CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年11月 | Main | 2016年01月»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催案内】【緊急開催】「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」を読む(第1・2回) [2015年12月17日(Thu)]

2008年に世界の経済・市場・社会に大きな影響を与えたリーマン・ショック。昨今の経緯を冷静に見つめると、それを上回る影響を及ぼす事態が起きるのも、不可避であると考えざるを得ません。

その事態にどう備えるのか。
備えの第一歩は、これまでの経緯と、今後の見通しを、可能な限り包括的かつ正確に捉えることから始まると考えます。

そんな中、政府の税制調査会が「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」と題した、重要かつ興味深い報告書を発表されました。
http://www.cao.go.jp/zei-cho/shimon/seiri271113.html

画像.jpg

その「第2部」である「我が国経済社会の『実像』について」を読む会を、2回連続で開催いたします。年末・年始の、特にお忙しい時期かと思いますが、年末・年始だからこそ、将来を見通し、展望を深める機会として、ご活用いただきたく、ご参加をお待ちいたします。

【緊急開催】「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」を読む(第1・2回)

主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト

日時:第1回 12月26日(土)14時から17時まで
   (全編を概観し深めるべき論点を明らかにします)
   第2回 1月6日(水)18時30分から21時まで
   (全編を再確認し、重要な論点を掘り下げます)
   ※2回連続でのご参加を強くお勧めします。
   ※お手数ですが、第1回・第2回、それぞれで
    お申し込みをお願いいたします。
会場:日本財団ビル 2階(第1会議室)
   http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

お申し込み:定員50名
   ※お申し込みの先着順とさせていただきます。
   ※このfacebookのイベントページの「参加する」
    ボタンとともに、下記アドレス宛てに
    表題:「読む会」申し込み
    本文に、「お名前」「ご所属」
    「当日連絡可能なお電話番号」
    「ご参加される回数」
    (第1回のみ、第2回のみ、第1回・第2回連続)
    をご記入のうえ、ご連絡をお願いいたします。
    連絡先:office.iihoe@gmail.com

Facebook:
  第1回 https://www.facebook.com/events/1072513526127331/
  第2回 https://www.facebook.com/events/963899263702475/

参加費:1,000円(第1回・第2回 各回ごと)
   ※当日、会場にて申し受けます。
   ※会場内にて、貧困・格差解消などに取り組む
    団体へのご寄附もお願いいたします。
    ぜひよろしくご協力ください。

【お願い】
(1)当日、配布資料はございませんが、「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」の第2部(計9件)を随時引用いたします。
恐れ入りますが、下記からダウンロードされ、印刷など各自でご準備いただけますよう、お願いいたします。
http://www.cao.go.jp/zei-cho/shimon/seiri271113.html

(2)当日の設営や撤収をお手伝いくださるボランティアも、募集しています(12月26日は13時集合・17時30分解散、1月6日は17時30分集合・21時20分解散。お礼は何もご用意できません。どうかご容赦ください。)。
ご協力いただける場合、上記の電子メールをお送りいただく際に、「ボランティア可能」とお書きくださるよう、お願いいたします。
Posted by 藤川 幸子 at 10:29 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】キフツール研究所PARTY[12/26午後]参加者&研究員 大募集!! [2015年12月16日(Wed)]

12月26日(土)午後にキフツール研究所のPARTYを開催します!

寄付について、あらためて研究しましょう。
寄付をテーマに、ディスカッションしましょう。

キフツール研究所PARTY
(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)


日 時:2015年12月26日(土)14:00〜17:00(開場13:30)
場 所:日本財団ビル1階ホール
主 催:キフツール研究所、日本財団CANPANプロジェクト

対 象:寄付に興味関心がある方ならどなたでも
定 員:50名
参加費:無料

design (91).png


◎キフツール研究所とは?
 12月の寄付月間に突如出現した謎の研究所です。
 寄付の機会やツールについて、日夜研究しています。

■ミッション
 あらゆるものを寄付のチャンスに

■ビジョン
 すべてのことを寄付ツールとして捉える

■アクティビティ
 ・寄付の機会やツールに関する研究
 ・寄付に関する情報収集や発信

■研究員のためのクレド
 ・偉大な人々は目標を持ち、
  そうでない人々は願望を持つ。
 ・準備を怠るものには、
  チャンスは決して訪れない。
 ・目標を達成できた秘訣を教えよう。
  それは、絶対にあきらめないことだ。


<PARTYのスケジュール>

14:00 オープニング

14:15 プレゼンテーションタイム
    1.これまでの研究成果の発表
    (1)人生において、人はどれだけ寄付をするのか
    (2)2015年寄付系統樹〜機会、方法、動機、種類〜
    (3)初めての寄付:キフルーツマップ
    発表者:日本財団CANPANプロジェクト

    2.研究員による自由研究発表
     一人5〜10分(発表者募集中!)

16:00 ワークショップタイム
    参加者同士で寄付をテーマにディスカッション

16:50 クロージング

17:00 終了

★17時30分から会場近くのお店で懇親会を開催します。


<研究員の募集>

寄付に関する自由研究をしたい!という方を大募集しています。
内容は寄付に関することであれば、どんなことでも構いません。
寄付について何か考えてみたい方は、問合せ先までご一報ください。


<研究員の発表>

氏名:くも子
所属:共創研究所くも
プロフィール:
マーケター。過去の経歴は、環境条約への政策提言、インターネット選挙解禁キャンペーン参加、クラウドファンディングにて計90万円調達、日本のポップカルチャーの海外輸出、某検索エンジンのビッグデータ分析など。

【研究テーマ】NPOへの寄付とそのインパクトについて
今年の12月の寄付月間にてNPOへの寄付が日本で盛り上がっていますが、寄付金はあくまで資源であって、どのような成果・効果を生み出すかが重要になります。どんなにNPOに寄付を行っても費用対効果の悪い事業を行っていては寄付があまり意味がなく、逆に寄付金が少なくても良い事業を行っていればさらに寄付金を募るべきです。そういった背景から今回ためしに有名なNPOの寄付金とその成果を調査し発表したいと思います。


氏名:山田泰久(やまだやすひさ)
所属:日本財団CANPANプロジェクト
プロフィール:
NPO法人CANPANセンター代表理事。
NPOのIT活用、助成金、セミナー、寄付などをテーマに日夜研究中。

【研究テーマ】寄付物語
寄付にまつわる様々な物語を収集し、類型化して、寄付の物語を体系化する。人はなぜ寄付をするのか、物語から読み解く。文学部的なアプローチからの寄付分析。


氏名:岡部和義(おかべかずよし)
所属:日本政策学校
プロフィール:
日本政策学校という政治スクールに通う28歳です。
現在、新しい寄付サイトの立ち上げを目指しております。
具体的には、キュレーションニュースメディア型の寄付サイトを作りたいと考えております。社会問題やNPOに関するニュース記事をキュレーションし、その記事に関連するNPOの一覧を情報提供しニュースから寄付への導線を作るサービスを目指しております。
ニュースの提示する社会問題に対して「なにかしたい」という想いを抱えている方に、その改善に取り組む組織の情報を提供し、寄付文化がこの社会に根付く一助が出来ればと思っております。
見本サイト(http://givenews.hp2.jp

【研究テーマ】既存の寄付サイトの比較と新たな寄付サイトの可能性
既存の寄付サイト(ギブワンさん、レディフォーさん、グッドゥさんなど)を調査し、収益源、手軽さ、PV数、などの情報で比較した結果をプレゼンさせていただきます。
その上で、私が立ち上げを目指す寄付サイトについても紹介させて頂き、寄付サイト業界全体の現状について自分なりにプレゼンをさせて頂く予定です。


氏名:柚木理雄(ゆのきみちお)
所属:NPO法人芸術家の村理事長/SOIF共同代表/CollaVol共同代表
プロフィール:
「あったらいいなを想像して創造する」芸術家の村理事長。
社会起業家・NPOの支援として、ソーシャルボランティアプラットフォーム「CollaVol」、シェアオフィス・スペース「ソーシャルビジネスラボ」、日本の寄付文化を変える本気の大人の遊び「SOIF」等のサービスを運営。
また、空き家の再生プロジェクト「空村」など、空き家の再生を中心に地域を振興するプロジェクトを東京、愛知、静岡等で実施。

【研究テーマ】日本の寄付文化を変える本気の大人の遊び「SOIF」
SOIF(The Social Investing farm)は「寄付が変われば社会が変わる。
自分と未来を変える新しい寄付のかたち」というビジョンのもと、毎月1万円を寄付するメンバーが10人集まったところから始まりました。
毎月、教育、福祉など社会テーマを決め、そのテーマについて活動している団体にご登壇をいただき、社会問題に直接触れ、社会問題を自分事に近づけ、寄付を行うイベントを行っています。



<参加申し込み>

https://docs.google.com/forms/d/1xz5BQqF0PFikaZEoRpZvSmLRFLgMG6Y_eX9Z4-YhFgM/viewform?usp=send_form

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト
山田泰久(やまだやすひさ)
E-mail:ya_yamada@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催報告】寄付月間公式認定企画*寄付物語2015「寄付する気持ち」 〜みんなで寄付について語ろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年12月15日(火)東京・夜 [2015年12月16日(Wed)]

今年から始まった寄付月間を記念して、寄付について語るイベントを開催しました。

寄付物語.png

ここ数年、様々な寄付の仕方が生まれてきています。そんな中で、最近の寄付の方法を紹介、そして高校生から50代の方まで幅広くご参加いただき、寄付にまつわるきっかけや経験を語り合う貴重な場”キフカッション”を行いました。そちらのご意見はぜひ、後に出てくる気づきの共有シートをご覧ください。

*・*◎自分のことを語るように、寄付の経験について語る、「寄付物語」が開幕です◎*・*

design1215.png

---------------------------------------------
寄付月間公式認定企画
日本財団CANPAN・NPOフォーラム
寄付物語2015「寄付する気持ち」
〜みんなで寄付について語ろう〜
---------------------------------------------


日 時:2015年12月15日(火) 19:00〜21:30(開場18:30)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対象者:寄付に興味がある方ならどなたでも
    ※寄付を集める側ではなく、寄付をする人側を想定した内容です
参加者:47名
主 催:日本財団、日本財団CANPANプロジェクト

<内容>
1.オープニング

2.ミニ講演(20分)
  「寄付の方法〜日本財団編〜」日本財団ファンドレイジングチーム 長谷川 隆治氏
  ・夢の貯金箱:1本につき10円が社会貢献に活用されます。 http://yumecho.com/
 
  ・TOOTH FAIRY:歯科治療や入れ歯に使う金属をリサイクルをして子どもたちを支援する大切な資金となります。http://tooth-fairy.jp/
  
  ・パラリンアート:障害者アーティストの描く個性豊かな絵画を飾って、芸術を楽しむだけでなく、障害者のための社会貢献活動に参加できるプロジェクトです。http://yumecho.com/about/other/art/

長谷川さん.png

3.プレゼンタイム(40分)
 身近にできる寄付の方法を紹介
寄付物語講師の皆様.png

*チャリボン/バリューブックス 
 http://www.plas-aids.org/support/charibon
”読み終えた本をNPO、大学に寄付してください。5冊以上なら送料無料で引き取りに伺います。”
株式会社バリューブックスは古本の買取販売業務を行う本業システムを活かし、寄付者が本を提供することで希望する団体に現金寄付を行える独自の事業「チャリボン」を展開しております。協力団体の活動により社会全体の環境が改善されることで「日本および世界の人々が自由に本を読み、学び、楽しむ環境を整える」というミッションの達成を目指します。

*gooddo 
http://gooddo.jp/
gooddoは自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に無料で支援することができるソーシャルグッド・プラットフォーム。現在600団体以上の社会貢献団体が登録。

*ジャパンギビング 
http://japangiving.jp/
ジャパンギビングは、「寄付文化の醸成」をミッションとした、インターネットを活用してNPO法人、公益法人、自治体、大学などの非営利団体と寄付者をつなぐ日本最大級の寄付サイトです。これまでにノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥京都大教授や、最高齢でエベレスト登頂を達成した三浦雄一郎氏などのプロジェクトに対して、14万人から14億円の寄付が寄せられています。登録団体数は1700を超え、ジャパンギビングを通じて、様々な社会課題に挑む非営利団体や、地域活性化に取り組む自治体への支援ができます。
※2015年1月21日、ジャストギビングジャパンからジャパンギビングへ改称しました。

*Yahoo!ネット募金 
http://donation.yahoo.co.jp/
ヤフーでは、大きく2つのサービスで寄付文化の推進を応援しています。
1つは、「Yahoo!ネット募金」です。NPO団体などの方々向けのプラットフォーム・メディア面を提供し、ユーザーの皆様からの寄付金を頂戴しています。Tポイントを使って簡単に寄付できたり、災害発生時にすぐに寄付を受け付けることができるよう関連団体と連携をとっていることもあり、これまでに累計で約23億円の寄付をいただいています。

もう1つは「ヤフオク!」内でのチャリティーオークションです。著名人の方の私物等をオークションへ出品していただき、それらの落札額がNPO等の寄付金となるものです。映画への出演権、のような「権利」のご出品をいただくこともあります。落札者の方が落札金額に上乗せをしてお支払いをしていただくことがあるなど、チャリティ、という通常のオークションとは異なる価値・体験を感じていただけていると考えています。

*あい基金  

http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_09/
「どこに寄付をしたらいいんだろう?」ご自身のお金を社会に役立てたい時、寄付をする先がわからない、という ことはありませんか。そんな時は、いくつもの基金を備えて様々な社会課題に対して助成を行なっている公益財団法人パブリックリソー ス財団のウェブサイトを覗いてみてください。基金は、大きな貯金箱です。設定されたテーマごとに皆様のご寄付を集め、たまったご寄付をNPO団 体や社会起業家に助成金をお届けする仕組みです。パブリックリソース財団では、環境、子ども、芸術、地域振興、健康のテーマ基金に加え、このたび女性のための 基金「あい基金」を創設しました。関心のある社会課題に皆様のご寄付を集めることで、支援の輪を広げていくことができます。

*お宝エイド 
http://m-yamate.otakaraya.net/eido/
『お宝エイド』はご自宅に眠っている「お宝」で、ご希望のNPOに寄付できるプログラムです。
書き損じハガキや切手、コインから使わなくなったブランドバッグや携帯電話、机に眠っている商品券やテレホンカード、壊れた貴金属や片方しかなくなったピアスなど。あなたの「もったいない」「捨てられない」「誰かに使って欲しい」という気持ちを寄付としてご提供ください。お宝エイドは、2015年アメリカ「スティービー国際賞」非営利部門として日本で初めて金賞受賞しました。

*かざして募金 
http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/
「かざして募金」はソフトバンクが提供するSoftBankの携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができるサービスです。参加団体のウェブサイトやSNSなどから専用の募金画面にアクセスすることで最短2タップで寄付することが出来ます。2014年3月開始からの寄付総額はこれまでに1億円を超え、寄付ができる団体は現在270団体を超えています。100円から支援できますのでぜひ一度寄付体験してみてください。


*リアル寄付体験プロジェクト「SOIF」
https://www.facebook.com/soiforg
SOIFは、毎月、社会課題のテーマを決めて、そのテーマに沿って活動されているNPO団体に登壇いただき、「リアルでの議論を通じて理解、納得した上でリアルの場で寄付体験をする」という社会課題に対して少しでも当事者性意識を高めるイベントを2014年5月より、任意団体として開催。
この活動における効果は大きく2つだと感じます。
1)社会課題との距離が参加者の中で近づき、当事者意識が芽生える
2)寄付が活動団体のパワーになる
このように、より多くの人たちに当事者意識が芽生え、
それぞれが関心をもてる社会課題がひとつでも多く増えていくことが人として豊かになることであり、必要な取り組みだと考えます。

*CANPAN決済サービス 
https://kessai.canpan.info
全国各地、様々な分野の100以上の公益活動団体が利用しているインターネットで寄付・会費集めができるオンライン・サービスです。このサービスを利用すれば、団体のWebサイトからクレジットカード決済やコンビニ決済で寄付や会費集めを行うことができます。単発の寄付・会費を徴収するための都度寄付と、毎月・毎年決まった金額を寄付・会費として徴収するための継続寄付をご利用いただけます。
 

4.休憩タイム
 寄付付き商品のお菓子を食べながらみんなで交流タイム

寄付付き商品.png

 ◯*。寄付付き商品お菓子のご紹介。*◯
今回のセミナーでご紹介させていただいた寄付付き商品です。

商 品:いきなり団子
販売店:株式会社肥後屋
寄付先:TABLEFORTWO(売上の一部が、開発途上国の子どもの学校給食になります)
参 考:http://jp.tablefor2.org/getinvolved/individual.html#anchor-purchase

商 品:@Happy Gift GS10ハートクランチ
    AHappy Gift GS10リーフパイ
販売店:株式会社ヤラカス舘
寄付先:NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン
参 考:http://sooooos.com/products/detail/4905
    http://sooooos.com/products/detail/4946

商 品:森永製菓株式会社「ダース」
販売店:スーパーやコンビニ(今回は、イオンで購入)
寄付先:NPO法人ACE・公益財団法人プラン・ジャパン
参 考:http://www.morinaga.co.jp/1choco-1smile/

商 品:カルビー株式会社「じゃがビー」 
販売店:スーパーやコンビニ(今回は、イオンで購入)
寄付先:子供地球基金(病気や戦争、災害などで心に傷を負った世界中の子どもたちへ画材や絵本、医療品の寄付に役立てられます。)
参 考:http://buycott.me/report/000056.html

商 品:株式会社ロッテ 「ガーナリップル」
販売店:スーパーやコンビニ(今回は、イオンで購入)
寄付先:国連WFP(商品の売上の一部が学校給食支援に役立てられます)
参 考:http://www.jawfp.org/redcup/

商 品:株式会社湖池屋 「ポテトチップス のり塩 たべきりサイズ5個パック」
販売店:スーパーやコンビニ(今回は、イオンで購入)
寄付先:国連WFP(商品の売上の一部が学校給食支援に役立てられます)
参 考:http://www.jawfp.org/redcup/

商 品:ハウス食品株式会社 「とんがりコーン」シリーズ
販売店:スーパーやコンビニ(今回は、イオンで購入)
寄付先:国連WFP(商品の売上の一部が学校給食支援に役立てられます)
参 考:http://www.jawfp.org/redcup/

東京学生大学付属国際中等教育学校ボランティア部の学生さんにもお越しいただき、復興支援で女川を応援しており、寄付付き商品の販売を行いました。高校生のみなさん、ありがとうございました!
女川.png

5.トークタイム
 【セッション1】
 ・寄付をしてよかったこ、うれしかったこと



【セッション2】
 ・寄付のはじめて物語
 ・欲しい未来へ、寄付を贈ろう



6.クロージング

寄付月間共同事務局長/NPO法人 日本ファンドレイジング協会 代表理事 鵜尾 雅隆さんにお越しいただき、寄付月間のこと、そして「寄付について語るというキフカッションは歴史上初なのでは、こうした場を大切にしていきたい」とお話をいただきました。 
鵜尾さん.png

プレゼンテーションで発表いただいた皆様、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
Posted by 藤川 幸子 at 12:14 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/12/7-11) [2015年12月14日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/12/7-11)

中小企業庁のサイトに、資金調達の参考になる資料が掲載されています。
これからは金融機関の融資も一つの方法としてぜひご覧ください。
−−−−
地域の課題をビジネスの手法で解決する「地域課題解決ビジネス」に取り組む事業者のための事業計画書作成の手引きと、その事業者の支援に取り組む金融機関のための事業評価の手引きを策定しました
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/2015/151211chiikitebiki.htm


各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。

続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 10:07 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】寄付月間公式認定企画*寄付物語2015「寄付する気持ち」 〜みんなで寄付について語ろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年12月15日(火)東京・夜 [2015年12月11日(Fri)]

今年から始まった寄付月間を記念して、寄付について語るイベントを開催します。

design1215.png

ここ数年、様々な寄付の仕方が生まれてきています。
寄付が少しだけ身近になった気がします!

一方で、寄付の方法をもう少し詳しく知りたいなとか、
他の人と寄付についてちょっと話してみたいなとか、
そんなことを思ったことがありませんか?

そこで、最近の寄付の方法を紹介しつつ、参加者のみなさんで、寄付について、
ゆるやかに語り合う場を企画しました。

自分のことを語るように、寄付の経験について語る、「寄付物語」が始まります!

★★★12月1日追記★★★
より多くの学生さんにご参加いただけるように、急遽学生無料枠を設定しました。
ぜひ学生のみなさんもご参加ください。



---------------------------------------------
寄付月間公式認定企画
日本財団CANPAN・NPOフォーラム
寄付物語2015「寄付する気持ち」
〜みんなで寄付について語ろう〜
---------------------------------------------


日 時:2015年12月15日(火) 19:00〜21:30(開場18:30)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対象者:寄付に興味がある方ならどなたでも
    ※寄付を集める側ではなく、寄付をする人側を想定した内容です
定 員:80名
参加費:[一般]1,000円(お菓子と飲み物付き)
    [学生]無料
    ※お菓子は寄付付き商品を取りそろえる予定です
主 催:日本財団、日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申し込みについて★★★
http://canpan20151215.peatix.com/
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


<内容>
1.オープニング

2.ミニ講演(20分)
  「寄付の方法〜日本財団編〜」
  日本財団ファンドレイジングチーム(予定)
  http://yumecho.com/

3.プレゼンタイム(40分)
 身近にできる寄付の方法を紹介
 ・チャリボン/バリューブックス http://www.plas-aids.org/support/charibon
 ・gooddo http://gooddo.jp/
 ・ジャパンギビング http://japangiving.jp/
 ・あい基金他/パブリックリソース財団 http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_09/
 ・お宝エイド/おたからや目黒山手通り店 http://m-yamate.otakaraya.net/eido/
 ・Yahoo!ネット募金 http://donation.yahoo.co.jp/
  ・かざして募金 http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/
 ・SOIF 日本の寄付文化に風穴をあける大人の遊び
  https://www.facebook.com/soiforg
 ・CANPAN決済サービス https://kessai.canpan.info
 
 ※その他交渉中。決まり次第ご案内します。

4.休憩タイム
 寄付付き商品のお菓子を食べながらみんなで交流タイム

5.トークタイム
 少人数のグループになって語りあう時間です。
 こちらは当日のトークテーマ(予定)です。
 ・寄付をしてよかったこ、うれしかったこと
 ・寄付のはじめて物語
 ・欲しい未来へ、寄付を贈ろう

6.クロージング


【サービス紹介】

*チャリボン/バリューブックス http://www.plas-aids.org/support/charibon
”読み終えた本をNPO、大学に寄付してください。5冊以上なら送料無料で引き取りに伺います。”
株式会社バリューブックスは古本の買取販売業務を行う本業システムを活かし、寄付者が本を提供することで希望する団体に現金寄付を行える独自の事業「チャリボン」を展開しております。協力団体の活動により社会全体の環境が改善されることで「日本および世界の人々が自由に本を読み、学び、楽しむ環境を整える」というミッションの達成を目指します。

*gooddo http://gooddo.jp/
gooddoは自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に無料で支援することができるソーシャルグッド・プラットフォーム。現在600団体以上の社会貢献団体が登録。

*ジャパンギビング http://japangiving.jp/
ジャパンギビングは、「寄付文化の醸成」をミッションとした、インターネットを活用してNPO法人、公益法人、自治体、大学などの非営利団体と寄付者をつなぐ日本最大級の寄付サイトです。これまでにノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥京都大教授や、最高齢でエベレスト登頂を達成した三浦雄一郎氏などのプロジェクトに対して、14万人から14億円の寄付が寄せられています。登録団体数は1700を超え、ジャパンギビングを通じて、様々な社会課題に挑む非営利団体や、地域活性化に取り組む自治体への支援ができます。
※2015年1月21日、ジャストギビングジャパンからジャパンギビングへ改称しました。

*Yahoo!ネット募金 http://donation.yahoo.co.jp/
ヤフーでは、大きく2つのサービスで寄付文化の推進を応援しています。
1つは、「Yahoo!ネット募金」です。NPO団体などの方々向けのプラットフォーム・メディア面を提供し、ユーザーの皆様からの寄付金を頂戴しています。Tポイントを使って簡単に寄付できたり、災害発生時にすぐに寄付を受け付けることができるよう関連団体と連携をとっていることもあり、これまでに累計で約23億円の寄付をいただいています。

もう1つは「ヤフオク!」内でのチャリティーオークションです。著名人の方の私物等をオークションへ出品していただき、それらの落札額がNPO等の寄付金となるものです。映画への出演権、のような「権利」のご出品をいただくこともあります。落札者の方が落札金額に上乗せをしてお支払いをしていただくことがあるなど、チャリティ、という通常のオークションとは異なる価値・体験を感じていただけていると考えています。

*あい基金  http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_09/
「どこに寄付をしたらいいんだろう?」ご自身のお金を社会に役立てたい時、寄付をする先がわからない、という ことはありませんか。そんな時は、いくつもの基金を備えて様々な社会課題に対して助成を行なっている公益財団法人パブリックリソー ス財団のウェブサイトを覗いてみてください。基金は、大きな貯金箱です。設定されたテーマごとに皆様のご寄付を集め、たまったご寄付をNPO団 体や社会起業家に助成金をお届けする仕組みです。パブリックリソース財団では、環境、子ども、芸術、地域振興、健康のテーマ基金に加え、このたび女性のための 基金「あい基金」を創設しました。関心のある社会課題に皆様のご寄付を集めることで、支援の輪を広げていくことができます。

*お宝エイド http://m-yamate.otakaraya.net/eido/
『お宝エイド』はご自宅に眠っている「お宝」で、ご希望のNPOに寄付できるプログラムです。
書き損じハガキや切手、コインから使わなくなったブランドバッグや携帯電話、机に眠っている商品券やテレホンカード、壊れた貴金属や片方しかなくなったピアスなど。あなたの「もったいない」「捨てられない」「誰かに使って欲しい」という気持ちを寄付としてご提供ください。お宝エイドは、2015年アメリカ「スティービー国際賞」非営利部門として日本で初めて金賞受賞しました。

*かざして募金 http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/
「かざして募金」はソフトバンクが提供するSoftBankの携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができるサービスです。参加団体のウェブサイトやSNSなどから専用の募金画面にアクセスすることで最短2タップで寄付することが出来ます。2014年3月開始からの寄付総額はこれまでに1億円を超え、寄付ができる団体は現在270団体を超えています。100円から支援できますのでぜひ一度寄付体験してみてください。


*リアル寄付体験プロジェクト「SOIF」
SOIFは、毎月、社会課題のテーマを決めて、そのテーマに沿って活動されているNPO団体に登壇いただき、「リアルでの議論を通じて理解、納得した上でリアルの場で寄付体験をする」という社会課題に対して少しでも当事者性意識を高めるイベントを2014年5月より、任意団体として開催。
この活動における効果は大きく2つだと感じます。
1)社会課題との距離が参加者の中で近づき、当事者意識が芽生える
2)寄付が活動団体のパワーになる
このように、より多くの人たちに当事者意識が芽生え、
それぞれが関心をもてる社会課題がひとつでも多く増えていくことが人として豊かになることであり、必要な取り組みだと考えます。

※他、準備中

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20151215.peatix.com/
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は12月14日(月)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、12月13日(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く


【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト
山田泰久(やまだやすひさ)
E-mail:ya_yamada@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 17:58 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2015/12/4-12/10 [2015年12月11日(Fri)]

2015年12月4日から12月10日までのCANPANブログの中から、NPOの組織マネジメントに参考になるような記事をご紹介いたします。

参考ブログ.jpg



ブログ「川北秀人on人・組織・地球」

エコプロダクツ2015 記念シンポジウムでした! [2015年12月10日(Thu)]
http://blog.canpan.info/dede/archive/1077
・目の前の状況をどう見るか、そして、変化や課題に受け身で構えて守ろうとするか、
 それを機会と捉えて進化に挑むか、その姿勢の違いが、大きな差を生むということ。
・大切なのは、企業やNPOがチャレンジするだけでなく、行政も市民も、そのチャレンジを積極的に評価!
・社会を進化させるためのチャレンジは、誰かがするんじゃなく、私たちが、それぞれするんです。
★現実ほど、影響力の強いものはありません。改めてNPOにとって必要なキーワードが沢山ありました。


ブログ「日本ファンドレイジング協会事務局便り」

いよいよ11日(金)! 日本のソーシャルマネーの未来をデザインする「山場」来る [2015年12月07日(Mon)]
http://blog.canpan.info/jfra/archive/1389
・「休眠預金を活かして日本の新しい未来を創造するための意見交換会」
・この法案の成立を通じて、何が変えられるのか、何が変わるのか、何に注意しなければならないのか
・1月の時期通常国会に向けて、この場が「山場」です。
★本日開催です!注目されている休眠預金。社会課題の解決に取り組む代表者の方々の会場でのディスカッションが気になります。


ブログ「傍楽(はたらく)〜未来を創る仕事をしよう〜」

NPO法人パノラマ「ぴっかりカフェ」の1周年記念パーティーに参加しました!ー支援って何だろうー [2015年12月08日(Tue)]
http://blog.canpan.info/hataraku/archive/122
・出入り自由な高校内図書館カフェという形式をとることで、学生たちに自然なかたちでアプローチができる。
・困っていない時から顔見知りとなることで、日常の中で信頼関係を築くことができ、本当に困った時に相談できる相手となる
・学生たちは、その時初めて、ギター好きのカフェマスターが、信頼厚い専門家であることを知る。
★信じて頼る”信頼”って大事ですよね。学生さんにとって憩いの場となりますように。


ブログ「林田全弘ブログ」

【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.01〜魅力が伝わるNPOのロゴづくり〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年1月7日(木)13:30〜15:30 [2015年12月08日(Tue)]
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/177
・ロゴというのは、団体のビジョンやミッション、コンセプトなどの重要な情報をひとつの形に凝縮した、ある種の結晶のような存在
・魅力をいかに伝えるかというポイントや、傾向、色選びなど、共有
・自慢したくなるようなロゴをつくりましょう!
★こちらぜひお越しください!NPOのためのデザインに詳しい林田さん講師のセミナーです!


ブログ「NPO法人おかえりブログ」

【3/13(日)】講演会を開催します! [2015年12月06日(Sun)]
http://blog.canpan.info/okaeri/archive/1489
・「第6回 NPO法人 おかえり 講演会」(テーマ:里親家庭や児童養護施設等で暮らす子どもの「自立」について考える(仮))を開催
・里親家庭や児童養護施設等を巣立った後の現状や「おかえり」の活動を紹介
・場所:天理大学ふるさと会館
★来年の3月13日!要チェックです。行政の方からのお話もあるようです。

Posted by 藤川 幸子 at 12:18 | 参考ブログ | この記事のURL | コメント(0)
今週の助成金情報(2015年12月11日) [2015年12月11日(Fri)]

2015年12月4日から2015年12月11日のCANPAN助成制度データベース更新した助成金情報です。

【CANPAN助成制度データベース】
http://fields.canpan.info/grant/

今週は計9個の助成プログラムを掲載しています。
掲載した助成プログラムには、環境・まちづくり・子ども・社会課題・スポーツなど他分野掲載していますので、ぜひご活用ください。

各助成プログラムの概要は「続き」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 11:27 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 [2015年12月08日(Tue)]

第8回の CSR Meetup のテーマは「CSRと寄付」でした。
東日本大震災直後は非常に活発だった企業寄付。しかし、もうじき震災から丸5年となり、ボランタリーな寄付をする企業が少なくなっているとも聞きます。そのため、今後の企業寄付の実施や効果測定について迷っている企業担当者の方もいると思います。

画像.png

今回のイベントでは、ソーシャル・ベンチャー、企業CSR担当者の方などにご参加いただきました。「企業寄付に関するトレンド」についてのプレゼンテーションにてgooddo下垣圭介さん、リコージャパン株式会社 太田康子さんにご登壇いただき、事例紹介と課題や目標設定等について教えていただきました。

※本イベントは12月中に実施している「寄付月間 http://giving12.jp/」にあわせて開催いたしました。当日は、日本ファンドレイジング協会 三島理恵さんに寄付月間について説明をしていただいました。

ブログ.png

寄付月間公式認定企画
第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」


■概要
日時:2015年12月4日(金)19:00〜21:00
場所:日本財団ビル 1F
対象:CSRや社会貢献等に携わっている、あるいは興味・関心を持っている企業関係者
参加者:57人
主催:CSR Meetup、日本財団CANPANプロジェクト

スピーカー
○安藤光展(CSRコンサルタント、CSR Meetup主催者、FBグループ「CSRコミュニケーションを考える」管理人)
専門はCSRコミュニケーション、CSR企業評価。CSR関連のコンサルティング・研修・メディア運営・執筆業を中心に活動中。執筆活動として書籍・雑誌・大手ニュースメディア・ブログ、などでCSRに関する様々な情報を発信している。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。著書『この数字で世界経済のことが10倍わかる-経済のモノサシと社会のモノサシ』(技術評論社)ほか。

安藤様.png

・CSRのその先へ http://andomitsunobu.net/
「CSRのその先へ」は、2009年に開始したCSR(企業の社会的責任)に関する情報を発信しているブログ。“CSRの半歩先を発信する”もモットーに、CSRに関する様々な情報を日々発信している。

○下垣圭介 氏(gooddo株式会社 代表取締役)
1984年生まれ。新卒で株式会社セプテーニに入社。以後5年間ネット広告事業の営業・営業マネージャーを経験後、2010年にソーシャルメディア事業の立ち上げを行う。その経験がソーシャルグッドな領域の可能性を強く感じるきっかけとなり、2013年に新規事業として「gooddo」事業を立ち上げる。社会貢献を誰しもにとって身近な存在にすべく、事業の拡大にまい進中。

下垣様.png

・gooddo(グッドゥ) http://gooddo.jp/
gooddoは自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に無料で支援することができるソーシャルグッド・プラットフォーム。現在600団体以上の社会貢献団体が登録。

【公開用】


○太田康子 氏(リコージャパン株式会社 CC本部 BMC CSR推進部 社会貢献推進グループ チーフ)
東日本大震災の福島県いわき市でのボランティア活動を通じて、企業の社会貢献に関心を持ち「CSR Meetup」に参加。その後、念願叶って現在の部署へ異動。CSR女子会「CSR48」に2012年3月発足から参加し、現在総監督として定期的な勉強会の開催や、雑誌「オルタナ」の連載・コラムを担当。福島発祥の新スポーツで町おこしをする「一般社団法人水風戦協会」の広報担当理事としても活動。

太田様.png

・リコー社会貢献クラブ「FreeWill」 http://jp.ricoh.com/kouken/freewill/
FreeWillは、1999年1月に結成された社員参加型の草の根支援組織。会員となった社員は、毎月の給与と賞与の端数(給与の100円未満、賞与の1,000円未満)を拠出し、集まった資金を社会貢献活動に役立てる仕組み。

【公開用】


★★★気づきの共有シート★★★


■「CSR Meetup」過去開催レポート
・CSR Meetup Vol.7「CSR × コミュニティ」(2015年5月) http://andomitsunobu.net/?p=10246
・CSR Meetup Vol.6「CSR × トレンド」(2014年11月) http://andomitsunobu.net/?p=8362
・CSR Meetup Vol.5「CSR × ネットワーキング」(2014年2月) http://andomitsunobu.net/?p=6899
・CSR Meetup Vol.4「CSR × ガールズトーク」(2012年8月) http://andomitsunobu.net/?p=1062
・CSR Meetup Vol.3「CSR × 地域コミュニケーション」(2012年4月) http://andomitsunobu.net/?p=657
・CSR Meetup Vol.2「CSR × レポート」(2012年2月) http://andomitsunobu.net/?p=617
・CSR Meetup Vol.1「CSR × ソーシャルメディア」(2011年12月) http://andomitsunobu.net/?p=559
Posted by 藤川 幸子 at 10:59 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/11/30-12/4) [2015年12月07日(Mon)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/11/30-12/4)

各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。
続きを読む・・・
Posted by 藤川 幸子 at 10:29 | 省庁情報 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.01〜魅力が伝わるNPOのロゴづくり〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年1月7日(木)13:30〜15:30 [2015年12月06日(Sun)]

2016年のセミナー始めは「ロゴ」です。
NPOの広報やPR、ブランディングの中でもかなり重要だけど、これまでセミナーのテーマとしてあまり扱われていなかった「ロゴ」。

151205D4N_FBevent_B.jpg

さて、「いいロゴ」って何でしょうか?
いろいろあると思いますが、一言でまとめると、そのロゴでみなさんのNPOの魅力が伝わるかどうかですよね。さらに、なぜ、NPOにロゴが必要なのでしょうか?

と考えていくと、「ロゴ」にも深〜い世界があります。
そこで、NPOのロゴについて詳しく研究され、NPO向けのデザインをいくつも手掛けている林田全弘さんをゲストにお迎えして、NPOのロゴづくりのセミナーを開催します。NPOのロゴ研究の第一人者で、Webサイト「NPOのためのデザイン」(http://design4npo.com/)主宰者でもある、林田さんからこれまでの知見をまとめたロゴづくりのノウハウをがっつりお伝えいただきます。

そもそも、ロゴをテーマにしたというセミナーはかなり貴重だと思います。さらに、普段は関西で活動している林田さんのお話を東京で聞くことができるというのもなかなかないので、いろんな意味で貴重な機会です。

すでにロゴがある団体の方も、これからロゴをつくろうと思っている人も、ロゴを必要としているすべてのNPO関係者にお届けしたいセミナーです。

ロゴを考える、ロゴから考える。
2016年のセミナーの幕開けとして、本当におススメのセミナーです。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.01
〜魅力が伝わるNPOのロゴづくり〜


日 時:2016年1月7日(木)13:30〜15:30(開場13:15)
場 所:日本財団ビル2階会議室
定 員:40名
対 象:NPOのロゴに興味関心がある方ならどなたでも
参加費:2,016円 ※年初めなので、「2016円」にしてみました。
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:NPOのためのデザイン http://design4npo.com/


★★★お申し込みについて★★★
http://canpan20160107.peatix.com/

※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


★★★参加者特典★★★
さらに、ご参加いただいた方限定で「デザイン向上につながる特製クリアファイル(1,000円相当)」を進呈します!
特典について詳しくはこちら
http://design4npo.com/?p=143


<スケジュール>

13:30 オープニング

13:40 レクチャー
   「魅力が伝わるNPOのロゴづくり」 
    講師:林田全弘さん
    ・魅力が伝わるNPOロゴ 6つのツボ
    ・NPOにロゴが必要な3つの理由
    ・これで安心!ロゴづくりの準備3点セット「整理・探索・依頼」
    ・1分でわかるロゴの基礎知識
    ・安く、早く、たくさん。話題のクラウドソーシング活用術

14:40 ワークショップ
   「ロゴから始めよう」

15:20 クロージング

15:30 終了


<講師プロフィール>

林田 全弘 (はやしだ まさひろ)さん
ディレクター/コーディネーター/グラフィックデザイナー


150922rindaphoto (1).jpg

2007年からNPOのデザイン支援を開始。
これまでNPOや中間支援組織、地域団体のパンフレットやロゴ、チラシなど、
延べ20団体50以上の広報物を手がけてきました。
これまでの制作実績はこちら http://azukidesign.com
ブログ  http://blog.canpan.info/rindazenko/
NPOためのデザイン http://design4npo.com/


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20160107.peatix.com/
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は1月7日(木)10時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、1月6日(水)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト
山田泰久(やまだやすひさ)
E-mail:ya_yamada@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。