CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 災害救援 | Main | ありえないセミナー»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
寄付月間に向けて、キフカッションを開催しませんか?【寄付月間公式認定企画】 [2017年10月14日(Sat)]

日本財団CANPANプロジェクトでは、今年も、寄付月間に合わせて「キフカッション」を開催します。キフカッションとは、誰もが気軽に寄付について語るイベントです。

2017年も、昨年に引き続き、CANPANとして主催する他に、地域で開催を希望するNPOや中間支援組織を募集します。

161028kifucussion_logo_RGB_B.png


◎キフカッション・イベント

寄付月間である12月に、寄付に関する、参加者対話型イベントを開催します。一般の寄付者を対象にしたものから、寄付にあまり興味関心がない層、学生・若者、企業CSR関係者、NPO関係者など、いくつかのカテゴリーを設定して実施いたします。

CANPANとして主催する他に、キフカッションに興味関心がある全国各地のNPOや中間支援組織等と共催で開催することで、全国各地において、寄付について気軽に会話できる機会を増やしていきます。
このキフカッション・イベントは、寄付月間の公式認定企画として実施されます。


◎キフカッションを開催しませんか?

キフカッション開催のためのガイドブックをご用意しました。
開催してみたいという方は、ぜひ、こちらのガイドブックをご覧の上、文末のお問い合わせください。

★★★ガイドブック(PDF)は、以下をクリックしてください★★★
キフカッションガイドブックVer.02.pdf


◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団CANPANプロジェクトとして企画・実施しているものです。
このキフカッションを寄付に係る団体や組織が全国各地で開催ができるように、キフカッション開催のためのガイドブックをつくりました。みなさんの地域でも、開催してみませんか?
なお、キフカッションは、毎年12月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

IMG_6416 (1).JPG


◎寄付月間とは? 
http://giving12.jp/
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間。2015年にNPO法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定した。

main_copy.png

◎開催までのステップ
1.このガイドブックを読む。
2.キフカッションで、寄付について楽しく話をしている姿をイメージする。
3.団体の中で、キフカッションの開催を企画する。
4.企画段階で、CANPANに連絡する。
5.正式に開催を企画して、参加者を募集する。
6.CANPANから提供された各種資料をもとにキフカッションを開催する。
イベントを開催できる団体・組織があれば、どなたでも、キフカッションを開催することができます。
※開催経費等は、実施団体の負担となります。もちろん、参加費を徴収することも可能です。(開催について、CANPANへの負担金等は一切ありません)

170622キフカッション顔出しパネルイメージ.jpg


<2017年度開催実績>


イベント:jfraボランティアデー
開催日 :2017年10月10日(火)夜
開催場所:日本ファンドレイジング協会事務所(東京)
参加者数:4名
主催:日本ファンドレイジング協会
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1054

「社会を変える」を考える
〜今日からできる!社会貢献の方法〜
日 時:2017年10月13日(金)19:00〜21:00
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4(東京)
参加者:約40名
主催:認定NPO法人ビッグイシュー基金、認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、株式会社バリューブックス
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1060




【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催報告】キフカッション@「社会を変える」を考える〜今日からできる!社会貢献の方法〜2017年10月13日(金)夜 [2017年10月13日(Fri)]

ビッグイシュー基金、もやい、株式会社バリューブックスの三者が主催するイベントで、寄付月間公式認定企画のキフカッションを実施していただきました。
今回は、キフカッションの応用編で、社会貢献についてディスカッションしていただきました。

「社会を変える」を考える
〜今日からできる!社会貢献の方法〜


日 時:2017年10月13日(金)19:00〜21:00
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4
参加者:約40名
主催・共催・協力団体
●主催
 認定NPO法人ビッグイシュー基金
 認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
 株式会社バリューブックス
●共催
 日本財団CANPANプロジェクト
 NPO法人OVA
 NPO法人ぷれいす東京

★イベントの詳細情報はこちらから。
https://www.facebook.com/events/149285809001725/


IMG_8808.JPG

広義のホームレス状態の方の支援を行ってきた<ビッグイシュー基金>と<もやい>、さらに、古本を寄付することで社会的な活動を行っている団体を応援する仕組みを確立させた<株式会社バリューブックス>の3団体が主催となり、様々な“社会を変える方法”について話し合う「キフカッション」を行いました。

貧困、若者のひきこもり・自殺、性感染症・・・など、これまで、多くの方が様々な「生きづらさ」を抱えていることがメディア等で取り上げられてきました。一方で、そういった社会問題に対し、「個人としてどのように関わることができるのかイメージがわかない」という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回、日本財団CANPANプロジェクトと共催で、主催の3団体を含む複数の団体が、寄付・ボランティア・ビジネス・・・といった視点から“社会を変える方法”を紹介しました。
「社会のために何かしたいけれど方法が分からない」とモヤモヤしている方や、すでにいろんな活動を実践されている方など、本当に多彩な方々がご参加されました。
みんなで、一緒に“社会を変える方法”を考えるのは面白いですね。

IMG_8809.JPG

19:00 参加団体の活動報告
 NPO法人ビッグイシュー基金 http://www.bigissue.or.jp/
 NPO法人自立生活サポートセンター・もやい http://www.npomoyai.or.jp/
 NPO法人OVA http://ova-japan.org/
 株式会社バリューブックス https://www.valuebooks.jp/
 NPO法人ぷれいす東京 http://ptokyo.org/
 日本財団CANPANプロジェクト http://fields.canpan.info/

19:40 座談会
 各団体の活動への参加の方法
 各団体の運営の仕組み
 「社会を変える」ためのアプローチ

20:10 キフカッション 『社会を変える』を考える
“社会貢献”活動報告を聞いて印象に残ったこと、もっと知りたいと思ったことを自由に書いてください♪

「これならすぐにでも始められる!」「参加してみたい!」と思う“社会貢献”活動について自由に書いてください♪
※活動報告、座談会で話が合った活動でも、新しいアイディアでも何でも、今、やってみたい、できると思う活動でOK!

20:30 交流会
 各団体のブースにて担当者とお話いただけます。

★キフカッションで、参加者のみなさんに書いていただいたワークシートはこちらです。


これを読むだけでも、熱い想いが伝わってきますね。

参加者のみなさん、主催の認定NPO法人ビッグイシュー基金、認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、株式会社バリューブックスのみなさん、ありがとうございました。


キフカッションとは・・・
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/999
【開催案内】実践例から学ぶ、地域の企業の社会貢献〜アップライジング社・斎藤幸一社長から学び、みんなでディスカッション〜(経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2017年12月7日(木)夜・東京☆寄付月間公式認定企画 [2017年10月11日(Wed)]

今、地域の企業による社会貢献活動が注目されています。ボランティアとしてNPO活動や地域活動に参加する、社会問題に取り組んでいるNPOを応援する、あるいは、本業を通じて社会課題解決に取り組むなど、その方法は様々です。

12月に実施される寄付月間を記念して、自らの本業を通じて社会への貢献に取り組んでいる中小企業の集まりである経営実践研究会と、全国のNPO支援に取り組んでいるCANPANが連携して、企業・NPO関係者が一緒に集まって、アイデアをディスカッションする場を昨年に続いて企画しました。

実践例から学ぶ、地域の企業の社会貢献

今回は、基調講演として、経営実践研究会のメンバーである、有限株式会社アップライジング社長の斎藤幸一さんをお招きして、その実践についてお話しいただきます。講演者の斎藤さんのアップライジング社は、栃木・群馬で、中古タイヤ販売、アルミホイール買取・修理などの店舗・工場を運営し、その取り組みは、地域の企業の社会貢献活動として、雑誌やWebメディアなどで取材され、ホワイト企業大賞「人間力経営賞」を受賞されるなど、注目を浴びています。
本業の環境リサイクル、ダイバーシティ雇用、地域の交通安全・清掃活動、NPOへの寄付や支援、栃木のプロスポーツ支援など、本当に様々な活動を行っています。

斎藤さんは、CANPAN山田がぜひこの人をお話しを詳しくお聞きしたい、できれば、より多くのNPO関係者にも一緒に話しを聞いていただきたいという、強い希望で実現したものです。東京で、直接お話しをお聞きできるのは貴重な機会です。

セミナーの前半は、斎藤さんのお話しの他に、社会貢献に取り組んでいる企業の実践例、最近のNPO事情、日本の寄付の状況という3つの話題もご紹介いたします。後半では、企業関係者、NPO関係者が一緒になって、それぞれの立場で、寄付や地域活動のためにどのようなことができるのかをディスカッションします。


寄付月間公式認定企画
経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム
実践例から学ぶ、地域の企業の社会貢献
〜アップライジング社・斎藤幸一社長から学び、みんなでディスカッション〜


日 時:2017年12月7日(木)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル2階会議室1-4(東京・赤坂)
対 象:企業・NPO関係者で企業の社会貢献に興味がある方ならどなたでも
定 員:40名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)
    【スワンベーカリーのコーヒーとパン付き】
主 催:日本財団CANPANプロジェクト、経営実践研究会


★★★お申込みはこちらから★★★
http://canpan20171207.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。


<寄付月間とは?>
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間です。
NPO法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定いたしました。
http://giving12.jp/
bnr_giving12_234_60.gif


<スケジュール>
19:00 オープニング
・趣旨説明
・寄付月間のご紹介
・みんなで自己紹介タイム


19:15 話題提供の時間
1)経営実践研究会の取り組みから、なぜ企業の社会貢献が必要なのか(15分)
  及川政孝(経営実践研究会)

2)日本のNPOと寄付の現状(10分)
  山田泰久(日本財団CANPANプロジェクト)


19:40 基調講演
 「NPOとの共働で始まった就労困難者の積極的雇用」
 斎藤幸一さん(有限会社アップライジング 代表取締役社長) 
<講師の斎藤さんのご紹介>
昭和50年11月14日生まれ
平成18年 4月 アップライジング設立 30歳
  28年 5月 一般社団法人日本ホイール修理協会立ち上げ
  28年10月 訪問型病児保育リスマイリー立ち上げ

直接雇用の障がい者さんや施設外就労の障がい者さんを含む30代就労困難者の割合が全スタッフの67%。その他の活動として、タイヤ1本につき20円を途上国に寄付(公益財団法人CIESF、認定NPO法人テラルネッサンス)、毎朝の挨拶運動(太田市立毛里田小学校 宇都宮市立海道小学校)など。
アップライジング
http://www.eco-uprising.com/


20:25 参加者のディスカッション
・ディスカッションタイム
 ◆斎藤さんの講演の感想を共有
 ◆企業とNPO、それぞれの立場で、今、地域で何ができるのか?
  何を一緒に行うことができるのか?
  寄付を通じた活動の意義とは?

20:55 クロージング

21:00 終了


<講演者プロフィール>
有限会社アップライジング 代表取締役社長 斎藤幸一
昭和50年11月14日生まれ

作新学院英進部進学科 ボクシング部キャプテン
インターハイ総合優勝 全国高校選抜大会ライトウェルター級 優勝

法政大学経営学部経営学科 ボクシング部キャプテン
全日本選手権ライトウェルター級 準優勝 
国体 ライトウェルター級 準優勝
全日本ライトウェルター級ランキング1位
アトランタ シドニーオリンピック代表候補 強化指定選手

イワキ協栄ボクシングジム
プロボクシングA級トーナメント 準優勝
A級トーナメント決勝で敗戦後 24歳で引退 
プロアマ合計戦跡 150戦128勝21敗1分(97KO RSC)

平成18年 4月 アップライジング設立 27年10月 宇都宮本店 移転  
28年 5月 一般社団法人日本ホイール修理協会立ち上げ
28年10月 訪問型病児保育リスマイリー立ち上げ
29年 1月 第三回ホワイト企業大賞 人間力経営賞受賞http://whitecompany.jp/whitecompany/cat/3.html
30年  ベトナム ハノイ 出店予定
30年 バングラディシュで合弁会社設立予定

アップライジング
http://www.eco-uprising.com/

週刊プレイボーイ「こんな会社で働きたい」
http://wpb.shueisha.co.jp/column/white
プレジデントオンライン掲載
http://president.jp/articles/-/23030

直接雇用の障がい者さんや施設外就労の障がい者さんを含む30代就労困難者の割合が全スタッフの67%

【その他の活動】 
・タイヤ1本につき20円を途上国に寄付
 (公益財団法人CIESF、認定NPO法人テラルネッサンス)
・日本ホイール修理協会 副理事
・訪問型病児保育NPO法人リスマイリー 副理事
・経営実践研究会 理事
・栃木掃除に学ぶ会 世話人
・毎朝の挨拶運動(太田市立毛里田小学校 宇都宮市立海道小学校)

【プロスポーツチーム スポンサー】
・栃木県 リンク栃木ブレックス HC日光アイスバックス 宇都宮ブリッツェン
・那須ブラーゼン 栃木ウーヴァFC 宇都宮村上塾 群馬グリフィン 茨城ロボッツ


<経営実践研究会について>
企業が本業を通じて社会課題解決に向けて、非営利団体やソーシャルビジネスを行う団体や行政などと協働し、企業を成長、成熟させ、事業によって社会課題の解決に取り組むことで持続可能性ある社会の実現を目指します。
http://www.keijitsukai.jp/index.html


<日本財団CANPANプロジェクトについて>
CANPANプロジェクトは、日本財団およびNPO法人CANPANセンターによる、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクトです。CANPANサイトによる、NPOの情報開示・発信支援、CANPAN決済サービスによるオンライン決済システムの提供、NPO・CSR関係セミナーの開催などを行っています。
http://fields.canpan.info/


<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20171207.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は、12月7日(木)16時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、12月6日(水)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、セミナー開催関連業務で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。
【開催報告:キフカッション】jfraボランティアデー 2017年10月10日(火)夜・東京 [2017年10月11日(Wed)]

CANPANが昨年から始めたキフカッション、早速、今年の第1号開催をしていただきました。
ちなみに、キフカッションとは、寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。

今回は、日本ファンドレイジング協会(http://jfra.jp/)のボランティアデーの中でキフカッションを実施していただきました。担当の細貝さんより、報告をいただいたので、ご紹介させていただきます。


□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○

本日、弊協会ボランティアデーにて、
キフカッションを開催させていただきましたので、ご報告いたします。

DSC_0787.JPG

イベント:jfraボランティアデー
開催日 :2017年10月10日(火)夜
開催場所:日本ファンドレイジング協会事務所
参加者数:4名
参加者層:大学生、社会人(年齢層は20代、40代、60代)
所  感:金銭的寄付以外の寄付の話(献血や古本寄付)がでたり、
     あまり高尚な動機で人が寄付しているわけではない等、
     様々な切り口で「寄付」について考えていただける機会に
     なったと思います。

今日のボランティアメンバー1人1人にとって、
新しい気づきが得られる機会になったようです。
ありがとうございました!

★参加者のみなさんのワークシート&感想


□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○

●日本ファンドレイジング協会
 http://jfra.jp/

● JFRAボランティア・デー
 http://jfra.jp/action/join

平日の夜間など、気軽に参加できる日時で開催しているのが、「JFRAボランティア・デー」です。ファンドレイジングに関心を持った方や、何かボランティアしたいと思っている方が自由に参加し、協会の事業価値を高める活動を行っています。

こんな方は是非ご参加ください!
・少しだけボランティア活動をしてみたい
・協会のことをよく知りたい
・どんな人々が参加しているのか、知ってみたい
・ファンドレイジングに興味がある

JFRAボランティア・デーのイメージ
・月1回程度2時間程度
・団体の紹介とその月のテーマ
・みんなでわいわいボランティア作業


担当の細貝さん、ボランティアデーに参加されたみなさま、
キフカッション、ありがとうございました!


現在、キフカッションを開催したい団体や集まりをを募集しています!
詳細はこちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/999


【開催報告】キフカッション@NPO青春基地・中高生向け新プログラム・キックオフイベント 2016年12月23日(祝・金) [2016年12月23日(Fri)]

2016年最後のキフカッションは、NPO青春基地が主催する中高生向けの新たなプログラムのキックオフイベントのアイスブレイクとして、実施させていただきました。

キフカッション@NPO青春基地・中高生向け新プログラム・キックオフイベント
2016年12月23日(祝・金)13:30〜13:45
日本財団ビル1階ホール
参加者:大学生や高校生など23名
主催:NPO青春基地 http://seishun.style/
共催:日本財団CANPANプロジェクト
※NPO青春基地の主催イベントの中で、キフカッションを実施したものです。

【イベント全体の報告記事はこちら】
→【イベント開催】12月23日に中高生向けの新しいプログラムが始動しました!
  http://seishun.style/news/1633/



IMG_7446 (2).JPG


当日は、CANPAN山田より、CANPANや寄付月間の紹介をした後に、参加者のみなさんにキフカッションを実施していただきました。

テーマ「みんなにとって寄付って何!?」
 →ワークシートに記入(2分)
 →2,3人になって共有


こちらが、その時のワークシートです。
参加者のみなさんから、いろんな意見が出てきて、充実したキフカッションになりました。




<参加者&青春基地のみなさん>
161223_01.jpg

※写真は、青春基地のWebサイトよりお借りしました。


◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。
このキフカッションを寄付に係る団体や組織が全国各地で開催ができるように、キフカッション開催のためのガイドブックをつくりました。みなさんの地域でも、開催してみませんか?
なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

◎寄付月間とは? →http://giving12.jp/
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間。2015 年に NPO 法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定した。


ご参加いただいたいみなさん、ご協力いただいた青春基地のみなさん、ありがとうございました。

CANPAN 山田泰久
【開催報告】キフカッション2016「寄付する気持ち」〜みんなで寄付について語ろう〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月21日(水)夜・東京 [2016年12月22日(Thu)]

ここ数年、様々な寄付の仕方が生まれてきています。
寄付が少しだけ身近になった気がします。

20161221-2.png

一方で、寄付の方法をもう少し詳しく知りたいなとか、
他の人と寄付についてちょっと話してみたいなとか、
そんなことを思ったことがありませんか?

そこで、最近の寄付の方法を紹介しつつ、参加者のみなさんで、寄付について、ゆるやかに語り合う場を企画しました。寄付のWikipediaや最初の寄付付き商品のお話し、寄付のツール・機会などの事例や寄付付きお菓子をお伝えさせていただきました。

自分のことを語るように、寄付の経験について語る、「キフカッション」。今回は、寄付をしたことのない方もある方にもご参加いただき、寄付のイメージに少しでも変化があればいいなと思います。参加者の皆さまの”気づきの共有シート”ぜひご覧ください。

※キフカッションについてはこちらから
 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

画像.jpg

---------------------------------------------
日本財団CANPAN・NPOフォーラム
キフカッション2016「寄付する気持ち」
〜みんなで寄付について語ろう〜
---------------------------------------------


日 時:2016年12月21日(水) 19:00〜21:30(開場18:30)
場 所:日本財団ビル2階大会議室
対象者:寄付に興味がある方ならどなたでも
    ※寄付を集める側ではなく、寄付をする人側を想定した内容です
参加者:30名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト


<内容>
1.オープニング

20161221-4.png

2.プレゼンタイム
  最近の寄付の方法から、昔々の寄付、寄付月間などなどに関する、様々な情報をお伝えしました。



3.休憩タイム
  みんなで交流タイム(スワンベーカリーのコーヒーと、寄付付き商品を食べながら)
  みんなで#kanpaicharityタイム(写真に撮って、InstagramやTwitterにアップ)
  寄付月間インターンの学生さんがたくさん写真を撮ってくれました。

下の写真のお菓子はすべて寄付付き商品です、今回は、スーパーやコンビニ身近なところで購入ができるお菓子を集めました。ぜひ、チェックしてみてください。
20161221.png

参考(一部):
レッドカップキャンペーン
https://www.jawfp.org/redcup/
カルビー株式会社 じゃがビー×子供地球基金
http://buycott.me/report/000056.html
株式会社ロッテ
http://www.lotte.co.jp/corporate/csr/society/contribution/
ベルマーク 森永製菓株式会社
http://www.morinaga.co.jp/bellmark/
※ベルマークを財団に送っていただくと、東日本大震災の被災校、へき地校、盲・聾・養護学校などの支援になります。

4.トークタイム
 少人数のグループになって語りあう時間です。今回のテーマは2つです!

20161221-3.png

★★★セッション1★★★
テーマ:寄付をしてよかったこ、うれしかったこと




★★★セッション2★★★
テーマ:寄付のはじめて物語
・欲しい未来へ、寄付を贈ろう



5.クロージング

★★★気づきの共有シート★★★


年末のイベントが盛り沢山の中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!良いお年をお迎えください。
Posted by 藤川 幸子 at 10:37 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】「寄付」を語ろう。キフカッション(主催:NPO法人 えんのわ(地域活動応援チーム えんのわ))2016年12月4日夜・長野 [2016年12月15日(Thu)]

この度、長野県にある特定非営利活動法人えんのわ主催で、長野県でキフカッションを開催していただきました。こちらにて報告記事を掲載いたします。

キフカッション2.png

◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

15179179_1078786092239865_8236622963901240311_n.jpg

寄付月間2016公式認定企画
「寄付」を語ろう 〜キフカッション〜


日 時:2016年12月4日(日)18:00〜20:00
場 所:えんぱーく 5階イベントホール
対 象:寄付に興味のある方ならどなたでも
参加者:16名
主  催:特定非営利活動法人えんのわ
共  催:日本財団CANPANプロジェクト・塩尻市
後  援:認定特定非営利活動法人長野県みらい基金


内  容:
12月の「寄付月間」に合わせて、最近の寄付事情(寄付の方法やキャンペーン事例など)について、ファシリテーターから話題提供いたしました。参加者同士で@初めての寄付、A寄付して良かったことをテーマにディスカッション(キフカッション)を行いました。

キフカッション1.png

NPOのみなさんには、自分たちの団体の寄付者の方とご一緒に参加していただき、寄付を集める側、寄付をする側ととても有意義な時間になりました。寄付者の気持ちを知ることは、寄付集めにはとても大切です。

イベントの中で、長野県の寄付事例の共有などもなされました。
長野県の特定の地域で行われている「遺志金」という制度について、参加者の方からお話しいただきました。
これは、故人の方が生前お世話になっていた地域組織や役場などに、遺族の方が故人に代わって寄付を行うという風習があるそうです。日本にも様々な方法で寄付の形が根付いています。
この風習は、長野以外にも、東北地方にあるそうです。勉強になりました。


★★★セッション1:初めての寄付★★★


★★★セッション2:寄付してよかったこと★★★


キフカッション3.png

★★★参加者の声★★★
・キフについて新しい知識を得られた。
・今の課題を共有できたため
・他団体との情報交換ができた。
・キフの歴史、事例を知れた。
・勉強になりました。
・キフしてうれしかったことの事例がたくさん聞けた。
・ゆっくりみなさんのお話を聞くことができて良かった。
・遺志金というものを初めて知りました。料理がおいしかったです。
・交流会、良かったです。
・認定NPO法人を取ろうかなと思いました。


寄付月間とは、
NPO、大学、企業、行政、国際機関などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、12月の一カ月間を「寄付月間〜Giving December〜」とする運動が2015年から始まりました。
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告をより良いものにすること、
社会に貢献したいと考える7割の人がいる今の日本社会で、多くの人が寄付の大切さと役割について考え、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけとなることを目指します。


◎ファシリテーター:山田泰久
NPO法人CANPANセンター代表理事
一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事
日本財団とCANPANセンターが合同で実施する、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。
主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、オンライン寄付、助成金、IT・Web、ノウハウ、ネットワーク、出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

キフカッションを開催しませんか?
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

特定非営利活動法人えんのわ、塩尻市、認定特定非営利活動法人長野県みらい基金のみなさま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 15:25 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画 実践例から学ぶ、企業の社会貢献のアイデア〜【寄付月間企画】寄付付き商品・サービスを考える〜(経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月13日(火)午後・東京 [2016年12月14日(Wed)]

今回のCANPANの寄付月間関連イベントは、「寄付付き商品・サービス」をテーマに開催しました。

15419647_1343490942368113_3150540287962144547_o.jpg
※経営実践研究会 藤岡理事長より写真をご提供いただきました。ありがとうございます。

あらためて、地域の企業による社会貢献活動が注目されています。ボランティアとしてNPO活動や地域活動に参加する方法もあれば、NPOなどの社会問題に取り組んでいる団体に寄付したり、あるいは、本業を通じて社会課題解決に取り組んでいるケースもあります。
今回は、12月に実施される寄付月間を記念して、地域の企業の社会貢献活動の中でも、売上の一部をNPO活動等に寄付する「寄付付き商品・サービス」をテーマにセミナーを開催しました。

自らの本業を通じて社会への貢献に取り組んでいる中小企業の集まりである経営実践研究会と、全国のNPO支援に取り組んでいるCANPANが連携して、企業・NPO関係者が一緒に集まって、アイデアをディスカッションする場を企画しました。

セミナーの前半は、社会貢献に取り組んでいる企業の実践例、最近のNPO事情、日本の寄付の状況という3つの話題を、寄付をテーマにご紹介いたしました。後半では、企業関係者、NPO関係者が一緒になって、寄付付き商品・サービスのアイデアを考えるためのディスカッションを行いました。12月の寄付月間に、NPO、企業のみなさんで一緒に、寄付について考える場となりました。


寄付月間公式認定企画
経営実践研究会×日本財団CANPAN・NPOフォーラム
実践例から学ぶ、企業の社会貢献のアイデア
〜【寄付月間企画】寄付付き商品・サービスを考える〜


日時:2016年12月13日(火)13:30〜16:30(開場13:15)
場所:日本財団ビル2階大会議室(東京・赤坂)
対象:企業・NPO関係者で企業に興味がある方ならどなたでも
参加者:35名
主催:日本財団CANPANプロジェクト、経営実践研究会


<寄付月間とは?>
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間です。
NPO法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定いたしました。
http://giving12.jp/


<スケジュール>
13:30 オープニング
・趣旨説明
・寄付月間のご紹介
・みんなで自己紹介タイム

13:50 話題提供の時間
セッション1「社会貢献を行っている企業の実践例」(25分)
経営実践研究会 及川政孝さん
→参加者同士でシェアタイム(5分)

経営実践3.png



事例発表してくださいました「そば助」の八木社長
※犬猫・若者サポートをしているNPOの支援を実施
経営実践2.png

セッション2「最近のNPO事情と、日本の寄付の状況」(15分)
日本財団CANPANプロジェクト 山田泰久
→参加者同士でシェアタイム(5分)

経営実践4.png



14:40 休憩タイム(スワンベーカリーのコーヒー&パン)

15:00 ディスカッションの時間
3,4人のグループになってディスカッション

経営実践1.png

1)私の寄付体験



2)欲しい未来とは?



3)寄付付き商品・サービス、どんなことができる?




16:20 クロージング
16:30 終了

<経営実践研究会について>
企業が中心となり、本業を通じた社会貢献活動を実践し、
非営利団体やソーシャルビジネスを行う団体や行政などと協働し、
企業を成長、成熟させ、事業によって社会課題の解決をすることで持続可能性ある社会を目指します。

<日本財団CANPANプロジェクトについて>
CANPANプロジェクトは、日本財団およびNPO法人CANPANセンターによる、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクトです。CANPANサイトによる、NPOの情報開示・発信支援、CANPAN決済サービスによるオンライン決済システムの提供、NPO・CSR関係セミナーの開催などを行っています。

★★★気づきの共有シート★★★


講師の及川さん、事例発表してくださったみなさま、ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 18:30 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】寄付月間公式認定企画 女性たちのシェアで広げる社会貢献〜一夜限りのキフカッション&交流パーティー〜(N女×日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年12月9日(金)夜・東京 [2016年12月14日(Wed)]

CANPANの寄付月間関連イベント第3弾は、NPO法人NPOサポートセンターのプロジェクトの1つである「N女〜ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト」(N女プロジェクト)とのコラボ。NPOやNGO、社会的企業など、社会貢献を仕事にする女性たちと一緒に開催いたしました。

N3.png

NPOやNGO、社会的企業などのソーシャルセクターで働く女性たち(N女)が増えつつある中、「ほしい未来を自分たちの手でつくる」ため、にN女たちは連携し、新たな価値を生み出していけるのでしょうか。N女の現状と課題、活動に関わる接点や「寄付」促進のあり方をみなさんと考える機会(キフカッション)となりました。
※キフカッションとは、誰もが気軽に寄付について語ることです。http://blog.canpan.info/cpforum/archive/695

《「美味しいお菓子で社会貢献」交流パーティーも開催しました!》
社会貢献に関心がある人と実際に働く女性が出会い、応援したい活動を知る交流パーティも開催しました。当日は、福祉事業所で働く障がい者の働きがいと給料向上をめざす「テミルプロジェクト」がトップパティシエ等とコラボしたクッキーなどのお菓子付き。12月の寄付月間に、個人のヒストリーに耳を傾けたり、自分の活動を発信したり、私たちにできることを一緒に考える場となりました。

N1.png

Njo_hp129.jpg

寄付月間公式認定企画
N女×日本財団CANPAN・NPOフォーラム
女性たちのシェアで広げる社会貢献
〜一夜限りのキフカッション&交流パーティー〜


日 時:2016年12月9日(金)19:00〜21:00 (開場 18:45)
場 所日本財団ビル 2F 大会議室
対 象:NPOやNGO、社会的企業など、社会貢献を仕事にする女性たち(N女)
社会貢献やソーシャルセクターで働くことに等に関心のある方
参加者:約60名
主 催:N女〜ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト、日本財団CANPANプロジェクト
協 力:株式会社テミル「テミルプロジェクト」 http://www.temil-project.jp/
株式会社フィルムアート社 http://filmart.co.jp/
後 援:特定非営利活動法人NPOサポートセンター http://npo-sc.org/
特定非営利活動法人ディーセントワーク・ラボ http://www.decentwork-lab.org/
ちゃぶ台返し女子アクション http://chabujo.com/
公益財団法人パブリックリソース財団 http://www.public.or.jp/

<内容>
19:00 オープニング
19:05 話題提供
「ほしい未来を自分たちの手でつくる」ため、にN女たちはどう連携し、新たな価値を生み出していけるのか、N女の現状と課題、活動に関わる接点や「寄付」促進のあり方を考えました。

《コーディネーター》
津田順子さん(Japanese Women's Leadership Initiative〔JWLI〕2015年度フェロー)
《パネラー》
岸本幸子さん(公益財団法人パブリックリソース財団代表理事・事務局長)
杉原志保さん(NPO法人NPOサポートセンター事業部プロデューサー、N女プロジェクト代表)
中尾文香さん(NPO法人ディーセントワーク・ラボ代表理事、潟eミルプロジェクトマネージャー)

N5.png

19:45 交流パーティー
N女の活動に触れ、応援したい活動を知り、どのような関わり方や応援が可能かを考えました。

N4.png

20:30 キフカッション・気づきの共有
@〜Dのテーマで記載いただきましたが、今回は、C・Dのみ公開させていただいております。

★★★気づきの共有シートC寄付月間アクション★★★


★★★気づきの共有シートD寄付月間アクション★★★


20:55 アンケート記入

21:00 終了

《『N女の研究』を購入してN女の活動を応援しよう》
ノンフィクションライター中村安希著『N女の研究』(フィルムアート社、11月25日発売)をGiving Decemberキャンペーン期間である12月中に、以下の方法で購入すると、1冊につき300円がフィルムアート社の定めた3団体に寄付されます。

●イベント当日に会場で購入
●特設サイト『N女の研究』から購入(開設10月末、発送12月以降)
https://filmart.thebase.in/

書籍_N女の研究.jpg

チラシのダウンロードはこちらから⇒http://www.slideshare.net/canpan2009/n-67563875

(寄付先)
●公益財団法人パブリックリソース財団あい基金
●ソーシャルセクターで働く女性サポートプロジェクト(N女プロジェクト)
●認定特定非営利活動法人ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)


◎登壇者プロフィール
《コーディネーター》
津田順子さん(Japanese Women's Leadership Initiative〔JWLI〕2015年度フェロー)

tsuda.jpg

広島県出身。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。ウォルトディズニー、ヒルトンインターナショナル、アイエヌジー生命保険、日本GEの外資系企業で広報、人事などを担当。2015年度のJWLI研修に参加し、ボストンでアメリカのNPO経営や女性の戦略的リーダーシップを学び、現在JWLIの卒業生の組織であるJWLIの会の役員を務める。

《パネラー(五十音順)》
岸本幸子 さん(公益財団法人パブリックリソース財団代表理事・事務局長)

kishimoto.jpg

東京都出身。東京大学教養学部卒業。民間シンクタンク勤務、米国留学を経て、2000年に NPO法人パブリックリソースセンター(現法人の前身)創設に参画、 2013年より現職。日本の寄付文化の革新に取り組むかたわら、複数の非営利団体の理事も務める。2015年12月に日本初の女性基金「あい基金」を創設。

杉原志保さん(NPO法人NPOサポートセンター事業部プロデューサー、N女プロジェクト代表)

sugihara.jpg

東京都出身。中央大学大学院法学研究科修了。川崎市役所、かわさき市民活動センター、川崎市男女共同参画センターを経て現職。これまでに自治体の男女共同参画に関する調査や計画策定、評価制度の構築、助成金等の中間支援業務を通じ、200近い市民活動団体の設立や事業展開に携わる。現在は、自治体中間支援拠点の管理運営や業務改善等コンサルティグも行う。2014年N女プロジェクト設立。ソーシャルセクターを女性のキャアリアパスの第3の道とすべく、活動分野を越えて連携協働し、働くうえでの課題の解決をめざす。「協働ステーション中央」(東京都中央区)の統括責任者。中央大学法学部兼任講師。

中尾文香さん(NPO法人ディーセントワーク・ラボ代表理事、潟eミル プロジェクトマネージャー)

nakao.jpg

香川県出身。東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科修了。社会福祉士。埼玉県立大学時代に障がい者当事者団体に出会い、活動を共にする。日本女子大学人間社会研究科修了後、2007年株式会社テミルに入社。機器のアクセシビリティ調査、保育関連のコンサルに従事する。2009年より福祉事業所で働く障がい者の働きがいと給料向上を目的とした「テミルプロジェクト」を企画運営し、現在に至る。また、2013年にはNPO法人ディーセントワーク・ラボを設立し、福祉事業所がつくる小物ブランドequalto(イクォルト)事業を展開している。研究のテーマは、障がい者の就労、QWL(Quality of Working Life)、ディーセント・ワーク。

津田さん、岸本さん、杉原さん、中尾さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
Posted by 藤川 幸子 at 18:12 | 寄付月間 | この記事のURL | コメント(0)
【開催報告】キフカッション@a-con presents Early X'mas Party 2016 仕事だけじゃもったいない!? よくばり社会人のワーク&ライフのぞき見ナイト 2016年12月11日(日) [2016年12月11日(Sun)]

今度のキフカッションは、a-con(特定非営利活動法人NPOコミュニケーション支援機構)が主催するイベントの当日プレイベントの中で実施しました。

【a-con presents Early X'mas Party 2016】
仕事だけじゃもったいない!? よくばり社会人のワーク&ライフのぞき見ナイト!
日時:2016年12月11日(日)13:00〜15:00(当日プレイベント)
場所:日本財団ビル1階ホール
参加者:約15名
主催:a-con(特定非営利活動法人NPOコミュニケーション支援機構)
共催:日本財団CANPANプロジェクト

※実際のイベント内容はこちら。
http://www.a-conweb.net/event/event20161211

161028kifucussion_logo_RGB_Ak2.jpg


今回は、クリスマスイベント開催当日のプレイベントとして、社会人や大学生によるNPOのファンドレイジングを考えるワークショップのアイスブレイクとして、キフカッションをしました。

参加者のみなさんは、あまり寄付に馴染みがないということで、キフカッションの内容もざっくばらんな感じで、寄付についてのイメージを率直に語っていただき、参考になりました。




◎キフカッションとは?
寄付について、気軽にディスカッションを行い、寄付に関する様々な情報を共有できる場、それが「キフカッション」(寄付+ディスカッション)です。寄付文化を進めるためには、寄付について、誰もがもっと気軽に話をすることができる場があると楽しいなと思い、日本財団 CANPAN プロジェクトとして企画・実施しているものです。
このキフカッションを寄付に係る団体や組織が全国各地で開催ができるように、キフカッション開催のためのガイドブックをつくりました。みなさんの地域でも、開催してみませんか?
なお、キフカッションは、毎年 12 月に実施される全国的な寄付の啓発キャンペーンである「寄付月間」の公式認定企画として実施しています。

◎寄付月間とは? →http://giving12.jp/
寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなり、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考えることや、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけともなる月間。2015 年に NPO 法人、公益法人、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付月間の発足を決定した。



ご参加のみなさん、a-conのみなさん、本当にありがとうございました。

日本財団CANPAN 山田泰久