CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】働き方シリーズ:株式会社おもつなから学ぶ、業務改善のヒント〜ワークショップ形式で業務改善を考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年11月21日(月)夜・東京 [2016年11月22日(Tue)]

今度のCANPANのセミナーは、NPOの組織としての働き方を考えるシリーズです。

20161121.png

第2弾となる今回は、業務改善支援を行っている株式会社おもつなの金田さん、徐さんをお招きして、業務改善の取り組みについて、ご紹介していただきました。

株式会社おもつなは、人とITで業務をサポートする会社です。株式会社おもつなメンバーは、以前会計事務所で税務を行い、クライアントに対して、いかに業務を効率化し、本業に特化してもらうかを会計を軸に、業務コンサルティングしてきた方々です。この経験を活かし、参加者のみなさんにとって業務とは何か?を再発見していただくようなお話をしていただきました。また、単にお話を聞くだけではなく、ワークショップを交えて、業務改善のヒントを見つけていただく内容でした。

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
働き方シリーズ:株式会社おもつなから学ぶ、業務改善のヒント
〜ワークショップ形式で業務改善を考える〜


日 時:2016年11月21日(月)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団8階セミナールーム
対 象:業務改善に興味がある方なら、NPO、企業、行政関係者ならどなたでも
参加者:5名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:株式会社おもつな  http://www.omotsuna.co.jp/

<講師からのメッセージ>
業務は、その内容だけでなく、そのタイミングも重要です。いつ、誰が、どこで、どのように行うかを明確にすることをもって定義付けします。ここが曖昧であると、人が変わると、その業務ができないという事態に陥ることになるのです。

皆さまにおかれましては、以下のようなことはございませんか?
NPOの関係者から、次のようなことをお聞きすることがあります。
経理業務などの管理業務が、いつまで経っても終わらない、、、。
いつも年度末は、事業報告書等の作成で、本業の活動に時間を作れない。
予算策定も例年通りで、何か不満、、、などなど

これらを改善するために、最初に何から始めますか?
1,人を増やす
2,ITシステムを導入する
3,プロに任せる

残念ながら、どれも最初に始める事柄ではありません。なぜなら、どれも何のために行うかを明確化できてないからです。これは人の身体で例えるなら、何かをしたいと脳が判断しているのに、手と足がバラバラに動いている状態です。脳の司令を受けて、手足が思うように動かないという状態では、ストレスが溜まるばかりですよね。これでは、業務改善をするためにいくら手当しても意味がありません。なぜ業務を改善したいのかと言う目的を明確にすることから始める必要があるのです。

当セミナーでは、一つ一つの業務が、どのような意義があり、なぜ必要なのかを理解していくステップをワークショップ形式で行いました。セミナーにご参加できなかった方もぜひご相談ください。

<セミナー内容(ワークショップの一部)>

20161121-3.png

1,手足の動きを整理
 手足の動きとは、皆さまが日々行っているあらゆる業務です。業務の洗い出しを行います。ここが一番重要です。全ての業務をそれぞれ詳細に洗い出すのではなく、単純な動作として、洗い出していき、手足の動きを制御していきます。

2,司令塔である脳内を整理
 人の身体で司令塔を司る脳を、まず整理します。この事で、皆さまの組織において、どんな事業があり、それぞれの事業がVISION、MISSIONに関連しているのかを知る事ができます。身体に生きる目的を与えましょう。そして、組織の存在意義を再発見。

3,つないで動かす
 整理した業務と事業をつないで行き、皆さまの想いがどのように実現しているのかを俯瞰してください。重複した動きになっていないかどうか、また事業があるのに、業務である手足が全く動いてないかなどを確認していきます。

20161121-2.png

など全部で5ステップを踏み、健やかな身体である組織に変えること、また皆さまご自身が変わることを、楽しみながら行いました。

<講師プロフィール>
金田 好正(かねた よしまさ)さん
株式会社おもつな 代表取締役
税理士、個人情報保護士

写真.jpg

略歴
大学卒業後、宝酒造株式会社に勤務。営業として都内のスーパー、ディスカウントストア、コンビニエンスストア、飲食店などを担当。訪問先で製品の紹介しているうちに、お客様がさまざまな経営課題に直面していることを知る。その頃に以前から興味のあった税理士の勉強を始める。
その後6年間勤務したのち税理士法人とどろき会計事務所に転職。会計事務所の実務的なノウハウを取得する間に、税理士試験の勉強も行う。10年勤務しながら税理士試験に合格。
事業会社のみならず、公益事業団体向けの業務改善活動で現場の大変さに衝撃を受け、自分でも何かできることはないかと思い、株式会社おもつなを設立。同時に業務改善活動の一環として、おもつなクラウドシステムを開発。
2016年9月より株式会社おもつな代表取締役兼金田好正税理士事務所所長、NPO Connect Think代表理事(現在認証中)。

徐 伯昇(じょ はくしょう)さん
株式会社おもつな 取締役
LEC会計大学院 非常勤講師

jo_h.jpg

略歴
ファーストフードにて店長、スーパーバイザーにて15年間勤務。
勤務会社での評価制度に疑問を感じ、LEC会計大学院にて会計を勉強し、当大学院にてMBA取得する。
卒業後、個人事業主として開業し、ファーストフード勤務にて培った業務改善手法及び会計の知識を活かし、業務改善活動を行う。また業務フローに必要最低限度でExcel、ACCESSを使ったシステム開発を行う。
認定NPO法人向けに行った業務改善活動で、現場の大変さに衝撃を受け、何かできることはないかと思い、株式会社おもつなを設立し、業務改善活動の一環として、おもつなクラウドシステムを開発。
現在は、株式会社おもつなにて取締役兼LEC会計大学院の非常勤講師として、日々、業務改善活動に有効な方法を考え実践してます。

<会社概要>
株式会社おもつなは、NPO法人の業務を人とITでサポートする会社です。”想いをつなぐ”をモットーに、NPO法人の想いを継続して届けられる組織運営を実現します。

★★★気づきの共有シート★★★


講師の金田さん、徐さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 15:01 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】若者やNPOのための「草の根ロビイング入門」〜アドボカシーの手法から学ぶ〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年11月16日(水)夜・東京 [2016年11月21日(Mon)]

今回CANPAN・NPOフォーラムは、これからの社会課題解決、社会をより良くしていく手法として、ぜひ意識をしたい「ロビイング」をテーマに開催しました。

2016年参議員選挙から18歳選挙権も始まり、若者の政治への関心が高まっています。しかし、政治との関わり方が、選挙に偏り過ぎではないでしょうか。選挙で政治家を選ぶだけでは、社会はよくなりません。ロビイングによって政治家に働きかけて社会を変える手法もあわせて知る必要があるのです。また、社会課題を解決するために活動しているNPOでも、ロビイングの手法を知らないために、その政策提言が適切な場所に届かず、いつまでも成果がでない団体も少なくありません。

しかし、ロビイングの手法を学ぶ場は少なく、政策塾やビジネススクールは多くのNPOにとって敷居が高い存在となっています。そのことにより草の根ロビイストが育つ環境が圧倒的に不足しているのが現状なのです。

今年に入り市民主体のロビイングに関する本が出版される時代になりました。今回のセミナーでは昨年12月に「誰でもできるロビイング入門」を出版した明智カイトさん、NPO向けアドボカシー解説本を発行しているシーズ・市民活動を支える制度をつくる会から関口宏聡さん、NPO×情報発信の支援を行っているCANPAN山田泰久を交えて「草の根ロビイング入門」をお話ししました。ロビングの必要性を再確認する会となりました。参加者のみなさまにご記入いただいた気づきの共有シートもぜひご覧ください。

gazou.png


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
若者やNPOのための「草の根ロビイング入門」
〜アドボカシーの手法から学ぶ〜


日 時:2016年11月16日(水)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル 1階バウルーム
参加者:60名
主 催:日本財団CANPAN・NPOフォーラム

<スケジュール>
19:00 オープニング
    ・趣旨説明
20161116.png

19:10 講演
    ・シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 関口さん
    ・いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 明智さん

20161116-3.png

20161116-2.png

★★★公開用資料★★★




20:10 パネルディスカッションタイム

20161116-7.png

20161116-4.png



20:40 質疑応答
21:00 終了

<書籍の紹介>
20161116-5.png
「誰でもできるロビイング入門〜社会を変える技術」明智カイト/著
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4334038948

投票やデモと異なる、政治に直接働きかける技術を解説
本書でいう「ロビイング」とは、業界団体が「もっと金よこせ」と言って政治家に圧力をかけることではない。日本ではあまり行われてこなかった、弱者やマイノリティを守るために政治に働きかけることである。圧力団体が行うロビイングとは目的が全く異なるので、「草の根ロビイング」という名称も使用する。
ロビイングはそれぞれテーマや、人によってやり方が異なるため、これまでマニュアルというものは存在しなかった。そこで、本書では暗黙の了解となっていたロビイングのルールと、様々な立場からロビイングに関わってきた方たちのテクニックを紹介していきたい。

1章 自殺対策のためのロビイング
清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)
2章 病児保育問題、待機児童問題のためのロビイング
駒崎弘樹(認定NPO法人フローレンス代表理事)             
3章 いじめ対策のためのロビイング
荻上チキ(評論家、「シノドス」編集長)                 
4章 児童扶養手当削減をめぐるロビイング
赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
5章 「性的マイノリティ」の人々に関するロビイング  
明智カイト(「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」代表)  

<登壇者プロフィール>

◎関口 宏聡さん
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 代表理事

1984年生まれ、千葉県出身。2009年、東京学芸大学卒業。2007年からシーズに勤務し、2010年の日本ファンドレイジング協会設立に尽力。2011年や2016年のNPO法改正実現では、市民側の中心的役割を果たした。寄付税制や認定NPO法人制度の活用促進のため、NPO・市民への普及活動に奮闘中。新宿区協働支援会議委員、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会委員、東京ボランティア・市民活動センター運営委員など。

【団体紹介】
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会は、市民活動を促進する法制度制定のため1994年に設立された。1998年の特定非営利活動促進法(NPO法)や2001年の認定NPO法人制度立法過程で、市民サイドの中心的な役割を果たした。現在はこれらの活用促進とともに、社会の変化に対応した改正活動に継続的に取り組んでいる。

◎明智 カイトさん
いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 代表

認定NPO法人フローレンス所属。主に「子ども」「女性」「マイノリティ」の権利擁護や政策提言を行う。自身も中学生の時にいじめを受け、自殺未遂をした経験から「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」を立ち上げて、「いじめ対策」「自殺対策」などのロビー活動を行う。2012年の自殺総合対策大綱の見直しでは「性的マイノリティ」も含めるように政府に対して働き掛けを行う。国際連帯税の導入、休眠預金活用についても提言している。「ストップいじめ!ナビ」メンバー、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。著書に『誰でもできるロビイング入門〜社会を変える技術〜』(光文社新書)

◎山田泰久
NPO法人CANPANセンター 代表理事

群馬県高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒(フランス文学専攻)。
1996年日本財団に入会。2014年4月、日本財団からNPO法人CANPANセンターに転籍出向。
日本財団とCANPANセンターが合同で実施する、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。
主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、オンライン寄付、助成金、IT・Web、ノウハウ、ネットワーク、出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。

★★★気づきの共有シート★★★


講師の明智さん、関口さん、ご参加いただいたみさなま、ありがとうございました!!
Posted by 藤川 幸子 at 16:34 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】キフカッション2016「寄付する気持ち」〜みんなで寄付について語ろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月21日(水)夜・東京 [2016年11月21日(Mon)]

ここ数年、様々な寄付の仕方が生まれてきています。
寄付が少しだけ身近になった気がします!

画像.jpg

一方で、寄付の方法をもう少し詳しく知りたいなとか、
他の人と寄付についてちょっと話してみたいなとか、
そんなことを思ったことがありませんか?

そこで、最近の寄付の方法を紹介しつつ、参加者のみなさんで、寄付について、
ゆるやかに語り合う場を企画しました。

自分のことを語るように、寄付の経験について語る、「キフカッション」が始まります!

※キフカッションについてはこちらから
 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695


---------------------------------------------
日本財団CANPAN・NPOフォーラム
キフカッション2016「寄付する気持ち」
〜みんなで寄付について語ろう〜
---------------------------------------------


日 時:2016年12月21日(水) 19:00〜21:30(開場18:30)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対象者:寄付に興味がある方ならどなたでも
    ※寄付を集める側ではなく、寄付をする人側を想定した内容です
定 員:80名
参加費:一般 1,000円(事前申し込み・キャンセル不可)
     学生 無料(要事前申し込み)
    ※スワンベーカリーのコーヒーと寄付付き商品のお菓子をご用意
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20161221.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<内容>
1.オープニング

2.プレゼンタイム
  最近の寄付の方法から、昔々の寄付、寄付月間などなどに関する、様々な情報をお伝えします。

3.休憩タイム
  みんなで交流タイム(スワンベーカリーのコーヒーと、寄付付き商品を食べながら)
  みんなで#kanpaicharityタイム(写真に撮って、InstagramやTwitterにアップしましょう)

4.トークタイム
 少人数のグループになって語りあう時間です。
 こちらは当日のトークテーマ(予定)です。
 ・寄付をしてよかったこ、うれしかったこと
 ・寄付のはじめて物語
 ・欲しい未来へ、寄付を贈ろう

5.クロージング

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20161221.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は12月21日(水)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、12月20日(火)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 15:57 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
今週の助成金情報(2016年11月21日) [2016年11月21日(Mon)]

2016年11月17日から2016年11月21日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計7個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、福祉、地域、スポーツ、復興支援・子ども・教育・芸術など他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。

各助成プログラムの概要は「続き」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 13:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2016/11/11-2016/11/17 [2016年11月21日(Mon)]

2016年11月11日から2016年11月17日までのCANPANブログの中から、NPOの組織マネジメントに参考になるような記事をご紹介いたします。

参考ブログ.jpg


ブログ「NPO会計・リクツとコツ〜目指せ、NPO会計キュレーター」

【NPO法人の会計・税務・助成金】講演・講座・個別相談会のご案内を更新しました。[2016年11月15日(Tue)]
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2668
・NPO法人会計基準について勉強したい・・・NPOの会計を基礎から教えてほしい・・・
 そんなニーズにお応えすべく、講座の講師や相談員を承っております。
・過去の講座内容を参考にしたり、直接お会いしてお話をしたりするなかで、
 いまこの地域で必要な講座が見えてくると思います。
★テーマについて相談事項がありましたらちょっとしたことでも、ぜひご相談してみてはいかがでしょうか。

ブログ「林田全弘」

NPOの広報支援は何のため? [2016年11月14日(Mon)]
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/205
・東京圏からお2人の社会人にお越しいただき、ボケない大阪移住プロジェクト起業体験、完了しました!
・NPOのためのデザイン・広報支援を実際に体験したり、考えを深め合いました。
・伝わりやすい情報にするためには、内部のしがらみや身内目線・身内言葉に囚われない、外目線がとても重要。
★ポストイットの数ほど、アイディアが!素敵です。

ブログ「NPO法人おかえりブログ」

ゆったりとした時間。 [2016年11月15日(Tue)]
http://blog.canpan.info/okaeri/archive/1767
・「餃子が食べたい」という妹たちと、夕方より一緒に餃子を100個作りました
・ここのところ、ゆったりとした時間をとれなかったので、こうしたひとときはとても貴重。
・今日は午後から「with」スタッフとともに、「生活のサポート」に行きます
★日々の何気ないことがとても大切なのですよね。いつもの行いとのメリハリを学びたいところです。
Posted by 藤川 幸子 at 10:53 | 参考ブログ | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/14-18) [2016年11月21日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/14-18)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 09:53 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】社会的インパクト評価とロジックモデルの活用(主催:公益社団法人 日本サードセクター経営者協会)2016年12月14日(水)午後・東京 [2016年11月16日(Wed)]

社会的インパクト評価のツールとしてロジックモデルが注目されています。
ロジックモデルはいろいろありますが、後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授、日本公共政策学会会長)が考案したツリー型ロジックモデルの概要と活用について説明します。また実際に作成された団体のお話を聞きます。

ツリー型ロジックモデルは、目標達成のためのPDCAサイクルに関連付けすることを重視し、活用します。ビジョン(目標)を設定し、目標達成のために有効で魅力的な事業を企画立案し、目標と事業の関係を見取り図のように「見える化」します。仮説を実行し、成果指標を設定し、改善しているのか、悪化しているのか、停滞しているのか、目標の達成度を測定します。中間指標を活用し、事前の論理評価が上手くいっているかどうかを分析し、改善策を検討し、実行していきます。

社会的インパクト評価とロジックモデルの活用
⇒目標達成のためのPDCAサイクルと評価・改善の関係


日 時:2016年12月14日(水)13:00〜16:30
場 所:日本財団ビル会議室
参加費:2000円
主 催:公益社団法人日本サードセクター経営者協会
共 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★詳細・お申込みはこちらから★★★
http://jacevo.jp/news/2016/12/2030.html

【内容】
13:00〜13:15 開会挨拶
共催者挨拶(日本財団CANPANプロジェクト説明)

13:15〜13:45 「ツリー型ロジックモデルの概要と活用」
後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授、日本公共政策学会会長)

13:45〜15:00 事例報告
・導入の動機
・事例説明(ロジックモデルレポート)
山崎宏氏(特定非営利活動法人ホールアース研究所)
「次世代によるさらなる成長のために」
園田敬子氏(特定非営利活動法人環境ネットワークくまもと
「持続可能な地域づくりのために」
藤岡喜美子(公益社団法人日本サードセクター経営者協会)
「市民がつくったまちづくり通信簿」
愛知県東海市、愛西市、豊明市などの事例

15:00〜15:10 休憩

15:10〜16:25 「取り組もうロジックモデル」
パネルディスカッション
・作成においての課題と対策
・ロジックモデルを作成し、よかったこと、工夫したこと
・社会的インパクト評価とロジックモデル活用の方策
パネラー
山崎宏氏、園田敬子氏、藤岡喜美子
コーディネーター 後房雄

16:25〜16:30 閉会挨拶

=================================
お問い合わせ
日本サードセクター経営者協会(JACEVO)事務局
〒151-0051 東京都大田区大森北2ー3ー15第15下川ビル4階
TEL:03-3768-6000/FAX:03-6410-8550
=================================
Posted by 藤川 幸子 at 16:49 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
今週の助成金情報(2016年11月16日) [2016年11月15日(Tue)]

2016年11月8日から2016年11月16日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計4個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、社会福祉、地域、コミュニティ、スポーツ、復興支援・子ども・教育・環境など他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。

各助成プログラムの概要は「続き」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 15:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】広報兼任者のためのNPO広報講座〜お金をかけずに信頼・共感をつかむ広報術〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年11月14日(月)午後・東京 [2016年11月15日(Tue)]

多くのNPOの広報担当者は兼任であるのが現状です。
限られた資金、人材、時間で、どのように市民からの信頼や共感を得ていくかは、どのNPOにとっても課題と言えます。クチコミによる情報拡散も、メディアによる記事掲載も待っていてもおこりません。ソーシャルメディアの活用やプレスリリースは、信頼や共感を得るためには今や欠かせないNPOの広報手法なのです。

20161114-4.png

そこで、NPOの広報の現場で長年活躍され、時代に即した広報施策を実践し実績をあげられてきた鎌倉幸子さんと、石井大輔さんを講師にお招きして、NPO広報講座を開催いたしました。

二人の講師がNPOの広報経験から試行錯誤しながらの編み出した、ソーシャルメディアとプレスリリースを使った広報術を半日で伝授いただきました。今だから話せるNPO広報担当者として一線にいた経験やノウハウを惜しみなく共有していただきました。

gazou.png

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
広報兼任者のためのNPO広報講座
〜お金をかけずに信頼・共感をつかむ広報術〜


日 時:2016年11月14日(月)13:30〜17:00(開場13:15)
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4
対象者:NPOをはじめとする広報担当者
参加者:20名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

<内 容>

13:30 オープニング
     ・本日の趣旨について
     ・自己紹介

13:35 広報の仕事
・広報は「情報営業」
・広報は「メディア」を使って営業する

20161114-2.png

★★★公開用資料★★★


13:50 クチコミが生まれるソーシャルメディアの活用法・利用法
・ただ書くだけでは拡散されない!記事のコツ
・ウェブメディアを広報担当にしてしまう

20161114-5.png

★★★公開用資料★★★


14:50 休憩

15:00 面白いほど記事につながるプレスリリースのつくり方
・プレスリリース、何が素材になる、どう作る
・プレスリリース、いつ、どこに配信する

<キーワード>
・プレスリリースのお作法
・季節感
・時流やトレンド
・継続こそ力なり

16:00 パネルディスカッション・質疑応答
・今だから話せるNPO広報担当者の裏側
・悩みや苦労を参加者と共有

20161114-3.png

<キーワード>
・ベンチマークしているところ
・毎年自分のテーマを決めて行動している
・イベントカレンダーの作成

17:00 終了


<講師プロフィール>
●クチコミが生まれるソーシャルメディアの活用法・利用法
講師:鎌倉幸子さん
リレーションズ・ストラテジスト。国際協力NGOに15年間勤務。海外事務所にプロジェクトコーディネーターとして8年間駐在。その後、東京事務所に7年間勤務し広報・ファンドレイジング担当を務めた。クラウドファンディングとソーシャルメディアを融合したファンドレイジングが専門。アカデミック・リソース・ガイド株式会社の広報担当、Readyforのアドバイザーを務める。

●面白いほど記事につながるプレスリリースのつくり方
講師:石井大輔さん
ファンドレイジング・コーディネーター。総合電機メーカー、編集・制作会社を経て、国際協力NGOで約8年間にわたり、広報・渉外、バングラデシュ駐在員、支援者サービスを担当。極端に予算が少ない国際協力NGOで広報担当したことで、プレスリリースやイベント・寄付キャンペーン企画などのアイディア重視の広報術を鍛えてきた。

★★★気づきの共有シート★★★


講師の鎌倉さん、石井さん、ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!!
Posted by 藤川 幸子 at 13:47 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) [2016年11月14日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 18:16 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(1)