CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

小3からインターネットに触れ、中学生の時には日記サイトが半年で100万PV達成、会員500人規模のSNS型オンラインゲームを運営。高校では商学・簿記を学びながら、独学でアフィやSEOを体験。明治大学商学部に進学、勤めていたセブンイレブンでは店長を体験。「広告研究部」で研究代表を務めながら、広告会社や通販会社でインターン。
明治大学「ブログ起業論」3期を首席で卒業したのち、二十歳で起業。


最新記事
 
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/creative/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/creative/index2_0.xml

恋愛メディア DEAR[ディアー]
登録販売者.com
金の価格、相場を確認する
大阪に上陸して太田空真さんとデートしてきました
  2009/11/19(Thu)

この前、大阪に初上陸してきました。大阪府に足を踏み入れたことはあるんだけど、自分の足で新大阪に乗り込んできました。京都のお客様にも用事があり、ちょうどタイミングが重なったもので、

我が師匠・太田空真さんにさいきんの報告などなどおあわせ、動きだしているネットビジネスのプロジェクトのお話も聞いてきました。



■「鶴橋」で待ち合わせ



事前に焼肉の本場があると聞いてたのもありますが、Googleで鶴橋ってうったら関連キーワードが「焼き肉」だったほど鶴橋=焼肉なんですね。京都のしゃっちょさんにも「鶴橋やったら焼肉くわなあかんなんなぁ〜」っていわれました。言われたとおりの衝撃の現象を体験することになるのですが、まさか鶴橋駅におりたとたん街が焼肉臭い。東京にばっかいると体感できないけど、全国ひとつひとつ街ごとに特徴があるというナショナルの中のとても小さなグローバリズムを体感する。
少し早めについたのでコリアタウンを散歩するも、迷子になりそうだったので即Uターン。焼肉をご馳走になりました。



■難波駅のいわゆるミナミとか食い倒れのあたり


焼き肉が14時でしたが、お茶を経て、18時くらいにはお好み焼をごちそうになり食べ始めました。あれですね、食い倒れ。でも思い返してみてもかなり美味しいお好み焼だったと思うのです。お好み焼の写真とか店名とかちゃんと控えてないあたり、ブロガーを名乗れないと思いますが、記念写真はとってもらいました。








SEOの営業をしにいったとは思えない「日帰り大阪旅行記」ですがお仕事らしいことも2%くらいはしてきましたよ!
そろそろ株式会社CMWalkerも関西支店をださんとですな。



いや〜読み返してみるとなんとも平和な日記ですね〜

太田空真様、ごちそうさまでした。

結婚式サプライズまとめ in橋本隆志社長・裕子さんの結婚式
  2009/11/09(Mon)

五つ星お米マイスターとしてだけでなく、十二単の色彩をつかった和の包装も一級品のサプライズお米ギフト「十二単満開」や、伝統文化を彩り鮮やかに表現し京都景観条例にも引っ掛かった「米料亭 八代目儀兵衛」などのプロデューサーとしても五つ星の橋本社長。

ハイアットリージェンシー京都に訪れた150人のお客様をまず驚かせたのは、そのプロデューサの手腕たるやを存分に発揮したこだわり。
箸、コースターなど細部に至るまでこだわった結婚式に驚き、祇園囃子の音色で登場、料理にも八代目儀兵衛の米が振る舞われ周りの方々と一緒に


「ぜ、贅沢だ・・・」


そんな雰囲気に包まれておりました。











はじめての結婚式だったので、マナー違反がないものかドキドキしてたり、勝手がわからなかったりもしたのですが、そのぶん経験になりました。
あ、こういうタイミングで席を立って挨拶にいくのね、とか、そもそも席立って挨拶にいくものなのかぁ、とか、式中のご縁の頂き方とか、ナプキンの使い方とか、もうゼロからですよね。参加された縁者の方々、もし粗相とかベスト立ち振る舞いがありましたらこっそり教えて頂けると嬉しいです。


さらにさらに、結婚式後半ではスピーチも任されておりました。短いスピーチではあるものの緊張でビール飲んでも酔った気がしなかったものの、、終わってホッとしてます。こういうのやるとだんだん度胸つきますね!







2次会では、新婦裕子さんのキレイな二の腕と肩と背中ばっかり見てました!




<結婚式サプライズまとめ>



・グラスを置くコースターをひっくり返すと、橋本社長の新規事業「米料亭」の儀兵衛物語がプリントされている。ホテルのスタッフがひとりひとりのコースターをひっくり返して説明する。

・橋本社長紹介ムービーでは、社長のタマキンがモザイクで映し出される

・ケーキが、竹。 ←廣瀬は何を言ってるんだ?と思われるかもしれないが、あれはほぼ竹だった。

・つやつやしすぎワロス的な、八代目儀兵衛の高級米が出てくる。橋本社長の弟であり料理長の晃治さん監修

・そのお米を出すために、ハイアットリーゼンシー京都が創業後初めて和食を出す

・使用されている箸は「hachidaime gihee」のロゴ入り福井産塗り箸。

・式の最後にはスタッフが一名ずつに箸をお持ち帰れる袋を手渡し。

・式の最後にはクオリティの高いエンディングムービーが流れるが、スタッフロール風の動画には、なぜか10分前までの式の様子が中継されている・・・高い編集技術とスピードにビビる

・ほぼ手ブラで帰れるよう引き出物がないっ。というか翌日自宅に届く。

・その引き出物は、Googleで「引き出物」1位の八代目儀兵衛の引き出物。








良縁のサプライズギフト「良縁米」が届き、翌日家に帰ってもさらにびっくり!という仕掛け。
男女を身立てた黒・赤の風呂敷にはそれぞれ、男性らしいしっかりとしたお米、女性らしいやわらかな食感のお米が3合ずつ入っており、同量ずつかけ合わせて炊くとさらに味わい深い味に変化するというもの。





良縁米 吉兆(きっちょう)よろこばれる結婚内祝い・引き出物に!




炊きたての良縁米を頬張り、舌にとろけるお米の食味を楽しみつつ、鼻で呼吸すると突き抜けるやわらかな稲穂の香り。余韻まで計算された結婚式は完璧としかいいようがないですな・・・

橋本隆志社長・裕子さん、いつまでもお幸せに。