CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« canpan活用 | Main | コミュニティ»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13) inoueshoin
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/8/24-28) (09/04) 名古屋
【満員御礼!】出身地Day 夏の交流会2015(TIP*S/中小機構&日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年8月24日(月)夜 (08/23)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催案内】ソシオ・マネジメント・スクール 2017年夏季コースのご案内 [2017年01月12日(Thu)]

2017年夏季もIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]主催で、ソシオ・マネジメント・スクール を下記を東京(4コース)と岡山(2コース)で開講します!会場は、日本財団(東京都港区赤坂)および岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(岡山市北区南方)です。お申込み締切は、各コース初回の1週間前です。みなさまのご参加をお待ちしています!

ソシオ・マネジメント・スクール
School of Socio Management
2017年夏季コースのご案内


主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
共催:日本財団CANPANプロジェクト、(特)岡山NPOセンター、
   中国5県中間支援組織連絡協議会(予定)

<コース概要>
===============================
■<RCS17s>in岡山
自治体における協働の定義・しくみ・進め方の再構築
(全2回)

【トピック】
・協働から総働へ
・協働の必要性の再確認
・ベスト・プラクティスから学ぶ
・協働推進ロードマップの作成

日時:※5/16(火)10時30分〜20時、10/10(火)13時〜15時45分
※<SCM17s>「小規模多機能自治の担い手の育成・支援と、その基盤づくり」と合同開催。
対象:自治体行政の協働推進担当管理職・中間支援機関の役員等
(同一地域から2名以上のご参加必須)
受講料(税別):1地域(2名)20,000円
*3人目以降は、お1人につき5,000円。*第1日目の昼・夜の軽食代を含む。
===============================
■<SCM17s>in岡山
小規模多機能自治の担い手の育成・支援と、その基盤づくり
(全2回)

【トピック】
・小規模多機能自治の事例
・小規模多機能自治を進める施策と、しくみづくり
・地域の人口構成の予測
・行事・会議・組織の棚卸し

日時:※5/16(火)10時30分〜20時、10/10(火)16時〜18時45分
※<RCS17s>「自治体における協働の定義・しくみ・進め方の再構築」と合同開催。
対象:地域運営組織・地縁団体・地域づくり団体等、地域運営にかかわる方
受講料(税別):お1人11,000円
*第1日目の昼・夜の軽食代を含む。
===============================
■<NPM17s>in東京
社会の課題解決・理想実現に挑む事業と組織の運営の基礎
(全3回)

【トピック】
・ニーズのアセスメントと発信
・ビジネスモデルの開発と試行
・理事(会)など経営陣の育成

日時:4/09(日)11時〜20時、5/14(日)11時〜20時、7/02(日)11時〜20時
対象:社会の課題解決や理想実現に挑む事業の運営者(NPO・社会事業家など)
(各組織から2名以上のご参加必須)
受講料(税別):1団体(2名)30,000円
*3人目以降は、お1人につき5,000円。 *3回分の昼・夜の軽食代を含む。
===============================
■<FSC17s>in東京
市民活動支援機関の立て直し
(全3回)

【トピック】
・求められる姿勢と技能
・地域・社会の未来からの逆算
・重点支援対象にとって効果的な支援プログラムの整備
・理事(会)など経営陣の育成

日時:※4/10(月)11時〜20時、5/15(月)11時〜13時45分、7/03(月)11時〜13時45分
※<OGM17s>「助成プログラムの最適化」と合同開催。
対象:市民活動支援機関の理事・事務局長・マネジャー
(各組織から2名以上のご参加必須)

受講料(税別):1団体(2名)20,000円
*3人目以降は、お1人につき5,000円。 *第1日目の昼・夜の軽食代を含む。
===============================
■<CSR17s>in東京
企業の社会責任への取り組みの進化
(全3回)

【トピック】
・受動的対応から能動的価値創出へ
・人権への取り組みをどう進めるか(欧州の市民は何を求めているか)
・ベスト・プラクティスから学ぶ(第三者意見をどう生かすか)

日時:7/04(火)13時〜20時、8/08(火)15時〜18時、9/05(火)15時〜18時
対象:企業のCSR担当マネジャー
受講料(税別):お1人35,000円
*第1日目の夜の軽食代を含む。
===============================
■<OGM17s>in東京
助成プログラムの最適化
(全3回)

【トピック】
・目的と期待される効果から、助成プログラムを再構成する
・助成先とのコミュニケーション改善

日時:※4/10(月)11時〜20時、5/15(月)14時〜16時45分、7/03(月)14時〜16時45分
※<FSC17s>「市民活動支援機関の立て直し」と合同開催。
対象:助成機関の管理職以上の職員・役員
(各組織から2名以上のご参加必須)
受講料(税別):1機関(2名)20,000円
*3人目以降は、お1人につき5,000円。 *第1日目の昼・夜の軽食代を含む。
===============================

*会場・参加要件についてはこちら
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/304
*お申込みについてはこちら
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/305
*FAQ(よくある質問)はこちら
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/306
*2016年ご参加者からの推薦メッセージはこちら!
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/353

=====================
*最新情報はこちらをご覧ください*
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/352
=====================
Posted by 藤川 幸子 at 16:32 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】第二回『草の根ロビイング勉強会』〜若者や女性が考える「ロビイングで社会を変えるとは?」+交流会〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2017年2月15日(水)夜・東京 [2017年01月10日(Tue)]

今度のCANPAN・NPOフォーラムは、11月に開催して好評だった「ロビイング」に関するセミナーの第2弾を開催します。
これからの社会課題解決、社会をより良くしていく手法として、ぜひ押さえておきたい「ロビイング」です。

*2016年11月開催の報告記事はこちら*
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/743

gazou.png

2016年参議員選挙から18歳選挙権も始まり、若者の政治への関心が高まっています。しかし、政治との関わり方が、選挙に偏り過ぎではないでしょうか。選挙で政治家を選ぶだけでは、社会はよくなりません。ロビイングによって政治家に働きかけて社会を変える手法もあわせて知る必要があるのです。また、社会課題を解決するために活動しているNPOでも、ロビイングの手法を知らないために、その政策提言が適切な場所に届かず、いつまでも成果がでない団体も少なくありません。

しかし、ロビイングの手法を学ぶ場は少なく、政策塾やビジネススクールは多くのNPOにとって敷居が高い存在となっています。そのことにより草の根ロビイストが育つ環境が圧倒的に不足しているのが現状なのです。

最近では市民主体のロビイングに関する本が出版される時代になりました。今回のセミナーでは日本若者協議会代表理事の室橋祐貴さん、整形外科医で日本政策学校オーガナイザーの田中眞希さん、NPO向けアドボカシー解説本を発行しているシーズ・市民活動を支える制度をつくる会から関口宏聡さんを交えて若者や女性が考える「ロビイングで社会を変えるとは?」についてお話しします。

また、後半では同会場にて交流会も開催します。「仲間を集めたい!」、もしくは「やりたいテーマを探している!」という方は自己紹介タイムもありますのでぜひご自分の熱い想いを語ってください!

この機会にぜひ、歴史の発展に貢献する「草の根ロビイスト」について学んでみませんか。

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
第二回『草の根ロビイング勉強会』
〜若者や女性が考える「ロビイングで社会を変えるとは?」+交流会〜


日 時:2017年2月15日(水)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル 2階大会議室
定 員:100名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
主 催:日本財団CANPAN・NPOフォーラム

★★★お申込み★★★
http://canpan20170215.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


<スケジュール>
19:00 オープニング
・趣旨説明
19:10 基調講演「これからの日本社会を変えるにはアドボカシー、ロビイングが必要だ」
・草の根ロビイング勉強会 運営メンバー 明智カイトさん
19:30 パネルディスカッションタイム〜若者や女性が考える「ロビイングで社会を変えるとは?」
・日本若者協議会代表理事 室橋祐貴さん
・整形外科医、日本政策学校オーガナイザー 田中眞希さん
・シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 関口宏聡さん
(コーディネーター:明智カイト)
20:10 質疑応答
20:30 自己紹介タイム、交流会
21:00 終了


<書籍の紹介>
※当日は、書籍販売も予定しています。

誰でもできるロビイング入門〜社会を変える技術
明智カイト/著

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4334038948

投票やデモと異なる、政治に直接働きかける技術を解説
本書でいう「ロビイング」とは、業界団体が「もっと金よこせ」と言って政治家に圧力をかけることではない。日本ではあまり行われてこなかった、弱者やマイノリティを守るために政治に働きかけることである。圧力団体が行うロビイングとは目的が全く異なるので、「草の根ロビイング」という名称も使用する。
ロビイングはそれぞれテーマや、人によってやり方が異なるため、これまでマニュアルというものは存在しなかった。そこで、本書では暗黙の了解となっていたロビイングのルールと、様々な立場からロビイングに関わってきた方たちのテクニックを紹介していきたい。

1章 自殺対策のためのロビイング
清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)
2章 病児保育問題、待機児童問題のためのロビイング
駒崎弘樹(認定NPO法人フローレンス代表理事)             
3章 いじめ対策のためのロビイング
荻上チキ(評論家、「シノドス」編集長)                 
4章 児童扶養手当削減をめぐるロビイング
赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
5章 「性的マイノリティ」の人々に関するロビイング  
明智カイト(「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」代表) 

<登壇者プロフィール>
◎室橋 祐貴さん
Platnews編集長、日本若者協議会代表理事

1988年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。在学中から起業に携わり、2015年株式会社Platn(プラトン)を設立、代表取締役CEOに就任。政治解説メディアPlatnewsを運営。若者の声を政策に反映させる「日本若者協議会」代表理事。

◎田中 眞希さん
整形外科医、日本政策学校オーガナイザー

1966年生まれ。東京都出身。1992年慈恵医大卒業。各地の病院勤務を経て、2005年に東京都中央区に田中まき整形外科開業。1996年から97年にかけて東北大学附属病院の研究生だったこともあり、東日本大震災の後、2012年より年一回の市民講座「3.11を忘れずに向き合ってゆくために」を東京保険医協会にて開催。2016年に日本政策学校卒業。2017年より同校オーガナイザーとして、ヘルスリテラシーのプロジェクトに関わる。

◎関口 宏聡さん
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 代表理事

1984年生まれ、千葉県出身。2009年、東京学芸大学卒業。2007年からシーズに勤務し、2010年の日本ファンドレイジング協会設立に尽力。2011年や2016年のNPO法改正実現では、市民側の中心的役割を果たした。寄付税制や認定NPO法人制度の活用促進のため、NPO・市民への普及活動に奮闘中。新宿区協働支援会議委員、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会委員、東京ボランティア・市民活動センター運営委員など。

【団体紹介】
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会は、市民活動を促進する法制度制定のため1994年に設立された。1998年の特定非営利活動促進法(NPO法)や2001年の認定NPO法人制度立法過程で、市民サイドの中心的な役割を果たした。現在はこれらの活用促進とともに、社会の変化に対応した改正活動に継続的に取り組んでいる。


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20170215.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は2月15日(水)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、2月14日(火)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。

Posted by 藤川 幸子 at 14:26 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】脇坂税務会計事務所X日本財団CANPAN・会計セミナー第2弾 NPO法人、一般社団法人の会計(基礎編)2017年2月14(火)午後・東京 [2017年01月10日(Tue)]

CANPANのセミナーでも、NPO・非営利セクターの会計に関するコンテンツを充実していきます。

画像.png

NPO会計の第一人者である脇坂誠也税理士と、NPO向けセミナーのハブであるCANPANがタッグを組んで、非営利セクターの会計をテーマにしたセミナーを昨年より定期開催していくことになりました。

この度、その第2弾として、「NPO法人会計の基礎」をテーマに開催いたします。

これからの時期、年度末に向けて、予算や決算など、会計業務も繁忙期を迎え、会計に関する基礎的な知識を今のうちに確認しておきたいところだと思います。

今回は、NPO法人、一般社団法人や任意団体などの会計について、その概要から、勘定科目の設定、帳簿のつけ方、設立初年度の会計処理など、基礎的なことを、NPO法人会計基準をベースにしながら学んでいく、会計初心者のための講座です。 
また、長年、全国各地でNPO会計のセミナー講師をつとめる脇坂先生のセミナーを東京で受けられるのは貴重な機会です。

実際の会計担当の方や、会計についてあらためて学びたいと考えている理事や事務局長、会計業務の相談に対応するNPOセンターのスタッフなど、会計に携わっている方、興味関心がある方におススメのセミナーです。


脇坂税務会計事務所X日本財団CANPAN・会計セミナー第2弾
NPO法人、一般社団法人の会計(基礎編)


日 時:2017年2月14(火)13:30〜16:30(開場13:15)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対 象:NPO法人や一般社団法人の関係者
    これから団体設立を目指している方
    行政やNPOセンターの中間支援組織等の関係者
定 員:60名
参加費:3,000円(事前決済・キャンセル不可)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト 脇坂税務会計事務所
共 催:(一財)非営利組織評価センター

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20170214.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

<内容>
13:30 オープンにング
・趣旨説明
・CANPANサイトの紹介
・NPOのための第三者組織評価の紹介(非営利組織評価センター)

13:45 講演&ワーク
講師:脇坂誠也さん(脇坂税務会計事務所 所長)
第一部 NPO会計の概観、勘定科目について
第二部 帳簿のつけ方、会計ソフトについて

1630 終了

<講師プロフィール>
脇坂誠也さん
脇坂税務会計事務所 所長 認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク理事長

00001.JPG

平成2年早稲田大学卒業。平成3年〜5年 国際協力事業団青年海外協力隊コートジボワールに派遣。平成11年に脇坂税務会計事務所開設。税理士、中小企業診断士、行政書士。
「透明性の高い会計業務が出来てこそ、NPOの信頼性が向上し、活動を拡大することができる。」として、NPOの会計・税務の支援、サポートに活躍中。
認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク理事長、公益財団法人さわやか福祉財団、NPO法人日本ファンドレイジング協会、東日本大震災支援全国ネットワーク他監事
著書 「社会起業家のためのNPO・新公益法人Q&A」(三和書籍)、「一般社団法人・一般財団法人の会計・税務ハンドブック」(清文社)他
http://blog.canpan.info/waki/

<脇坂税務会計事務所>
NPOの会計税務の情報発信基地になることを目指しています。

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20170214.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は2月14日(火)10時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、2月13日(月)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 13:00 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】緊急報告!「多様な生き方、働き方のニーズに対応するために社会・企業に求められること」 〜妊活ニーズのすべて〜(主催:NPO法人Fine)2016年2月1日(水)夜・東京 [2017年01月10日(Tue)]

企業や自治体に対して、その専門性を活かしてサービスやノウハウ提供を行っているNPOとの協働セミナーとして、東京都女性活躍推進大賞・優秀賞を受賞したNPO法人Fineと、妊活をテーマにしたセミナーを開催することになりました。

画像.png

NPO法人Fineセミナー
緊急報告!「多様な生き方、働き方のニーズに対応するために社会・企業に求められること」
〜妊活ニーズのすべて〜
(平成28年度東京都女性活躍推進大賞・優秀賞受賞記念セミナー 第一弾)


日時:2016年2月1日(水) 18:30ー20:30(開場18:15)
場所:日本財団ビル会議室
対象:企業の方(CSR部門、人事部門、総務部門、ダイバーシティー部門、管理職の方、労働組合、健康保険組合関連部門)、自治体関係者の方、社会課題に取り組むNPOの方
企業に提案したいと考えている従業員の方
参加費:500円
主催:NPO法人Fine
共催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://m-action.wixsite.com/npofine
サイト内のフォームよりお申込みください。

NPO法人Fineは、平成28年度東京都女性活躍推進大賞・優秀賞受賞を記念して、セミナーを開催いたします。
少子高齢化が続く日本において、晩婚化・晩産化が進み、不妊に悩むカップルは5.5組に1組と年々増加しています。
また働く女性が増加する中で「仕事と家庭(出産・育児)の二者択一」だけではなく、
出産と同じく大きなライフイベントとして「妊活」が存在し、
今や「妊活と仕事、家庭の三者択一」を迫られる女性が急増しています。
働く人が個々の意欲や能力を十分に活かしていくための様々なニーズに対応するには、社会や企業に何が求められているのか、
そして、男女が共に安心して働ける環境整備のために何が求められているのでしょうか。
第一弾は、NPO法人Fineが長年行なってきた当事者サポート現場から見えてきた課題を中心にご紹介します。

企業のCSR・人事・総務・ダイバーシティ部門の方、管理職の方、労働組合の方、健康保険組合の方。
妊活/不妊治療に関するサポート整備などを企業に提案したいと考えている従業員の方、自治体関係者の方、
社会課題に取り組むNPOの方など、是非この機会にご参加ください。

詳細:http://m-action.wixsite.com/npofine
Posted by 藤川 幸子 at 11:39 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】NPO法人事務力検定&事務局セミナーin東京(特別開催)(主催:特定非営利活動法人岡山NPOセンター)2017年2月3日(金)午後・東京 [2017年01月06日(Fri)]

特定非営利活動法人岡山NPOセンター主催で、NPO法人事務力検定&事務局セミナーを開催致します。

チラシ表.jpg
170203NPO法人事務力検定_東京チラシ.pdf

▼NPO事務支援センター、NPO事務力検定とは▼
http://www.npokayama.org/npo-gym/

NPO法人の事務局員として必要なスキル・知識を身につけ、事務能力の向上をめざす!
NPO法人に必要な事務手続きについて、手続きや作業への理解と実行力をのばすことに力点を置いたセミナーを、実務者が講師となって開催します。
セミナー後は1日の理解度チェックに「NPO法人事務力検定」へぜひ御挑戦ください!
今回は特別版ということで岡山だけで開催していた「中級」試験も開催します!この機会に受講ください!

●開催日時
2017年2月3日(金)
セミナー:10:00-15:30(途中昼休憩あり)
検  定:15:50-18:30

●開催場所
日本財団ビル 2階 会議室1‐4
(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

●主  催
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
 http://www.npokayama.org/

●共  催
日本財団CANPANプロジェクト
 http://fields.canpan.info/

●協  力
NPO法人わかやまNPOセンター
http://www.wnc.jp/

●参 加 費
セミナー 6,000円(岡山NPOセンター会員3,000円)
検定:初級 1,000円(岡山NPOセンター会員の方も同じ)
検定:中級 3,000円(岡山NPOセンター会員の方も同じ)
※ご入会のお申込みはこちら
http://www.npokayama.org/kojin6.html
(当日会場でのご入会も受け付けております)

●対  象
\こんな方におすすめ!/
・NPO法人で事務を担当するスタッフの方
・これからスタッフになろうとする方
・NPO法人事務力検定の受験、合格を目指している方

●スケジュール
【セミナー】
10:00〜11:30 定款の読み方、所轄庁手続き、法務局手続き
12:30〜13:50 実務的な雇用に関する事務と給与計算
14:00〜15:30 NPO会計 日頃の会計業務から決算まで

【初級検定】
15:40〜15:50 CANPAN説明/検定説明
15:50〜16:50 NPO法人事務力検定 初級 試験
17:00〜17:30 NPO法人事務力検定 初級 問題解説

【中級検定】
15:50〜17:20 NPO法人事務力検定 中級 試験
17:30〜18:30 NPO法人事務力検定 中級 問題解説


●申込方法
下記フォームまたは申込書にて、必要事項を添えお申込みください。お電話・E-mailの場合、同内容を下記の申込先までご連絡ください。
https://goo.gl/VMo7Q5

●申込締切
開催1週間前まで申し込みを受け付けます。
先着順。定員(30名)

●持ち物
筆記用具を各自ご持参ください。

◎最新情報はこちらからご確認ください◎
特定非営利活動法人岡山NPOセンター告知ページ
http://blog.canpan.info/npokayama/archive/448

■お問い合わせ・お申込み
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
内 NPO事務支援センター 
〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話086-224-0995 FAX086-224-0997 E-mail npokayama@gmail.com
http://www.npokayama.org/
業務時間 祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00
(担当:加藤)

★他地域での開催の様子をご紹介しています。
【NPO事務支援センター】
 https://www.facebook.com/npo.office.support.center
【NPO法人事務力検定】
 https://www.facebook.com/npo.jimu.ken
Posted by 藤川 幸子 at 12:36 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】CANPAN × イシス編集学校 「〜NPOのための〜情報発信に効く編集講座」応用編 第1弾2017年1月18日(水)夜・東京 [2016年12月22日(Thu)]

情報編集を学ぶインターネットの学校イシス編集学校とNPOの情報発信についての講座を開催しているCANPANは、2017年もタッグを組み講座を開催いたします。

gazou.png

NPOにかかわる組織が情報発信をするための編集術をテーマに、これまで合計8回の講座を行いご好評いただいて参りました(詳細はこちら)。

今回スタートする「編集講座・応用編」では、事前に皆さんに組織情報を集めてきていただき、編集の「型」を使ってブラッシュアップし、創文編集の「型」を用いて仕上げていきます。

NPO職員の方はもちろん、ボランティアやプロボノでNPOにかかわるビジネス・パーソン、企業CSR担当者などに有益な講座です。ぜひご参加ください。

CANPAN × イシス編集学校
「〜NPOのための〜 情報発信に効く編集講座」応用編 第1弾


日時 2017年1月18日(水)19:00〜21:00(18:30受付開始)
場所 日本財団ビル会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
会費 税込価格 2,160円(本体価格 2,000円)
主催 イシス編集学校、日本財団CANPANプロジェクト
問い合せ イシス編集学校 学林局窓口(front_es@eel.co.jp)

★★★お申し込み(イシス編集学校のサイトより)★★★
http://es.isis.ne.jp/canpan.html


■プログラム概要■

・レクチャー篇
  情報発信に必要な情報編集力とは
・ワークショップ篇
  組織の情報編集
  情報発信のための創文編集術
(内容・順番は予告なく変更になる場合があります)

■CANPANからのレコメンド■
イシス編集学校の講座でクロニクル編集術を学びました。世の中の事象をどのように扱い、その歴史をどのように捉え、編集していく。そこに、自身の歴史も重ね合わせて、社会と自分の接点を見いだしていく編集術はこれまでに習ったことのない手法でした。この編集の方法は、自団体の活動と社会課題の変遷を振り返り、あらためて団体の活動意義や魅力を伝えていくNPOの情報発信の手法として活用できるのではと考え、イシス編集学校と合同で今回の連続講座を企画しました。これまでにない新しい情報発信の方法について学び、実践したいNPOのみなさまにお薦めの講座です。


■イシス編集学校とは■
世界で初めてインターネット上に開講した「方法の知」のための学校。
24時間いつでも、世界中どこでも編集術を学ぶことができる。これまでに3万人以上が受講し、師範代は580人を超えた。多様な職業、年代、地域から集った学衆が10人程度の教室で、正解のない編集稽古と、師範代による編集指南により編集術を体得する。守・破・離・遊・ISIS花伝所の5つのコースからなり、画期的なeラーニングシステムとして企業・教育・地域から注目を浴びている。2016年4月にはビジネスマンを対象に方法日本を伝える「JAPANWARE」が開講予定。
書籍に『プランニング編集術』(東洋経済新報社)『物語編集力』(ダイヤモンド社)『インタースコア』(春秋社)がある。入門者向けにWebで無料体験できる「編集力チェック」、6万冊の本楼での編集ワークショップ「ISISエディットツアー」などがある。
『インタースコア』特設サイトはこちら:http://es.isis.ne.jp/interscore/top.html

ーーーーーーーーー
産業も文化もITに取り巻かれ、大量の情報が流通している現代社会では、自分に必要な情報を選択し活用するための編集力を身に付けることが不可欠です。イシス編集学校は、それぞれの潜在的な編集力を引き出しながら、情報編集に必要な多様なメソッドを伝授する超ユニークな学校です。
編集を仕事としたい方はもちろんのこと、仕事や社会活動や趣味のために編集力を身につけたい方にもお勧めします。

・24時間いつでも学べます
パソコンやスマートフォンでメールとインターネットをお使いの方なら、どなたでも入門でき、いつでも、どこでも学ぶことが可能です。

・正解がないからおもしろい「編集稽古」
情報編集の「型」を学ぶユニークなエクササイズ「編集稽古」は正解なき愉快!
遊ぶ感覚で編集力を鍛える「エディトリアルゲーム」から、プロも学ぶ「商品ネーミング術」「文体モード編集術」「プランニング編集」など多彩な内容です。

・充実の指導体制と相互編集力
稽古はいつもインタラクティブ。1教室に1人の「師範代」がついて、10〜15人の「学衆」(受講者)に編集稽古の出題から一つひとつの指南までをおこないます。 また「師範」や「学匠」も必要に応じて師範代をサポートします。職業も滞在地も違うさまざまなメンバーの回答と指南を共有することで、発想力や想像力、構成力や表現力が強化できます。

・編集コーチ認定システム
ISIS花伝所コースを修了した後、試験に合格すると、師範代(編集コーチ)になることができます。 編集指南と学びのマネジメント技術を身につけた師範代は、「MUJI BOOKS」など、さまざまな編集プロジェクトでも活躍しています。

・学びのコミュニティから生まれる編集文化
「教室」のほか、複数の教室のメンバーが集うコミュニティ・ラウンジでは、編集について語り合ったり、ネット上で開催される編集コンテストで稽古の成果を試してみたりすることができます。また、リアルでも教室ごとに「汁講(オフ会)」や、期の修了を祝う「感門之盟」など参加型のイベントが開催されています。
松岡正剛校長を囲んでの“編集談義”にも、ぜひご参加ください。

〜ホームページより〜
 http://es.isis.ne.jp/principal.html

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 13:58 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】非営利組織のための「第三者組織評価」制度説明会(主催:一般財団法人非営利組織評価センター 共催:日本財団CANPANプロジェクト)2017年1月12日(木)・2月16日(木)午後・東京 [2016年12月20日(Tue)]

海外では第三者による非営利組織の組織評価が通常行われており、結果は社会へ向け公開され、組織の情報公開へとつながり、人々の支援や協力の際の選択ツールになっています。

ここへ来て、日本でもソーシャルセクターの支援について大きな変化が生じる中で、制度的に評価を求める状況となってきました。具体的には非営利組織が継続的な活動をすることに必要な資金の元となる休眠預金活用法の成立や、資金の流れを地域の末端に流す地域に密着したコミュニティ財団の設立などです。

また、評価に取り組む動きも急速に高まっています。大きな流れとして社会の課題を非営利組織が社会的な資金を使ってどのように解決するのかを見える化する取り組みとして内閣府が主導になり社会的インパクト評価の実験が始まりました。

さらに、評価の中で注目されている継続的な組織運営の状況をみる組織評価の重要性が増しています。このことから、いくつかの助成プログラムで採択団体の信頼性を高めるためのツールとして組織評価が紹介されています。また、その他にも、近い将来この組織評価を活用することが検討されるなど、組織評価における理解と認識が高まりつつあります。

一般財団法人非営利組織評価センター(JCNE)が提供する、非営利組織のための「第三者組織評価」制度の説明会を開催します。東京以外のエリアの説明会は決まり次第ご案内します。


非営利組織のための「第三者組織評価」制度説明会


日時:2017年1月12日(木)14:00〜16:00(開場13:45)
   2017年2月16日(木)14:00〜16:00(開場13:45)
   ※各日、同じ内容の説明会を開催します。

場所:日本財団ビル会議室(東京都港区赤坂)
対象:NPO法人、一般社団法人、一般財団法人の関係者、行政、NPOセンター、中間支援組織など、NPO支援に携わっている方、企業CSR関係者、プロボノ等
定員:各回40名
参加費:無料
主催:一般財団法人非営利組織評価センター
共催:日本財団CANPANプロジェクト

JCNEの第三者組織評価は、NPO等が継続的に活動するために組織運営の状態について、団体からの提出書類に基づき、評価を行うものです。これまでの試行期間を通じて見えてきた非営利組織の組織運営の現状などを踏まえつつ、評価制度の概要、5分野23項目からなる評価基準に基づく基盤強化のポイント、評価の事務手続きなどをご紹介します。

また、この評価に取り組む際、非営利組織には自己評価を実施していただきます。この自己評価により、あらためて組織運営の整備に取り組むきっかけとなり、基盤強化の一助とすることができます。今回は、ミニワークとして、自己評価をご体験いただきます。

第三者評価にご興味のある団体関係者、自己評価をご検討中の団体様、ぜひご参加ください。

<内容>
1. JCNE及び評価制度のご紹介
2. 23項目の評価基準の説明
3. ミニワーク「JCNE組織評価の自己評価シートに基づく、団体自己評価」法

★★★お申込み★★★
下記フォームより事前にお申込みください。
https://jcne.or.jp/briefing1/

JCNEの第三者組織評価について
https://jcne.or.jp/evaluation/significance/

JCNEの評価基準(23項目)について
https://jcne.or.jp/evaluation/criteria/

今すぐ第三者評価にお申し込みを希望する方
https://jcne.or.jp/catalog/
※説明会の参加の有無に関係なく、通年で評価制度のお申し込みを受け付けています。

============================

詳細は一般財団法人非営利組織評価センターHPをご覧ください。
https://jcne.or.jp/briefing/

============================
Posted by 藤川 幸子 at 11:04 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】若手NPO/NGO職員のためのNPO広報講座〜広報年間計画をつくろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2017年2月7日(火)午後・東京 [2016年12月20日(Tue)]

9月に開催して好評だったNPO広報講座の第2弾は、「広報年間計画をつくろう」をテーマに開催します。

gazou.jpg

4月には多くのNPOやNGOで新しい事業年度が始まります。新しい事業年度が始まる前に、広報の年間計画をつくってみましょう。広報の年間計画を策定することで理事や職員を巻き込み、効率的に広報活動に取り組めるようになります。

今回の講座も、NPOの広報の現場で長年活躍され、時代に即した広報施策を実践し実績をあげられてきた石井大輔さんを講師にお招きして、いまのNPO/NGO広報担当者に求められている「創り出す広報」と年間計画の策定についてお話しいただきます。広報新任者、初めて年間計画をつくる方でも問題ありません。講師・参加者同士で対話しながら体験型で進めていきます。

NPO広報について、初めて学ぶ方も、あらためて学びたい方も、ぜひご参加ください。


日本財団CANPAN・NPOフォーラム
若手NPO/NGO職員のためのNPO広報講座
〜広報年間計画をつくろう〜


日 時:2017年2月7日(火)13:30〜17:00(開場13:15)
場 所:日本財団ビル8階セミナールーム
対象者:広報担当者をはじめとする若手NPO/NGO職員
定 員:32名
受講料:3,000円(キャンセル不可・事前決済)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20170207.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


<内 容>
13:30 オープンにング
    ・趣旨説明
    ・CANPANサイトの紹介
     「年間計画で情報開示」

13:40 講座&ワークショップPart1「いまNPOに求められる『創り出す広報』」
    講師:石井大輔さん

今のNPOやNGOの広報担当者には「創り出す広報」が求められています。広報する素材を待っているだけでなく、積極的に探し出し、自ら素材を創り出して行かなくてはなりません。少人数のワークショップを通じて「創り出す広報」を体験します。


14:25 休憩

14:35 講座&ワークショップPart2「広報年間計画は、こう作る!」
    講師:石井大輔さん

事業の年間計画は策定しても広報の年間計画を策定しないNPOやNGOが多くあります。事業計画と同じように、広報の年間計画を策定しておくことで理事や職員を巻き込み、効率的に広報活動に取り組めます。少人数のワークショップを通じて「広報年間計画づくり」を体験します。

16:10 質疑応答・個別相談


<講師プロフィール>
石井大輔さん
ishii.png
ファンドレイジングコーディネーター。総合電機メーカー、編集・制作会社、国際協力NPOなどで法人営業や広報を担当。予算が少ない国際協力NPOで広報を担当したことで、プレスリリースやイベント・キャンペーン企画などのアイディア重視の広報術を得意とする。

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20170207.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は2月7日(火)9時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、2月5日(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 10:11 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】先進地・佐賀に聞く!社会を変える新しい取組みへのチャレンジ 〜NPO・NGO誘致を通じて、新しい段階に入った佐賀県の取組みに挑戦しませんか〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2017年1月23日(月)夜・東京 [2016年12月13日(Tue)]

最近、何かと「熱い」話題の佐賀県。
ユニークなNPOが集まり、様々なチャレンジを次々と行っています。

ブログ用.png

特に、2016年熊本大地震では、誘致からわずか2ケ月足らずでしたが、「今だからこそ、NPO・NGOの力で被災地支援を」と、誘致NPO・NGOの経験とノウハウのもと、県内NPOも協力し、被災直後は、昼夜を問わず持てる力を活かした活動を行ってきました。この活動をもとに、現在、NPOと連携した県内の災害体制について協議が始まろうとしています。

今回のCANPANセミナーでは、全国的にも注目の佐賀県で活躍されているNPO・NGOと今後の展開が期待されるソーシャルビジネスの担い手をお迎えして、いっしょに地域の課題を解決し、地域の未来をつくっていく、行政とNPO、NGOの新しい連携の形について考えてみたいと思います。

「佐賀でユニークな取り組み」に興味関心がある人にぜひご参加いただき、次はあなたならばこの佐賀でどんな「面白い取り組み」をできるかについて、構想を拡げる時間にしていただきたいと思います。
この内容にピンときた人は、ぜひご参加ください。

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
先進地・佐賀に聞く!社会を変える新しい取組みへのチャレンジ
〜NPO・NGO誘致を通じて、新しい段階に入った佐賀県の取組みに挑戦しませんか〜


日 時:2017年1月23日(月)19:00〜21:00(開場:18:45)
場 所:日本財団ビル8階セミナールーム
対 象:NPO・NGO関係者、行政関係者など、佐賀県の先駆的な取り組みに
    興味関心がある方ならどなたでも。
定 員:40名
参加費:無料(事前申し込み・キャンセル不可)
主 催:日本財団CANPANプロジェクト、佐賀県

★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20170123.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


<内容>
19:00 オープニング
 ・趣旨説明
 ・みんなで自己紹介タイム

19:10 セッション1:佐賀県の何がすごいの!?
聞き手:日本財団CANPAN 山田泰久
全国のNPO活動を見聞きしている山田が、佐賀県のすごいところを聞き出します。
1)NPO法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン
 事務局長 根木佳織さん
 ◆熊本地震発生から、災害救援についていかに県内で協働の動きが発生したのか?

≪根木佳織さんプロフィール≫
【A-PAD】根木さん.jpg
大規模災害に備えた相互支援の国際機関(現在6か国が参加)のアジアパシフィックアライアンス(A-PAD)の設立に関わり、2012年の設立時からCOO(執行責任者)。
2015年11月に、A-PADの日本メンバーとなるA-PADジャパンの設立に関わり、設立時より現職。災害や紛争後の人道支援活動の経験は16年以上。東日本大震災の支援では、
5万人以上の寄付者より現在まで18億円以上の寄付を受け活動している公益社団法人シビックフォース(企業やNPO等の支援調整機関)の事務局長として従事した。

2)認定NPO法人地球市民の会 副理事長
 佐賀県誘致進出ネットワーク 代表
 大野博之さん
 ◆なぜ「NPO/NGO誘致」をやっている?

 ≪大野博之さん プロフィール≫
大野博之さん.jpg
 認定NPO法人地球市民の会 副理事長。商社を30歳で退職後1995年に1年間の無給ボランティアとして地球市民の会に関わり、以来、理事、事務局長、ミャンマー現地プロジェクトマネジャー、専務理事を経て現職。
障がい者ビジネススクールの設立、佐賀未来創造基金の設立、社会弱者の居住支援事業・すまいサポートさが事業立ち上げ、佐賀NGOネットワーク代表世話人、佐賀県CSO
誘致協議会代表世話人、佐賀大学客員教授、認定ファンドレイザーなど。


3)佐賀県 県民環境部 県民協働課職員
 ◆協働推進の先進の地といわれる佐賀県の秘密!?
 ◆ふるさと納税でのCSO指定寄付はどう生まれているのか!?
 ◆佐賀でよく聞くCSOってなに!?

4)公益財団法人佐賀未来創造基金 
 理事長 山田健一郎さん
山田健一郎さん.png
 ◆今、全国で注目され、講演者として呼ばれる山田さんの活躍、佐賀未来創造基金の役割とは!?
 ◆定期的に懇親会が開催され、県知事とNPOが気軽に意見交換ができる佐賀県って、そういう姿勢もすごいんじゃないの!?

≪山田健一郎さん プロフィール≫
中間支援組織職員・役員、佐賀県庁県民協働課へ勤務後、NPO法人さが市民活動サポートセンター理事長に就任。地域福祉ネットワーク(地域共生ステーション・宅老所)事務局、
地元商店街振興組合副理事長、ファンドレイジング協会九州チャプター共同代表、(一社)全国コミュニティ財団協会理事(九州担当) 等。
佐賀県初の市民コミュ二ティ財団「公益財団法人佐賀未来創造基金」理事長として、社会資源の地域循環と社会参加・人材育成の仕組みを地域で実践中。


20:10 セッション2:みんなでディスカッション

1)前半のプレゼンを聞いて、参加者同士で共有タイム
2)みんなでアイデア会議
 ・自分の地域に持ち帰って実行するには?
 ・あるいは、佐賀県に進出するには何が必要?
3)佐賀のみなさんに質問タイム
21:00 終了


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20170123.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は1月23日(月)17時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、1月22日(日)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
Posted by 藤川 幸子 at 14:27 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】2017年こそ、もっとITサービス・ツールの活用を!〜2016年までのITトレンドから見た2017年にNPOが活用すべきITとは〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2017年1月27日(金)午後・東京 [2016年12月09日(Fri)]

2016年も、NPO支援の便利なITサービス・ツールが生まれました。以前からのものも含めて、かなりの数のサービスやツールがNPOの現場で活用されています。2017年もおそらくNPO向けの新しいITサービル・ツールが出てくることでしょう。
そこで、2016年1月に開催して好評だったNPOを対象にITトレンドをお伝えするセミナーを2017年も開催します。

gazou.jpg

いろいろなITサービス・ツールが増える一方で、悩みも深まるばかりです。数多くある中でどれを活用すればいいのか?組織内で導入・活用するためにどうすればいいのか?限られた人材リソースで新しいツールを活用できるのか?導入したサービスで目標通りの成果を生み出すことができるのか?などなど。

そこで、NPOのIT活用支援を行う企業として2015年に設立された株式会社カルミナの代表でもある安藤昭太さんをゲストにお招きし、IT活用のヒントになるようなお話をしていただくセミナーを企画しました。安藤さんは、起業するまでにNPOやソーシャルベンチャーなど約15団体で4年間ITプロボノを実践され、起業後はNPO向けのIT支援はもちろんのこと、サービス提供側のIT企業のサポートなども行っているという、根っからのNPO×ITのスペシャリストです。

安藤さんいわく、社会課題を解決するためには積極的に事業活動にITを使用することが肝要です。NPOxITの情報は沢山ありますが、今回はここ10年のエンタープライズ(企業)ITおよびコンシューマ(消費者)ITの潮流を振り返り、NPOが2017年どのように時代の流れに即したIT活用を行うべきか、具体的な例を示しながら、ご紹介いただきます。

また、セミナーの後半では、グループディスカッション形式で、参加者同士の情報共有や安藤さんを交えての質疑応答など、参加型のワークも行います。2017年、あらためてIT活用を考えたい方、さらにIT活用を加速させたい方、そしてIT活用が苦手だからこそチャレンジしたいと思っている方に、ぜひご参加いただきたいセミナーです。

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
2017年こそ、もっとITサービス・ツールの活用を!
〜2016年までのITトレンドから見た
 2017年にNPOが活用すべきITとは〜


日 時:2017年1月27日(金)14:00〜16:30(開場13:45)
場 所:日本財団ビル8階セミナールーム
定 員:40名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
対 象:NPOの方、ITツールに興味関心がある社会人の方ならどなたでも
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
     
★★★申込方法★★★
下記URLからお申し込みください。
http://canpan20170127.peatix.com
お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


<タイムスケジュール>
14:00〜 オープニング
14:10〜 基調講演「2016年を振り返りつつ2017年のNPOのIT活用」
     スピーカー:安藤昭太さん(株式会社カルミナ 代表取締役社長)
15:40〜 休憩
15:50〜 ワークショップ
◆グループで情報共有とディスカッション
    ・組織で使用しているITツール
    ・ITツールについて困っていること
    ・組織でITを導入するためには?
◆グループワークの発表
◆安藤さんフィードバック

<スピーカープロフィール>
安藤 昭太(あんどうしょうた)さん
株式会社カルミナ 代表取締役社長
愛媛県新居浜市生まれ。岡山大学経済学部卒。

安藤さん.jpg

システムエンジニアとして富士通にてクラウドサービスの新規立ち上げ、グループウェアの開発、中国オフショア開発のプロジェクトマネジメントを行った後、株式会社カルミナを設立。
会社員時代もNPOや任意団体、ソーシャルベンチャーなど約20団体でITプロボノ(プロスキルボランティア)として活動し、現在もNPO法人Make it Betterにてプロボノ活動を行なう。
食べることと海外旅行が大好きな一児の父。


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
http://canpan20170127.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は1月27日(金)10時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、1月26日(木)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。

Posted by 藤川 幸子 at 14:55 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ