CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
今週の助成金情報(2016年8月12日) [2016年08月15日(Mon)]

2016年8月6日から2016年8月12日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計6個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、復興支援・社会課題・地域・音楽・福祉・NPO支援など他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。

各助成プログラムの概要は「続き」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 15:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/8/8-12) [2016年08月15日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/8/8-12)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 10:06 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】キフツール研究所 オープンラボ2016 Vol.2 Wikipediaの寄付のページを読む。2016年9月12日(月)夜・東京 [2016年08月12日(Fri)]

今年も、12月に寄付月間が実施されます。
http://giving12.jp/

ということで、8月から再開した「キフツール研究所」のオープンラボも2回目を開催します。

画像.png

昨年12月、日本で初めて開催された「寄付月間〜Giving Dcember〜」。
NPO、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるために、12月1日から31日の間、協働で行う全国的なキャンペーンとしてスタートしました。

この寄付月間の中で、ひっそりと立ち上がった研究所がありました。
それが「キフツール研究所」です。

今年も、寄付月間の開催が決定しました。
ただ今、リードパートナーや賛同パートナー、公式認定企画の募集を行っています。
http://giving12.jp/

この寄付月間の始動にあわせて、キフツール研究所も活動を8月から再開し、先日1回目のオープンラボを開催しました。
今回は第2回目のオープンラボのご案内です。

2回目となる今回の研究テーマは、寄付で成り立っている「Wikipediaで寄付のページを読む」です。

→こちらがWikipediaの寄付のページ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E4%BB%98

これは、なかなか奥が深い。現状の寄付のことから、歴史から紐解く寄付まで、かなり勉強になります。寄付月間に向けて、これはぜひしっかり読み込んでおきたいページです。
このWikipediaのページをもとに、みんなで寄付について語りたいと思います。
ディスカッションというより、読書会に近い形になります。

一人で読むより、みんなで読むことがで、理解が深まったり、多様な見方ができたり、わからないことを教えてもらったり、さらに寄付について勉強をすることが出来ると思います。

寄付について語りたい、勉強したい方、ぜひご参加ください!

キフツール研究所 オープンラボ2016 Vol.2
Wikipediaの寄付のページを読む。


日 時:2016年9月12日(月)19:00〜20:30 (開場18:45)
場 所:日本財団ビル2階第1・2会議室
対 象:NPO、企業、行政などのセクターに関わらず、寄付について興味がある方ならどなたでも参加可能です。
参加費:無料
定 員:30名
主 催:キフツール研究所 日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20160912.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。

<参加条件>
・Wikipediaの寄付のページを事前に読む
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E4%BB%98
・パソコン、スマホ、タブレット、紙など、当日のイベントで自ら読むことが出来るように準備してくる。

<キフツール研究所とは?>
 昨年12月の寄付月間の際に、突如出現した謎の研究所です。
 寄付の機会やツールについて、日夜研究しています。

■ミッション
 あらゆるものを寄付のチャンスに

■ビジョン
 すべてのことを寄付ツールとして捉える

■アクティビティ
 ・寄付の機会やツールに関する研究
 ・寄付に関する情報収集や発信

■研究員のためのクレド
 ・偉大な人々は目標を持ち、
  そうでない人々は願望を持つ。
 ・準備を怠るものには、
  チャンスは決して訪れない。
 ・目標を達成できた秘訣を教えよう。
  それは、絶対にあきらめないことだ。


<内容>
1.オープニング
2.ワークショップ(参加者によるディスカッション)
 →Wikipediaの寄付のページを読んでの感想
 →寄付のこの項目・事象についてもっと話がしたい
3.クロージング


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20160912.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・事前参加申込は9月12日(月)17:00に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。

<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 15:55 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2016/8/5-2016/8/11 [2016年08月12日(Fri)]

2016年8月5日から2016年8月11日までのCANPANブログの中から、NPOの組織マネジメントに参考になるような記事をご紹介いたします。

参考ブログ.jpg


ブログ「川北秀人on人・組織・地球」

宇部市で「地域計画策定に向けた地域支援研修会」でした! [2016年08月11日(Thu)]
http://blog.canpan.info/dede/archive/1132
・市内7か所に配置された「地域・保健福祉支援チーム」の方々のうち、6か所の職員さんたちから、お取り組みの経過をご紹介いただきました。
・全国平均より15年も早く進んでいる高齢化や、すでに始まっている人口減少、そして、近い将来に避けられない公共施設の更新費用負担に備えた縮減といった事態を直視
・住民自ら「できること」を増やし続ける小規模多機能自治が必要不可欠であることは自明です。
★判断材料を認識し、実施できる力を育むことが今後の要になってくるという的をつくアドバイスでした。


ブログ「NPO会計・リクツとコツ〜目指せ、NPO会計キュレーター」

NPOの承継のための棚卸し3要素から〜の”神鳥のたましい”プロジェクト(仮)〜組織の終活?わたしの終活?[2016年08月10日(Wed)]
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2589
・さいきん、NPOをどう継承するかについての相談が増えてきている気もします。
・「NPO法人における『後継者育成・確保の手引き』」をヒントに”NPOの事業承継”について議論しました。
・棚卸3要素〜何を引き継ぎたいのか?
★本件に関する、手引きのデータもブログ上にUPしていただいていますので、ぜひご覧ください。


ブログ「林田全弘」

伝えることは、かくも難しき。 [2016年08月08日(Mon)]
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/190
・最近セミナーで「相手を中心に考えること」がデザインで重要なこととお伝えしています。
・相手を想定しないデザインほど、身勝手なものはない。
・NO TARGET. NO DESGIN.
★”誰”に”とんな形”で伝えるかで、伝わり方も見た目も文章も印象も変わってきますので大切なことだとおももいました。



ブログ「NPO法人おかえりブログ」

「life café」 [2016年08月09日(Tue)]
http://blog.canpan.info/okaeri/archive/1679
・「おかえりをつくろう!」と思い立って、そのときに思い描いたのが「30年後の未来」でした。
・社会的養護が特別なことではなく、一つの形として社会の中に受け入れられ、笑顔が溢れている。そんなあたたかい未来をつくりたい。
・1階に収益型「life café」とアトリエ、2階に「life café」。2階には、「自立サポートセンター with」の事務所や相談室、多目的ルームを設置。
★ブログを拝見させていただいていて、定期的にビジョンについて語り、未来を「見える化」していますので、読ませていただいて毎度わくわくしています。


Posted by 藤川 幸子 at 11:25 | 参考ブログ | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】「LOCAL GOODから見えてきた参加型まちづくり 」 〜地域発のイノベーションを誘発していくために〜(主催:LOCAL GOOD 共催:日本財団CANPANプロジェクト、アクセンチュア株式会社)2016年9月2日(金)午後・東京 [2016年08月09日(Tue)]

9月2日(金) 13:30から日本財団ビル(東京港区)で、全国のNPOや自治体、企業などで地域の社会課題解決に取り組む方や社会起業家の方を対象にしたフォーラム「LOCAL GOODから見えてきた参加型まちづくり〜地域発のイノベーションを誘発していくために〜」を開催します!

画像.png

世界でも類を見ない勢いで少子高齢化と人口減少が進む日本。特に都市部への人口流出などの課題を抱える地方では、急速に生産年齢人口が減少しつつあり、私たちの生活を支える地域の経済・社会基盤の持続性が危ぶまれています。こうした中においても、それぞれの地域では医療や介護、教育や子育てを充実させ、安定的な雇用や地震・津波などの自然災害への備えも確立しておく必要があります。

このような課題を解決するためには、従来の自治体やNPOだけではなく、自治会や町内会など私たちの身近なコミュニティ活動の主体、企業などの市場経済の主体が共創し、時間・知恵・お金を持ち寄り、これまでにないインパクトを生み出していくことが求められます。まさに課題解決の糸口は地域発のイノベーションを誘発・促進することにあるといえます。

では、こうしたイノベーションを創出するためにはどのようなアイデアや取り組みが必要なのでしょうか?

本フォーラムでは、市民参加型の課題解決プラットフォームとして横浜市、福岡市、北九州市で既に稼働し、成果を上げ始めている 「LOCAL GOOD」の活動実績をご紹介します。また、国内で活躍する自治体やNPO、社会起業家等の有識者より、これからのコミュニティ経済の在り方や、行政、企業、NPOなどが組織の壁を越えて社会的課題の解決を目指すアプローチであるコレクティブインパクトの国内外事例・考察結果などを紹介し、議論します。

日本財団CANPANプロジェクト、アクセンチュア株式会社の共催により実施する、皆様の地域の課題を解決していく上で、有益な情報・示唆、ネットワーキングの場を提供するイベントです。是非奮ってご参加ください。

「LOCAL GOODから見えてきた参加型まちづくり 」 
〜地域発のイノベーションを誘発していくために〜


日時:2016年9月2日(金) 13:30〜17:20 (13:00開場)
会場:日本財団ビル 2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
主催:LOCAL GOOD (NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ、NPO法人AIP、一般社団法人ソシオファンド北九州)
共催:日本財団CANPANプロジェクト、アクセンチュア株式会社
参加費:1,000円
定員:100名
対象となる方: 地域やコミュニティの再生・活性化、暮らしやすいまちづくりに取り組む自治体、企業、非営利団体(NPO法人等)の担当者、学術関係者、学生等

▽申込方法:
ご参加希望の方:下記アドレスに「9/2フォーラム参加希望」というタイトルでメールをお送りください。localgood@yokohamalab.jp 
または、以下Facebookページで「参加する」ボタンを押してください。
Facebook イベント告知ページ
https://www.facebook.com/events/1243870972313359/

【第1部】 13:30〜15:00
▽講演セッション(予定)
- 基調トーク@「地域課題へ立ち向かう仕組みづくりと地域の見える化〜国内外先進事例から分かること」
鈴木祐司様(公益財団法人さなぶり 事務局長)

- 基調トークA「ITを活用した価値創造型NPOへの進化」
山田泰久様(NPO法人 CANPANセンター代表理事)

▽セッション
「LOCAL GOOD」オープンセッション
パネラー(予定)
- 杉浦裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事 )
- 杉山隆志(NPO法人AIP 理事)
- 瀬川将之(一般社団法人ソシオファンド北九州 共同代表理事)

【第2部】 15:15〜16:15
▽ ディスカッション・分科会セッション
「コミュニティ経済の形成に向けて」
フォーラム参加者とゲスト(※調整中)らによるオープンディスカッション・分科会セッションを実施します。
モデレーター:原田 博一様(株式会社富士通研究所 クリエイティブ・メディエーター)

【第3部】 16:20〜17:00
▽記念講演
「コミュニティデザインの時代 〜自分たちで「まち」をつくる」(仮)
ランドスケープデザイナー/コミュニティデザイナー/
株式会社studio-L代表 山崎 亮

▽お知らせ・閉会挨拶

*会場内にLOCAL GOOD相談窓口も設置します。皆様の地域へのLOCAL GOODの導入にご関心をお持ちの方は、当日お気軽にご相談ください。


▽LOCAL GOODについて
税収減と社会コスト増加が避けられない時代を迎え、住みやすい地域を持続させるには、市民や企業など多様な主体が、それぞれできる範囲で時間・知恵・お金を持ち寄り、支え合うことが大切になってきます。「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、サービス、モノ、カネ、ヒト、情報の循環を作っていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。
LOCAL GOOD YOKOHAMA(横浜): http://yokohama.localgood.jp/ 
LOCAL GOOD FUKUOKA(福岡): http://fukuoka.localgood.jp/ 
LOCAL GOOD KITAQ(北九州): http://kitaq.localgood.jp/ 

▽お問い合わせ:
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(宮島) 
TEL: 045-664-9009
E-mail: localgood@yokohamalab.jp 
Posted by 藤川 幸子 at 10:08 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/8/1-5) [2016年08月08日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/8/1-5)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 10:10 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(0)
今週の助成金情報(2016年8月5日) [2016年08月05日(Fri)]

2016年8月3日から2016年8月5日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計7個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、復興支援・社会課題・環境・地域など他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。

各助成プログラムの概要は「続き」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 13:59 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2016/7/30-2016/8/4 [2016年08月05日(Fri)]

2016年7月30日から2016年8月4日までのCANPANブログの中から、NPOの組織マネジメントに参考になるような記事をご紹介いたします。

参考ブログ.jpg



ブログ「川北秀人on人・組織・地球」

大津で「連携・協働による地域づくり」研修でした [2016年08月03日(Wed)]
http://blog.canpan.info/dede/archive/1131
・熱心にお取り組みを進めてこられた自治会の方々!
・会長さんたちの健全かつ建設的な危機感から、検討や協議を進めていらっしゃいます。
・急がなければならないのが、行政の中長期的な方針と戦略、そして、しくみづくりを進める施策と人材育成。
★行政と自治体、連携をして仕組づくりに取り組むことが大切な段階。皆様の地域はいかがでしょうか。

ブログ「NPO会計・リクツとコツ〜目指せ、NPO会計キュレーター」
メルマガ配信しました 【税理士/NPO会計リクツとコツ中尾さゆり】 8-9月のNPO会計相談会・セミナーのご案内[2016年08月01日(Mon)]
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2584
・1月に1回を目標に、関わっているNPO関連の講座等のご案内をしております。
・メールでの受信ご希望の方は、記事内のアドレスへ空メールをお送りください。
・今年度は、「NPO会計を学ぶ場(講座・個別相談)」だけでなく、NPO会計に関わる「仲間づくり」にチカラを入れています。
★ぜひ、ご登録ください!併せてCANPANメルマガもチェックです!


ブログ「林田全弘」

プロボノをはじめたきっかけ [2016年08月01日(Mon)]
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/187
・2006年にはいくつかのプロボノをやらせていただいた
・「ああ、僕もいつか、これができます!と言えるような人間になりたい」
・「プロボノ」って何?入門セミナー
★プロボノ経験でのスタート地点。そこからの上を目指すきっかけになったのですね。ぜひ、記事をご一読ください!

ブログ「NPO法人おかえりブログ」

今日は「金魚すくい大会」! [2016年08月04日(Thu)]
http://blog.canpan.info/okaeri/archive/1672
・今日も宇陀市の児童養護施設へ訪問させていただきます
・今日はそちらで、「金魚すくい大会」が開催されます
・こうして行事に参加できること、子どもたちに会いに行けることをとてもうれしく思います。
★季節感を大切にすることで、子ともたちも新しい楽しい体験ができて一生の思い出になりますね。
Posted by 藤川 幸子 at 13:47 | 参考ブログ | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】寄付月間!みんなで企画会議〜カンパイチャリティから学ぶ、楽しい寄付のしくみづくり〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年9月5日(月)午後・東京 [2016年08月03日(Wed)]

12月に実施される「寄付月間」に向けて、CANPANでも寄付に関するディスカッションイベントをこれから12月まで定期的に開催していきます。

ブログ用画像.png

昨年12月、日本で初めて開催された「寄付月間〜Giving Dcember〜」。
NPO、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるために、12月1日から31日の間、協働で行う全国的なキャンペーンとしてスタートしました。

今年も、この寄付月間の開催が決定しました。
ただ今、リードパートナーや賛同パートナー、公式認定企画の募集を行っています。
http://giving12.jp/


この寄付月間、とても多くの方に興味関心を持っていただいています。その中で、寄付月間についてどのように関わればいいのか、何をすればいいのかわからないなどのお話しをお聞きすることも、ちらほら。
そこで、寄付月間の推進委員の一員として名を連ねているCANPANとして、寄付月間にどんなことをすればいいのか、どんなことができるのかを、参加者のみなさんでディスカッションしながら、それぞれが企画を考える参加型イベントを企画しました。

今回は、ディスカッションに先立ち、話題提供として、寄付月間2015公式認定企画大賞を受賞した「カンパイチャリティキャンペーン」を実施した公益財団法人あいちコミュニティ財団代表の木村真樹さんをゲストにお迎えして、カンパイチャリティキャンペーンをご紹介いただきます。
その他に、寄付月間そのもの紹介や、最近の寄付キャンペーンに関する事例紹介なども行います。

これらの話題提供を参考にしつつ、寄付月間でこんなことが出来るのでは?こんなことを実施したい!ということを、みんなで一緒に考える、全員参加型の企画会議として開催します。

寄付月間や寄付に興味関心がある方に、ぜひご参加いただきたいイベントです。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
寄付月間!みんなで企画会議
〜カンパイチャリティから学ぶ、楽しい寄付のしくみづくり〜


日時:2016年9月5日(月)15:00〜18:00(開場14:45)
場所:日本財団ビル2階会議室3.4
対象:寄付や寄付月間に興味がある、NPO、行政、企業、大学関係者ならどなたでも
参加費:1000円(事前決済・キャンセル不可)
定員:40名
主催:日本財団CANPANプロジェクト
協力:(公財)あいちコミュニティ財団

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20160905.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<内容>
15:00 オープニング

15:15 ミニ講演の時間
「カンパイチャリティから学ぶ」
講演者 木村真樹さん(公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事)

15:45 紹介の時間
(1)寄付月間について 寄付月間推進委員会共同事務局
(2)「○○×寄付」」の事例 CANPANセンター

16:15 休憩

16:30 ディスカッションの時間
「みんなで企画会議」
・寄付月間でやりたいこと、やってみたいことのアイデア出し
・そのアイデアをもとにグループでディスカッション

★寄付や寄付月間について、一人で考えるのは大変。でも、組織の中で寄付に興味関心のある人はまだまだすくない。
そんな声にお応えするために、企画したディスカッションタイムです。自分が考えた企画やアイデアの反応を聞いたり、意見を聞いたりして、まずはこの場でブラシュアップ。ここでの企画をもとに、組織に持ち帰って周囲の人を説得させましょう。


17:45 クロージング

18:00 終了

<プロフィール>
木村真樹(きむら・まさき)さん
公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事
コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事

木村さん.jpg

1977年愛知県名古屋市生まれ。静岡大学卒業後、中京銀行勤務を経て、A SEEDJAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフなどを歴任。2005年にコミュニティ・ユース・バンクmomoを設立し、若者たちによる"お金の地産地消"の推進や、市民公益活動への伴走支援を行っている。13年にはあいちコミュニティ財団を設立し、14年に公益財団法人として愛知県から認定。中京大学大学院客員教員、東海若手起業塾実行委員会理事/事務局長、全国NPOバンク連絡会副理事長、全国コミュニティ財団協会副会長、日本NPOセンター評議員、日本ファンドレイジング協会理事/認定講師/認定ファンドレイザーなども務める。15年に第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」国内部門賞、16年に寄付月間2015公式認定企画大賞を受賞。

<カンパイチャリティとは?>
キャンペーン期間内に参加店舗で「生ビール」を注文すると、1リットルにつき1円が「あいち・なごや子どもとつくる基金」へのチャリティ(寄付)になるシステムです。本キャンペーンは、飲食店に生ビールをお届けしている株式会社マルト水谷の協賛を得て、あいちコミュニティ財団がママのボランティアスタッフ「ママボノ」と一緒に企画運営しています。http://kanpai.aichi-community.jp/

====================================
【同日夜開催】
さらにさらに!こちらのセミナーもぜひチェックしてください。
あいちコミュニティ財団が作成した「これからの5年」どんな問題の解決に挑むのかを描いた設計図「セオリー・オブ・チェンジ2020」をインプットできる機会です。

「ワガコト」サロン【第5回】あいちコミュニティ財団流
「セオリー・オブ・チェンジ」のつくり方
主催:公益財団法人あいちコミュニティ財団
共催:日本財団CANPANプロジェクト
2016年9月5日(月) 19:00〜21:00
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/643

====================================

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20160905.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は9月5日(月)10時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、9月4日(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 14:22 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】NPO・地域づくりのための社会調査入門講座+トヨタ財団国内助成プログラム公募説明会(トヨタ財団×日本財団CANPANセミナー)2016年9月1日(木)夜・東京 [2016年08月03日(Wed)]

トヨタ財団国内助成プログラムでは、今年度から地域課題の発掘や事前調査、企画立案を目的とした「しらべる助成」というプログラムが新規に設定されました。全国規模の助成プログラムのデータベースを運営しているCANPANから見ても、この助成プログラムは今までにない、画期的なプログラムです。

ブログ用.png

そこで、9月1日の公募開始に合わせて、トヨタ財団国内助成プログラムの公募説明会と、「しらべる助成」に必要不可欠な、NPO・地域づくりのための社会調査に関する入門講座をトヨタ財団、日本財団CANPANプロジェクト共催で開催することになりました。

社会調査入門講座は、これから調査をしたいNPOや地域づくりに関わっている方向けの実践的内容になっております。具体的には、聞き取り調査・文献資料・サーベイ調査といった社会調査の手法の概要とその結果得られるデータから何がわかるか、どんなときにどの方法を使うのが適当かといったことが学べます。

講師の玉野和志先生は、これまで町内会・自治会や NPO・ボランティアといった、地域生活や市民活動の社会学的な調査・研究に従事してこられました。長年にわたる地域社会に関する社会学的な調査のご経験から、「社会調査」という技法が実際に地域で活動する様々な人々にとっても有用な技術であると確信するようになったそうです。 しかも、そのような「社会調査」によってえられる社会学的なデータは、市民活動を進めるうえでは不可欠なものというお考えから、今回のNPO向け講座にご登壇いただけることになりました。

トヨタ財団国内助成プログラム(特に「しらべる助成」)に応募を検討しているNPOや地域活動団体等や、 ニーズ調査や事業評価に関心があり、社会調査手法について学びたい方に、ぜひご参加いただきたいセミナーです。


トヨタ財団×日本財団CANPANセミナー
NPO・地域づくりのための社会調査入門講座
+トヨタ財団国内助成プログラム公募説明会


日時:2016年9月1日(木)19:00〜21:10(開場18:45)
場所:日本財団ビル2階大会議室
対象:トヨタ財団国内助成プログラム(特に「しらべる助成」)に応募を検討しているNPOや地域活動団体等
   ニーズ調査や事業評価に関心があり、社会調査手法について学びたい方
定員:80名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20160901.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<実施内容>
19:00 オープニング
・趣旨説明
・少人数での自己紹介タイム

19:10 社会調査入門講座
講師:玉野和志先生(首都大学東京人文科学研究科社会学分野教授)
※講座の内容は玉野先生の著書でもご覧いただくことができます。
 『実践社会調査入門―今すぐ調査を始めたい人へ』世界思想社(2008)
 https://www.amazon.co.jp/dp/4790713210
 当日は書籍の販売もあります。

20:40 トヨタ財団国内助成プログラム公募説明

20:55 調査結果を活用した情報発信(CANPAN)

21:00 クロージング
気づきの共有シート記入
 ・講座で参考になった点や印象に残った点
 ・こんな調査をしてみたい

21:10 終了

<講師プロフィール>
玉野和志(たまの かずし)さん
1960年石川県金沢市生まれ。東京都立大学人文学部社会学専攻を卒業、東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。東京都老人総合研究所研究助手、流通経済大学社会学部助教授を経て、首都大学東京人文科学研究科社会学分野教授。社会学博士。専門は地域社会学・都市社会学。著書に『東京のローカル・コミュニティ』東京大学出版会(2005)、『近代日本の都市化と町内会の成立』行人社(1993)、『創価学会の研究』講談社現代新書(2008)、編著に『東京大都市圏の空間形成とコミュニティ』古今書院書(2009)、『実践社会調査入門――今すぐ調査を始めたい人へ』世界思想社(2008)。詳しくは個人ホームページを参照のこと。
http://members3.jcom.home.ne.jp/tamanokazu/


<トヨタ財団国内助成プログラム>
一般枠(しらべる助成・そだてる助成)
テーマ「 未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて」
トヨタ財団の国内助成プログラムでは、若い世代とともに地域課題解決に向けて多様な主体が参加する仕事づくりや、事業の担い手となる人材を育てるプロジェクトに対して助成を行う「そだてる助成」を公募いたします。そうした仕事やその担い手が地域で育つことにより、それぞれの地域に適した持続可能で人々が幸せを実感できるコミュニティが築かれることを期待しています。
また、本年度は上述の「そだてる助成」に加え、地域課題の発掘や事業の実施に向けた調査および事業戦略の立案に対して助成を行う「しらべる助成」の枠組みを新設します。
応募受付期間:2016年9月1日(木)〜9月30日(金)15:00
助成総額:1億円(しらべる助成・そだてる助成合計)
https://www.toyotafound.or.jp/program/community.html

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20160901.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は9月1日(月)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、8月31日(水)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 11:01 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)