CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13) inoueshoin
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/8/24-28) (09/04) 名古屋
【満員御礼!】出身地Day 夏の交流会2015(TIP*S/中小機構&日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年8月24日(月)夜 (08/23)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
CANPAN・NPOセミナー「NPOがYahoo! JAPANで広報する方法〜CANPANトピックス、みんなの経済新聞、Links for Good〜」(9/30) [2013年09月18日(Wed)]

今回のセミナーは、今までにない切り口のものです。これからのNPOが押さえておかないといけない文脈の最新事例を知ることができます。
参加申込⇒http://canpan0930.peatix.com

日本財団CANPAN・NPOセミナー
NPOがYahoo! JAPANで広報する方法

〜CANPANトピックス、みんなの経済新聞、Links for Good〜


月5000万人が利用するYahoo! JAPANのサイトで、みなさんのNPO活動を無料で紹介する方法があります。
でも、この手法、実は案外知られていません。
そこで、その手法を一挙に紹介するセミナーを開催することになりました。

今回のセミナーは、6月に一部の団体を対象に試験的に開始されたYahoo! JAPANのLinks for Good(※)が10月1日から利用団体を公募することになり、その紹介も兼ねて開催するものです。

Yahoo! JAPANというインターネット上のプラットフォームを活用して、自分たちの団体の活動を広く広報・発信したいという方にぜひご参加いただきたいセミナーです。

(※)Links for Goodとは
Yahoo! JAPANの広告配信技術を活用し、チャリティ―イベントや、募金、ボランティアなど社会貢献活動を紹介するサービスです。
http://linksforgood.yahoo.co.jp/

bp_20130913.jpg

日 時:2013年9月30日(月)14:00〜16:00(開場13:40)
会 場:日本財団ビル2階会議室3・4
定 員:40名
対象者:NPO、公益団体、学生団体等の関係者、ボランティア、プロボノなど
参加費:1000円
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:ヤフー株式会社 


<NPOがYahoo! JAPANで広報する方法とは!?>

@CANPANトピックス→Yahoo!ボランティア
日本財団が運営する公益コミュニティサイト「CANPAN」に団体登録を行い、CANPANトピックスでイベント・ボランティア募集情報を掲載すると、Yahoo!ボランティアのサイトでも自動連携され、表示されます。
(例) 第4回NPO×IT EXPO
CANPANトピックス: http://fields.canpan.info/topic/detail/9901
Yahoo!ボランティアのページ: http://volunteer.yahoo.co.jp/detail/1/9901/

ACANPANトピックス、CANPANブログ →Links for Good
CANPANトピックスやCANPANブログに掲載された情報の中からCANPAN運営事務局がチョイスした情報をLinks for Goodを利用してYahoo!の各サイトに表示されるバナー広告として発信いたします。
(例)
CANPANブログ http://blog.canpan.info/yume-cho/
Links for Goodの表示例 こちらのページの最後の画像http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0611b.html

Bみんなの経済新聞ネットワーク → Yahoo!ニュース
国内外合わせて80の地域で展開されている「みんなの経済新聞ネットワーク」の各媒体にニュースが掲載されると、Yahoo!ニュースにもその情報が掲載される可能性があります。地域におけるネットでの情報発信でもYahoo! JAPANような全国サイトに掲載されます。
(例)
みんなの経済新聞(西多摩新聞) http://nishitama.keizai.biz/headline/415/
Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130902-00000011-minkei-l13

CLinks for Good
Yahoo! JAPANでは、10月1日より利用団体を広く公募いたします。
Likns for Goodは、Yahoo! JAPANの広告配信技術(YDN)を活用し、チャリティ―イベントや、募金、ボランティアなど社会貢献活動を紹介するサービスです。
これまでは、一般公募はしていませんでしたが、これからはYahoo! JAPANが認定した団体が直接利用できるようになります。
http://linksforgood.yahoo.co.jp/


■スケジュール
14:00 オープニング
14:05 紹介セッション
・Links for Good広告配信技術(YDN)を活用した情報発信(20分)
  ヤフー株式会社 ソーシャルアクション室 佐竹正範さん
・CANPANを活用した情報発信(15分)
  日本財団CANPAN 山田泰久
・みんなの経済新聞ネットワークに載ること、載せてもらうこと(20分)
  みんなの経済新聞ネットワーク 代表 西樹さん

15:00 休憩

15:05 パネルディスカッション
   「Links for Goodから見えてきたこと」
     NPO法人かものはしプロジェクト 小畠瑞代さん
      http://www.kamonohashi-project.net/
     NPO法人グリーンバード 大澤真輝さん
      http://www.greenbird.jp/
     ヤフー株式会社 ソーシャルアクション室 佐竹正範さん
     コーディネーター:日本財団CANPAN 山田泰久

15:50 質疑応答
16:00 終了

その後、Links for Goodの個別相談(〜16:30頃まで)


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
こちらのサイトからお申込みください。
http://canpan0930.peatix.com

・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は9月30日(月)12時に締め切ります。定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、9月29日(日)12時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はセミナー当日に受付にてお渡しいたします。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。

【お問合せ先】
日本財団/CANPAN
山田泰久(やまだやすひさ)
TEL: 03-6229-5111
E-mail:ya_yamada@ps.nippon-foundation.or.jp
【開催報告】プレゼンテーションの究極の本質『説得』(日本財団CANPAN・NPOセミナー) [2013年09月17日(Tue)]

本日は、20名の方にご参加いただき、「プレゼンテーション」をテーマにしたセミナーを開催することができました。

日本財団CANPAN・NPOセミナー
プレゼンテーションの究極の本質『説得』
〜『説得』を行うための映画製作の『物語をかたる技術』〜


554551_561986423850602_1340314953_n.jpg

仕事上プレゼンテーションをする機会は、この数年で劇的に増加しています。仕事のいろいろな場面で、自分の意見を述べる機会が増え、その出来栄えが、支援者からの投資額を決定したり、仕事のパフォーマンスに直結する時代が訪れ、ビジネスマンにもNPO関係者にも右脳を駆使したクリエイティブなスキルが求められています。

今回のセミナーでは、5月のNPO連続セミナーで「ソーシャルメディア時代の『働き方』塾」(http://shigatakeshi.com/)というテーマで知識労働への対応と激増する情報の整理術に関する講師をしてくださった株式会社アダプティブデザインの志賀健さんを再びお迎えして、プレゼンテーションについてお話しをしていただきました。

560081_561988373850407_1340915842_n.jpg

日 時:2013年9月17日(火)19:00〜21:00
会 場:日本財団ビル2階会議室3〜4
対 象:公益活動の意味でのソーシャルからソーシャルメディアまで、
    ソーシャルな人であれば誰でも参加できます。
参加者:20名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト


<スケジュール>
19:00 オープニング
19:10 講義
20:30 振り返りの時間&ネットワーキング
21:00 終了

<プレゼン資料>
講師の志賀さんがブログに当日のプレゼン資料と、講座の中でご紹介いただい書籍の案内を掲載していただいております。こちらをご覧ください。
shigatakeshi.com
日本財団CANPAN・NPOセミナー:プレゼンテーションの究極の本質『説得』
http://shigatakeshi.com/2013/09/canpannpo-ea69.html


<講座コンセプト>
『物語を語る』技術 → プレゼンテーションの目的『説得』

プレゼンテーションは、映画製作と非常に似ています。監督が思い描くラストシーンに向けて、壮大な2時間の前振りをする映画制作のプロセスは、プレゼンテーションの構成そのものと言えます。プレゼンテーションの究極の本質である『説得』をスムーズに行うために、映画製作の『物語をかたる技術』は、いま非常に注目されているエリアです。

映画製作の『物語を語る』技術に加えて、プレゼンテーションは、観客を『説得』して、なにか行動を起こしてもらうという大きな目的があります。その究極の目的を理解することによって、プレゼンテーションが単なる『説明』して終わるだけのものから、人を動かし行動に起こす力に大きく飛躍することができます。
人の心の中にタネを蒔き、しっかり芽がでるように水やりをし、実をつけて行動に起こし、更に他の人に共感を得る一連の流れは、次世代のビジネスマンの必須スキルです。自分の言いたいことを自分の言いたいように言うのは、アマチュアと言われる時代がそこまで来ています。
@タネまき
・観衆の心にタネをまく
・語り手との信頼構築
A発芽
・想いを心に届ける
・物語を語る技術
B収穫
・目的である『説得』
・行動を拡散する共感


<講座内容>
@プレゼンテーションの失敗パターンを知ろう
分かったような分からないようなプレゼンには共通のパターンがあります。
まずは、よくありがちなプレゼンテーションの失敗例に成功の鍵を探りましょう。
例)ありがちなプレゼンをケーススタディとして、なぜいけなかったのか明確にしていきます。

Aプレゼンテーションを失敗に導く大きな盲点とは?
プレゼンテーションとはPowerPointを使うことではありません。まずはその目的をしっかりと理解し実際の制作に活かしていきましょう。
例)詳しすぎる。。長すぎる。。メリットがない。。

B成功に導く4つのポイントは映画製作現場にあった!
実際のスライド制作に入る前に明確にしておく重要なポイントをおさらいします。
例)目的はなにか?聞き手の興味はなにか?いきなりPowerPointを開いていないか?、など
  
C人々の記憶に残る物語の共通ポイントを使ってメッセージを届けよう!
人々の記憶に残る都市伝説や物語を調査した結果、それには明確な共通点があることを発見した著書『アイデアのちから』をもとに、物語を語るちからをプレゼンテーションに加えていきます。


<講師プロフィール>
1233455_561989100517001_1338995252_n.jpg

株式会社アダプティブデザイン 代表取締役社長 志賀健さん
外資系のソフトウェア会社を中心にプロダクトマネージメントの仕事を通じて、技術者の想いを届けるお手伝いをしてきました。最近は活動の中心を自分の法人に移して、何ができるか問いたいと思います!
Blog:http://www.shigatakeshi.com/
Twitter:http://twitter.com/shigatakeshi
Facebook: https://www.facebook.com/shigatakeshi.info


<参加者の気づきの共有>



講師の志賀さん、参加者のみなさん、ありがとうございました!

日本財団CANPAN
山田泰久
【開催報告】第4回NPOxIT EXPO 秋のまとめ祭り〜みんなで作る『NPOxIT虎の巻』 [2013年09月14日(Sat)]

毎年3月と9月に開催している「NPO×IT Expo」。
4回目となる今回は、初めての参加型イベントとして開催しました。
こちらが本日の成果物です!
NPOxIT JAPANまとめサイト
https://sites.google.com/site/wearethenptechjp/


サイト.jpg

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
第4回NPOxIT EXPO 秋のまとめ祭り
〜みんなで作る『NPOxIT虎の巻』



参加者のみなさんの知識と経験とノウハウをを持ち寄って、丸一日でNPOxITをテーマにしたまとめを作成するというものです。
つまり、NPOのみなさんがすぐにでも参考にできる、IT活用に関する虎の巻を一緒に作成しようという参加型イベントとして開催しました。

これまでのNPO×IT EXPOでは様々なITツール・サービスを紹介してきましたが、具体的に活用できるノウハウや事例紹介など、まだまだ十分に情報提供出来ていない部分もあります。今回は、参加者の皆さんで、IT活用の国内外の事例やノウハウに関するまとめをNPO文脈でつくり、コンテンツ化していくことによって、より多くの情報を提供しようという試みです。
参加者のみなさんにとってはまとめる過程でノウハウも蓄積され、他の方と交流することで様々なアイデアを見つけることが出来たと思います。

P9141584.jpg

日 時:2013年9月14日(土)10:00〜19:00
会 場:日本財団ビル2階会議室1〜4
主 催:日本財団CANPAN
共 催:株式会社ソーシャルカンパニー、特定非営利活動法人NPOサポートセンター、テントセン
参加者:37名
対象者:NPOのIT活用を実践している人、支援している人、興味関心がある人ならどなたでも
    (ITに詳しい方も、NPO×IT初心者でも、どなたでもご参加可能です)
   ・IT活用に興味があるNPO/NGOのリーダー、スタッフ、中間支援組織、プロボノ関係者
   ・NPO向けITサービス提供企業・組織の関係者
   ・NPO業界に関心がありIT業界に精通している人(エンジニアでなくともOK!)

ハッシュタグ: #npoxit
Facebook Event Page : http://www.facebook.com/events/450261368405018/

10:00 オープニング・セッション
・ご挨拶&本日の流れ
  〜これまでのNPO×IT Expoの歩み
  〜本日の流れ
P9141386.JPG


・プレゼンテーション(15分)
  海外「NPOxIT」(nptech) トレンドレポート&Google検索ミニワークショップ
  株式会社ソーシャルカンパニー 市川裕康さん
P9141400.JPG


・トークセッション 30分
  NPO業界に足りない情報、まとめの視点・事例解説
  ◆NPOマーケティング
  ◆編集・まとめの手法
  パネリスト:テントセン イケダハヤトさん 佐藤慶一さん
  ファシリテーター:NPO法人NPOサポートセンター 笠原孝弘さん
P9141415.JPG

P9141428.JPG

P9141410.JPG


11:00 アイデア・セッション 【進行:笠原さん】
 ・まとめテーマアイデア出し&チーム作り
 ・チームごとに具体的なテーマ設定と発表
 ・最終的に8チーム編成でまとめ作成へ!
【各参加者から出されたアイデア]


【最終的に選定された8テーマ】
1.国内・海外NPOのプロモーション&活動紹介動画のまとめ
2.参考になる団体Logoのまとめ
3.NPOの活動フィールドの体系化
4. 国内・海外ソーシャルビジネス事例まとめ
5.行政×NPO×市民
6.NPOが活用できる初心者向けITツールいろいろのまとめ
7.NPO・社会貢献アプリのまとめ
8.NPOxIT 情報まとめ(キュレーション) ツールのまとめ

P9141448.JPG

1230070_560463514002893_960855180_n.jpg

P9141464.JPG

P9141485.JPG

1185103_560463934002851_405303480_n.jpg


12:20 ランチタイム&チーム交流

13:00 まとめ・セッションPart1 【進行:山田】
 ・まとめ手法(プラットフォーム)の確認
 ・作業スタート
 ・適宜ランチタイム
1237018_560464034002841_705970024_n.jpg

1234643_560464074002837_1905340109_n.jpg

1234601_560464054002839_501860209_n.jpg


14:45 中間発表的なシェアタイム
 ・各チームのテーブルを廻って進捗状況をシェア
 ・各チーム1分間の進捗報告 
P9141563.JPG

1011648_560464280669483_1920546037_n.jpg


15:30 まとめ・セッションPart2
 ・作業再開(17時までに完成を目指しましょう!)
17:00 休憩(この後の準備)
17:30 成果発表会&打ち上げパーティー 【進行:山田】
 飲みながら、歓談しながら発表会
 ・チーム発表
  チームごとに発表→質疑応答→他のメンバーからの追加情報の提供
 ・各チームの成果をまとめた、全体まとめページのお披露目
 ・今日1日の振り返りのシェア
 ・この後は、そのまま打ち上げパーティー
P9141531.JPG

P9141505.JPG

1175564_560464637336114_451206257_n.jpg

P9141494.JPG


19:00 終了!

【本日の進行用のプレゼン資料】



【参加したみなさんの気づきの共有】



もう一度最後にまとめサイトのご紹介!
NPOxIT JAPANまとめサイト
https://sites.google.com/site/wearethenptechjp/


サイト.jpg
<8つのテーマの紹介>
1.国内・海外NPOのプロモーション&活動紹介動画40選
 ・海外NPOの活動紹介・プロモーション動画25選
 ・国内NPOの活動紹介・プロモーション動画15選
2.Great Logos まとめ for NPOxIT
 ウェブサイトのアクセス数の多い団体、寄付総額が多い団体のロゴを集めました。
3.2013あなたのNPO占い(仮称)
 数多あるNPOから「あなた」に適するマッチングレコメンド情報を提案します!
4.[保存版] 国内・海外ソーシャルビジネス(社会的企業)事例まとめ
 国内、海外の社会的起業家をまとめました。随時更新。
5.行政×NPO×市民
 コラボのイメージと事例
6.NPOxIT 情報まとめ
  (キュレーション) ツール・活用法まとめ』 - MindMeister ベータ版-
7.NPO設立/運用をスムーズに!初心者向けITツールいろいろ
  ITって、全然詳しくないんだよね。でもIT使うといろいろ便利だと聞くけど。
 そうお悩みのNPOや団体関係者は少なくないはず。
 そんな方たちに、初心者向けITツールを目的別に紹介。
8.NPO・社会貢献アプリ開発実績のある注目企業
 NPO・社会貢献アプリを開発したアプリ開発会社をまとめました。
 どんなアプリが作れるか、こんなアイデアがあるのにどこへ頼めば良いのか
 悩んでいるときの参考にしてください。


ご参加いただいたみなさま、一緒にイベントを作り上げていただいた市川さん、笠原さん、イケダさん、藤川さん、写真撮影にご協力いただいた田端さん、本当に今日はありがとうございました。

素晴らしいものができて、素晴らしい1日になりました。

日本財団CANPAN 山田泰久
【開催報告】CANPAN・NPOセミナー「助成金申請書ワークショップ(2回目) 」 [2013年09月11日(Wed)]

9月11日は、助成金申請書ワークショップでした。
今回のセミナーは8月に続いて、2回目の助成金申請書ワークショップです。

日本財団CANPAN・NPOセミナー
助成金申請書ワークショップ
〜助成金CANPANメソッドβ版〜


助成金申請書を作成する時に必要なもの、それは『時間軸』という視点でした。
助成機関が求めている申請書は、実はわかりやすい申請書ではなく、魅力的な事業内容が盛り込まれている申請書です。
魅力的な事業内容というのを一言でいうと、「助成金によって生じる効果的な変化」が想像できるものです。
この効果的な変化をわかりやすく、かつ正しく理解してもらうために気をつけるべきポイントが『時間軸』になります。

NPOのこれまでの活動から生まれた問題意識、その解決のための事業内容、事業実施後の変化、そして中長期的な期待される成果までを『時間軸』でしっかり整理をし、適切な項目に落とし込んでいく、それがわかりやすい、魅力的な申請書を作成する秘訣です。

ワークショップではこの『時間軸』という考え方をもとに事前課題で作成した申請書のたたき台を個人ワークとしてブラシュアップしていきました。

そして、もう一つ、申請書作成のスキルアップを図るために重要なことは、自団体以外の申請書を出来るだけ多く読むということです。
・他の団体はどのような内容で、どのような表現で事業を表しているのか?
・助成機関スタッフの立場にたって、どのような申請書が魅力的に思えるのか?
・あるいは、どのようなテクニックをつかうとわかりやすい申請書になるのか?
など、他の申請書を読むことによっての気づきは数多くあると思いますが、参加者のみなさんにとっては他の団体の申請書を読むということは非常に参考になったようです。


【CANPANがこのワークショップを企画した理由】
CANPANのコンセプトは情報によるNPO支援です。
助成金申請書も、別の見方をすれば、NPOにとっては情報発信ツールの一つです。
そこで、助成機関である日本財団の本業の経験も加味して、CANPANとして、助成金申請書に関するワークショップを企画しました。
ブログやソーシャルメディアのように、効率的、効果的に情報発信(=申請書作成)ができるようなノウハウを、ワークショップ形式でお伝えいたします。

また、よい申請書がよい事業をつくる、つまり申請書はフレームワークです。
適切な考え方で申請書を作成して事業計画を練ることで、実は事業内容もブラシュアップされていきます。
このワークショップを通じて、社会変革のためにより良い事業が実施されることを目指して開催いたします。

日 時:2013年9月11日(水)14:30〜17:00
会 場:日本財団ビル2階会議室3・4
参加者:7名
対象者:NPO、公益団体、学生団体等の関係者、ボランティア、プロボノなどで
    本気で助成金申請をお考えの方
主 催:日本財団CANPAN

<参加条件>
・事前課題(CANPAN団体登録と申請書作成)にしっかり取り組んでいただけること
・申請書の内容について、ワークショップ参加者内で共有してもかまわないこと

<内容>
事前課題で用意していただいた申請書をもとに、ワークショップを進めました。
(1)申請書のガイダンス(60分)
  解説とグループワーク
  グループワーク「他の団体の申請書を読む」
  →5人一組のグループになって、事前課題で用意した、お互いの申請書を読む
(2)申請書の各項目のポイント(45分)
  解説と申請書見直し個人ワーク
(3)まとめ(25分)
  解説とグループワーク
  グループワーク「見直した内容と気づきの共有」
  →最初のグループで、それぞれの個人ワークで申請書を見直した部分や気づきを発表


<事前課題>
@CANPANサイトに団体登録をしてください。
 http://fields.canpan.info/
Aセミナーの3日前までに仮の申請書を作成してください。
 ・以下の項目にもとづいて、A4用紙2枚にまとめる
 ・これから申請を考えているものでも、過去に申請したものでもどちらでも構いません
  (項目)
   団体名/事業名/事業目的/事業目標 /事業内容/期待される成果/予算
  ※詳細は参加申込者に別途ご連絡いたします。


<当日使用したプレゼン資料>
以下のリンク先をご覧ください。
http://www.slideshare.net/canpan2009/20130701-24902848


<参加されたみなさんの感想や気づきの共有>


参加された方々の満足度も高かったようで、何よりです。
やはり、他の団体の申請書を読むということがかなり新鮮だったようです。
また、各項目ごとに、どんな内容を盛り込むべきかを説明させていただきましたが、こちらも参考になったようです。
ご参加のみなさま、ありがとうございました。

日本財団CANPAN 山田泰久
【開催報告】出身地Dayアイデアソン〜出身地のために本気で考える1日〜 [2013年09月01日(Sun)]

初めてのこころみである、出身地Dayアイデアソン、本日無事開催することができました。

出身地Dayアイデアソン
〜出身地のために本気で考える1日〜

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
2013年9月1日(日)10:00〜19:00


999470_555561464493098_1712752309_n.jpg

みなさん、「アイデアソン」をご存知でしょうか?
アイデアソン(Ideathon)は、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を合わせた造語です。
今回の出身地Dayでは、このアイデアソンの手法を取り入れて、出身地のための活動に関するアイデアを考えて、具体的な計画まで作り上げてしまおう!というイベントです。

これまでの出身地Dayでは、出身地好き・地元好きの人たちや、同郷の人たちとの出会いと交流の場として開催してきました。今回はそこからさらに一歩進んで、具体的なアクションを考えようという、参加者のみなさんで本気で考える参加型のイベントとして開催しました。

この場で出会った出身地好き同士で意見を交換しあいながら出身地の活動を丸一日かけてアイデアを出してプロジェクトを考える!
そんな出身地Dayアイデアソンとなりました。

日 時:2013年9月1日(日) 10:00〜19:00
場 所:日本財団ビル会議室
参加者:約20名
主 催:日本財団CANPAN
特別協力:地元応援クラウドファンディングFAAVO https://faavo.jp/

21名の参加者となったので、6〜7人のグループ3つでのグループワーク形式での実施となりました。
全国各地のお菓子を食べながら楽しく始まりました。
3375_555560644493180_500300663_n.jpg

<実施内容>
10:00 オープニングセッション
【紹介】出身地Dayの軌跡(日本財団CANPAN山田より説明)

 出身地Day・・・
  1月14日の成人式の祝日に、日本マイクロソフト本社ビルを会場に約200名が参加
 出身地Dayリターンズ・・・
  3月の平日夜に約150名の方が参加し、日本財団ビルであらためて開催
 出身地Day女子会・・・
  7月の日曜日の昼下がり、出身地・地元好き女子が約35名集まって開催。
なぜ出身地Dayなのか?
 ・「出身地」のためなら、熱くなれる人達がいる!
 ・ソーシャルメディアで出身地のことが話題になる!
 ・何かあった時に、東京もんががんばる!

グループで自己紹介タイム
 @それぞれA4のコピー用紙に自己紹介をマジックで書く(3分)
   「都道府県名」「ニックネーム」「出身地(かかわりたい県)の魅力」
 Aその自己紹介シートをもとに、グループごとに自分&出身地紹介をする(15分)

【話題提供セッション】
出身地Dayからの気づき(日本財団CANPAN山田)

 ・同じ県内でも、実は他の地域のことをよく知らない。
 ・実は都道府県ではなく、江戸時代の藩では?

 ・将来的にUターンしたい派
 ・東京から出身地を応援したい派
 ・出身地ではないけどその都道府県が好き派

 ・県人会
 ・高校の同窓会
 ・企業内での県人会
 ・ネオ県人会(ネットとソーシャルメディアでつながる人たち)
 ・岩手、秋田、山形、群馬、新潟、石川、富山、福井、四国、岡山、長崎、宮崎、九州など

 東京から出身地を考えるための10の分類
 1.土地としての出身地 →地理的なこと
 2.モノとしての出身地 →特産品や名物、お土産
 3.習慣としての出身地 →いわゆるテレビ番組の県民ショーのネタ
 4.潜在意識としての出身地 →県民性につながるもの
 5.愛の対象としての出身地 →郷土愛、地元愛の確認
 6.活動としての出身地 →地域活性化や地域に密着した活動
 7.情報としての出身地 →地域に関する情報発信
 8.イメージとしての出身地 →出身者以外の一般の人が考える出身地のイメージ
 9.仲間としての出身地 →出身者やその出身地のファン
 10.人としての出身地 →県外で活躍している出身者


地域貢献・地元応援型のクラウドファンディング『FAAVO(ファーボ)』寺崎充さん
FAAVOのサイト→ https://faavo.jp/

1237519_555560474493197_359820598_n.jpg

当日のプレゼン資料→



アイデア出しセッション(11:00〜13:00)
3つのグループに分かれてグループワーク

・出身地応援、地域活性化でどんなことが出来るかのアイデア出し
  →ポストイット1枚に1つのアイデアを書く
  →アイデアは「こんな活動を知っている」「こんなことをやってみたい」などでOK
・それぞれ発表しながら大きな分類で書いたアイデアをまとめる
  →同じようなものを『A3用紙』ごとにまとめる
  →分類にしたものにそれぞれ見出しタイトルをつける
1006075_555560654493179_42287995_n.jpg

1231559_555561147826463_1841470298_n.jpg

1234429_555560741159837_1263410841_n.jpg



アイデア発表&自分でやってみたいことを考えるタイム(13:00〜13:30)
・各グループごとに、まとめた分類ごとに発表
 →同じような分類は他のものとまとめる
 →発表したものはテーブルの上に表示する
・参加者はその発表内容をもとに何をしたいかを考える
 →自分がやってみたいことにポストイットに名前を書いて投票する
 →その投票に基づいて、新しいグループを結成する。
1003839_555561441159767_134938249_n.jpg


アイデア具体化セッション(14:00〜16:30)
「イベント」「地域の食」「地域支援」の3つのテーマにわかれてグループ結成
さらにグループワークを実施
・グループ内で具体的なアイデア出し&情報交換
・その上で、個人で実現したい、やってみたいプロジェクトの計画を作成
・グループ内で発表し、アドバイス合戦
・各個人で計画のブラシュアップ

休憩(16:30〜17:00)

全体発表会&懇親会(17:00〜19:00)
ここからアルコールを入れながらの発表タイム
参加者のみなさんがそれぞれ考えたプロジェクトを一人2分で紹介




1234878_555562331159678_792454845_n.jpg
1231632_555562481159663_1057846931_n.jpg


今回はFAAVO賞として、FAAVO寺崎さんに選んでいただき、高橋さん(高知応援)、新井さん(東京出身)、片野さん(東京出身)の3名の方を表彰しました。
また、日本財団CANPAN賞として、山田が選んだ備さん(岡山出身)、松本さん(富山出身)の2名の方を表彰しました。
こちらの写真はFAAVO賞大賞の高橋さんと、商品を手渡している寺崎さん。
1186240_555562594492985_1521331739_n.jpg


発表&表彰の後は、グループごとにさらに懇親を深めました。
1235901_555562607826317_1093238871_n.jpg

1185720_555562651159646_619333263_n.jpg

1240099_555561661159745_169056098_n.jpg


こちらは前半のアイデア出しのポストイットについて、全体としてあらためて並び変えたものです。
これを見るだけでも、本当にいろんなアイデアが集まりました。


14149_555561697826408_881109113_n.jpg

1186065_555561701159741_1016436932_n.jpg

1148830_555561721159739_378928237_n.jpg

1255470_555561737826404_2101141550_n.jpg

1236537_555561747826403_1190330906_n.jpg

1173867_555561771159734_909318621_n.jpg

1174855_555561814493063_754723953_n.jpg

1186237_555561861159725_167286035_n.jpg

1234962_555561864493058_1472578072_n.jpg

1231073_555561881159723_690484149_n.jpg

1174849_555561917826386_1401303683_n.jpg

以上ですが、ご参加いただいたみなさん、プレゼンをしていただいFAAVO寺崎さん、本当にありがとうございました!
今回のアイデアはぜひ実現していってほしいですね。

日本財団
山田泰久