CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«現代のベートーベン、佐村河内 守 | Main | 「地元のビールと地元の食材を、地元の方々へ」、横浜»
「いつやるか? 今でしょ!」、林 修 [2013年04月03日(Wed)]
四つ葉 気温が右斜め上遊園地右斜め下する中、
雨も降ります、関東平野・・・雨 るんるん

日頃お世話になっております
MSNサイトで
面白いものを見かけまして
レッスン受講生の皆さんには
英語と直結はしませんが
ぜひとも読んで頂きたいな
と、アップさせて頂いております るんるん
題して、「いつやるか? 今でしょ!」
Note: ネットで公開されています以上、実名にて
アップ致しております 眼鏡


130402 林修.jpg
演劇 ブレイク中「今でしょ!」
先生の波瀾半生が話題に
〜ギャンブルで借金、生徒
集まらない…

 トヨタ自動車のテレビCMでの「今でしょ!」の
セリフで注目を集めている、大手予備校・東進ハイ
スクール講師の林修氏(現代文)が、『中居正広の
金曜日のスマたちへ』(TBS系/3月29日放送)に
出演し、大きな挫折を含む半生をせきららに語り、
話題を呼んでいる。 ・・・

全文は「続きを読む・・・」をどうぞ眼鏡 るんるん

株式会社サイゾーにありがとうございました るんるん

岡安 四つ葉
林氏の生徒を含め、今春東京大学に合格したばかりの学生が多数集まったスタジオで収録された今回の放送は、林氏の半生を再現したVTRが流され、それについて出演者や林氏がコメントするかたちで進行した。
 番組によると、林氏は1965年に名古屋で生まれ、父はのちに大手酒造メーカー・宝酒造副社長まで務め、祖父は現在の日展(日本美術展覧会)に連続10回入選するほどの、日本を代表する歴史画家・林雲鳳という家庭環境で育ち、幼稚園時代には毎日黒塗りの車がお出迎えするほど裕福な生活だったという。
 小学校に上がると図書館にある歴史書を片っ端から読みあさり、「3年かけ、第56代清和天皇から今の自分に至るまでの膨大な家系図を作成した。それが小学生時代の日課だった」(林氏)という。そして、受験勉強ゼロで名古屋トップの進学校・東海学園(中高一貫)に入学し、東海中学校時代には大学受験レベルの勉強をするほど、勉強ができた。
 そのため、親からは「勉強しなさい」と言われたことはなく、「勉強以外のことをしなさい」と言われ、東海高等学校に入学するとギターやラグビーに取り組むが、肥満体型だったこともあり断念。そこで、「自分には勉強しかない」と思い直した林氏は東京大学に入学することを決意するが、全国模試1位の林氏にとって東大入試はラグビーでボールをキャッチするより簡単なため、合格発表当日は発表を見に行かないほど楽勝で東大法学部に入学した。
 そして林氏は東大時代、家庭教師のアルバイトを通じて、現在の予備校講師としてのキャリアにつながる、「勉強を教える」という自分の才能に目覚める。林氏は、当時について次のように語る。
「生徒を見ていると、できない原因がどこにあって、できるようにするためにどのようなプロセスをとるべきかという“組み合わせ”がすぐにわかる」
 林氏は才能を生かし、学校内で最下位レベルの成績の生徒を、短期間でトップレベルにまで引き上げたケースもあったため、林氏の評判は広がり、家庭教師をいくつも掛け持ちし、3度の食事を生徒の家庭でごちそうになり、学生にして月収が50万円にもなった。
 89年、東京大学卒業後は、日本長期信用銀行に入行し、エリート銀行員としての道に進むも、わずか数カ月で退社。その理由について林氏は番組内で、次のように話している。
「入行してすぐ、(長銀が描く)右肩上がりの図がどうなるかをずっとシミュレーションしていた。最初の1週間で『この会社は潰れる』と確信した(編註:のち98年に実質破綻)。それがわかったら、もうそこにいる意味はなかった」
 しかし、退社後には林氏にとって人生1つ目の大きな挫折が待っていた。競馬や株などのギャンブルに明け暮れ、「少し儲けたら、大きく損をする」の繰り返しで多額の借金をつくり、3年間ほど自堕落な生活を送った。林氏は当時について「ほとんど記憶がない」と語っている。
 そうした中、一念発起し社会復帰を目指した林氏は、東大時代の家庭教師のアルバイトを通じて見つけた自分の才能である「勉強を教えること」を仕事にするため、塾講師の仕事につき、1992年、ついに現在所属する東進ハイスクールへ転身、予備校講師となる。
 予備校講師は、プロ野球選手のように1年毎の契約更新であり、人気が出ないと契約を切られるという厳しい世界。林氏は生き残るため、過去10年分の東大入試問題を分析するなどして、ついに「東大特進」クラス担当に抜擢された。
 だが、林氏はそこで人生2つ目の挫折を迎える。授業に生徒が集まらないのだ。
「生徒が『あんなわけのわからないヤツの授業なんか出ない』と言って、僕の授業中なのに自習室で遊んでいる」(林氏)
 なんとか生徒たちを振り向かせようと決意した林氏は、よりいっそう授業の準備を入念にするとともに、生徒のやる気を引き出すため、歴史上の偉人の金言などを調べて、授業で紹介したりした。その結果、生徒が戻ってくるとともに、短期間で「東大特進」の受講生は数倍になった。
 その後は順調にキャリアを重ね、ある授業中に偶然口にした「いつやるの?今でしょ!」というフレーズが2010年に放送された東進ハイスクールのテレビCMで使われ、現在のブレイクにつながった。
 林氏は番組の中で、講師としての自身のポリシーについてこう話した。
「僕は今でも、『人に教える資格なんてない』と思っている」
「僕の授業後には、ほとんど生徒は質問に来ない。質問が出るということは、授業の内容が悪いということ。もし3人でも質問に来れば、すぐに授業のVTRを見直す」
「合格した生徒さんが、よくお礼を言いに来てくれますが、いらない。僕は彼らに、『商品として授業を提供しているだけで、その商品を選んだのは君たちだし、なんの心配もせずに君たちが授業を受けられる環境を与えてくれたご両親にまず感謝しなさい』と話す」
 加えて、スタジオに集まった今春東大合格者たちに対して、次のようなエールを送った。
「東大に入ったことは、将来の人生でなんにも役に立たない。ほかのすべてがダメでも、1つでもいいから、自分が勝負できるものを見つけてほしい」
 林氏について、他の大手予備校講師は「人気商売の面も強い予備校講師という仕事ゆえ、実力以上の人気先行で有名になってしまう講師が多い中、生徒の合格率の高さを見ても、林さんは実力と人気を共に兼ね備えた人」と評価する。
 また、林氏の授業を1年間受けていた経験のある元生徒は、「1年間林先生の授業を受けていると、実際の受験中、あたかも林先生が授業しているかのような声が頭の中で聞こえてくるほど、すらすらと問題を解けるようになる。また、授業中は雑談などを通じて、やる気を引き出してくれるようなさまざまな話しをしてくれるのも楽しみだった」と話す。
 当分、「今でしょ?」ブームは終りそうにない。

著作権は株式会社サイゾーに属します。
コピーライトマーク 2013 CYZO Inc. All rights reserved.
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
2008@Designed by 「ヤンデルちゃん」デザインルーム