CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2015/11/6-11/12 | Main | NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/11/9-13)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】加藤哲夫氏資料企画展 IN東京2015年11月12日(木)開催・東京 [2015年11月13日(Fri)]

この度、特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター主催で、加藤哲夫資料アーカイブキャラバンin東京「加藤哲夫氏資料から東日本大震災後の市民活動・地域づくり・ソーシャルビジネスを考える」を開催しました。

加藤哲夫氏と言えば、日本の非営利活動と市民社会構築のパイオニアであり、リーダーとして最前線を進んでおられた方です。また、CANPANの立ち上げ当初からアドバイザーとして関わっていただき、CANPANとしてもゆかりの深い方です。

仙台、岡山、京都に続いて、念願の東京での開催!当日は、日本財団 監査部シニアオフィサー 町井則雄氏、NPO法人ETIC.事業統括ディレクター 山内幸治氏、アースガーデン代表 鈴木幸一氏をゲストにトークセッションを行いました。また会場では、加藤氏のNPO支援の足跡をたどり、そこでの知見や事例による多数の資料展示を行いました。

参加者には、加藤哲夫さんにゆかりのある方々、そしてNPO法人など、主に市民活動をされている方にお越しいただきました。当日の様子は、後半をご覧ください*

12059951_482486575260906_1292327248_o.jpg


「加藤哲夫氏資料から東日本大震災後の市民活動・地域づくり・ソーシャルビジネスを考える」

◆日 時 2015年11月12日(木)18:00〜21:00
◆会 場 日本財団ビル2階 第1−4会議室
◆参加者 30名
◆スケジュール
  18:00 受付開始・展示見学(FREE)
  19:00 オープニング
       せんだい・みやぎNPOセンター 佐々木氏
    
      佐々木さん.png

      *トークセッション
      ゲスト 公財)日本財団 監査部シニアオフィサー 町井則雄氏
      特活)ETIC.事業統括ディレクター 山内幸治氏
      アースガーデン代表 鈴木幸一氏
      コーディネーター 日本財団CANPANプロジェクト 山田泰久氏
 
      トークセッション.png

<加藤哲夫さんとの繋がりやキーワードをピックアップ>
・公財)日本財団 監査部シニアオフィサー 町井則雄氏
  ・加藤さんには、ユーモアと戦略的視野と多様性を教えてもらった
  ・CANPANの設立のきっかけとなる前、世界と日本では「日記」の概念が違うことを
   教えてもらい、CANPANブログを設置することに決めた。
  (日本では、ブログ感覚だが、世界では鍵をかけるほど重宝されるものとのこと)
  ・財団でのファシリテーション研修での資料はいまでも読み返している
  
   ◯*。まだまだ社会が加藤さんの思考に追いついていない
   現代に活かすには、社会を変える”しくみ”を広げることが大切

・特活)ETIC.事業統括ディレクター 山内幸治氏
 ・社会課題・企業しようと思った時に加藤さんに会った
 ・ごはんを食べながらいろいろと相談をした
 ・「事業型のNPO」は大切だが、事業型だけではないことを理解してほしい
 ・加藤さんは、すごく本を読む人「これだけは読め!」とよく宿題をもらっていた
 経験だけではない、大事な考え方に共感

  ◯*。気づきを与えて頂ける人であり、大事な視点を頂いた

・アースガーデン代表 鈴木幸一氏(南兵衛さん)
 ・南兵衛さんは、アースデー東京の初代事務局を経験、音楽フェスの制作等を行いイベントでの目を拓いている方
 ・加藤さんにお会いしたのは(NPO業界に入る前の)ぐりんぴぃすという環境の分野で活動されていたとき(自然食「オーガニックという言葉がまだない時代」)なので、NPO業界の加藤さんをあまり知らない
 ・加藤さんは3〜4つ人生のステップを迎えている
 ・”感”がすごく、幅を作ってくれた
 ・どんな立場の人でもいち市民としてフラットなたちばでお話することが大切

  ◯*。加藤さんのまいた「タネ」を感じる
  いまでも、加藤さんに相談したいと思うことが毎週のようにある
  加藤さんだったらどう考えるのだろうか...と。
      
      *ワークショップ「加藤哲夫さんの資料から何を学ぶか」
      @加藤哲夫さんの資料を見て回る
      A分野別になって、感想の共有・ディスカッション
       分野:市民活動/地域づくり/環境/ソーシャルビジネス/復興支援

ワーク.jpg

      気づきの共有シートの記入と共有
      ⇒今抱えている問題や取り組んでいる課題
      ⇒それに対して加藤さんの資料から何を参考にしたいか
      こちらのご意見等は、下方にあります、気づきの共有シートをご覧ください。

全体:トークセッション.jpg

  21:00 終了



◆K−projectとは
K−project (加藤哲夫氏資料アーカイブ&市民活動ハンズオン支援プロジェクト)
せんだい・みやぎNPOセンターの実施する、センターの創設者加藤哲夫氏のメモリアル事業の過程を記録・紹介しています。2014年度は、日本財団の助成を受けて、@加藤氏の残された直筆資料のデジタルアーカイブ事業とA加藤氏の書籍や資料、人脈を活かしての市民活動・NPO運営支援事業を展開します。
http://blog.canpan.info/minmin-kpro/

★★★気づきの共有シート★★★



◆主催 特活)せんだい・みやぎNPOセンター
 共催 日本財団CANPANプロジェクト 

ゲストの日本財団 監査部シニアオフィサー 町井則雄さん、NPO法人ETIC.事業統括ディレクター 山内幸治さん、アースガーデン代表 鈴木幸一さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました*
Posted by 藤川 幸子 at 18:06 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント