CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 災害救援 | Main | ありえないセミナー»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13) inoueshoin
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/8/24-28) (09/04)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】キフカッション@NPO青春基地・中高生向け新プログラム・キックオフイベント 2016年12月23日(祝・金) [2016年12月23日(Fri)]

2016年最後のキフカッションは、NPO青春基地が主催する中高生向けの新たなプログラムのキックオフイベントのアイスブレイクとして、実施させていただきました。

キフカッション@NPO青春基地・中高生向け新プログラム・キックオフイベント
2016年12月23日(祝・金)13:30〜13:45
日本財団ビル1階ホール
参加者:大学生や高校生など23名
主催:NPO青春基地 http://seishun.style/
共催:日本財団CANPANプロジェクト
※NPO青春基地の主催イベントの中で、キフカッションを実施したものです。

【イベント全体の報告記事はこちら】
→【イベント開催】12月23日に中高生向けの新しいプログラムが始動しました!
  http://seishun.style/news/1633/



IMG_7446 (2).JPG


当日は、CANPAN山田より、CANPANや寄付月間の紹介をした後に、参加者のみなさんにキフカッションを実施していただきました。

テーマ「みんなにとって寄付って何!?」
 →ワークシートに記入(2分)
 →2,3人になって共有


こちらが、その時のワークシートです。
参加者のみなさんから、いろんな意見が出てきて、充実したキフカッションになりました。




<参加者&青春基地のみなさん>
161223_01.jpg

※写真は、青春基地のWebサイトよりお借りしました。


◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。
このキフカッションを寄付に係る団体や組織が全国各地で開催ができるように、キフカッション開催のためのガイドブックをつくりました。みなさんの地域でも、開催してみませんか?
なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

◎寄付月間とは? →http://giving12.jp/
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間。2015 年に NPO 法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定した。


ご参加いただいたいみなさん、ご協力いただいた青春基地のみなさん、ありがとうございました。

CANPAN 山田泰久
【開催報告】キフカッション2016「寄付する気持ち」〜みんなで寄付について語ろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月21日(水)夜・東京 [2016年12月22日(Thu)]

ここ数年、様々な寄付の仕方が生まれてきています。
寄付が少しだけ身近になった気がします。

20161221-2.png

一方で、寄付の方法をもう少し詳しく知りたいなとか、
他の人と寄付についてちょっと話してみたいなとか、
そんなことを思ったことがありませんか?

そこで、最近の寄付の方法を紹介しつつ、参加者のみなさんで、寄付について、ゆるやかに語り合う場を企画しました。寄付のWikipediaや最初の寄付付き商品のお話し、寄付のツール・機会などの事例や寄付付きお菓子をお伝えさせていただきました。

自分のことを語るように、寄付の経験について語る、「キフカッション」。今回は、寄付をしたことのない方もある方にもご参加いただき、寄付のイメージに少しでも変化があればいいなと思います。参加者の皆さまの”気づきの共有シート”ぜひご覧ください。

※キフカッションについてはこちらから
 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

画像.jpg

---------------------------------------------
日本財団CANPAN・NPOフォーラム
キフカッション2016「寄付する気持ち」
〜みんなで寄付について語ろう〜
---------------------------------------------


日 時:2016年12月21日(水) 19:00〜21:30(開場18:30)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対象者:寄付に興味がある方ならどなたでも
    ※寄付を集める側ではなく、寄付をする人側を想定した内容です
参加者:30名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト


<内容>
1.オープニング

20161221-4.png

2.プレゼンタイム
  最近の寄付の方法から、昔々の寄付、寄付月間などなどに関する、様々な情報をお伝えしました。



3.休憩タイム
  みんなで交流タイム(スワンベーカリーのコーヒーと、寄付付き商品を食べながら)
  みんなで#kanpaicharityタイム(写真に撮って、InstagramやTwitterにアップ)
  寄付月間インターンの学生さんがたくさん写真を撮ってくれました。

下の写真のお菓子はすべて寄付付き商品です、今回は、スーパーやコンビニ身近なところで購入ができるお菓子を集めました。ぜひ、チェックしてみてください。
20161221.png

参考(一部):
レッドカップキャンペーン
https://www.jawfp.org/redcup/
カルビー株式会社 じゃがビー×子供地球基金
http://buycott.me/report/000056.html
株式会社ロッテ
http://www.lotte.co.jp/corporate/csr/society/contribution/
ベルマーク 森永製菓株式会社
http://www.morinaga.co.jp/bellmark/
※ベルマークを財団に送っていただくと、東日本大震災の被災校、へき地校、盲・聾・養護学校などの支援になります。

4.トークタイム
 少人数のグループになって語りあう時間です。今回のテーマは2つです!

20161221-3.png

★★★セッション1★★★
テーマ:寄付をしてよかったこ、うれしかったこと




★★★セッション2★★★
テーマ:寄付のはじめて物語
・欲しい未来へ、寄付を贈ろう



5.クロージング

★★★気づきの共有シート★★★


年末のイベントが盛り沢山の中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!良いお年をお迎えください。
Posted by 藤川 幸子 at 10:37 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】「寄付」を語ろう。キフカッション(主催:NPO法人 えんのわ(地域活動応援チーム えんのわ))2016年12月4日夜・長野 [2016年12月15日(Thu)]

この度、長野県にある特定非営利活動法人えんのわ主催で、長野県でキフカッションを開催していただきました。こちらにて報告記事を掲載いたします。

キフカッション2.png

◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

15179179_1078786092239865_8236622963901240311_n.jpg

寄付月間2016公式認定企画
「寄付」を語ろう 〜キフカッション〜


日 時:2016年12月4日(日)18:00〜20:00
場 所:えんぱーく 5階イベントホール
対 象:寄付に興味のある方ならどなたでも
参加者:16名
主  催:特定非営利活動法人えんのわ
共  催:日本財団CANPANプロジェクト・塩尻市
後  援:認定特定非営利活動法人長野県みらい基金


内  容:
12月の「寄付月間」に合わせて、最近の寄付事情(寄付の方法やキャンペーン事例など)について、ファシリテーターから話題提供いたしました。参加者同士で@初めての寄付、A寄付して良かったことをテーマにディスカッション(キフカッション)を行いました。

キフカッション1.png

NPOのみなさんには、自分たちの団体の寄付者の方とご一緒に参加していただき、寄付を集める側、寄付をする側ととても有意義な時間になりました。寄付者の気持ちを知ることは、寄付集めにはとても大切です。

イベントの中で、長野県の寄付事例の共有などもなされました。
長野県の特定の地域で行われている「遺志金」という制度について、参加者の方からお話しいただきました。
これは、故人の方が生前お世話になっていた地域組織や役場などに、遺族の方が故人に代わって寄付を行うという風習があるそうです。日本にも様々な方法で寄付の形が根付いています。
この風習は、長野以外にも、東北地方にあるそうです。勉強になりました。


★★★セッション1:初めての寄付★★★


★★★セッション2:寄付してよかったこと★★★


キフカッション3.png

★★★参加者の声★★★
・キフについて新しい知識を得られた。
・今の課題を共有できたため
・他団体との情報交換ができた。
・キフの歴史、事例を知れた。
・勉強になりました。
・キフしてうれしかったことの事例がたくさん聞けた。
・ゆっくりみなさんのお話を聞くことができて良かった。
・遺志金というものを初めて知りました。料理がおいしかったです。
・交流会、良かったです。
・認定NPO法人を取ろうかなと思いました。


寄付月間とは、
NPO、大学、企業、行政、国際機関などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、12月の一カ月間を「寄付月間〜Giving December〜」とする運動が2015年から始まりました。
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告をより良いものにすること、
社会に貢献したいと考える7割の人がいる今の日本社会で、多くの人が寄付の大切さと役割について考え、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけとなることを目指します。


◎ファシリテーター:山田泰久
NPO法人CANPANセンター代表理事
一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事
日本財団とCANPANセンターが合同で実施する、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。
主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、オンライン寄付、助成金、IT・Web、ノウハウ、ネットワーク、出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

キフカッションを開催しませんか?
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

特定非営利活動法人えんのわ、塩尻市、認定特定非営利活動法人長野県みらい基金のみなさま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 15:25 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画 実践例から学ぶ、企業の社会貢献のアイデア〜【寄付月間企画】寄付付き商品・サービスを考える〜(経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月13日(火)午後・東京 [2016年12月14日(Wed)]

今回のCANPANの寄付月間関連イベントは、「寄付付き商品・サービス」をテーマに開催しました。

15419647_1343490942368113_3150540287962144547_o.jpg
※経営実践研究会 藤岡理事長より写真をご提供いただきました。ありがとうございます。

あらためて、地域の企業による社会貢献活動が注目されています。ボランティアとしてNPO活動や地域活動に参加する方法もあれば、NPOなどの社会問題に取り組んでいる団体に寄付したり、あるいは、本業を通じて社会課題解決に取り組んでいるケースもあります。
今回は、12月に実施される寄付月間を記念して、地域の企業の社会貢献活動の中でも、売上の一部をNPO活動等に寄付する「寄付付き商品・サービス」をテーマにセミナーを開催しました。

自らの本業を通じて社会への貢献に取り組んでいる中小企業の集まりである経営実践研究会と、全国のNPO支援に取り組んでいるCANPANが連携して、企業・NPO関係者が一緒に集まって、アイデアをディスカッションする場を企画しました。

セミナーの前半は、社会貢献に取り組んでいる企業の実践例、最近のNPO事情、日本の寄付の状況という3つの話題を、寄付をテーマにご紹介いたしました。後半では、企業関係者、NPO関係者が一緒になって、寄付付き商品・サービスのアイデアを考えるためのディスカッションを行いました。12月の寄付月間に、NPO、企業のみなさんで一緒に、寄付について考える場となりました。


寄付月間公式認定企画
経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム
実践例から学ぶ、企業の社会貢献のアイデア
〜【寄付月間企画】寄付付き商品・サービスを考える〜


日時:2016年12月13日(火)13:30〜16:30(開場13:15)
場所:日本財団ビル2階大会議室(東京・赤坂)
対象:企業・NPO関係者で企業に興味がある方ならどなたでも
参加者:35名
主催:日本財団CANPANプロジェクト、経営実践研究会


<寄付月間とは?>
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間です。
NPO法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定いたしました。
http://giving12.jp/


<スケジュール>
13:30 オープニング
・趣旨説明
・寄付月間のご紹介
・みんなで自己紹介タイム

13:50 話題提供の時間
セッション1「社会貢献を行っている企業の実践例」(25分)
経営実践研究会 及川政孝さん
→参加者同士でシェアタイム(5分)

経営実践3.png



事例発表してくださいました「そば助」の八木社長
※犬猫・若者サポートをしているNPOの支援を実施
経営実践2.png

セッション2「最近のNPO事情と、日本の寄付の状況」(15分)
日本財団CANPANプロジェクト 山田泰久
→参加者同士でシェアタイム(5分)

経営実践4.png



14:40 休憩タイム(スワンベーカリーのコーヒー&パン)

15:00 ディスカッションの時間
3,4人のグループになってディスカッション

経営実践1.png

1)私の寄付体験



2)欲しい未来とは?



3)寄付付き商品・サービス、どんなことができる?




16:20 クロージング
16:30 終了

<経営実践研究会について>
企業が中心となり、本業を通じた社会貢献活動を実践し、
非営利団体やソーシャルビジネスを行う団体や行政などと協働し、
企業を成長、成熟させ、事業によって社会課題の解決をすることで持続可能性ある社会を目指します。

<日本財団CANPANプロジェクトについて>
CANPANプロジェクトは、日本財団およびNPO法人CANPANセンターによる、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクトです。CANPANサイトによる、NPOの情報開示・発信支援、CANPAN決済サービスによるオンライン決済システムの提供、NPO・CSR関係セミナーの開催などを行っています。

★★★気づきの共有シート★★★


講師の及川さん、事例発表してくださったみなさま、ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 18:30 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画 女性たちのシェアで広げる社会貢献〜一夜限りのキフカッション&交流パーティー〜(N女×日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月9日(金)夜・東京 [2016年12月14日(Wed)]

CANPANの寄付月間関連イベント第3弾は、NPO法人NPOサポートセンターのプロジェクトの1つである「N女〜ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト」(N女プロジェクト)とのコラボ。NPOやNGO、社会的企業など、社会貢献を仕事にする女性たちと一緒に開催いたしました。

N3.png

NPOやNGO、社会的企業などのソーシャルセクターで働く女性たち(N女)が増えつつある中、「ほしい未来を自分たちの手でつくる」ため、にN女たちは連携し、新たな価値を生み出していけるのでしょうか。N女の現状と課題、活動に関わる接点や「寄付」促進のあり方をみなさんと考える機会(キフカッション)となりました。
※キフカッションとは、誰もが気軽に寄付について語ることです。http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

《「美味しいお菓子で社会貢献」交流パーティーも開催しました!》
社会貢献に関心がある人と実際に働く女性が出会い、応援したい活動を知る交流パーティも開催しました。当日は、福祉事業所で働く障がい者の働きがいと給料向上をめざす「テミルプロジェクト」がトップパティシエ等とコラボしたクッキーなどのお菓子付き。12月の寄付月間に、個人のヒストリーに耳を傾けたり、自分の活動を発信したり、私たちにできることを一緒に考える場となりました。

N1.png

Njo_hp129.jpg

寄付月間公式認定企画
N女×日本財団CANPAN・NPOフォーラム
女性たちのシェアで広げる社会貢献
〜一夜限りのキフカッション&交流パーティー〜


日 時:2016年12月9日(金)19:00〜21:00 (開場 18:45)
場 所日本財団ビル 2F 大会議室
対 象:NPOやNGO、社会的企業など、社会貢献を仕事にする女性たち(N女)
社会貢献やソーシャルセクターで働くことに等に関心のある方
参加者:約60名
主 催:N女〜ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト、日本財団CANPANプロジェクト
協 力:株式会社テミル「テミルプロジェクト」 http://www.temil-project.jp/
株式会社フィルムアート社 http://filmart.co.jp/
後 援:特定非営利活動法人NPOサポートセンター http://npo-sc.org/
特定非営利活動法人ディーセントワーク・ラボ http://www.decentwork-lab.org/
ちゃぶ台返し女子アクション http://chabujo.com/
公益財団法人パブリックリソース財団 http://www.public.or.jp/

<内容>
19:00 オープニング
19:05 話題提供
「ほしい未来を自分たちの手でつくる」ため、にN女たちはどう連携し、新たな価値を生み出していけるのか、N女の現状と課題、活動に関わる接点や「寄付」促進のあり方を考えました。

《コーディネーター》
津田順子さん(Japanese Women's Leadership Initiative〔JWLI〕2015年度フェロー)
《パネラー》
岸本幸子さん(公益財団法人パブリックリソース財団代表理事・事務局長)
杉原志保さん(NPO法人NPOサポートセンター事業部プロデューサー、N女プロジェクト代表)
中尾文香さん(NPO法人ディーセントワーク・ラボ代表理事、潟eミルプロジェクトマネージャー)

N5.png

19:45 交流パーティー
N女の活動に触れ、応援したい活動を知り、どのような関わり方や応援が可能かを考えました。

N4.png

20:30 キフカッション・気づきの共有
@〜Dのテーマで記載いただきましたが、今回は、C・Dのみ公開させていただいております。

★★★気づきの共有シートC寄付月間アクション★★★


★★★気づきの共有シートD寄付月間アクション★★★


20:55 アンケート記入

21:00 終了

《『N女の研究』を購入してN女の活動を応援しよう》
ノンフィクションライター中村安希著『N女の研究』(フィルムアート社、11月25日発売)をGiving Decemberキャンペーン期間である12月中に、以下の方法で購入すると、1冊につき300円がフィルムアート社の定めた3団体に寄付されます。

●イベント当日に会場で購入
●特設サイト『N女の研究』から購入(開設10月末、発送12月以降)
https://filmart.thebase.in/

書籍_N女の研究.jpg

チラシのダウンロードはこちらから⇒http://www.slideshare.net/canpan2009/n-67563875

(寄付先)
●公益財団法人パブリックリソース財団あい基金
●ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト(N女プロジェクト)
●認定特定非営利活動法人ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)


◎登壇者プロフィール
《コーディネーター》
津田順子さん(Japanese Women's Leadership Initiative〔JWLI〕2015年度フェロー)

tsuda.jpg

広島県出身。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。ウォルトディズニー、ヒルトンインターナショナル、アイエヌジー生命保険、日本GEの外資系企業で広報、人事などを担当。2015年度のJWLI研修に参加し、ボストンでアメリカのNPO経営や女性の戦略的リーダーシップを学び、現在JWLIの卒業生の組織であるJWLIの会の役員を務める。

《パネラー(五十音順)》
岸本幸子 さん(公益財団法人パブリックリソース財団代表理事・事務局長)

kishimoto.jpg

東京都出身。東京大学教養学部卒業。民間シンクタンク勤務、米国留学を経て、2000年に NPO法人パブリックリソースセンター(現法人の前身)創設に参画、 2013年より現職。日本の寄付文化の革新に取り組むかたわら、複数の非営利団体の理事も務める。2015年12月に日本初の女性基金「あい基金」を創設。

杉原志保さん(NPO法人NPOサポートセンター事業部プロデューサー、N女プロジェクト代表)

sugihara.jpg

東京都出身。中央大学大学院法学研究科修了。川崎市役所、かわさき市民活動センター、川崎市男女共同参画センターを経て現職。これまでに自治体の男女共同参画に関する調査や計画策定、評価制度の構築、助成金等の中間支援業務を通じ、200近い市民活動団体の設立や事業展開に携わる。現在は、自治体中間支援拠点の管理運営や業務改善等コンサルティグも行う。2014年N女プロジェクト設立。ソーシャルセクターを女性のキャアリアパスの第3の道とすべく、活動分野を越えて連携協働し、働くうえでの課題の解決をめざす。「協働ステーション中央」(東京都中央区)の統括責任者。中央大学法学部兼任講師。

中尾文香さん(NPO法人ディーセントワーク・ラボ代表理事、潟eミル プロジェクトマネージャー)

nakao.jpg

香川県出身。東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科修了。社会福祉士。埼玉県立大学時代に障がい者当事者団体に出会い、活動を共にする。日本女子大学人間社会研究科修了後、2007年株式会社テミルに入社。機器のアクセシビリティ調査、保育関連のコンサルに従事する。2009年より福祉事業所で働く障がい者の働きがいと給料向上を目的とした「テミルプロジェクト」を企画運営し、現在に至る。また、2013年にはNPO法人ディーセントワーク・ラボを設立し、福祉事業所がつくる小物ブランドequalto(イクォルト)事業を展開している。研究のテーマは、障がい者の就労、QWL(Quality of Working Life)、ディーセント・ワーク。

津田さん、岸本さん、杉原さん、中尾さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 18:12 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】キフカッション@a-con presents Early X'mas Party 2016 仕事だけじゃもったいない!? よくばり社会人のワーク&ライフのぞき見ナイト 2016年12月11日(日) [2016年12月11日(Sun)]

今度のキフカッションは、a-con(特定非営利活動法人NPOコミュニケーション支援機構)が主催するイベントの当日プレイベントの中で実施しました。

【a-con presents Early X'mas Party 2016】
仕事だけじゃもったいない!? よくばり社会人のワーク&ライフのぞき見ナイト!
日時:2016年12月11日(日)13:00〜15:00(当日プレイベント)
場所:日本財団ビル1階ホール
参加者:約15名
主催:a-con(特定非営利活動法人NPOコミュニケーション支援機構)
共催:日本財団CANPANプロジェクト

※実際のイベント内容はこちら。
http://www.a-conweb.net/event/event20161211

161028kifucussion_logo_RGB_Ak2.jpg


今回は、クリスマスイベント開催当日のプレイベントとして、社会人や大学生によるNPOのファンドレイジングを考えるワークショップのアイスブレイクとして、キフカッションをしました。

参加者のみなさんは、あまり寄付に馴染みがないということで、キフカッションの内容もざっくばらんな感じで、寄付についてのイメージを率直に語っていただき、参考になりました。




◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。
このキフカッションを寄付に係る団体や組織が全国各地で開催ができるように、キフカッション開催のためのガイドブックをつくりました。みなさんの地域でも、開催してみませんか?
なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

◎寄付月間とは? →http://giving12.jp/
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間。2015 年に NPO 法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定した。



ご参加のみなさん、a-conのみなさん、本当にありがとうございました。

日本財団CANPAN 山田泰久
【開催報告】寄付月間公式認定企画 第9回 CSR Meetup テーマ「CSR ×寄付」2016年12月8日(木)東京・夜 [2016年12月09日(Fri)]

第9回の CSR Meetup のテーマは「CSRと寄付」でした。
今回は、12月に実施される寄付月間の推進委員会メンバーでもある日本財団CANPANプロジェクトとのコラボ企画です。(寄付月間について→ http://giving12.jp/

CSR2.png

東日本大震災直後は非常に活発だった企業寄付。しかし震災から5年以上が経ちボランタリーな寄付をする企業が少なくなっているとも聞きます。ですので、企業寄付の未来がどこに行き着くのか、不安に思っている企業担当者の方もいると思います。

そこで本イベントでは、「企業寄付に関するトレンド」についてのプレゼンテーションやグループ・ディスカッションなどを通じ、CSRと寄付の関係性と未来について学ぶ場となりました。「企業寄付」に興味がある方にオススメの比較的ライトな内容のイベントとなりました。最後に、名刺交換の時間も設けさせていただきました。

※本イベントは12月に実施される「寄付月間 http://giving12.jp/」にあわせて開催いたします。当日は寄付月間についての紹介をさせていただき、寄付月間学生インターンがモザイクアート企画実施中の#キフスタグラムにもたくさんの方にご協力いただきました。

■CSR Meetupについて
「CSR Meetup」とは、元々、CSR担当者同士、CSR担当者とNPO関係者などが交流する場がないと感じ、2011年12月に有志で作ったFacebookグループ「CSR Meetup グループ(旧:CSRコミュニケーションを考える)」のオフライン公式勉強会です。

CSRコミュニケーションに興味がある有志メンバーによってボランティア運営されています。Facebookグループ創設より丸5年となり、今では約2,200人の参加者がおり、日本最大のCSR関連グループとなりました。勉強会では、テーマに関する周辺知識の習得や、参加者同士のネットワーキングをゴールと考えています。

■スピーカー
○安藤光展(CSRコンサルタント、CSR Meetup主催者、FBグループ「CSRコミュニケーションを考える」管理人)
専門はCSRコミュニケーション、CSR企業評価。CSR関連のコンサルティング・研修・メディア運営・執筆業を中心に活動中。執筆活動として書籍・雑誌・大手ニュースメディア・ブログ、などでCSRに関する様々な情報を発信している。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。著書『この数字で世界経済のことが10倍わかる-経済のモノサシと社会のモノサシ』(技術評論社)ほか。

・CSRのその先へ http://andomitsunobu.net/
「CSRのその先へ」は、2009年に開始したCSR(企業の社会的責任)に関する情報を発信しているブログ。“CSRの半歩先を発信する”もモットーに、CSRに関する様々な情報を日々発信している。


寄付月間公式認定企画
第9回 CSR Meetup
テーマ「CSR × 寄付」


■概要
日時:2016年12月8日(木)19:00〜21:00(受付開始18:45から)
場所:日本財団ビル 1F
住所:東京都港区赤坂1-2-2(銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩5分)
地図: http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/
対象:CSRや社会貢献等に携わっている、あるいは興味・関心を持っている企業関係者
参加者:33名
主催:CSR Meetup、日本財団CANPANプロジェクト
協力:一般社団法人CSRコミュニケーション協会

■内容
19:00〜19:10 イントロダクション
・挨拶、本日の流れ説明
・CSR Meetupの趣旨説明

19:10〜19:40 プレゼンテーション
1、寄付月間について



2、CSRトレンドと企業寄付の現状

CSR3.png



19:40〜20:30 ディスカッションタイム
・グループでの自己紹介タイム
・グループディスカッション
   (1)企業寄付を増やすにはどうするか、
   (2)自分がそこに関わるには何をしたらいいか
・ディスカッションのまとめ
・全体でのシェアタイム

CSR.png



20:30〜20:45 クロージング
・総評
 「CSR Meetup」の今後について)
・挨拶

20:45〜21:00 名刺交換、片付け

21:00 終了

■お知らせ
ちょうど丸5年という節目のイベントで、この「CSR Meetup」は解散をすることになりました。この5年間でご参加いただいた数百人のみなさま、もちろんFacebookグループにご登録いただいているみなさま、運営ボランティアのみなさま、今までお付合いいただきありがとうございました。CSR Meetup運営メンバーも含めて前に進むための卒業とさせていただきます。

今後のCSRに関する最新情報やイベント・勉強会のお知らせは、Facebookページ「CSRのその先へ」( http://www.facebook.com/csr.blog/ )およびブログ「CSRのその先へ」(http://andomitsunobu.net/ )で行っています。また個人が参加できるイベントとしては、一般社団法人 CSRコミュニケーション協会( http://csr-ca.net )が引き続き運営してまいります。今後ともご贔屓にお願いいたします。

運営メンバーを代表して 安藤光展

■今後のイベントに関するお問い合わせ
CSRコミュニケーション協会
安藤光展(あんどう・みつのぶ)
E-mail:info@csr-ca.net
※お問合せはメールでお願いします。

■「CSR Meetup」過去開催レポート
・CSR MeetupVol.8「CSR × 寄付」(2015年12月)http://andomitsunobu.net/?p=11417
・CSR Meetup Vol.7「CSR × コミュニティ」(2015年5月) http://andomitsunobu.net/?p=10246
・CSR Meetup Vol.6「CSR × トレンド」(2014年11月) http://andomitsunobu.net/?p=8362
・CSR Meetup Vol.5「CSR × ネットワーキング」(2014年2月) http://andomitsunobu.net/?p=6899
・CSR Meetup Vol.4「CSR × ガールズトーク」(2012年8月) http://andomitsunobu.net/?p=1062
・CSR Meetup Vol.3「CSR × 地域コミュニケーション」(2012年4月) http://andomitsunobu.net/?p=657
・CSR Meetup Vol.2「CSR × レポート」(2012年2月) http://andomitsunobu.net/?p=617
・CSR Meetup Vol.1「CSR × ソーシャルメディア」(2011年12月) http://andomitsunobu.net/?p=559

★★★気づきの共有シート★★★


講師の安藤さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
Posted by 藤川 幸子 at 16:50 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画 第1回「寄付税制徹底活用」(寄付月間企画)〜寄付者に税制優遇制度を上手に説明できるようになろう〜(脇坂税務会計事務所X日本財団CANPAN・会計セミナー)2016年12月8日(木)午後・東京 [2016年12月09日(Fri)]

CANPANのセミナーでも、NPO・非営利セクターの会計に関するコンテンツを充実していきます。NPO会計の第一人者である脇坂誠也税理士と、NPO向けセミナーのハブであるCANPANがタッグを組んで、非営利セクターの会計をテーマにしたセミナーを提起開催いたしました。

脇坂先生3.png

この度、その第1弾として、「寄付税制」をテーマに開催いたします。12月に実施される寄付月間を記念してのものとなります。

公益社団法人、公益財団法人、学校法人、社会福祉法人、認定NPO法人等は税制優遇団体です。これらの団体に寄付者が寄付をすると、税制上の優遇措置を受けることができます。
しかし、これらの優遇措置がどのようなものなのか、寄付者に説明し、理解してもらうことはとても難しいです。

この講座では、税制上の優遇措置を理解するとともに、グループに分かれて、それぞれの団体がどのように税制上の優遇措置を寄付者に説明しているのか、どのようにしたらうまく伝えられるのかを考える機会になりました。

寄付月間公式認定企画
脇坂税務会計事務所X日本財団CANPAN・会計セミナー
第1回「寄付税制徹底活用」(寄付月間企画)
〜寄付者に税制優遇制度を上手に説明できるようになろう〜


日 時:2016年12月8日(木)14:00〜16:00(開場13:45)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対 象:公益法人や学校法人、社会福祉法人、認定NPO法人等の税制優遇団体の関係者
これから公益法人や認定NPO法人を目指してる団体関係者
行政やNPOセンターの中間支援組織等の関係者
企業のCSR関係者
参加者:20名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト 脇坂税務会計事務所

<内容>
14:00 オープンにング
・趣旨説明
・CANPAN紹介

14:10 講演&ワーク
講師:脇坂誠也さん(脇坂税務会計事務所 所長)

第一部 寄付税制の説明
脇坂先生2.png

★★★公開用資料★★★



第二部 グループに分かれ、自団体が寄付税制をどのように説明しているのかについて討議
脇坂先生1.png

第三部 まとめ

16:00 終了

<講師プロフィール>
脇坂誠也さん
脇坂税務会計事務所 所長 認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク理事長
平成2年早稲田大学卒業。平成3年〜5年 国際協力事業団青年海外協力隊コートジボワールに派遣。平成11年に脇坂税務会計事務所開設。税理士、中小企業診断士、行政書士。
「透明性の高い会計業務が出来てこそ、NPOの信頼性が向上し、活動を拡大することができる。」として、NPOの会計・税務の支援、サポートに活躍中。
認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク理事長、公益財団法人さわやか福祉財団、NPO法人日本ファンドレイジング協会、東日本大震災支援全国ネットワーク他監事
著書 「社会起業家のためのNPO・新公益法人Q&A」(三和書籍)、「一般社団法人・一般財団法人の会計・税務ハンドブック」(清文社)他
http://blog.canpan.info/waki/

<脇坂税務会計事務所>
NPOの会計税務の情報発信基地になることを目指しています。
http://waki.menebis.com/

★★★気づきの共有シート★★★


講師の脇坂先生、鈴木さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 16:47 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】寄付月間公式認定企画 寄付月間2016学生インターンによる「キフトーク」2016年12月14日 (水)夜・東京 [2016年11月30日(Wed)]

寄付月間2016学生インターンの学生さんが寄付月間のイベントを企画しています。
寄付月間2016公式認定企画であり、学生や若い人にとってて寄付ってハードルが高い!けれどもボランティアや想いだけでは限界がある。。そんな壁やもやもやをさまざまなキフのスペシャリストをお呼びして寄付の第1歩をスタートさせようというイベントです。ぜひ、ご参加ください。

【寄付月間2016学生インターンとは】
寄付月間2016をサポートしており、私たち学生目線で盛り上げる企画をお届けしております。
寄付月間2016についてはこちらから!
http://giving12.jp/

寄付月間公式認定企画
寄付月間2016学生インターン主催
「キフトーク」


【詳細】
日 時:2016年12月14日 (水)19:00〜20:30予定(開場18:30)
場 所:日本財団 2階会議室1-4
   最寄駅 虎ノ門駅 徒歩10分
   http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/
参加費:社会人1000円、学生 無料
主 催:寄付月間2016学生インターン
共 催:日本財団CANPANプロジェクト

【お知らせ】
任意で古本や書き損じはがきなどを持ってきてもらえればと思います!


☆お申し込みはこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1EcuV769re8ecWXLOzQfMT_BVJ3bS9pcKlU4KDsuaaPM/edit

【登壇予定者】
◎特定非営利活動法人CANPANセンター代表 山田泰久
◎ヤフー株式会社 社長室コーポレートコミュニケーション本部
          社会貢献推進室室長     妹尾正仁様
◎株式会社バリューブックス 鳥居希様

【内容】
登壇者の方のピッチトークを始め参加者ワークなどさまざまなコンテンツを随時更新していきます!お楽しみに!
Posted by 藤川 幸子 at 14:16 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催案内】寄付月間公式認定企画 アートの価値をどう伝えるか〜文化芸術の社会的インパクト評価〜(日本ファンドレイジング協会アートチャプター×日本財団CANPANプロジェクト共催)2016年12月16日(金)夜・東京 [2016年11月30日(Wed)]

今年11月に設立された日本ファンドレイジング協会アートチャプター。
アートチャプター(メンバー)の想い、それは、アート、文化芸術を通じて、関わった人々の心を満たし、さらには、社会に貢献すること。そのためには、アートの意義ついて、真剣に考え、また評価することが不可欠であると考えています。そこで、アートチャプターでは、寄付月間公式認定企画として、アートの価値をテーマとしたセミナーを開催することにしました。

アートチャプター.png

セミナーは、アート、文化芸術が持つ価値、そして、個人、社会に与える影響や、その評価のあり方について皆で考え、学べる内容となっています。評価については、日本ファンドレイジング協会事務局長の鴨崎貴泰氏をお招きして「評価の可能性」をテーマに、ご講演いただきます。また、アートの現場で活躍する方々によるパネルディスカッションや、参加者同士の意見交換を通じて、参加者の考えや想いを共有できる内容となっています。詳しくは、セミナーのタイムスケジュールをご覧ください。アート、文化芸術に興味のある方であれば、どなたでも、楽しみながら学べる内容となってますので、皆さま、奮ってご参加ください。

なお、アートチャプターでは、今回のセミナーを皮切りに、随時、セミナー等を開催する予定です。今回のセミナーは、アート、文化芸術を(改めて)考えるきかっけとなるような機会として、次回以降のセミナー等では、より発展的なテーマ、内容を扱う予定です。

寄付月間公式認定企画
日本ファンドレイジング協会アートチャプター
      ×
日本財団CANPANプロジェクト
アートの価値をどう伝えるか
〜文化芸術の社会的インパクト評価〜


日 時:2016年12月16日(金)18:30 - 21:00
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4
参加費:1500円(事前決済)
主 催:日本ファンドレイジング協会アートチャプター
共 催:日本財団CANPANプロジェクト

★★★お申込みはこちらから★★★
http://peatix.com/event/218633

【内容】
18:30 開場・名刺交換タイム
19:00 開講
1)はじめに・主催者挨拶
アートチャプター代表 奥山大介
日本財団CANPANプロジェクト
 
2)社会的インパクト評価のレクチャー
日本ファンドレイジング協会 事務局長 鴨崎貴泰
 
3)音楽分野を事例にしたパネルディスカッション
〔司会〕
 伊藤 麻里子(公益財団法人日本音楽財団/准認定ファンドレイザー)
〔パネリスト〕
 鴨崎 貴泰(日本ファンドレイジング協会/認定ファンドレイザー)
 奥山 大介(公益財団法人札幌交響楽団/認定ファンドレイザー)
 小室 敬幸(一般社団法人Music Dialogue/准認定ファンドレイザー)
 ほか
 
4)フロアディスカッション
 
※終了後、別会場で懇親会が御座います。ご希望者は申込フォームにご記入ください。

◎詳細はこちらをご覧ください。◎
https://www.facebook.com/events/104033030087416/
Posted by 藤川 幸子 at 10:27 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)