CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« canpan活用 | Main | コミュニティ»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催案内】IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+(twenty-five and beyond)】【25+F】「市民活動の支援はなぜ、どのように行われるべきか?:市民活動支援の意義と機能を再確認する」2019年7月11日(木)夜・東京 [2019年04月23日(Tue)]

IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+】(twenty-five and beyond)の第7弾として、
「市民活動の支援はなぜ、どのように行われるべきか?:市民活動支援の意義と機能を再確認する」 を開催します。

日時:7月11日(木) 18:30から21:00まで
会場:日本財団ビル 2階1・2会議室(東京都港区赤坂1−2−2)
   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、丸ノ内線・
   千代田線「国会議事堂前駅」より徒歩10分。
   https://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト

主な内容:
 市民活動の支援者に求められる視野とプログラム
 
 ※解説講義に続いて、自団体の「支援プログラム」の
  ポートフォリオを検討していただく作業を行って
  いただきます。

対象:社会の課題に挑む人々(NPO・社会事業家など)の支援者
   (経験年数は問いませんが、経営層対象の内容です)。
   ※各組織から2名以上のご参加を強くお勧めします。
   ※お手元の参照用資料として、年次報告書(事業報告書と
    活動計算書)と定款を、必ずご持参ください。

講師:川北秀人(IIHOE代表者)略歴はリンク先をご参照ください。
   http://blog.canpan.info/iihoe/archive/10

受講料:お1人4,000円(税込、テキスト代を含む)
   ※テキスト「ソシオ・マネジメント」第1号
    「社会を変える5つの原則・組織を育てる12のチカラ」を
    ご持参くださった方は3,000円。
   ※1組織からお2人め以降は、お1人につき3,000円(税込)。
    テキストをご持参くださった場合には同2,500円(税込)。 
    例:お二人ご参加でともにテキストご持参の場合:
      3,000円+2,500円=5,500円
    例:3人でご参加でお1人のみテキストご持参の場合: 
      3,000円+3,000円+3,000円=9,000円
   ※事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みを
    お願いします。

お申し込み:電子メールにて下記あてにお申し込みください。
     ※通常、お申込みいただいてから2日以内に受領のご連絡を
      電子メールでお送りしますので、誠に恐れ入りますが、
      未着の場合はご一報ください。

下記の項目についてご記入の上、office.iihoe(a)gmail.com にお送りください。
*(a)を@に変換してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ご所属組織名:
・請求書・領収書お宛名(上記と異なる場合)
・ご連絡先電話番号(および当日連絡がつく電話番号)
・ご連絡先メールアドレス
 *事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みをお願いします。
 *請求書記載内容に希望がある場合は、備考欄にご記入ください。
・(参加者1)お名前
・(参加者1)ご役職
・(参加者1)テキスト「社会を変える5つの原則、組織を育てる12のチカラ」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】

・(参加者2)お名前
・(参加者2)ご役職
・(参加者2)テキスト「社会を変える5つの原則、組織を育てる12のチカラ」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】

・備考
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お問合せ先:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
電子メール: office.iihoe(a)gmail.com  *(a)を@に変換してください。
電話: 03-6280-5944

●IIHOE設立25年謝恩プログラム
 【25+(twenty-five and beyond)】の最新情報はこちらから
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/399
Posted by 藤川 幸子 at 12:31 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+(twenty-five and beyond)】【25+E】「ゲームとバッジに飽きたら、真剣に取り組むためのSDGs経営:ベストプラクティスから学ぶESG推進戦略の基礎」6月18日(火)夜・東京 [2019年04月23日(Tue)]

IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+】(twenty-five and beyond)の第6弾として、「ゲームとバッジに飽きたら、真剣に取り組むためのSDGs経営:ベストプラクティスから学ぶESG推進戦略の基礎」を開催します。

日時:6月18日(火) 18:30から21:00まで
会場:日本財団ビル 2階1・2会議室(東京都港区赤坂1−2−2)
   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、丸ノ内線・
   千代田線「国会議事堂前駅」より徒歩10分。
   https://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト

主な内容:
 「開発」ではなく「発展・成長」
 2030年代の世界と日本の姿と課題を正確に確認する
 2030年代の世界と日本に備えて、自社のビジネス
  モデルと組織をどう進化するか、その判断をどう促すか

対象:企業でSDGs/ESG/CSRの推進ご担当者、
   NPOなどでSDGsを切り口に企業との連携を
   本気で模索していらっしゃる方。
   ※各組織から2名以上のご参加を強くお勧めします。
    ご経験の年数や役職は問いません。
   ※お手元の参照用資料として、自社(NPOの方は
    連携したい相手先企業)の直近年度と5年前の
    有価証券報告書をご持参ください。

講師:川北秀人(IIHOE代表者)略歴はリンク先をご参照ください。
   http://blog.canpan.info/iihoe/archive/10

受講料:お1人4,000円(税込、テキスト代を含む)
   ※テキスト「ソシオ・マネジメント」第5号
    「ベスト・プラクティスから学ぶCSR
     マネジメント」をご持参くださった方は3,000円。
   ※1組織からお2人め以降は、お1人につき3,000円(税込)。
    テキストをご持参くださった場合には同2,500円(税込)。 
    例:お二人ご参加でともにテキストご持参の場合:
      3,000円+2,500円=5,500円
    例:3人でご参加でお1人のみテキストご持参の場合: 
      3,000円+3,000円+3,000円=9,000円
   ※事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みを
    お願いします。

お申し込み:電子メールにて下記あてにお申し込みください。
     ※通常、お申込みいただいてから2日以内に受領のご連絡を
      電子メールでお送りしますので、誠に恐れ入りますが、
      未着の場合はご一報ください。

下記の項目についてご記入の上、office.iihoe(a)gmail.com にお送りください。
*(a)を@に変換してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ご所属組織名:
・請求書・領収書お宛名(上記と異なる場合)
・ご連絡先電話番号(および当日連絡がつく電話番号)
・ご連絡先メールアドレス
 *事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みをお願いします。
 *請求書記載内容に希望がある場合は、備考欄にご記入ください。
・(参加者1)お名前
・(参加者1)ご役職
・(参加者1)テキスト「ベスト・プラクティスから学ぶCSRマネジメント」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】

・(参加者2)お名前
・(参加者2)ご役職
・(参加者2)テキスト「ベスト・プラクティスから学ぶCSRマネジメント」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】
・備考
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お問合せ先:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
電子メール: office.iihoe(a)gmail.com  *(a)を@に変換してください。
電話: 03-6280-5944

●IIHOE設立25年謝恩プログラム
 【25+(twenty-five and beyond)】の最新情報はこちらから
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/399
Posted by 藤川 幸子 at 12:26 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】NPOのためのクラウドファンディング活用講座〜準備から終了後までが挑戦期間です!〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年4月22日(月)夜・東京 [2019年04月22日(Mon)]

今度のCANAPNセミナーは、あらためて「クラウドファンディング」をテーマに開催しました。

AFD0CA07-C943-4BE1-986B-0CF4B2BD9788.jpeg

クラウドファンディングという言葉はかなり一般的になってきましたが、起案されるプロジェクトの数は「購入型」が圧倒的に多く、そのHowToもいわゆる「購入型」を主眼においたものが中心で語られています。ただ、NPOが支援を集めるクラウドファンディングは一般事業者が行うそれとはまったく性質が異なるもので、そこを理解しないと大きく戦略を見誤ります。

今回の講座は、「NPOにとってのクラウドファンディング活用法」をテーマに講師の宮本さん、鎌倉さんに詳しく解説していただきました。特に、@NPOにとってのクラウドファンディングの理解、A明日から始める企画と計画の立て方、Bクラウドファンディング後の支援の活かし方という、3つのポイントを中心に講座を進めてもらいました。

さらに、クラウドファンディングの運営会社から、Readyforの徳永さん、GoodMorning(CAMPFIRE)の酒向さんにお越しいただき、サービスの特徴を紹介していただきました。最後の質疑応答も、具体的な事例を交えてお話しいただきました。

NPO/NGOや学校法人、自治体等の関係者というプロジェクトオーナーになる立場の人のみならず、クラウドファンディング運営会社やふるさと納税サイト運営会社の役職員の方々にとっても、有意義なセミナーになったと思います。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
NPOのためのクラウドファンディング活用講座
〜準備から終了後までが挑戦期間です!〜


日 時:2019年4月22日(月)19:00〜21:00
場 所:日本財団ビル2階会議室
対 象:NPO関係者をはじめ、クラウドファンディングに
    興味のある方ならどなたでも
参加者:40名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

941831CE-8679-4EF5-B94A-D38AEBCEBD18.jpeg

<講師>
鎌倉幸子さん(認定ファンドレイザー)
宮本聡さん(認定ファンドレイザー)
徳永健人さん(READYFOR)
酒向萌実さん(GoodMorning)

F0E0699C-2CE2-449F-AA32-F1CD6FB93F4D.jpeg

D17CA7E2-D5EC-4ADD-BC77-30EC80FC6C1D.jpeg

79B0751A-EC05-48E0-BABF-2B466DC7BFB9.jpeg

D0ABAEDC-1E12-4E43-801A-83020BD1F200.jpeg

<内容>
・企画者からの導入(問題意識の共有と今日持ち帰ってもらいたいもの)
・NPOにとってのクラウドファンディングとは何か
・クラウドファンディング市場や類型の解説
・プラットフォームの特徴と選び方
・クラウドファンディングの企画と計画の進め方
・事例の紹介
・クラウドファンディング後の世界
・まとめ


今回の講座の内容をボランティア参加してくれた佐藤那桜さん(学生)にまとめてもらいました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
近年、クラウドファンディングという言葉をよく耳にするようになりました。クラウドファンディングとは、その名の通りクラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を組み合わせた言葉であり、プロジェクトを専用のインターネットサイトで投稿し共感して頂いた不特定多数の方から資金を得る方法です。
日本でも2011年に国内初のクラウドファンディングサイトReadyfor(レディーフォー)が創設されて以来、企業や組織、個人により大小様々なプロジェクトが行われています。

そんなクラウドファンディング関する「NPOのためのクラウドファンディング活用講座」が日本財団CANPANにより2019年4月22日開催され、約40名のセミナー参加者を集めました。
本セミナーには、4名のゲストスピーカーが登壇が行われました。

まず、認定ファンドレイザーでもあり様々な業種での職務経験を持つ宮本さんによりクラウドファンディングに関する基礎的なお話をしていただきました。基礎知識、また現在のクラウドファンディングの数的統計などを知ることによりクラウドファンディングに対する理解を深めることが出来ました。

次に、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会で長年ファンドレイジング事業に携わっていた鎌倉幸子さんにご自身の体験談を交えてNPO組織がクラウドファンディングを行う上での大切なことをお話していただきました。陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクトのお話は非常に印象的でした。

その後、クラウドファンディングサイトを運営している2社、Readyfor、GoodMornigによりそれぞれの会社のサービス、特徴含め説明していただきました。

私が本セミナーに参加して1番印象に残ったことは、宮本さん、鎌倉さん、お二方がどちらも話されていた「クラウドファンディングとはただお金を集めることを目的とするものではない」ということです。1人から集めた100万円、100人が1人1万円ずつ出してくれて集まった100万円、数字だけ見れば同じかもしれません。しかし、支援者の人数は"心が動いた数"であり100人から集めた100万円は100万円を集めたという事だけではなく100人の心を動かしたという事になります。

また、登壇後の質問コーナーでも興味深いお話を聞かせていただきました。
クラウドファンディングを行う際、一般的にリターンを設定しなければいけませんが、このリターンの設計も1つ重要な要素だと思っていたため、この点について伺いました。
すると、リターンは"物"より"経験"が好まれると回答されました。支援者の多くはプロジェクトに共感し支援しており、多くの方は「自分もプロジェクトに参加したい」というような気持ちで支援するようです。そのため、お礼の品などよりは何かプロジェクトに関われたという経験の方が良いそうです。
宮本さんによると、あるプロジェクトでは100万円の支援で経営参入権がリターンとして設定されていたそうです。鎌倉さんの陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクトでも、1万円のリターンとして設定された希望の本を1冊名前入りで蔵書として寄贈できる権利が非常に人気がありました。また、小さなものだとプロジェクト終了後の打ち上げパーティー参加権も人気なのだそうです。

私は、本セミナー参加を通してクラウドファンディングに対する考えが大きく変わりました。
参加前、クラウドファンディングとは、銀行等から融資を受けることが難しい個人や小さな団体でも資金調達が出来る画期的なシステム程度に考えていました。
しかし、クラウドファンディングとはプロジェクトを通して共感者を集め、周りを巻き込んでいく資金調達以外の側面、社会へのインパクトが重要だということを考えさせられました。
ーーーーーーーーーーーー


【参加者のみなさんの感想シート】






<講師プロフィール>
鎌倉幸子さん(認定ファンドレイザー/認定講師)

BE83D7AA-22D7-4F53-8421-7A3A1A52745A.jpeg

かまくらさちこ株式会社代表取締役
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会専門アドバイザー
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター専門アドバイザー

アメリカ・ヴァーモント州のSchool for International Trainingで異文化経営学修士。1999年、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所図書館事業課コーディネーターとして500をこえる小学校に図書室を設置する。2007年、同団体の東京事務所異動後、ファンドレイザーとして大口・小口寄付、助成金、継続寄付、遺贈、ITを活用したファンドレイジング、データベース等を担当。2012年にReadyforを活用しプロデュースした「陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト」が当時の支援額日本一位になる。2016年1月にかまくらさちこ株式会社を設立。公共セクターのファンドレイジングやコミュニケーション支援等を行っている。日本ファンドレイジング協会のファンドレイジングスクールのITコミュニケーション講師。


宮本聡さん(認定ファンドレイザー)

99436E02-A6DA-45AE-B7C8-7F3C484185D5.jpeg

営業コンサルタント
ファンドレイジングアドバイザー
(株)シティインデックス海外不動産事業マネージングディレクター
認定特定非営利活動法人ACE 理事
公益財団法人 ふじのくに未来財団 理事
株式会社リビルド 社会貢献部長
一般財団法人 共益投資基金JAPAN 理事
一般社団法人日本クラウドファンディング協会 個人会員。

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科卒業。1972年静岡県(西伊豆)生まれ。
鉄道会社、地域金融機関、不動産仲介会社、外資系金融経済情報会社、中間支援NPO、マンションディベロッパー、クラウドファンディング運営会社など、様々な業種での勤務経験を持つ営業コンサルタント/ファンドレイジングアドバイザー。主に中小企業やNPO/NGOの経営や営業の支援を行うコンサルタントとして活動する傍ら、海外不動産の販売やファイナンシャルプランナーとして事業承継や資産活用の助言も行う


徳永健人さん(READYFOR)

C5F59DEE-3ABF-4FC4-A705-32CC2190D29A.jpeg

READYFOR/ソーシャルインパクト事業部リードキュレーター

横浜国立大学卒業/大学院博士課程前期在学。学部在学中は、パラグアイ共和国に教育支援を行うNPOに所属。フェアトレード活動等を通じた資金調達のほか、現地でのフィールドワークを実施。その後、青年海外協力隊隊員としてザンビア共和国で活動。2015年、READYFORに入社し、社会貢献活動のプロジェクトを主に担当。鹿児島県出身。
https://readyfor.jp/


酒向萌実さん(GoodMorning)

F8284495-9AFD-40CE-AF7C-62C05B5115C8.jpeg

株式会社GoodMorning 代表取締役社長

1994年2月生まれ、東京出身。ICU卒。2017年1月より株式会社CAMPFIREに参画。ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング"GoodMorning"立ち上げメンバーとしてプロジェクトサポートに従事、担当した代表的な事例として、スタディクーポン、日本初の裁判費用クラウドファンディング、緊急災害支援など。事業責任者を経て、2019年4月に事業を分社化、株式会社GoodMorning代表に就任。一人ひとりが連帯し合える社会を目指し、クラウドファンディングを活用した社会課題の解決や認知拡大などに取り組む。
https://camp-fire.jp/goodmorning



講師の鎌倉さん、宮本さん、徳永さん、酒向さん、ご参加いただいたみなさま、報告記事を書いてくれた佐藤さん、ありがとうございました。
【開催案内】ギビング・サロン2019年5月〜寄付をしている人のための社交場〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年5月14日(火)夜・東京 [2019年04月18日(Thu)]

寄付をしている人のための社交場「ギビング・サロン」を企画しました。
第5回目の開催となります。
このイベントは、寄付経験者限定のものとして企画しています。

寄付者サロンのコピー (2).png

寄付をしたことのある人同士で、お互いの寄付体験について共有し、寄付への思いや寄付によって得られた価値を語り合う場です。

特に、NPOによるプレゼンも、ゲストによるトークもありません。
ただただ、寄付者が寄付について語り合うサロンです。
食べながら、飲みながら、寄付について語り合いながら、心も気候も陽気に過ごしませんか。
寄付について語り合いたいという寄付者のみなさん、ぜひご参加ください。
少数の参加者によるサロンですので、お早めにお申し込みください。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
Giving Salon(ギビング・サロン) 2019年5月
〜寄付をしている人のための社交場〜
 Presented by KifuCreator

日 時:2019年5月14日(火)19:00〜21:30
場 所:東京・赤坂周辺の飲食店
対 象:過去1年にNPO等に寄付をした方
定 員:6名
参加費:飲食代実費(5,000円前後)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
以下のメールアドレス宛にご連絡ください。
・氏名 ・所属先 ・過去の寄付の実績
[メール]canpanforum@canpan.jp


【注意事項】
本イベントは、寄付を集めている団体のためのものではありません。イベントの中で、ご自身がなされている、資金を集める側の寄付についての話題もお控えください。
あくまで、寄付をする側の人のための語らいの場です。


<スケジュール>
19:00 オープニング
・趣旨説明
・ワークシート記入
・乾杯

19:15 自己紹介タイム
・みんなで自己紹介
 名前、所属、普段のお仕事

19:30 ディスカッションタイム
ワークシートを用いながら、みんなでトーク

20:45 歓談タイム

21:15 クロージング
・今日の感想

21:30 終了


<参加申し込み>
以下のメールアドレス宛にご連絡ください。
・氏名
・所属先
・過去の寄付の実績
[メール]canpanforum@canpan.jp

・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・参加費は、当日、お店で精算となります。
・領収書の発行は致しませんので、あらかじめご了承ください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 山田

E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催報告】ギビング・サロン2019年4月〜寄付をしている人のための社交場「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) 2019年4月17日・夜 [2019年04月18日(Thu)]

寄付をしている人のための社交場「ギビング・サロン」も、第4回目の開催となりました。
このイベントは、寄付経験者限定のものとして企画しています。

5A4FC695-E691-4E3E-B395-B3A40DAF4817.jpeg

寄付をしたことのある人同士で、お互いの寄付体験について共有し、寄付への思いや寄付によって得られた価値を語り合う場です。

特に、NPOによるプレゼンも、ゲストによるトークもありません。
ただただ、寄付者が寄付について語り合うサロンです。
食べながら、飲みながら、寄付について語り合いながら、心も気候も陽気に過ごしませんか。
寄付について語り合いたいという寄付者のみなさん、ぜひご参加ください。
少数の参加者によるサロンですので、お早めにお申し込みください。
今回は、新札発表記念として、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎を寄付の視点から語りあう会として企画しましたが、参加者のみなさん自身が素晴らしい活動をされている方ばかりで、みなさんのお話をお聞きするだけで、とっても充実した時間となりました。



日本財団CANPAN・NPOフォーラム
Giving Salon(ギビング・サロン) 2019年4月
〜寄付をしている人のための社交場〜
「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」
 Presented by KifuCreator


日 時:2019年4月17日(水)19:00〜21:30
場 所:東北酒場 トレジオンポート (赤坂)
    https://tregion-bal.com/tregion-port/
対 象:過去1年にNPO等に寄付をした方
定 員:4名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

5943B8B1-378E-42F0-AAFD-755E99C4A20C.jpeg

今回のお店は、東北6県の美味しい食べ物と飲み物が味わえる「東北酒場 トレジオンポート」でした。食べながら、飲みながら、東北の物産で復興支援につながるという素敵なお店です。
ギビングサロンには、うってつけのお店です。
https://tregion-bal.com/tregion-port/


新札の肖像画に、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が選ばれました。
この3人の共通点といえば、やはり「寄付」です。
渋沢栄一は数多くの社会事業や教育機関の設立に関わり、そのたびにファンドレイザーとして役割を果たしてきました。
津田梅子は、「日本婦人米国奨学金」(ジャパニーズ・スカラシップ)という、日本女性留学のための奨学金設立を発起し、公演や募金活動などを行ったり、さらに、津田塾大学の設立のために、日米で積極的なファンドレイジングを実践してきました。
北里柴三郎は、伝染病研究所や結核の療養所、そして北里研究所などの設立の際には、福沢諭吉や実業家の森村市左衛門の寄付を受けながら、立ち上げています。

今回は、新札発行を記念して、この3人の寄付やファンドレイジングに焦点をあてて、トークを開始しましたが、参加された方が個性的でそれぞれ素晴らしい活動をされているので、参加者同士の活動紹介や寄付への思いで盛り上がりました。

こちら、ご参考までに新札肖像画の3名のファンドレイジングです。

Vol.50【ファンドレイジングスーパースター列伝】 渋沢栄一(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1196

No.200【ファンドレイジングスーパースター列伝】青い目の人形(アメリカと日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1446

No.205【ファンドレイジングスーパースター列伝】津田梅子(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1459

Vol.399【ファンドレイジングスーパースター列伝】北里柴三郎(日本
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1864


57649216_411167436326786_6613468351224086528_n.jpg

今回は、4名の参加だったので、参加者同士でじっくりそれぞれの活動のお話をお聞きすることが出来ました。寄付を集める側、寄付をする側、どちらの立場も経験されていることなどを共有することが出来ました。

寄付に関する話題をいくつかピックアップします。

・どの活動を応援するのか、活動内容よりも共感したかどうかで寄付をすることもある。

・寄付をする時(主にクラウドファンディング)には、返礼品を楽しみに寄付する人も、そういったものに興味関心がない人も、両方いる。

・クラウドファンディングが始まる前は、寄付にお礼の品がつくこと自体、少なかった。

・お金じゃない寄付も大事。自分の能力や時間をボランティアとして寄付することも楽しい。

・ミャンマーは寄付大国。貧しい人ほど寄付をするとのこと。

・古本の寄付やクリック募金、Tポイント募金など、お金がなくても、いろんな寄付の形がある。

・自分が何もできない時にこそ寄付を積極的にする。

・寄付には、自分が出来ないことを託すという意味もある。


寄付をテーマに語りあうと、いろんなものが見えてきますね。


1D38F8AA-CF7B-489F-9F90-15FEA83199EB.jpeg

こちらの写真は、お店にあった「南相馬市サポーター募集」のチラシです。
https://www.city.minamisoma.lg.jp/attraction/experience/supporters/7196.html

ぜひ、サイトをチェックしてみてください。

今回は、懇親会の会費のお釣り、659円を日本財団災害復興支援特別基金に寄付をしました。
【開催案内】IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+(twenty-five and beyond)】【25+C】「理事と理事会を活かす・育てる:ガバナンスの基礎の再確認と、確立・拡充のヒント」2019年5月20日(月)夜・東京 [2019年04月16日(Tue)]

IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+】(twenty-five and beyond)の第4弾として、
「理事と理事会を活かす・育てる:ガバナンスの基礎の再確認と、確立・拡充のヒント」を開催します。

日時:5月20日(月) 18:30から21:00まで
会場:日本財団ビル 2階1・2会議室(東京都港区赤坂1−2−2)
   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、丸ノ内線・
   千代田線「国会議事堂前駅」より徒歩10分。
   https://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト

主な内容:
 理事・理事会の基本的責任
 理事・理事会を活かす・育てる15のポイント
 解説講義の後、各団体の「理事会リバイバルプラン」を作成して
 いただく個人作業と共有の時間を設けます。

対象:社会の課題解決や理想実現に挑む事業に、団体としてかかわる方
   (財団・社団法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人などの
    法人格は問いません)。
   ※各組織から2名以上のご参加を強くお勧めします。
    ご経験の年数や役職は問いません。
   ※お手元の参照用資料として、年次報告書(事業報告書と
    活動計算書)、定款、昨年度の理事会の議事録を、
    必ずご持参ください。
   ※活動や団体の支援者の方のご参加も歓迎しますが、
    その場合も、ご自身のご所属の団体を題材としてワークに
    ご参加いただくようお願いいたします。

講師:川北秀人(IIHOE代表者)略歴はリンク先をご参照ください。

受講料:お1人3,500円(税込、テキスト代を含む)
   ※1組織からお2人め以降は、お1人につき3,000円(税込)。
    例:お二人ご参加の場合:
      3,500円+3,000円=6,500円
    例:3人でご参加の場合: 
      3,500円+3,000円+3,000円=9,500円
   ※事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みを
    お願いします。

お申し込み:電子メールにて下記あてにお申し込みください。
     ※通常、お申込みいただいてから2日以内に受領のご連絡を
      電子メールでお送りしますので、誠に恐れ入りますが、
      未着の場合はご一報ください。

下記の項目についてご記入の上、office.iihoe(a)gmail.com にお送りください。
*(a)を@に変換してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ご所属組織名:
・請求書・領収書お宛名(上記と異なる場合)
・ご連絡先電話番号(および当日連絡がつく電話番号)
・ご連絡先メールアドレス
 *事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みをお願いします。
 *請求書記載内容に希望がある場合は、備考欄にご記入ください。
・(参加者1)お名前
・(参加者1)ご役職
・(参加者2)お名前
・(参加者2)ご役職
・備考
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お問合せ先:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
電子メール: office.iihoe(a)gmail.com  *(a)を@に変換してください。
電話: 03-6280-5944

●IIHOE設立25年謝恩プログラム
【25+(twenty-five and beyond)】の最新情報はこちらから
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/396
Posted by 藤川 幸子 at 11:15 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+(twenty-five and beyond)】【25+A】「カタカナを使わずに社会的な価値や効果を確認する」2019年4月29日(月・祝)午後・東京 [2019年04月16日(Tue)]

IIHOE設立25年謝恩プログラム【25+】(twenty-five and beyond)の第2弾として、
「カタカナを使わずに社会的な価値や効果を確認する」を開催します。

日時:4月29日(月・祝) 13:30から17:30まで
会場:日本財団ビル 2階1・2会議室(東京都港区赤坂1−2−2)
   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」、南北線・銀座線「溜池山王駅」、丸ノ内線・
   千代田線「国会議事堂前駅」より徒歩10分。
   https://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト

主な内容:
 社会の課題に挑むNPOや事業者にとって「評価」とは?
 定款・規約に掲げた組織の目的・理念から、価値と評価を定義する

対象:社会の課題解決や理想実現に挑む事業に、団体としてかかわる方
   (NPO・社会事業家など)。
   ※各組織から2名以上のご参加を強くお勧めします。
    ご経験の年数や役職は問いません。
   ※お手元の参照用資料として、年次報告書(事業報告書と
    活動計算書)と定款を、必ずご持参ください。
   ※活動や団体の支援者の方のご参加も歓迎しますが、
    その場合も、ご自身のご所属の団体を題材としてワークに
    ご参加いただくようお願いいたします。

講師:川北秀人氏(IIHOE代表者)略歴は下記をご参照ください。
   http://blog.canpan.info/iihoe/archive/10

受講料:お1人4,000円(税込、テキスト代を含む)
   ※テキスト「ソシオ・マネジメント」第1号
    「社会を変える5つの原則・組織を育てる12のチカラ」を
    ご持参くださった方は3,000円。
   ※1組織からお2人め以降は、お1人につき3,000円(税込)。
    テキストをご持参くださった場合には同2,500円(税込)。 
    例:お二人ご参加でともにテキストご持参の場合:
      3,000円+2,500円=5,500円
    例:3人でご参加でお1人のみテキストご持参の場合: 
      3,000円+3,000円+3,000円=9,000円
   ※事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みを
    お願いします。

お申し込み:電子メールにて下記あてにお申し込みください。
     ※通常、お申込みいただいてから2日以内に受領のご連絡を
      電子メールでお送りしますので、誠に恐れ入りますが、
      未着の場合はご一報ください。

下記の項目についてご記入の上、office.iihoe(a)gmail.com にお送りください。
*(a)を@に変換してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ご所属組織名:
・請求書・領収書お宛名(上記と異なる場合)
・ご連絡先電話番号(および当日連絡がつく電話番号)
・ご連絡先メールアドレス
 *事前に請求書をお送りしますので当日までにお振り込みをお願いします。
 *請求書記載内容に希望がある場合は、備考欄にご記入ください。
・(参加者1)お名前
・(参加者1)ご役職
・(参加者1)テキスト「社会を変える5つの原則、組織を育てる12のチカラ」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】

・(参加者2)お名前
・(参加者2)ご役職
・(参加者2)テキスト「社会を変える5つの原則、組織を育てる12のチカラ」
       持参する・持っていない【※該当する方をお残しください】
・備考
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お問合せ先:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
電子メール: office.iihoe(a)gmail.com  *(a)を@に変換してください。
電話: 03-6280-5944

●IIHOE設立25年謝恩プログラム
 【25+(twenty-five and beyond)】の最新情報はこちらから
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/399
Posted by 藤川 幸子 at 11:11 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】IIHOE設立25年謝恩プログラム「25+(twenty-five and beyond)」を全国各地で開催(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])【25+@】「2019年度・中間支援組織・支援センター役職員向け合同研修会」2019年4月26〜27日・岡山 [2019年04月16日(Tue)]

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]が、設立25年謝恩プログラム「25+(twenty-five and beyond)」を全国各地で開催しますので、ぜひチェックしてください。
第1弾として、「2019年度・中間支援組織・支援センター役職員向け合同研修会〜平時も災害時も 「あって良かった」「助かった」と言われる支援組織であるために。〜」を開催します。

original.jpg

中国5県中間支援組織連絡協議会では、地域における課題解決を支援する組織及び人材として、その役割を果たせるように毎年度、この春の組織の枠を超えた学びあいの場を開いてきました。合同研修には全国から志のある支援者や行政職員など毎年100名以上の方にご参加をいただいています。

今年度は特に2018年度に同時多発した災害とそこでの広島、岡山を中心とした災害対応の経験を踏まえて、災害発生時に役割を果たせる支援力「災害支援対応力」のある組織と人を育成するための研修と、組織や個人やセクターの壁を越えて共に地域の課題解決や価値創造に参画し、取り組むことを促す「エンパワメント力」を強化することを主軸に開催を行います。

またあわせて、今年度もIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]様のご協力をいただき、ソシオマネジメントスクールとして、支援者としての大切な基本に関する学びとしての「支援力研修」を開催すると共に、支援者による学びあいの機会も設けます。

目の前のことや動きに振り回されるのではなく、2020年まで残り1年となったこの重要な年に、ポスト平成の社会において地域に必要とされ、社会に立ち位置のある支援組織、支援人となることを目指すべく、共に鍛錬をしようと動く方のご参加を、組織の形態を問わずお待ちしております。勿論、中国地方5県だけでなく、全国その他地域からの参加も歓迎いたします。

【25+@】2019年度・中間支援組織・支援センター役職員向け合同研修会
平時も災害時も 「あって良かった」「助かった」と言われる支援組織であるために。
〜地域から支援の環境を変えていくために〜
(主催:中国5県中間支援組織連絡協議会)


●日程:2019年4月26日(金)〜27日(土) 
※前日夜にもオプション企画を開催します。

●場所:岡山県総合福祉 ボランティア NPO会館
〒700-0807 岡山市北区南方2丁目13-1

●内容・講師・スケジュール・会場・参加費:次の表をご確認ください。
※参加費の請求書などが必要な方はお申し込み時にお知らせください。

●対象:中間支援組織・支援センターの役職員、協働・NPO/市民活動・地域活動支援・災害支援担当部署の行政職員の方など

●参加費:1日1人5,000円(同組織2人目より大幅割引1,000円)

●主催:中国5県中間支援組織連絡協議会
(構成:NPO法人ひろしまNPOセンター、NPO法人やまぐち県民ネット21、公益財団法人ふるさと島根定住財団、公益財団法人とっとり県民活動活性化センター、NPO法人岡山NPOセンター)

●参加申込方法:こちらのお申込みフォームよりお申し込みください。
※お申込み締切日:2019年4月19日(金)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScsn9WJEHcHRndX8B4cBPG6ksi2E_LNGAQ1YYjXa76tgICcyg/viewform

●お申込み・お問合せ先:中国5県中間支援組織連絡協議会
(事務局:NPO法人岡山NPOセンター)
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階
TEL 086-224-0995   FAX 086-224-0997
Eメール npokayama@gmail.com
(月〜金 9:00〜17:00)

●設立25年謝恩プログラム「25+(twenty-five and beyond)」の最新情報はこちらから
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/396

●プログラムの詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/chugoku5?fbclid=IwAR2jJmFG77jfEHP353HgwlFxbGN49KUXmHmzXDcRR-dIfZ_qTDb8SghynnE
Posted by 藤川 幸子 at 10:54 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】ギビング・サロン2019年4月〜寄付をしている人のための社交場「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年4月17日(水)夜・東京 [2019年04月09日(Tue)]

寄付をしている人のための社交場「ギビング・サロン」を企画しました。
第4回目の開催となります。
このイベントは、寄付経験者限定のものとして企画しています。

寄付者サロンのコピー (1).png

寄付をしたことのある人同士で、お互いの寄付体験について共有し、寄付への思いや寄付によって得られた価値を語り合う場です。

特に、NPOによるプレゼンも、ゲストによるトークもありません。
ただただ、寄付者が寄付について語り合うサロンです。
食べながら、飲みながら、寄付について語り合いながら、心も気候も陽気に過ごしませんか。
寄付について語り合いたいという寄付者のみなさん、ぜひご参加ください。
少数の参加者によるサロンですので、お早めにお申し込みください。

今回は、特別編として、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎を寄付の視点から語ります。



日本財団CANPAN・NPOフォーラム
Giving Salon(ギビング・サロン) 2019年4月
〜寄付をしている人のための社交場〜
「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」
 Presented by KifuCreator


日 時:2019年4月17日(水)19:00〜21:30
場 所:東京・赤坂周辺の飲食店
対 象:過去1年にNPO等に寄付をした方
定 員:6名
参加費:飲食代実費(5,000円前後)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
以下のメールアドレス宛にご連絡ください。
・氏名 ・所属先 ・過去の寄付の実績
[メール]canpanforum@canpan.jp


新札の肖像画に、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が選ばれました。
この3人の共通点といえば、やはり「寄付」です。
渋沢栄一は数多くの社会事業や教育機関の設立に関わり、そのたびにファンドレイザーとして役割を果たしてきました。
津田梅子は、「日本婦人米国奨学金」(ジャパニーズ・スカラシップ)という、日本女性留学のための奨学金設立を発起し、公演や募金活動などを行ったり、さらに、津田塾大学の設立のために、日米で積極的なファンドレイジングを実践してきました。
北里柴三郎は、伝染病研究所や結核の療養所、そして北里研究所などの設立の際には、福沢諭吉や実業家の森村市左衛門の寄付を受けながら、立ち上げています。

今回は、新札発行を記念して、この3人の寄付やファンドレイジングに焦点をあてて、トークをしていきます。
ナビゲーターとして、CANPAN山田が3人の偉人について話題提供を行います。


Vol.50【ファンドレイジングスーパースター列伝】 渋沢栄一(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1196

No.200【ファンドレイジングスーパースター列伝】青い目の人形(アメリカと日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1446

No.205【ファンドレイジングスーパースター列伝】津田梅子(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1459

Vol.399【ファンドレイジングスーパースター列伝】北里柴三郎(日本
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1864



【注意事項】
本イベントは、寄付を集めている団体のためのものではありません。イベントの中で、ご自身がなされている、資金を集める側の寄付についての話題もお控えください。
あくまで、寄付をする側の人のための語らいの場です。


<スケジュール>
19:00 オープニング
・趣旨説明
・ワークシート記入
・乾杯

19:15 自己紹介タイム
・みんなで自己紹介
 名前、所属、普段のお仕事

19:30 話題提供
「渋沢、津田、北里の寄付とファンドレイジング」

20:00 ディスカッションタイム
みんなでトーク

20:45 歓談タイム

21:15 クロージング
・今日の感想

21:30 終了


<参加申し込み>
以下のメールアドレス宛にご連絡ください。
・氏名
・所属先
・過去の寄付の実績
[メール]canpanforum@canpan.jp

・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・参加費は、当日、お店で精算となります。
・領収書の発行は致しませんので、あらかじめご了承ください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 山田

E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催案内】NPOのためのクラウドファンディング活用講座〜準備から終了後までが挑戦期間です!〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年4月22日(月)夜・東京 [2019年04月01日(Mon)]

今度のCANAPNセミナーは、あらためて「クラウドファンディング」がテーマです。

NPOのための クラウドファンディング 活用講座.png


クラウドファンディングという言葉はかなり一般的になってきましたが、起案されるプロジェクトの数は「購入型」が圧倒的に多く、そのHowToもいわゆる「購入型」を主眼においたものが中心で語られています。ただ、NPOが支援を集めるクラウドファンディングは一般事業者が行うそれとはまったく性質が異なるもので、そこを理解しないと大きく戦略を見誤ります。

今回の講座は、「NPOにとってのクラウドファンディング活用法」をテーマに詳しく解説いたします。特に、@NPOにとってのクラウドファンディングの理解、A明日から始める企画と計画の立て方、Bクラウドファンディング後の支援の活かし方という、3つのポイントを中心に講座を進めていきます。

クラウドファンディングの運営会社から、Readyforの徳永さん、GoodMorning(CAMPFIRE)の酒向さんにお越しいただき、サービスの特徴を紹介していただく他、司会者がちょっと聞き辛いことまでいろいろ聞き出します。

NPO/NGOや学校法人、自治体等の関係者というプロジェクトオーナーになる立場の人のみならず、クラウドファンディング運営会社やふるさと納税サイト運営会社の役職員の方々に、ぜひご参加いただきたいセミナーです。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
NPOのためのクラウドファンディング活用講座
〜準備から終了後までが挑戦期間です!〜


日 時:2019年4月22日(月)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル2階会議室
対 象:NPO関係者をはじめ、クラウドファンディングに
    興味のある方ならどなたでも
参加費:一般5,000円 学生1,000円(要事前決済)
    ※学生のカテゴリーは社会人大学生等を除く
定 員:35名 ※会議室を変更し、定員を増員しました。
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちら★★★
https://canpan20190422.peatix.com

※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。

【キャンセルポリシーについて】
キャンセルは、2019年4月18日(木)17:00まで受付いたします。
それ以降のキャンセルはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
コンビニ・ATM払いは、システムの都合上、500円のキャンセル手数料が発生します。


<講師>
鎌倉幸子さん(認定ファンドレイザー)
宮本聡さん(認定ファンドレイザー)
徳永健人さん(READYFOR)
酒向萌実さん(GoodMorning)


<内容>
・企画者からの導入(問題意識の共有と今日持ち帰ってもらいたいもの)
・NPOにとってのクラウドファンディングとは何か
・クラウドファンディング市場や類型の解説
・プラットフォームの特徴と選び方
・クラウドファンディングの企画と計画の進め方
・事例の紹介
・クラウドファンディング後の世界
・まとめ



<講師プロフィール>
鎌倉幸子さん(認定ファンドレイザー/認定講師)

53803599_2227177047374539_1043524169272131584_n.jpg

かまくらさちこ株式会社代表取締役
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会専門アドバイザー
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター専門アドバイザー

アメリカ・ヴァーモント州のSchool for International Trainingで異文化経営学修士。1999年、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所図書館事業課コーディネーターとして500をこえる小学校に図書室を設置する。2007年、同団体の東京事務所異動後、ファンドレイザーとして大口・小口寄付、助成金、継続寄付、遺贈、ITを活用したファンドレイジング、データベース等を担当。2012年にReadyforを活用しプロデュースした「陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト」が当時の支援額日本一位になる。2016年1月にかまくらさちこ株式会社を設立。公共セクターのファンドレイジングやコミュニケーション支援等を行っている。日本ファンドレイジング協会のファンドレイジングスクールのITコミュニケーション講師。


宮本聡さん(認定ファンドレイザー)

54514713_346737115976513_370087350392324096_n.jpg

営業コンサルタント
ファンドレイジングアドバイザー
(株)シティインデックス海外不動産事業マネージングディレクター
認定特定非営利活動法人ACE 理事
公益財団法人 ふじのくに未来財団 理事
株式会社リビルド 社会貢献部長
一般財団法人 共益投資基金JAPAN 理事
一般社団法人日本クラウドファンディング協会 個人会員。

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科卒業。1972年静岡県(西伊豆)生まれ。
鉄道会社、地域金融機関、不動産仲介会社、外資系金融経済情報会社、中間支援NPO、マンションディベロッパー、クラウドファンディング運営会社など、様々な業種での勤務経験を持つ営業コンサルタント/ファンドレイジングアドバイザー。主に中小企業やNPO/NGOの経営や営業の支援を行うコンサルタントとして活動する傍ら、海外不動産の販売やファイナンシャルプランナーとして事業承継や資産活用の助言も行う


徳永健人さん(READYFOR)

56910185_418284452293363_783751056717774848_n.jpg

READYFOR/ソーシャルインパクト事業部リードキュレーター

横浜国立大学卒業/大学院博士課程前期在学。学部在学中は、パラグアイ共和国に教育支援を行うNPOに所属。フェアトレード活動等を通じた資金調達のほか、現地でのフィールドワークを実施。その後、青年海外協力隊隊員としてザンビア共和国で活動。2015年、READYFORに入社し、社会貢献活動のプロジェクトを主に担当。鹿児島県出身。
https://readyfor.jp/


酒向萌実さん(GoodMorning)

SAKOMOMI_profile.jpg

株式会社GoodMorning 代表取締役社長

1994年2月生まれ、東京出身。ICU卒。2017年1月より株式会社CAMPFIREに参画。ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング"GoodMorning"立ち上げメンバーとしてプロジェクトサポートに従事、担当した代表的な事例として、スタディクーポン、日本初の裁判費用クラウドファンディング、緊急災害支援など。事業責任者を経て、2019年4月に事業を分社化、株式会社GoodMorning代表に就任。一人ひとりが連帯し合える社会を目指し、クラウドファンディングを活用した社会課題の解決や認知拡大などに取り組む。(
https://camp-fire.jp/goodmorning



<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
https://canpan20190422.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は4月22日(月)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、4月21(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは上記キャンセルポリシーをご確認ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
| 次へ