CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人コミュニティサポートいずも
今年度も、子どもたちそれぞれ一人ひとりのペースを大切にしながら、色々なことをおもいっきり楽しんでいきたいと思います。
« 利用者様との良い思い出 | Main | 猛暑 »
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント

ボケ (09/06)
ボケ (09/06) 幕張よりNPOさまへ
ボケ (08/12)
ホワイトデー (03/19) ふーちゃん
ホワイトデー (03/18)
初めての体験[2019年10月11日(Fri)]
9/23(祝)、ビックハート出雲(白のホール)にてデフ・パペットシアター・ひとみの講演がありました。
‘ひょっこりひょうたん島‘を知っている方は、あのひとみ(同じ所属)と気付かれた様子。

この日は手話言語の国際デーで(私は知りませんでした)、出雲市手話言語条例制定2周年の記念公演でした。テーマはろう者と聴者が共につくる世界「河の童」人形劇、世界に一つだけの集団です。

はじめ、前日まで2日間も「全国ろうあ者体育大会」のボランティア…
なんでこの日?疲れた疲れたーふらふらと皆で言いながら当日出かけました。
でも思わず素敵exclamation
手話のわかる人、わからない人、関係なく小さな子供から大人まで楽しめる世界が広がっていました。
子どもほど、心が純粋で、笑い声を上げたり、健聴者でいうならパントマイムを観てるといった感じ。
ファンタスティックexclamationきれいexclamation×2なんと幻想的ぴかぴか(新しい)
静の空間の中の動きに、次は次は…とあっという間の1時間20分でした。
終了後、出演者の方々、人形も一緒に全部僕らの手作り、工夫していること、触っても?
いいですよ…感激ひらめき思わず心躍る時間。NHK出演だった吉岡さんと握手手(パー)すっかり若返りました(笑)

今年12月か来年は雲南市に来られる予定あるそうなので、また行きたいグッド(上向き矢印)
皆さんも機会が合えば観賞してみてください。本当に素敵な時間を過ごせました。

KK猫猫猫猫猫猫猫猫


Posted by CSいずも at 11:11 | 訪問介護 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/cs-izumo/archive/3211
コメントする
コメント
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

コミュニティサポートいずもさんの画像
http://blog.canpan.info/cs-izumo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cs-izumo/index2_0.xml
リンク集