CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月07日

詳細決定!!!

―――――――――――――――――――――――□■□
CSECジャパンフォーラム2010
児童ポルノ法改正を求めるシンポジウム “子どもを守りたい!”
       〜子どもの買春、ポルノ、性的搾取のない明日へ〜
□■□―――――――――――――――――――――――

「子どもポルノ」は、子どもへの虐待であり、子どもの権利を
侵害するものです。

日本は、「子どもポルノ」の世界一の生産国として国際的に
批判を受けています。 日本で大量の「子どもポルノ」が生産
され、日本から世界に「子どもポルノ」を流し続けています。

「子どもポルノが生産される」ということは、子どもが被写体と
され性虐待の被害 に遭うことを意味します。「子どもポルノを
流し続ける」ということは、被害者となった子どもが、その後も
ずっと精神的・身体的苦痛を受け続けることにつながる ことを
意味します。そして、子どもポルノの氾濫をくいとめないという
ことは、子どもへの虐待を容認する社会を、私たちが受け入れ
ていることを意味します。

CSECジャパンフォーラムでは、この現状から子どもたちを守り
、子どもたちの権利 と安全で健やかな暮らしがまもられるよう
に、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の
保護等に関する法律」(児ポ法)の強化を求め、法改正に向け
たシンポジウムを行ないます。有識者やNGOで活動する方々
と法律改正について学び、 現状を知り、市民からの声を発信
していきましょう!ぜひご参加ください。


【日時】2010年5月30日(日) 14:00〜17:00 (開場13:30)

【会場】JICA横浜4階セミナールーム“かもめ”
<アクセス>JR/横浜市営地下鉄 関内駅もしくは桜木町駅
        から徒歩15分
        みなとみらい線 馬車道駅より徒歩10分
                  みなとみらい駅より徒歩12分
<地図>http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

【プログラム】
14:00 開演

14:05 シンポジウム
     “実現!児ポ法改正―子どもを守りたい!!”
    
パネリスト 中里見 博 氏(福島大学 准教授)
        藤原 志帆子 氏(NPO法人ポラリスジャパン 代表)
        百瀬 圭吾(CSECジャパンフォーラム実行委員長)
    
     コーディネーター:森田 明彦 氏(尚絅学院大学 教授)

15:35 休憩

15:50 会場からの質疑応答

16:50 閉演

****CSECジャパンフォーラムとは***
世界中いたるところでCSEC(シーセック:Commercial Sexual
Exploitation of Children「子どもの商業的性的搾取」の意)の
被害に遭っている、子どもたちの問題に取り組む様々な団体
や個人が情報共有し、協力するために有志によって設立された
ゆるやかなネットワークです。


【お申し込み/お問い合わせ】
CSECジャパンフォーラム実行委員会 事務局
〒231-0015 横浜市中区尾上町3-39 尾上町ビル9階
横浜AIDS市民活動センター内
Tel:050-1445-6947 Fax:020-4624-7480
E-Mail: info@no-csec.net

*お申し込みの際は、当会事務局へE-mailにて、出席者の
お名前、所属、住所、連絡先をお知らせください。尚、メール
の場合、件名に「CSECジャパンフォーラム2010参加申込」
とご記入ください。頂いた個人情報は、シンポジム開催に
関する目的以外には使用せず、 当フォーラム事務局が責任
を持って取り扱います。


【主催】 CSECジャパンフォーラム
構成団体:アジアの女性と子どもネットワーク
       (特活)国際子ども権利センター/シーライツ
      てのひら〜人身売買に立ち向かう会

【後援】(財)日本ユニセフ協会
     (財)横浜市男女共同参画推進協会、
     横浜AIDS市民活動センター
     (独)国際協力機構 横浜国際センター
     (社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
     (財)横浜YMCA   
(特活)横浜NGO連絡会    (順不同)

【助成】2009年度 中央ろうきん助成プログラム

【補助】(財)神奈川新聞厚生文化事業団
     かながわボランタリー活動推進基金21 (神奈川県)


お待ちしております!
チラシは以下からダウンロードできます!




csec2010_top.pdf
posted by CSEC at 23:03| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く