CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/12/21-29) | Main | 【開催報告】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.01〜魅力が伝わるNPOのロゴづくり〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年1月7日(木)13:30〜15:30»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13) inoueshoin
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/8/24-28) (09/04) 名古屋
【満員御礼!】出身地Day 夏の交流会2015(TIP*S/中小機構&日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年8月24日(月)夜 (08/23)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催案内】出身地Day2016〜進化するネオ県人会の真価〜(TIP*S/中小機構&日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年1月11日(祝・月)東京 [2016年01月06日(Wed)]

※参加申し込み締め切りは、1月10日(日)19:00になります。お早目にお申し込みください。
※当日受付は実施しませんので、必ず事前お申し込みしてください。


毎年恒例の成人の日に開催する出身地Day。
4年目となる今回は、内容をさらにバージョンアップして開催します。

出身地DAY2016.png


TIP*S/中小機構&日本財団CANPAN・NPOフォーラム
出身地Day2016
〜進化するネオ県人会の真価〜


>>>参加申し込み>>> http://canpantips20160111.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


やっぱり、出身地が熱い。
出身地から遠く離れて暮らす中、地元のために何かしたい!
という熱い思いの人が、確実に増えています。
その出身地では、市民や企業、NPO、行政が熱い思いと行動で、
地域をよりよくしていこうという動きが始まっています。
そう、出身地も、出身者も、今、熱いのです。

『出身地である地元を応援したい!』
『今は離れて暮らしているけど、小さい頃から慣れ親しんだ地域に恩返ししたい!』
そんな、熱い「出身者」のみなさんが集まって、同じ都道府県の人と熱く語る場として、2013年1月より始まったのが「出身地Day」です。

出身地Dayチラシ20150112.jpg


日 時:2016年1月11日(月・祝) 13:30〜17:30
場 所:TIP*S/3×3Labo(東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル6F 662区)
    http://tips.smrj.go.jp/access/

対象者:
・地方から出てきて首都圏に住んでいるけど、出身地のために何かしたいと思っている人
・地域活性化のために首都圏に住んでいる出身者とつながりをもとめている人
 (地方からの参加者も大歓迎です!)
定 員:200名
参加費:1,500円(全国各地の銘菓付き)

主 催:日本財団CANPANプロジェクト、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
協 力:地域 × クラウドファンディング FAAVO(ファーボ)

>>>参加申し込み>>> http://canpantips20160111.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。


【都道府県別の参加申し込み状況】
北海道5
青森県3 岩手県2 秋田県7 宮城県3 山形県4 福島県5
茨城県4 栃木県4 群馬県4 千葉県1 埼玉県2 東京都7  神奈川県6
新潟県15 長野県0 山梨県1 
富山県6 石川県5 福井県4 静岡県4
愛知県1 岐阜県0 三重県0 
滋賀県7 京都府1 大阪府1 奈良県4 和歌山県0 兵庫県 1
鳥取県6 島根県5 岡山県2 広島県4 山口県2 
愛媛県1 徳島県1 香川県1 高知県0
福岡県1 佐賀県1 長崎県1 大分県5 宮崎県0 熊本県1 鹿児島2 沖縄県0
※2016年1月8日(金)12:00時点
※まだ申込がない都道府県
 長野県 岐阜県 三重県 和歌山県 高知県 宮崎県 沖縄県


>>>過去の開催風景
 2015年1月>>>http://blog.canpan.info/cpforum/archive/208
 2015年8月>>>http://blog.canpan.info/cpforum/archive/363


DSC_0358.jpg


8月に開催した「出身地Day夏の交流会2015」では約230名の方にご参加いただきました。さらに石破茂地方創生担当大臣にお越しいただき、スペシャルゲスト・トークとして「地方創生への思い」を語っていただき、盛況のうちに開催することができました。
首都圏から出身地を応援したいという出身地Dayのムーブメントが今、来ています!

さて、出身地Dayでは、新しい社会システムとして、20代、30代が中心となってSNSでつながって、さらにイベントでネットワークを広げている出身者の集まりである『ネオ県人会』に注目しています。

国の地方創生の取り組みなど、地方・地域が重要なテーマとなっています。また、今回の会場のTIP*Sも、その設置目的の一つに地域活性化が掲げられています。
そんな地方・地域の動きの中で、大いなるポテンシャルを持っているのがネオ県人会だと考えています。関係者がそれぞれ様々なノウハウやネットワークを持って活動しているネオ県人会の動きは、今いろいろなとこで注目されています。

今回の出身地Dayでは、これまでにご紹介していないネオ県人会の方々をゲストとしてお迎えして、多様なネオ県人会の活動についてご紹介いただきます。

イベント後半では、前半のインプットを参考にみんなでディスカッションを行います。最初に、出身地カフェとして参加者が各都道府県別にわかれてのディスカッションを実施。その次の全国カフェでは、すでに活動を展開されているネオ県人会の方々に話題提供&ファシリテーターになっていただき、テーマ別のディスカッションを行います。

出身地が好き、地元が好きという方にぜひ参加していただきたいイベントです。
また、出身地以外でも何か地域での活動をしたいという人も大歓迎です。
あらためて、出身地や地域の新しい応援・活動について一緒に語りましょう!


<スケジュール>
13:30〜15:30
セッション1:プレゼンテーション
(1)地方創生の取り組み「ふるさと投資」など
  ◎国の取り組みについて
   話題提供:(調整中)
  ◎クラウド・ファンディングによる取り組みについて
   話題提供:地域 × クラウドファンディング FAAVO
  ◎コミュニティ財団による取り組みについて
   話題提供:(公財)みんなでつくる財団おかやま

(2)ネオ県人会によるプレゼンテーション
  これまでにご紹介していないネオ県人会をご紹介します。
  【ネオ県人会】
  ◎在京青森わげもの会
  ◎岩手×東京会議
  ◎フェイスブック新潟県人会
  ◎北陸三県共創ネットワーク onefit
  ◎東京在住滋賀県人会
  【従来の県人会の枠組みの中で若者の積極的に取り組んでいる県人会】
  ◎(一社)静岡県人会
  ◎(一社)東京奈良県人会 若手の会

15:30〜17:30
セッション2:ディスカッション
(1)出身地カフェ
  同じ出身都道府県の出身者が集まっての作戦会議
(2)全国カフェ(テーマ別のディスカッション)
  ・テーマ別に10〜20名くらいのグループになる
  ・すでに活動している方々から10分間の話題提供
  ・その後、グループ全体あるいは、4,5人のグループになってディスカッション
 【話題提供団体(予定)】
 株式会社DKdo(北海道)/WE LOVE AKITA/ヤマガタ未来ラボ
 ツナグ茨城/とちぎDAY@東京/群馬県民の日InTokyo実行委員会 
 富山県出身首都圏若者ネットワーク/同郷フェスティバル(石川)
 nextひろしま/鳥取ファンを増やす会@東京/ごっつお倶楽部(島根) 
 NPO法人大分人祭り/NPO法人ETIC./(一社)移住・交流推進機構JOIN


<ブース出展>
◎地域 × クラウドファンディング FAAVO
◎(一社)移住・交流推進機構JOIN
◎(株)日本政策金融公庫 国民生活事業
◎ココロココ


<資料配布>
◎TABICA(たびか) 
◎ふくおか移住・定住フェア


こんな雰囲気で開催しますよ。
鳥取島根.jpg


<プレゼン団体紹介>

◎地域 × クラウドファンディング FAAVO
 https://faavo.jp/

『地域の「らしさ」を誰もが楽しめる社会をつくる』
このコンセプトを元に展開するFAAVO(ファーボ)は、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワークです。
クラウドファンディングは、様々な取り組みやアイデアをサイト上で発表することで、その取り組みに共感した全国各地の人々から広く支援金を募ることができるサービスです。補助金や助成金、融資や投資ではない、全く新しい資金調達手法として世界で注目を集めています。インターネットで支援を集めるという性質上、取り組み自体の認知が広がっていくという効果もあります。地域では特に苦手意識がある人も多い、PRの部分も資金調達と一緒に行うことができます。
FAAVOは全国各地の地域に根ざした団体と提携し、「エリアオーナー制度」という独自制度をつくりました。エリアオーナーが現地で起案サポートや資金調達中の改善アドバイス、クラウドファンディングの普及促進を行うことで、誰もが気軽にクラウドファンディングのことを身近な人に問い合わせることができるような体制を整えています。まちで一番身近なクラウドファンディングサイトとして、少しづつですが全国へ広がってきています。


◎(公財)みんなでつくる財団おかやま
 http://mintuku.jp/ 

みんなでつくる財団おかやま、通称「みんつく」は、100人の若者の呼びかけにより530名以上の方からの寄付4,133千円をもとに設立した「思いをカタチにする」市民コミュニティ財団です。(平成24年9月設立 平成26年8月公益認定)
「つなぐ、つたえる、シェアをする」をキーワード に、寄付を財源とした助成事業を主な取り組みとし、広く多くの人に知ってもらいながら資金を集める地域版クラウドファンディング「割り勘」、個人でも少額から基金を設置できる「冠基金」などの仕組みを 提供しています。
関わりやすい環境をつくり、ヒト・モノ・カネ・情報の資源循環を促進し、思いをカタチにする速度を上げて、誰もが社会をツクることに参画できる「自分の力と存在を実感できる社会」を目指しています。


◎在京青森わげもの会
 http://www.wagemono.com/

つなげる、つながる、青森のワ
在京青森わげもの会とは、関東圏に住む青森出身者、または青森大好きな他県出身者が集う20代限定コミュニティです。唯一にして絶対のルールは、コミュニティ参加時に29歳以下であること
※残念ながら30歳以上の方は参加できません。
その他はわりとゆる〜くやってます。関東在住以外の方もウエルカムです!既存の県人会とは一線を画し、東京から青森を盛り上げるべく様々な活動を展開していきます!


◎岩手×東京会議
 https://www.facebook.com/IWATExTokyo

「東京で岩手と関わる人口をどんどん増加させる」をテーマに、出身者や岩手ファンが、岩手に関する活動にアクティブになってゆける環境づくりをしています。
2015年は、地元岩手側の就業支援組織と一緒に「UIターン促進」の県事業に携わり、岩手関連活動の主催・共催イベントを手掛けてきました。また、隔週ペースでミニ交流会を開き、地道に仲間を増やしています。
首都圏には「岩手関連活動」が元々、多種多様にあります。そして「岩手」と大くくりにする活動はほとんどなく、地域別やジャンル別に濃いコミュニティが沢山あるのが、首都圏における岩手コミュニティの特徴です。「岩手×東京会議」は、そうした既存の活動やコミュニティをどんどん応援したり繋げていくことで、「首都圏における『イロイロな岩手』をもっともっと面白く」してゆこうと思っています。2016年はそうした「コミュニティ支援」をメインテーマにしていこうと考えています。


◎フェイスブック新潟県人会
 https://www.facebook.com/niigatakenjinkai

団体概要:「新潟発、世界へ。」を合言葉に、SNSにおける全世界の新潟県人が、縁・援・円・宴(4えん=支援)をつむぐ「ハブ」となることを目指すコミュニティ 。現在会員約10,200名(グループページ参加数)。フェイスブックページは全世界在住の新潟県人が毎週約3万人閲覧。全国各地で行う新潟県人交流会(過去4年半で50回以上開催)をはじめ、酒の飲めない新潟県人が美味い物を食べるためだけに集まる「美食部」、お米が大好きな新潟県人が痩せるためにご飯を控える「ダイエット部」、新潟県内の降雪状況をひたす ら発信し続ける「深雪部(みゆきぶ)」、新潟の少子化問題を考える「新潟変人会」等、17のコミュニティグループページも運営。地元TV局で年賀CM放送、地元花火大会でのスターマイン打ち上げも。2016年は、行政との連携による首都圏在住の20・30代新潟県出身者のUターン促進のための活動を本格始動。


◎北陸三県共創ネットワーク onefit
 http://onefit.wix.com/index

onefit(ワンフィット)は、福井・石川・富山に関わる人たちが、メンバー自身も新しい発見を楽しみながら、北陸三県や自分たちの未来を共に創りあげていくことを目的に結成されたグループです。
北陸三県が協力し、お互いの魅力を重ね合うことで、地域としてのより大きな魅力を創り出していきたい。 こうした想いから、私たちは北陸三県をひとつの仲間とした組織を立ち上げました。団体名称である「onefit」は「ひとつの共同体(one)としての福井(f)・石川(i)・富山(t)」を表す造語です。
と、このような理想はありますが、まだまだ結成したばかりの小さな組織です。三県を結ぶとか、世界に打って出るとか、そんな大それたこと、いまは言えません。まずは、せめて「隣の県の魅力」くらいは話せるようになりたい。そのうえで、三県をひとつの単位とし、県の境、地域の境を越えて、さまざまな挑戦をしていきたいと考えております。


◎東京在住滋賀県人会
 https://www.facebook.com/tokyo.shiga/

主に関東圏に住む滋賀県出身者や滋賀県に所縁のある人が集まる会です。特に組織として運営をしているわけではなく、やりたいことのある個人が自発的にプロジェクトを立上げ、活動を行っています。
これまでに、Facebookページの運営や、起業体験イベント「スタートアップウィークエンド滋賀」の実施、「Connect Shiga/Tokyo(コネクト・シガ・トーキョー)」という若手が集まる場の企画、東京で行われた滋賀のイベント「しがと。」の開催協力などを行ってきました。


◎(一社)静岡県人会
 http://shizuokakenjinkai.jp/

明治時代の創立から120周年を迎えた2014年5月、静岡県人会は「一般社団法人静岡県人会」として、新たなる歴史を刻み始めました。総会・懇親会、異業種交流、バーベキュー、各種愛好会などで、親しく交流を深め、静岡県人の精神を共有し、親睦を深め、郷里靜岡の発展に協力していくことを目指します。
若手メンバー中心にホームページや会報の刷新に取り組み、若手会員を対象としたバーベキューや講演会などを開催しています。


◎(一社)東京奈良県人会 若手の会
http://tkynarakenjinkai.jimdo.com/

東京奈良県人会は、明治26年10月に、山田三良先生(後の日本学士院院長)の主唱によって発足しました。以来盛衰を繰り返し、幾多の困難な時代を経て、平成25年に創立120周年を迎えました。しかし、近年、会員の高齢化にともない、参加者が減少傾向にありました。そこで、若手会員有志の発案で平成25年9月に奈良県PRイベント『奈良フェスタ in 上野公園』を東京・上野公園で開催しました。県内各市町村の物産販売や観光PRを実施し大勢の来場者で賑わいました。
このイベントが呼び水となり、以降、2〜3ヶ月毎に東京・日本橋の奈良県アンテナショップ「奈良まほろば館」で柿の葉寿司や三輪そうめん食べ比べや大和郡山の金魚など奈良県の歴史文化を学びながら交流を深めています。毎回、20代〜50代前半の参加者が約ュ人集まります。毎回、初参加者が全体の3割程度を占め、若手の会の活動が徐々に浸透している実感があります。昨年は初めて郷土訪問旅行を企画。十数人が参加し東大寺や春日大社など有名寺院を特別拝観させてもらうなど故郷に足を運び、その魅力を再確認しました。また、会員の職場訪問など各々の持ち味を生かした企画を実施しています。
今後は、年代別、出身地域別のイベントを考えており、奈良県出身者、奈良にゆかりのある人、そして奈良大好きな人など、より多くの若手の参加を期待しております。


<ブース出展団体情報>

◎(一社)移住・交流推進機構JOIN
  http://www.iju-join.jp/

日本は今、都市と地方が共生して、国民がゆとりと豊かさを実感し、安心して暮らすことのできる社会の実現を目指すべき時代を迎えています。豊かな自然環境に恵まれた地方は、あなたらしい生活をするための新天地。移住のスタイルも、完全に移住するだけでなく、週末の田舎暮らしやシーズンステイなど、自分の価値観に合わせて多様になってきました。地方創生の機運が高まる昨今、とりわけ若い世代が田舎暮らしや地域おこしに関心を高めています。
地方の魅力を知ることができ、そこで暮らすための具体的な情報を得ることができる、そんなワンストップの情報提供や関連サービスが求められています。 自治体と企業(団体)が中心となり、力を合わせて、地方への移住や交流希望者へのニーズに合った情報提供、地域活性化のサービスを提供して日本を元気にすること。 それが私たちJOINのミッションです。


◎(株)日本政策金融公庫 国民生活事業
 https://www.jfc.go.jp/

日本政策金融公庫は、地域経済活性化に貢献するため様々なことに取組んでいます。全国152支店のネットワークを活かして、首都圏にある支店で全国各地の情報を発信しています。
地方へUIJターンされる方に対しては、地方自治体と連携して創業支援のセミナーや個別相談を行い支援しています。皆様と一緒に地方を、そして日本全体を盛り上げていきましょう!
東京ビジネスサポートプラザまで、お気軽にお問い合わせください。


◎移住・交流ウェブマガジン「ココロココ」
 http://cocolococo.jp/

移住・交流ウェブマガジン「ココロココ」は、 “都市と地方をつなぐ・伝える”をコンセプトに、 移住や交流をテーマに地域プロモーションを行うウェブマガジンです。
その土地の“人”と、その地域のモノ・コトの“ストーリー”を描くことで、移住やローカルに関わることを提案・応援する活動を行っています。
全国各地の様々な企業、団体、行政等とのタイアップを積極的に実施中。ご関心のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!
【運営会社】株式会社ココロマチ(http://www.cocolomachi.co.jp/
【お問い合わせ】cocolococo@cocolomachi.co.jp


<資料配布情報>

◎TABICA(たびか) 
 https://tabica.jp/

TABICA(たびか)は、「地域の暮らしを旅する」をコンセプトに、その土地の人に会いに行く旅をプロデュースしています。2015年6月にサービスをスタートし、現在は首都圏で展開中。1月は、畑で芋掘りからの芋煮会、無農薬大豆を使った味噌作りなどの体験から、天然精油でのオリジナルアロマ作り体験まで様々です!2016年は、地方にも展開し、「地域ならではの暮らし」を発掘していきます!


◎ふくおか移住・定住フェア
  http://ijuu-teijuu.pref.fukuoka.lg.jp/news/detail/16

1月31日(日)(10時〜17時)に渋谷ヒカリエ9階「ホールA」で、「ふくおか移住・定住フェアin東京」を開催します。フェアでは、先輩移住者によるセミナーやトークセッションのほか、暮らし・仕事・住まいなど40を超える相談ブースを設置します。また、先着100名様に特産品をプレゼントします。皆さん、是非お越しください。


【参考情報:ネオ県人会】
◆株式会社DKdo(北海道) http://dkdo.hokkaido.jp/
◆在京青森わげもの会 https://www.facebook.com/wagemono
◆NPO法人 あおもり若者プロジェクト クリエイト http://www.aocre.com/
◆岩手×東京会議 https://www.facebook.com/IWATExTokyo
◆NPO法人wiz(岩手) https://www.facebook.com/npowiz
◆WE LOVE AKITA http://we-love-akita.com/
◆いぎなり宮城! https://www.facebook.com/groups/384903711708969/
◆ヤマガタ未来ラボ https://mirailab.info/
◆ツナグ茨城(若手茨城人交流会)https://www.facebook.com/tsunagu.ibaraki
◆とちぎDAY@東京 https://www.facebook.com/groups/234718630051547/
◆群馬県民の日InTokyo実行委員会 
 http://matome.naver.jp/odai/2138310405486164601
◆東京グンマー会議 https://www.facebook.com/tokyo.gunma.kaigi
◆フェイスブック新潟県人会 https://www.facebook.com/niigatakenjinkai
◆信州若者1000人会議(長野) http://www.shinshu1000.jp/
◆富山県出身首都圏若者ネットワークacoico http://acoico.net/pc_index.html
◆同郷フェスティバル(石川) http://dokyo-festival.jimdo.com/
◆北陸三県共創ネットワーク onefit http://onefit.wix.com/index
◆静岡県人会 http://shizuokakenjinkai.jp/
 ※通常の県人会ですが、若い方中心の活動も活発ということです。
◆東京在住滋賀県人会 https://www.facebook.com/tokyo.shiga
◆nextひろしま https://www.facebook.com/nexthiroshima
◆とりくみ(鳥取) http://torikumi.org/
◆鳥取ファンを増やす会@東京(鳥取) https://www.facebook.com/groups/1543018362580749/
◆ごっつお倶楽部(島根) https://www.facebook.com/gottsuoclub
◆HIP - Home Island Project(四国) http://www.hipj.net/
◆在京若手長崎県人会 しんかめ http://shinkamenagasaki.wix.com/about
◆大分県人会インターナショナル http://oitakenjinkai.com/
◆NPO法人大分人祭り http://oitajin.org/
(他、追加中)



<TIP*Sについて>
TIP*Sは、経済産業省所管の独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が東京駅至近にオープンした全国の中小企業や創業に関心のある方、地域活性化に取り組みたい方などのための新たな交流・学びの拠点です。
中小機構は、中小企業の経営支援、ビジネスマッチング、海外展開支援、人材育成支援など多岐にわたる事業を行っています。TIP*Sでは、これらの経験とノウハウを活かしつつ、多様な人との出会いやつながりから、新たな「気づき」や「共創」につなげていく活動をサポートしていきます。具体的には、
・起業に関心のある方や新事業に取り組む事業者が事業アイディアやビジネスヒントを得られるワークショップや講座
・地域の活性化や地域におけるビジネスについて考えるイベントやワークショップ
などの参加型プログラムを実施しています。
公式サイト:http://tips.smrj.go.jp/


<参加申し込み>
こちらのサイトからお申込みください。
http://canpantips20160111.peatix.com

・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・事前参加申込は2016年1月10日(日)19時に締め切ります。定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、2016年1月8日(金)までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<学生参加無料枠の設定について>
当日お手伝いいただける学生の方を対象に先着10名で無料枠を設定しました。
【条件】
・学生の方(社会人大学院生は除く)
・必ず参加してくれる方
・当日、11時に来て会場設営や受付を手伝ってくれる方
・簡単なお昼付き!

<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。
ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。

【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00 ~ 18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト
(事務局:NPO法人CANPANセンター)
山田泰久(やまだやすひさ)
E-mail:ya_yamada@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします
コメントする
コメント