CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

小3からインターネットに触れ、中学生の時には日記サイトが半年で100万PV達成、会員500人規模のSNS型オンラインゲームを運営。高校では商学・簿記を学びながら、独学でアフィやSEOを体験。明治大学商学部に進学、勤めていたセブンイレブンでは店長を体験。「広告研究部」で研究代表を務めながら、広告会社や通販会社でインターン。
明治大学「ブログ起業論」3期を首席で卒業したのち、二十歳で起業。


最新記事
 
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/creative/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/creative/index2_0.xml

恋愛メディア DEAR[ディアー]
登録販売者.com
金の価格、相場を確認する
ゼクシィのCMが素敵。クリエイティブとは「気付き」の中にある
もう6月ということで結婚シーズンですね。
5月下旬ごろから、結婚情報誌「ゼクシィ」のTVCMが公開中。1年間のなかでもTVCMを放映するのはきっとこのシーズンくらいですから、このCMには毎年ゼクシィの1年分のパワーが詰まっております。





CMライブラリー − RECRUIT


キャッチコピーは「プロポーズと結婚の間には幸せな時間がある。」
今年も素敵なキャッチコピーですね。ゼクシィの購買意欲をぐっと上げます。
書店でゼクシィを購入する場面を描く、という意味ではものすごく表現方法としては平凡でふっつうーですが、このありふれた風景を印象的にするコピーの威力がとてつもないっすね。

こうしたクリエイティブなキャッチコピーを生み出すには、「ゼクシィを買うということはどういう事なのか?」「ゼクシィを買ってどうなって欲しいか?」といった改まった疑問に対する、熱心な会議が必要。
その先にある気付きが、クリエイティブな訴求方法を生むわけです。

つまりここでは、結婚準備中の人たちって幸せだよね、そんな人たちのそばにゼクシィがあったら良いね、という気付きがあるわけですね。

結婚なんてまだまだ先だろうけど、結婚するときにはゼクシィ買おうっと。そんな風に思うTVCMでした。
カップルの演技もとても好感です。


■ 今日のクリエイティブ広告論

人の心を動かす訴求方法は、「気付き」の中にある!みんなで会議!
よーく考えてみると、良いコンセプトが生まれてくるよ。

「競馬の楽しさってなんだろう?」CLUB KEIBAが提案するひとつの答え
年々競馬離れが懸念されているというJRA。競馬の楽しさをどうやって訴求しよう?そもそも、競馬の楽しさってなんだ?
JRAが出したひとつの答えが、いまCM・交通広告やWEBで展開されている「CLUB KEIBA」である。



CLUB KEIBA:みんなで競馬!/JRA


あなたなら、競馬を利用してもらうためにどのような広告を考えるだろうか?
JRAが提案するのは「みんなで競馬という楽しみ方」。

みんなで競馬をするとなんで楽しいんだろう。
勝つと何倍も嬉しいし、負けてもなんだか楽しいし。
競馬場に誰かを誘ってみよう、誘われたらいってみよう。
あたらしい競馬の楽しみ方。
2008年JRAからの提案です。 みんなで競馬!


この広告コンセプトは非常に優れているのではないでしょうか。
新しい提案を行って、人々に新しい判断基準を持ってもらう。提案型の広告というのは人の心を動かせます。

またCMでは、蒼井優や大泉洋を起用し、みんなで競馬を見て楽しんでいる風景を描いています。
楽しいよ!というよりも、楽しんでいる風景を見せたほうが伝わるというのは、「ad001:任天堂「マリオカートWii」の広告がクリエイティブ 」でも紹介しましたね。



ちなみに僕は、競馬は昔ちょっと誘われて2回くらい賭けたことはありますが、今は全くやりません(競馬場に行った事もないです)
「200円で入場できてあとは自由に観戦できる」「レースの無い日は入場無料でみんなそこで遊んでいる」「天気がいい日は昼間からビールが気持ちいい」なんてことを最近バイト先の人から聞いて、ちょっと行ってみたくなりました。
人があるゲームや余興に興味を持つポイントというのは、ルールや遊び方よりも違うところにあるのかも知れませんね。


■ 今日のクリエイティブ広告論

最近、○○の売り上げが落ちてます!
そんなときは・・・

1、新しいライフスタイルや楽しみ方を提案する!
2、それを利用して楽しんでいる風景を見せた方が伝わる!

廣瀬勝也の近況(1)
テーマ:日記、その他  2008/05/28(Wed)

こんにちわ、廣瀬勝也です。
今日はクリエイティブ広告論をお休みして近況報告を。

5月27日(水)宣伝会議の取材!




宣伝会議 - 雑誌:広告・マーケティングの 『宣伝会議』


マーケティングの専門誌である「宣伝会議」に、明治大学広告研究部の研究トップとして取材を受けてきました!
取材なんてなかなか体験できるものではないですし貴重な機会でした。
広告研究部の研究体制や過去の作品、イベントの事例、それから広告研究部のなかにいる部員が持つ広告業界への興味やイメージなどを語ってきました。

その後、写真撮影も。
これは各大学の広告研究会にいろいろ取材しにいっているシリーズ物で、7月1日号に掲載されるそうです!
みんな買ってね♪
ホントは昨日すぐこのこと書きたかったんですけど、別件で忙しく今日になりました。
それが2点目の「近況」です。


5月28日(木)エムゲームジャパン主催プロモーション早明戦、明治広研が勝利!!

明治大学広告研究部として取り組んでいました「プロモーション早明戦」に見事、勝利いたしました!



オンラインゲームポータルの新しい形 エムゲーム! - コンテスト早明戦!



このプロモーション対決には課題が2つあり、
(1)一定期間内でナイトオンラインというオンラインゲームの新規ユーザー獲得
(2)7〜9月実施を条件としたプロモーションプランのプレゼン対決
この2つで総合的に判断されます。

4月上旬から取り組んできたこのコンテスト。明治大学は早稲田にだけは負けてはいけません。明治大学学生の想いを一手に受け(?)、それで昨日、2つ目の課題のプラン案のプレゼンをしてきたわけですね。
他の明大広研の部員は都合が付かず、ひとりでエムゲームジャパン本社まで行きプレゼンしてきました。

プラン案自体は互角。プレゼン手法などで早稲田にリードを許すも…課題1のほうで圧倒的な差があり、総合的に明大広研の勝利!!!ということになりました!!!

僕個人としての貴重な経験でしたし、プロジェクトリーダーとしてサークルを盛り上げ、研究活動を総括し、とても濃いプロモーションコンテストでした。
サークルのみんなも大喜びです(・∀・)!!

宣伝会議の森下さんにはやくエムゲームで勝ちましたよって報告しなきゃ。

最近、ちょこちょこと更新しない日があったのはエムゲームのプロモーション早明戦のためでしたよ、ってことで。以上、近況でした。

ストーリーは人を引き付ける。それはmixiでも変わらない「フルーツカルピス開発PROJECT」
こんにちわ、廣瀬勝也です。
今日はmixiを媒体にしたプロモーションのご紹介。

マスメディアを通じた一方的な広告にコミュニケーションの限界を感じる企業が増えているのでしょうか。mixiコミュニティを使った企業によるプロモーションは、成功例も増えてきて、より一層多くの企業がチャレンジしております。
内容としては、商品の開発を一緒に行うコミュニティだとか、商品に関しての使い方を語り合う、といったコミュニケーションに重きを置く内容が多いですね。




[mixi] フルーツカルピス開発PROJECT

今回ご紹介するプロモーションは、カルピス社による「フルーツカルピス開発PROJECT」。「味」「キャッチコピー」「パッケージ」の3つを、コミュニティ参加者から募るということで各トピックスは盛り上がっております。
開始1ヶ月で現在1000人以上もの参加者がおり、mixiコミュニティとしては大成功なのでは。現在進行形で運営中のmixiプロモーション成功事例なんてあまり見れないので、皆さんも記念に参加しとけばどーですか?


そしてこの成功の秘訣はなんなのでしょうか。
新しいプロモーション事例なので、上手な運営方法とか、炎上を避けるコツ、誹謗中傷に対する対策法だとか、いろいろなテクニックがあることでしょう。
しかしながらこのコミュニティは興味をひきつける超単純な広告技術が使われております。mixiコミュニティ・トップの説明文に、盛り込まれています。


超単純なので、あなたにも使うことが出来ます。
アクセスしてきた人の心を動かす、まず単純でカンタンな方法とは。

それは「ストーリーを作ること。」


大原則として、「ストーリーがある商品は売れる」のです。
このコミュニティも、開発担当の富瑠津(ふるつ)さんがフルーツカルピス新商品の開発にあたりチーム【MIXER】を結成。 そして…(続きは、みなさんとご一緒に!) といったカンタンなストーリーが付けられていますね。
ここでは富瑠津(ふるつ)さんという名前から明らかにストーリーだとわかるようになっている点が秀逸。
一気にカルピスのコミュニティが作り出した世界観に引き込まれていきますね。

TVCMでは当たり前のようにストーリーが付けられますし、どこでも見かける手法なのですが、mixiコミュニティの説明文にこのテクニックを持ってくるとは。お見事です。



■ 今日のクリエイティブ広告論


ストーリーを付けると、興味をひける!商品が売れる!

ホワイトプランの上戸彩とか白い犬のTVCMもそうですね。
この広告技術は媒体やシチュエーションを問わず大活躍。
あなたなら、何をどうするために物語をつくっちゃう?

キヤノン「EOS Kiss X2」動物にだっていつまでも残していたい一瞬がある
こんにちわ、廣瀬勝也です。

あなたはデジタルカメラをどういう基準で選びますか?
若者や女性の間ではコンパクト・デジタルカメラが主流ですね。ですが、キヤノン「EOS Kiss X2」ではお父さんをターゲットにし、薄くて小さいデジタルカメラではうまく撮れないその一瞬をデジタル一眼レフで撮っちゃおうぜ、という提案をしています。

話題性もあったこの広告、覚えている人もいるのではないでしょうか。



キヤノン:広告ギャラリー

ペンギン、ライオン、子犬・・・3パターンあるこのCMではどれも、かわいいかわいい子供が出てきます。

それを撮影するお父さんペンギン。
お父さんライオン。
お父さんブルドッグ。

動物だって、いつまでも残していたい一瞬があるのです。あなたは?
そう問いかけられてしまっては、もう全国のパパはコンパクト・デジカメでは満足できないでしょう。そして「キャノン Kiss」と検索し、デジタル一眼レフを知り、気付いたらヨドバシカメラで「あのペンギンの子供が出てくるCMの・・」と店員さんに話しかけてしまっているハズです。

問いかけ、これも良いなあ・・・と思ってもらう。「気付き」は購買への第1歩。

このCMでは、問いかけという広告技術のほか、動物の子供を使うことで女性や子供にも注目される話題性の高いCMとなっております。
撮影では、実写のほかに「アニマトロニクス」と呼ばれる動物のロボット技術、「ストック・フッテージ」と呼ばれる撮影済みの「素材」としての映像の組み合わせで作られているとのこと。

プロが作ったCM、って感じっすね!まさしく。


■ 今日のクリエイティブ広告論

問いかけ、これも良いなあ・・・と思ってもらう。「気付き」は購買への第1歩。
そっとささやく サントリー野菜カロリー計画
こんにちわ、廣瀬勝也です。

野菜カロリー計画という、マーケティング4Pの法則を人に教えるときにすごく使いやすいびっくらこいた商品があります。

もともと「野菜ジュースは意外とカロリーが高い」「野菜の栄養は実は捨てられていた」というコンセプトのもと、ニンジン、ホウレンソウ、キャベツなど野菜のチョイスや技術革新によって一般の野菜飲料より糖質分20%、カロリーも10%ほどおさえ、
また栄養を守るために野菜を細かく刻みピューレ状にし、食物繊維などの栄養も摂れるようにしたみたいです。また「野菜カロリー計画」も特徴を掴みやすいネーミングであります。まず商品開発に余念がありません。(Product=製品開発)

そして値段はほかと変わらないというびっくら価格。(Price=値段)
コンビニやスーパーで販売棚を確保するための営業活動はサントリーの得意分野でもあります。(Place=流通チャネルの確保)

そして我らが「広告」を含むプロモーション活動(=Promotion)ではサントリー野菜カロリー計画はどのように展開しているのでしょうか。
全国に展開しているTVCMをお伝えします。ここでは、他の野菜ジュースではなくこの野菜ジュースを手にしてもらうために、2つの心を動かす魔法を用いております。





CMギャラリー 野菜カロリー計画 サントリー

びっくらこいた〜という印象的なフレーズ。と共に、野菜のカロリーは意外と高いよ〜という新しい気付きを消費者に与えることで、カロリーを基準に野菜ジュースを選んでもらおうという新しい判断基準を与えております。
人は、新しいことを教えてもらうと、心が動きます。

また、カロリーが低いということを「他のは高い」と伝えたり、ピューレ状だからいろいろな栄養が取れるということを「意外と今までのは捨てられていた」と回りくどく伝えております。
人は情報をごりごりと押し付けられるより、「ひっくらこいた〜」と、そっとささやかれた方が伝わりやすいのです。
そっとささやいても商品の認知がされるのは、商品名がちゃんとしているからというのもありますね。


■ 今日のクリエイティブ広告論

・みんなが知らない事実を伝えると、心が動く!
・強く伝えるより、そっとささやくほうがすんなり伝わる。
サントリーボス「SILKY BLACK」ビジネスマンの眠気に
こんにちわ、廣瀬勝也です。今日は缶コーヒーのTVCMをご紹介。
ブラックコーヒーを飲みたくなる広告、とは。どんな広告でしょうか。
シチュエーションや効果を面白く提案することで、欲しくなるCM作りを実現しているTVCMをご紹介いたします。





SUNTORY BOSS テレビCM

「ビジネスをなめらかに ボスシルキーブラック」

このTVCMでは、仕事中にのむとすっきりするよ、というブラックコーヒーの訴求点を、よくある会議の風景をちょっと面白く描くことで伝えています。キャッチコピーが非常に優れていますね。

素人がキャッチコピーを作ろうとすると「すっきり」とかしか商品の特徴を捉えることが出来ないのですが、この広告内容では、すっきりするとどうなるか?という点をもっとしっかり考えることで、仕事が進むじゃん!ということをなめらかに伝えることに成功しています。シルキー(絹のような、すべすべの)という商品名ともマッチしてますね。


■ 今日のクリエイティブ広告論

飲むと(使うと)、どうなるか?という商品の効力を伝えることで、試し買いしてみたくなる!!
トヨタ「シエンタ」共感してもらう広告
世の中には広告が無くても売れる商品というものがある。なんか「下町の老舗おせんべい」とかはそういう印象がある。クチコミやTVの取材とかで勝手に人が集まるのだ。

一方で広告が必要な商品もある。
今日紹介するトヨタの「シエンタ」は、製品を作る段階ですでに「かわいいときを走るミニバン」というコンセプトがあり、それを伝える広告が必要。下町の老舗おせんべいと違い、燃費がすごいとか運転しやすいとか情報が勝手に広まる商品ではないので、商品のコンセプトを伝え共感してもらう必要がある。

このTVCMでは、、30〜40代のお母さんに共感してもらおうと企画されている。
共感してもらう広告とは、どんな広告だろうか。





toyota.jp シエンタ > TV-CF

いっしょに笑う、いまが好き。

ここでは、母と子供がよく車の中でする「しりとり」をクリエイティブに描き、母と子供の印象に残るよう工夫されている。
CMのなかで「かわいいときを走るミニバン」という商品コンセプトを言ってしまっては共感が伝わらない。それを映像と音で伝えるのが広告というものである。このキャッチコピーも、しりとりを歌う親子のほのぼのとした様子も、そんなコンセプトを伝えるための要素のひとつ。
車の買い替え次期にちょうど子供がこの歌を歌いだしたり、あるいはお母さんがこの車かわいいな、と思えば、大成功である。


■今日のクリエイティブ広告論

よくある日常の一部をクリエイティブに描くことで、共感を得る!
共感を得られれば、自然と興味をひきつけることが出来る!
「白い歯は今日もピンチです」クリアクリーンの女性訴求CM
歯磨き粉が欲しくなるCMとはどんなCMだろうか。
うまく需要をつくっている広告事例をご紹介。花王のクリアクリーンです。



花王 クリアクリーン コマーシャル

歯磨き粉っていうのは小売店での販売促進(SP)では販売が伸びにくい部類の商品とのことです。なので一層、CMでの印象付けが必要になります。
この花王クリアクリーンでは、白い歯が着色汚れにさらされる日常にあふれる意外なシチュエーションを、キレイな女性を起用して訴求。

自然と女性の方は、歯磨き粉のチェンジを検討してしまうのではないでしょうか。

このように「知識を与える系」の広告はなかなか効果的。歯磨きに関する特徴(スクラブが良いとか、味がついてるとか)だけでなく、歯の着色とかそういうことに関しても詳しくないと、この広告アイデアはひらめきませんね。クリエイティブなアイデアのためにちょっと視野を広げてみませんか。



■ 今日のクリエイティブ広告論

知識を与える→不安にさせる→その不安解消方をすぐ提示

この書き方は一見なんかズルい商法に見えそうだけど立派な広告戦略です。


ヒラメ貼りにハの字貼り。超具体的使用方法の提案でイケイケな「サロンパス」
今のうちにサロンパスに頼ってしまうと、もっと年をとった時にめちゃくちゃ大変なのではないか?という思いから、なかなかサロンパスを使う気になれない廣瀬勝也です。いまサークルで海で遊んで全身筋肉痛です。こんにちわ。
サロンパスがTVCMでもポスターでも展開している「ヒラメ貼り」。TVCMをご覧下さい。




サロンパス CM情報

このように超具体的な使用方法を提案すると、結構人の心を動かせちゃいます。「あ、これやってみよう」と思う人は多いはず。この心理作戦は、以前紹介したキューピーマヨネーズのレシピ広告にも通じるものがありますが、食べ物でない雑貨で応用した好例。
また「ヒラメ貼り」とか「ハの字貼り」といった面白い固有名詞の呼び名を設定することにより、クチコミ効果も狙いやすく、またGoogle検索とかでも引っかかりやすくなりますね。

「ヒラメ貼り」という商品の使い道を映像で表現するために、ヒラメをぱしっぱしっと叩くシーンもシュールで面白い。男の人がびっくりしてコップを落とすなど、小ネタも充実。
このくらいの年齢の女の子がサロンパスを使っている映像を見せ付けられると、お父さんたちのアイテムというイメージも無くなり、俺も使ってみようかな、という気分にもなる。
まさにクリエイティブ。学生広告はこういうクリエイティブさを引き出せる先輩が毎年いれば安定しそう。


■ 今日のクリエイティブ広告論

超具体的使用方法の提案で、人はモノを欲しくなる。
「ケータイ音楽を、ワイヤレスレで」とかいうLISMOのTVCMも同じような手法ですね。
| 次へ