CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

小3からインターネットに触れ、中学生の時には日記サイトが半年で100万PV達成、会員500人規模のSNS型オンラインゲームを運営。高校では商学・簿記を学びながら、独学でアフィやSEOを体験。明治大学商学部に進学、勤めていたセブンイレブンでは店長を体験。「広告研究部」で研究代表を務めながら、広告会社や通販会社でインターン。
明治大学「ブログ起業論」3期を首席で卒業したのち、二十歳で起業。


最新記事
 
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/creative/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/creative/index2_0.xml

恋愛メディア DEAR[ディアー]
登録販売者.com
金の価格、相場を確認する

【書評】ビジネスをしたい学生にオススメ「女子高生ちえの社長日記 1巻」

  2010/10/09(Sat)

萌え系イラストの女子高生ビジネス小説として大ブレイク中の「もしドラ」(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら)にあやかって最近露出が増えてきたけど、実は3年前に出版されていたという萌えビジネス書の先駆け「女子高生ちえの社長日記」を読みました。











個人的な結論としては


 ・全体を通して、ビジネス単語集
 ・すでにビジネスをしている人がターゲットではない



だったので、廣瀬にダイレクトに感動を与える系統のものではありませんでした。一通りの基本を抑えることが出来ているのかな、とバロメータ代わりになったほか、ストーリーも冷や冷やする展開が引き込まれて結局読破。2巻と、つい最近でた3巻まで買ってしまってるので、とりあえず読んでおこうかなと思ってます。女子高生ちえへのスペシャル待遇など含めて、ところどころのあり得なさ具合は本なので割愛。


でも、本として好き。たぶん学生さんたちも好きそう。なのでおすすめできます。


社長というタイトルなので一見「起業本」に見えますが、どちらかというと「学生向けビジネス基本書」みたいな位置づけ。特にビジネス用語をとりまとめてて、女子高生ちえと一緒に新入社員のつもりでお勉強ができるつくりになってます。当然ながらビジネスのようなことをしたい学生は必須ですね。2巻3巻目はまだ読んでないんですけど、特に1巻では以下のような単語がわかりやすくさっくり解説されていて、


 ・減価償却
 ・OEM
 ・ISO
 ・POS
 ・知的財産権
 ・B2B
 ・需要と供給
 ・棚卸
 ・JIT、カンバン



・・・などなど。その他にも工場用語もたくさんでてきますが、とりあえずビジネスをしたい学生ならここらへんの単語がわからなければ早急にこの本を読んでみる価値はあるでしょう。


というのも、結構商学系の授業でも、ビジネスモデルの解析とか任天堂・アップル・グーグルの話がみなさんお好きなようで、でもそれって基礎体力的なところにはならないと思ってて。現場の零細企業同士・中小企業同士ででてくるコトバが操れないと、ちょこっとぉー学生団体でフェスやるんでー協賛をーとか企業さんに乗り込んでもまず苦戦する。苦戦してよくわからない学生に偉そうな広告代理店とかに間とられる。

だから、戦略本だとかアメリカのベンチャー企業の成功本だとか、ドラッガーのマネジメントより、もっともっと基礎のところって、こういうところだと思うんですよね。

起業スピリッツOK!なに売るかもOK!とかそれ以前の問題として。もちろん熱い学生たちは突き抜けた行動力でなんとかなっちゃう場合もあるし、B2Bも知らないけどフリーで食えてるWEB屋さんも知ってるし。

それでも、もし自分になにかの長があるとすると、高校生時代にビジネス基礎・マーケティングからマネジメント・簿記会計までのフレーズや用法がつい楽しくて覚えまくったことが、いまの自分を形成していることは物凄く痛感するわけです。だからこそ、わかりやすく単語解説してビジネス現場の会話の雰囲気までどことなくわかる本というのは、無条件で学生におすすめできますね。
もちろんビジネスって語彙力だけじゃなくて、様々な要因があることを忘れてはいけないけど、じゃあ任天堂・アップル・グーグルかっていうとそうでもなくて、この本みたいなところも突く必要あるよねって思う。

社員教育の一環でぱらぱらめくってもらうのもアリかも。



そして、かなり解りやすいので、こういうシリーズで「女子高生・彩のインターネット広告日記」とかつくってくれてメディアからメディアレップ、SEOからPV、UUからCVR、CPC・・・など解説してくれる本があれば即買いだわーとか思うのでした。









この記事のURL:http://blog.canpan.info/creative/archive/313