CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO法人コミュニティサポートいずも
今年度も、子どもたちそれぞれ一人ひとりのペースを大切にしながら、色々なことをおもいっきり楽しんでいきたいと思います。
« ホワイトデー | Main | 今年の目標! »
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント

ボケ (09/06)
ボケ (09/06) 幕張よりNPOさまへ
ボケ (08/12)
ホワイトデー (03/19) ふーちゃん
ホワイトデー (03/18)
福祉サービスによる障がい大学生修学支援が始まります。[2019年03月18日(Mon)]
久しぶりに当番がまわってきた理事長が障がい相談支援の分野からお届けします。

いま2週間前!
4月1日から始まる新しい福祉サービスの調整に駆けずりまわっています。

いま日本の大学には、いわゆる「合理的配慮」が求められており、障がいがあっても普通に修学できる環境整備(ハード面もソフト面も)をすることが必須となっています。しかし、現実にはその障がい特性に対応できるように2週間でつくるのは不可能です。

そこでとりあえず大学が環境整備できるまでという限定で、文部科学省に対して厚生労働省が福祉サービスでお手伝いできるようにしてあげましょう(少し上から?)という事業です。(注:私の個人的解釈です)

(そこでちょっと独り言)なんとその国からの大学修学介護報酬が1時間1600円です。その介護報酬で現実的に考えると(その5割が時給とすると)時給800円で8:30〜18:00(月〜金)でできる人、ただし夏休み、春休みはお休みで仕事はない。

その条件で、(人手不足なこの社会状況で)医療的ケア(呼吸器含む)ができる看護師さんかまたは医療的ケアを合格しているヘルパーさんを探してこいっていうんだからすごい制度だなあ、あいかわらずこの国はなあ…。
たしかこの国の障害福祉サービスのヘルパー「家事の援助」の単価が1600円だったはず…。

でも、それができてしまうCSいずもは、すごい会社の仕組みになってしまってるなあと思います。(手前みそです)

この春もハローワーク求人しなくても、どんどん紹介紹介で入社してこられます。
そして育休からもこの春、保育園がきまると同時にどんどん帰ってきてくださいます。
そして職員さんからのご懐妊の報告もあります。
ぐるぐるまわってます。

私は、すでに名前と顔が一致しないくらいです。
おとろえつつある記憶力が職員人数についていかないです。
すでにわたし一人では、どうにもなりません。

ということで感謝せんといけんです。ありがとうございます。


【相談支援事業部の最新記事】
Posted by CSいずも at 00:00 | 相談支援事業部 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/cs-izumo/archive/3074
コメントする
コメント
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

コミュニティサポートいずもさんの画像
http://blog.canpan.info/cs-izumo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cs-izumo/index2_0.xml
リンク集