpg


参考資料

1. Tom Archibald and Jane Buckley, Promoting Evaluative Thinking: A Key Ingredient in Evaluation Capacity (2012)

http://www.eers.org/sites/default/files/Archibald_PromotingEvaluativeThinking.pdf


2. What is Evaluative Thinking?

http://www.evaluativethinkingcapacity.com/what-we-do/

より一部改編。


3. Embracing Evaluative Thinking for Better Outcomes: Four NGO Case Studies

https://www.interaction.org/sites/default/files/EvaluativeThinkingReport_FINAL_online.pdf


DEとの出逢い 〜“冒険”に憧れた、あの頃を思い出して [2017年12月06日(Wed)]

はじめまして!
『伴走評価エキスパート』育成講座 受講生の東樹(とうじゅ)と申します。


私は現在、藤沢市や神奈川県でNPOを応援するNPOに務める他、国際協力や里山保全、ソーシャルワーカー支援のNPOに関わっております。


さて、今回初めて「発展的評価(以下DE)」に触れ、「DEとは何か?」についてモヤモヤを抱えつつも、ワクワクしながら、この“冒険の世界”に参加させていただいています。


そんな“冒険”に憧れた少年時代。私は、『巌窟王 モンテ=クリスト伯』※1や『植村直己 地球冒険62万キロ』※2、『三銃士』※3をボロボロになるまで読み漁り、公園裏のがけで秘密基地をつくって友人たちと日が暮れるまで遊んでいました。

大人になってもその思いは変わらず、学生時代には、バックパッカーのマネゴトをして、インドへひとり旅したり、東南アジアや沖縄などへ。旅先で出会った兄貴分に、「これがオレのバイブルだ」、と教えてもらった『路上』※4の世界に憧れるも、仕事に就くと時間的になかなか冒険へと一歩を踏み出す勇気を持てずにいました。

あれから10数年、今回、「DEとは何か?」を探ることは、自分の幼い頃に夢見た“冒険”の続きなのかもしれません!


まっすぐ天に向かって伸びる竹は、強風に煽られても、そうそう折れない、「しなやかさ」を兼ね備えています。DEもそれと同じで、組織を動かす人や社会情勢の変化に伴う、組織の有り様に柔軟に対応できることが大きな特徴ではないか、と感じています。


 いま全国から集った15名の仲間や事務局の皆さんと共に、切磋琢磨しながら、この研修に取組んでいます。私は、僭越ながら、今後、DEの日本スタイルを確立させていく、その一員になれたらと密かに思っています(笑)。そのためにも、伴走先の団体の方々や共に学ぶ仲間、事務局の皆さんといっしょに、さらなる“冒険の旅”へと歩みを進めて行きたいと思います!

DEにご関心のある方はぜひ、1210日のシンポジウムに足を運んでみてはいかがでしょうか?


▼発展的評価(DE)のシンポジウム▼

https://www.csonj.org/news_de20171210.html


東樹康雅


IMG_3417.JPG


IMG_3069.JPG


出典:

※1.アレクサンドル=デュマ、矢野徹訳、講談社青い鳥文庫、19914

※2.岡本文良作、金の星社、19912

※3.アレクサンドル・デュマ作、吉田加南子文、ポプラ社、19903

※4.ジャック・ケルアック著、福田実訳、河出書房新社、2002年7月


発展的評価について考える(その1〜「型」を求めるのか、それとも…) [2017年12月04日(Mon)]
こんにちは。
CSOネットワークの今田です。

本ブログで、発展的評価について考えたいと思います。

物事には「型」というものがあります。

私の母は茶道を教えますが、茶道は最初から「型」の連続です。
客人として座ってみると、目の前を亭主が何度も通り過ぎ、道具を運び、お茶を点てます。

その動作には、道具の持ち手でない方の手の位置、足の運び、目線にいたるまで、ひとつひとつ決まりがあります。細部に至るまで間違えれば直されます。そういった点前の動作からは、初心者であればぎこちなさや固さが伝わってくるし、熟達した茶人からは荘厳な雰囲気が醸し出されます。

565d5e5aae02a90fa532f521ccfb14b7_m.jpg

もしかしたら評価も似たようなものかもしれません。

「型」があります。
プログラム(事業)評価は、例えば、『事業の活動、特徴、アウトカムの情報を体系的に収集し、プログラムについて何らかの価値判断を行い、プログラムの効果の改善や将来のプログラムについての決定を行うことである』と定義されますが(Patton, 1997)、データの体系的な収集や分析を行うにはさまざまな手法があります。「やり方」があります。「型」があります。

そして、最近わかってきたのが、どうやら、世の中では、一連のやり方・手法が評価の主旋律であると理解されているようだということです。

発展的評価(Developmental Evaluation: DE)に注目して、研修プログラムを作りました。

研修プログラムはこちら↓
https://www.csonj.org/activity2/human-resource

私たち運営側(そしてもしかしたら参加者側)にわかってきたのは、評価という営みを伝達することの難しさです。それは、評価=「一連のやり方・手法」という理解がドミナントな中で(参加者に限らず、参加者が伴走する団体、その向こうに広がる社会全般)、いかにDEの考え方・アプローチの革新性を中心に据えるか、そしてそれを共有するか、その難しさです。

まず「型」から入る。
いわば守破離ですが、DEでは、「型なんて気にしなくていいんだよ。それよりね…」と語りかけます。でもそれって、評価を学ぼうと意気込んで来た人にとっては、「えっ?」なのですね。主旋律がない??

この項つづく。

DEの基礎については、こちら↓
https://www.slideshare.net/CSONetworkJapan/ss-82079836

CSOネットワーク   今田 克司

参考資料:
Patton, M. Q., 1997, Utilization-Focused Evaluation: The New Century Text, 3rd Edition, Sage Publications(マイケル・クイン・パットン『実用重視の事業評価入門』大森弥監修 山本泰・長尾眞文編集、清水弘文堂書店、2001)


ある地方の中間支援スタッフがDE(発展的評価)と出会った 〜不安から期待へ〜 [2017年11月30日(Thu)]
こんにちは!
NPO法人岡山NPOセンターの高平と申します。

私自身が発展的評価を習得中の身(研修中)であるため、ここでは研修に参加するに至った動機や研修の印象を綴らせていただきたいと思います。

私は2015年からNPOと岡山市(行政)による協働事業のあらゆる工程で実施主体をサポートする役割(いわゆる伴走支援)を担っているのですが、常々、社会課題の解決を目指す事業の成果をどのように評価するべきか悩んでいました。

23845350_1586980478059537_2001632734_n.jpg
例えば、難病を抱え、学校に通うことのできない子どもたちの学ぶ権利を守ることを目的に掲げる事業では子どもたちが安心して学ぶことのできる学習機会やコミュニケーションの場を提供しているのですが、対象人数や実施回数では事業の意義や成果の価値を十分に示すことができないと感じていました。

特に「社会的少数者」とされる方々を対象とする事業では受益者からの対価によって継続していくことが難しいケースが多く、様々な人の理解と支援を得ながら制度化・しくみ化を目指していく必要があるため、成果が見えづらい、わかりにくいことは致命的になります。一方で学習効果や人間関係を無理やり定量化・可視化して目標に掲げてしまうと事業が本来目指すべきものを見えづらくしてしまったり、実施主体の柔軟性を阻害してしまう懸念がありました。

23805381_1586980448059540_337613131_n.jpg
市民活動の現場ではあたりまえの話かもしれませんが、単年度事業の伴走支援を担いはじめたことでこれまで以上に重要さと緊急さを増してしまった悩みにたいして手をこまねいていたところでタイミングよく出会ったのが、現在参加している研修のご案内と「発展的評価」でした。

発展的評価についてはまだ完全に理解できておらず、自分のジレンマを解消するものになるかわかっておりませんが、「複雑な状況の変化に適応できる」柔軟性は「権利」や「関係」などの変化が多く、見えにくい要素を指標とすることの多いマイノリティ支援事業の評価に適しているのではないかと期待しています。また、発展的評価の提唱者であるマイケル・クイン・パットン氏の「役にたってなんぼ」というシンプルで力強いメッセージに純粋な私の心は鷲掴みにされています。

現在は「3つの質問」*の実践や「評価設問」の検討を進めているところですが、凝り固まった自分自身の固定観念を取り払うことで支援対象の新たな一面に気づいたり、革新的な発想を促す(または自分自身が気づく)ことのおもしろさを体感しています。

また、全国各地から研修に参加されている支援者・評価者の皆さんのご経験や活用しているツールを教えていただくこともできるので、学びの多いとても贅沢な研修となっています。

まだ折り返し地点ではありますが、さらに積極的に、さらにどん欲に学びを深め、充実した時間となるようがんばりたいと思います!

*「3つの質問」は、発展的評価を学ぶ『伴走評価エキスパート育成研修』で用いている、思考整理のためのフレームです。

▼発展的評価(DE)の基礎は、こちらを参照ください▼
https://www.slideshare.net/CSONetworkJapan/ss-82079836


IMG_3421.JPG
第2回定期研修開催しました 〜冒険の旅のものがたり〜 [2017年11月27日(Mon)]
こんにちは。
CSOネットワーク、プログラム・オフィサーの長谷川です。

冒険の旅−発展的評価の実践を私たちはそう呼んでいるのですが、その第2回目の研修『伴走評価エキスパート育成プログラム(CSOネットワーク主催、日本財団助成)』が10月19日(木)〜20日(金)に東京都港区の日本財団会議室にて行なわれましたので、その様子を簡単にご報告いたします。

マシュマロ.JPG.JPG

第1回定期研修(8月24~25日)の後、研修参加者の皆さんには、伴走先についての記録「3つの質問シート」をつけていただいていました。このシートは、伴走評価の冒険の旅を支える地図のような存在でしょうか。迷った時には参照し、発展的評価(Developmental Evaluation:DE)の経緯を確認できるものといえるでしょう。今回の第2回定期研修は、この「3つの質問シート」の意味を確認するところから始まりました。

目の前で起きている現象や、その意味、それへの対応をタイムリーに記述していくこの「3つの質問シート」ですが、これを伴走先団体の目的に沿った評価につなげるには、認識の枠組みや対応の方向性を定める「評価デザイン・評価設問」が必要になることを確認。地図があっても、目的地やそこへの経路が決まっていないと旅ができないようなものと理解しました。

研修.jpeg

その後、「評価設問」の作り方を学ぶとともに、伴走先団体と話し合いの上作成した「伴走評価シート(組織のミッションやステークホルダー、活動内容に関する情報)」をもとに、実際に評価設問を作成し、グループ内で共有、スタッフを交えて議論をおこないました。

この評価設問については、研修終了後、伴走先団体とも協議の上、いったん仕上げて事務局に提出していただき、スタッフからのコメントなども踏まえ随時ブラッシュアップいただくこととなりました。

今回の研修の目玉は、DEの提唱者である、マイケル・クイン・パットン先生とのビデオ通話での質問セッションでした。あらかじめ参加者の皆さんから募集し、パットン先生にお送りしておいた質問を中心に、DEのキモとも言える部分のお話を聞ける貴重な機会となりました。

特に印象に残ったのは、DEは実用的評価(Utilization Evaluation)の一つであり、その意味で、効果的であることが大切であるとのお話でした。「マッサージを受ける人は、そのマッサージの種類よりもマッサージが良く効いたかどうかの方がよほど大事でしょ、役に立てばいいんだよ」と。それと共に、生成的でダイナミックな変化があるような事業の場合はやはりDEがふさわしいとも繰り返しておられました。

研修2.jpeg

他にも、経験豊かな参加者の皆さんに普段の取り組みや考えていることを共有していただき、DEの文脈に沿った学びとする「マイストーリー」セッションや、ニュージーランドのマオリ族を対象とした学習プログラムの伴走評価の事例紹介など、今回も盛りだくさんの内容でした。

次回は、12月11日(月)〜14日(木)の集中研修になります。

12月10日(日)には、特別シンポジウム『ソーシャル・イノベーションを支える”評価”〜発展的評価(DE)の可能性〜 (明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科主催、CSOネットワーク 、明治大学プログラム評価研究所共催)』も開催されます。こちらは参加無料となっておりますので、どうぞお越しくださいませ。

https://www.csonj.org/event/de20171210

ひきだす.JPG.JPG
第1回定期研修開催しましたA [2017年10月18日(Wed)]
こんにちは。
評価事業コーディネーターの千葉です。

第1回定期研修の2日目の報告です。

▼1日目の報告はこちらから▼
http://blog.canpan.info/csonj/archive/2

2日目の到達目標は、
『現場でDEを実践するにあたり、何をしたらよいか、具体的なイメージを持つ』
でした。

DEの要件のひとつに、“タイムリーなフィードバックをおこなうこと”があります。
このDE研修でも、研修自体にタイムリーにフィードバックをかけることを大事にして、初日の感触や参加者アンケート結果を受けて、なるべく反映させて臨みました。

研修の雰囲気を感じていただくために、参加者からいただいた1日目の感想を、いくつか紹介します。
“評価者としての立ち位置がなんとなくわかりました。従来型の事業評価に縛られることなく、マネジメント支援的アプローチに安心して踏み込んでいいことがわかり、少し安心しました”

“セオリーに縛られている自分に気づいた事と、気づきに気づく支援を行う事で、支援対象の主体を侵害しない姿勢の中で協働関係に繋がる可能性を模索したいと、今後の挑戦の元をいただいた”

“状況に応じて柔軟に手法を活用していく点で、不確実性の高い案件にも対応し易いのではないか”

“概念的な内容だったので自分の理解や整理にはとても役立ったが、現場での実践となると直接的に役立つかはわからない”


名称未設定.png

名称未設定2.png

その後、場面転換の儀式をおこないます。
1周回って
目をつむって深呼吸
そして目を開けると、テーブルには“果物”が。

源先生による『評価の実践』のレクチャーに入りました。
サブタイトルは、
“DEのようなアプローチ”を使った評価をとおして 〜兵庫県豊岡市の行政評価〜
で、源先生を含む明治大学の評価チームが、兵庫県豊岡市の行政評価を一緒におこなった事例をお話いただきました。

源先生は、1日目のレクチャーの感触や参加者の声を受けて、なんと1日目の夜に用意していた資料を全て作り直していました。普段お話している”評価実施主体である行政の視点”ではなく、”評価者としてどのように関わったかという視点”でお話いただき、おかげさまで、DEについてとても学びの深い時間となりました。

名称未設定3.png

名称未設定4.png

午後からは、『DEの実践について』というテーマで、CSOネットワーク事業アドバイザーの白石よりレクチャーをおこないました。

“あなたは普段、状況把握をどのようにしていますか?”
の質問から始まり、
簡単なワークを通じて
“自分が見たいものしか見えていない”
ことを認識してもらいました。

変化のない“単純な状況”ではなく、曖昧さ・混乱・急激な変化を伴う”複雑な状況”下においては、「状況適応型の意識・姿勢(adaptive orientation)」が求められることをお伝えして、具体的な実践の話を行いました。

ここでおこなった『DEの実践について』の内容は、別の機会に触れることにしたいと思います。

名称未設定5.png

最後に、個人ワーク、グループワークをおこなって、10月までの宿題をお伝えしました。

「私たちが何を考え、何をするかは、私たちが何を気づかないかによって規定される。私たちは何を気づいていないかに気づいていないため、変化は生み出されない。気づきの欠落が私たちの思考や行動を規定しているのだということに気づくまでは。」
R.D.レイン(精神科医・心理学者)

これは初日にも2日目にも紹介した言葉です。自分の思考の枠組みに気づきそこから抜けらけるように、日々根気強く伴走評価に取り組むことが必要です。「決して1人で抱えずに、グループ内でお互いのサポート、伴走先団体との協力、スタッフとのコミュニケーションをおこないながら向かってください」とお伝えしました。

研修では、”果物の世界”と”野菜の世界”を行ったり来たりしましたが、我々が生きる世界は”冒険の世界”です。それぞれの参加者が”冒険の世界”に旅立ち、10月の第2回定期研修会での再会を誓いました。

以上、2日間に渡る第1回定期研修会の報告でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

名称未設定6.png

名称未設定7.png

名称未設定8.png
第1回定期研修開催しました@ [2017年10月16日(Mon)]
こんにちは。
CSOネットワーク評価事業コーディネーターの千葉です。

2017年8月24日(木)、25日(金)日本財団の大会議室にて、『伴走評価エキスパート育成プログラム』の第1回定期研修開催しました。

今回は2回にわけて初回の研修の様子を伝えたいと思います。

『伴走評価エキスパート育成プログラム』、これは全国のNPO等の事業体が、適切な事業評価、特に「社会的インパクト評価」の枠組みに適合するような評価ができるように伴走支援できる人材『伴走評価エキスパート』を育成するためのプログラムです。日本財団の助成により、本プログラムが実現しました。

米国発の『Developmental Evaluation(発展的評価、以後、DE)』という手法をベースとして研修を組み立てています。(DE自体については、別のブログで取り上げます)

『伴走評価エキスパート』という言葉も聴きなれないと思いますが、社会課題に向き合うNPO等の事業体に『伴走』しながら、事業の『評価』をおこなうことができる専門家をこう名づけました。

清々しい夏の晴天の東京で、北海道から九州まで、選りすぐりの16名の精鋭たちが揃いました。評価を普段から使っている方は少数派で、マネジメント支援をおこなっている方が多く、彼らの支援先の業界は介護や芸術、環境教育、震災復興など多岐に渡ります。

CSOネットワーク理事・事務局長の黒田の挨拶で半年間の研修の初日がはじまりました。
名称未設定.png名称未設定2.png

第1回定期研修の1日目の目標は、
『評価について知識を深めるとともに、DEに関する基礎的な理解を身につける』
でした。

はじめに、たっぷりと時間をつかってアイスブレイクをおこない、グループの振り分けもおこないました。4つのグループができて、それぞれに「事務局の人」としてスタッフ(清水、松田、長谷川、千葉)がつきました。


次のレクチャーでは、今田より『ソーシャルイノベーションについて』と題して説明をおこないました。昨今頻繁に使われている「ソーシャルイノベーション」についての定義を確認して、DEはソーシャルイノベーター支援の方法であるということを確認しました。

場面の切り替えに、ちょっとした演出を挟んでいます。ある人物主導のもと、会場で参加者が輪をつくり、一周しました。目を閉じて深呼吸すると、真ん中のテーブルにはなぜか“果物”が出現。

そこから次のレクチャーに入りました。
明治大学の源先生による『評価の基礎』についての講義。
広くて深い評価の世界をぎゅっと2時間で示していただきました。
“評価は、ある評価対象の価値を引き出すもの、価値を見極めることであり、評価には目的があり、その目的によって評価のアプローチは異なる”
と説明をいただき、様々な評価手法、その中でのDEの位置付けもお伝えいただきました。
講義中に
「評価とは社会の改善活動である」(Scriven)
という言葉を紹介いただき、参加者も感銘を受けていたようです。
名称未設定3.png

ランチ休憩後から、グループごとに参加者の自己紹介の時間をもうけて
それぞれの参加動機とグループ名を語ってもらいました。(それぞれのグループ名と参加者については、別の記事で取り上げたいと思います)

午後のレクチャーの開始前に、またもや謎の人物が登場。
輪になって、今度は先ほどとは逆方向に1周します。
そして目を開けると、今度はテーブルに“野菜”が。

テーブルに野菜を置いたまま、今度は今田が登場して、DEの基礎のレクチャーがはじまりました。名称未設定5.png

“単線系の世界とは違い、複雑な世界をどのように捉えるか”
DEは、このような問題意識とも通じています。

以下の図に示す“DEにおけるアカウンタビリティの考え方”では、
参加者と活発な議論がなされました。
名称未設定4.png

名称未設定6.png

DEは一見するとつかみどころの少ない考え方であるため、参加者には自身のモヤモヤ度を表現してもらおうと、紙で作った4つのブロックを重ねて今現在のモヤモヤ度を表す“モヤモヤタワー”を建ててもらいました。

その後の全体の質疑応答やグループディスカッションの時間で、参加者がそれぞれ現場経験と照らし合わせながらDEを理解しようとしているのが伝わってきました。

名称未設定7.png

次のセッションでは、今田よりDEの事例として
(1)Global Alliance for the Future of Food (以下、GA)
(2)カナダのオンタリオ州の教育省
を2つ紹介しました。

(1)GA
 4年前に立ち上がった、複数の「食」をテーマに活動する財団が加入するアライアンスで、現在約25の財団が加盟しています。我々はカナダ訪問中に、DE評価者2名(内部評価者と外部評価者)にインタビューをさせてもらいました。

通常の事業の進め方とは異なり
「中長期計画はつくらず、ミッション、ビジョンも結成直後につくらず、行動指針としてのプリンシプル、行動記録としてのロードマップをつくっている」
という点が象徴的であり、紹介させていただきました。

(2)カナダのオンタリオ州の教育省
 オンタリオ州は、広さが100万平方キロ以上と日本の3倍弱あり、カナダ全人口3360万人の約4割が住む州です。公教育は州に任されており、ほとんどの児童が公立学校に通う中で、DEを使って優れた教育をおこなっていることで有名です。

 こちらは実際にオンタリオ州の教育省に赴き、日本人のDE評価者であるケイコさんにコーディネートいただき、教育省の評価チーム、学校の関係者から直接話を聞いたことを事例としてまとめて伝えしました。(これらの渡米・渡加についても、別ブログでまとめる予定です)

初日の最後には、スタッフの自己紹介もおこないました。

終了後には参加者、講師、スタッフあわせて簡単な懇親会をおこないました。みんなでワイワイと交流して、これからはじめる半年間の研修の英気を養いました。

名称未設定9.png名称未設定8.png
CSOネットワークについて [2017年04月04日(Tue)]
こんにちは、初めまして。
一般財団法人CSOネットワークと申します。
新年度も始まり、新しくブログを書き始めようと思います。

本日は、新年度から始まった新たな評価事業で加わったメンバーと既存メンバーの顔合わせ、そしてスケジュールや事業内容の確認を、ランチを挟みつつ行いました。
評価事業とは一言で言っても、助成団体や母体は別だったりで全容をつかむのが難しいです。
少しづつ、事業の記録や活動内容を載せていけたらと思っています。

よろしくお願いします。