CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

生きる希望を支える

がんになっても
自分らしく生きることができる社会をめざして


大阪マラソンチャリティランナー合同練習会 [2017年09月15日(Fri)]
osaka2017.jpg
大阪マラソンのオフィシャル寄付先団体であるがんサポートコミュニティー、プール・ボランティア、日本環境教育フォーラムや日本環境復元協会は、第7回大阪マラソンに疾走するチャリティランナーが「完走するために、記録を残すために」をテーマに、元陸上短距離選手である筒井健裕氏(スプリント代表)をコーチに招いて無料の合同練習会を東京と大阪で各1回開催します。参加希望者は登録されたオフィシャル寄付先団体の担当窓口にお申し込みください。

<東京会場>
日時:9月22日(金)19時〜21時
場所:KOIL STUDIO(つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」下車、西口より徒歩2分)
<大阪会場>
日時:10月29日(日)9時30分〜11時30分
場所:東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店(地下鉄「森ノ宮駅」2号出口すぐ)
第15回ペイシェントアクティブフォーラム [2017年07月31日(Mon)]
2017forlam_omo.jpg

今回は「がん、再発・転移とどう向き合うか?〜改めて問う死生観」をテーマに、腫瘍内科医であり緩和ケア医である向山雄人氏と、がん患者でありがん専門医である長山忠雄氏を招いて、各々お話いただき、来場者の皆様と一緒にがんの再発・転移をテーマとして取り上げ、死生学を学び、より良い人生のために役立てていただく機会したいと考えています。

主催:特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー
日時:2017年9月9日(土)13時30分〜16時30分
会場:よみうり大手町ホール(千代田区大手町1-7-1)
定員:400人(定員になり次第締切)
参加費:無料
申込方法:メール(info@csc-japan.org)で件名に「フォーラム参加希望」と記載いただき、氏名・連絡先を明記の上、お申込ください。

プログラム:
(1)基調講演1「がん、再発・転移とどう向き合うか?」向山雄人氏(東京がんサポーティブケアクリニック院長/元がん研究会有明病院緩和医療科部長・緩和ケアセンター長)
(2)基調講演2「改めて問う死生観」長山忠雄氏(千葉県がんセンター名誉センター長/前日本臨床死生学会理事長)
(3)パネルディスカッション「がん、再発・転移とどう向き合うか?〜改めて問う死生観」

後援:厚生労働省/東京都/東京都医師会/日本対がん協会/日本臨床死生学会/読売新聞社/朝日新聞社/産経新聞社/NHK
在宅緩和ケア患者家族交流会 [2016年07月26日(Tue)]
minato_city_seminar_2016.jpg

 みなと保健所から「在宅緩和ケア家族交流会」企画運営の委託を受け、今年も2つのテーマ「死生学」と「情報」を取り上げることになりました。
 第1回目は8月1日(月)10:00〜11:30、みなと保健所で開催されます。第1回のテーマは「死生学を学ぶ」です。がんサポートコミュニティー顧問である長山忠雄氏(千葉県がんセンター名誉センター長)を講師に招いて「死生学」をテーマに8月1日(月)と9月12日(月)と2回シリーズでお話いただきます。
 無料のセミナーとなりますので、ご関心をお持ちの方は、港区内外を問わず、みなと保健所地域保健係(電話03-6400-0084)までお問い合わせ、お申込みください。
大阪マラソンチャリティランナー合同練習会 [2016年07月01日(Fri)]
osaka2016.jpg

がんサポートコミュニティーは大阪マラソンのオフィシャル寄附先団体です。
チャリティランナーの皆さまと親睦を深め、がんサポートコミュニティーの取り組みに対し、より理解を深めていただく機会と共に、チャリティランナーの皆さまと一緒に大阪マラソン完走、記録づくりを目指し、下記日程でランクリニックを開催します。

主催:特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー
共催:株式会社東急スポーツオアシス/ライフ・フィットネス・ジャパン株式会社/バイエル薬品株式会社

日時:2016年7月24日(日)/8月28日(日)10時〜12時30分
会場:東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店(大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70)
対象:赤組(がんサポートコミュニティー指定)チャリティランナー
参加費:無料
プログラム:ワークショップ:アイデアソン/体験:プレパレーションの方法、スプリントドリルの方法/実地:ハートレートモニターを使用しレースペースをつかむ等

講師:筒井健裕氏
〔学歴・資格〕日本体育大学大学院博士前期課程修了(2005年3月)、体育科学修士、中学校・高等学校教諭(保健体育)専修免許、CSCS、NSCA-CPT、健康運動指導士
〔その他の資格〕NSCAジャパン南関東地区アシスタント地域ディレクター、adidasパフォーマンストレーナー、adidas gym & runトレーナー、日本ランニング協会認定ランニングマスターインストラクター
〔略歴〕元陸上競技短距離選手、専門種目は短距離(100m自己ベスト10"58)、2004年4月〜05年3月:日本体育大学陸上競技部の短距離コーチ、05年4月〜08年3月:整形外科に併設された「メディカル・フィットネス」、08年4月〜10年3月:流通経済大学ラグビー部ランニングコーチ、10年4月にSPRINT開業し15年4月からトレーニング、ランニングを中心に、スポーツを通じた「健康な街づくり」をめさして、千葉県柏市を中心に活動中。
第一三共Presents家族のきずなシアター2016 [2016年07月01日(Fri)]
shiki2016.jpg

がん患者さんとそのご家族にミュージカルを通して感動と元気を伝えたいという思いから第一三共と劇団四季が企画したプロジェクトです。私たちがんサポートコミュニティーはこのプロジェクトに後援させていただき、がんサポートコミュニティーのプログラムに参加されている125組500名ものがん患者さんとそのご家族をご招待いただきます。7回目となる今回は、斎藤惇夫さん原作の「冒険者たち」をミュージカル化した作品『ガンバの大冒険』です。

主催:第一三共株式会社/劇団四季

日時:2016年8月7日(日)13時〜15時
会場:自由劇場(港区海岸1-10-53)
対象:がん患者さんとそのご家族
募集:125組500名

後援:特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー
第14回ペイシェントアクティブフォーラム [2016年07月01日(Fri)]
14th_paf.jpg

今回は「放射線が拓くがん医療の未来〜わかること、できること」をテーマに、放射線診断医の立場から、放射線治療医の立場から、各々お話いただき、来場者の皆様と一緒に放射線について学ぶ機会したいと考えています。

主催:特定非営利活動法人がんサポートコミュニティー
日時:2016年9月24日(土)13時30分〜16時30分
会場:よみうり大手町ホール(千代田区大手町1-7-1)
定員:400人(定員になり次第締切)
参加費:無料
申込方法:メール(info@csc-japan.org)で件名に「フォーラム参加希望」と記載いただき、氏名・連絡先を明記の上、お申込ください。

プログラム:
(1)基調講演1「放射線診断でわかること」楠本昌彦氏(国立がん研究センター東病院放射線診断科長)
(2)基調講演2「放射線治療ができること」伏木雅人氏(市立長浜病院放射線科(治療部門)責任部長)
(3)パネルディスカッション「放射線が拓くがん医療の未来〜わかること、できること」

後援:厚生労働省/東京都/東京都医師会/日本対がん協会/NHK厚生文化事業団/読売新聞社/朝日新聞社/産経新聞社/NHK/日本製薬工業協会/米国研究製薬工業協会/欧州製薬団体連合会
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

がんサポートコミュニティーさんの画像
http://blog.canpan.info/csc-japan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/csc-japan/index2_0.xml