CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今週の助成金情報(2015年7月1日) | Main | NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2015/06/26-07/02»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/6/29-7/3) [2015年07月04日(Sat)]

社会的価値を出していくNPO・公益活動を行っていくために、国の動きをしっかり押さえておくことが重要です。しかしながら、現在、社会課題が複雑化し、もともと関係する省庁以外でも実はその課題に関する取り組みを行っているケースが増えてきています。

そこで、省庁のWebサイトの更新情報からNPO・公益活動に関係する情報を1週間分まとめて抜き出しました。ぜひ、これからの活動にご活用ください。


メモ用.jpg


NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/6/29-7/3)

2015年6月30日、「経済財政運営と改革の基本方針2015 〜経済再生なくして財政健全化なし〜」(骨太方針)が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定されました。
とりあえず、NPO・ソーシャルセクターに関わる部分を抜粋しました。言わずもがなですが、重要な資料ですので本文そのものもぜひご確認ください。

経済財政運営と改革の基本方針2015 〜経済再生なくして財政健全化なし〜
http://www5.cao.go.jp/…/kaigi/cabinet/2015/decision0630.html

【寄附・NPO・ソーシャル・ボランティアでキーワード検索した結果から】
[地域活性化]本文16ページ
共助の活動への多様な担い手の参画と活動の活発化のために、関係府省庁が連携してボランティア参加者の拡大と寄附文化の醸成に向けた取組を推進するとともに、NPOやソーシャルビジネス等の育成等を通じて、活力あふれる共助社会づくりを推進する。

[4. 歳出改革等の考え方・アプローチ [T]公的サービスの産業化]本文26ページ
民間の知恵・資金等を有効活用し、公共サービスの効率化、質の向上を実現するとともに、企業やNPO等が国、地方自治体等と連携しつつ公的サービスへの参画を飛躍的に進める。また、これまで十分に活用されていない公的ストック(社会資本、土地、情
報等)を有効に活用する。さらに、規制改革や公共サービス・公共データの見える化等により、新たな民間サービスの創出を促進する。

[4. 歳出改革等の考え方・アプローチ[T]公的サービスの産業化(民間資金・民間ノウハウの活用)]本文27ページより
・ 貧困・失業対策をはじめとする幅広い分野において、官民連携によるソーシャル・インパクト・ボンド等の活用を拡大する。

【目次から見る個別イシュー】
2. 女性活躍、教育再生をはじめとする多様な人材力の発揮
3. まち・ひと・しごとの創生と地域の好循環を支える地域の活性化
4. 安心・安全な暮らしと持続可能な経済社会の基盤確保

★その他にも、重要な内容が掲載されていますので、ぜひ本文をご覧ください。


各省庁の情報は以下の「続きを読む・・・」をご覧ください。

総務省

クラウド時代の医療ICTの在り方に関する懇談会(第1回) 配付資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/cloud-ict-medical/02ryutsu02_03000207.html


住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_03000062.html


第19回統計データの二次的利用促進に関する研究会
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/toukei_2jiriyou/toukei_2jiriyouken_19.html


「平成27年度『地域情報化アドバイザー』派遣申請の受付開始」
 総務省は、ICT(情報通信技術)を利活用して地域の効率的・効果的な事業の実施・運営を検討する地方公共団体等に対して、ICTの知見、ノウハウ等を有する専門家を派遣する「ICT地域マネージャー派遣制度」(中長期)と、「地域情報化アドバイザー派遣制度」(短期)を一体的に運用しております。
 今般、専門家を短期間派遣する「地域情報化アドバイザー」派遣事業について、平成27年度においては、110名・6団体を「地域情報化アドバイザー」として委嘱するとともに、派遣申請の受付を開始しましたので、お知らせします。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000090.html


平成26年経済センサス‐基礎調査(速報)結果の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei06_01000045.html


小売物価統計調査(構造編)−平成26年分結果−
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei08_01000059.html


「インテリジェント化が加速するICTの未来像に関する研究会」報告書の公表
 総務省情報通信政策研究所では、ICT分野の技術革新が急速に進展する中、大きく変貌する未来社会の像を展望し、現在取り組むべき課題や、今後に向けた提言等について検討するため、本年2月から「インテリジェント化が加速するICTの未来像に関する研究会」(座長:村井 純 慶應義塾大学環境情報学部長・教授)を開催してきました。今般、報告書が取りまとめられましたので公表します。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000031.html


地域の創意工夫による地域経済活性化に資する放送コンテンツ海外展開モデル事業に関する事業企画の募集
 総務省では、地域の創意工夫による地域経済活性化に資する放送コンテンツ海外展開モデル事業に関する事業企画の募集を、下記のとおり、請負主体を通じて実施します。
1 経緯
 総務省では、平成26年度補正予算(地域の創意工夫による地域経済活性化に資する放送コンテンツ海外展開モデル事業)にて、地域経済の活性化に資することを目的として、日本の放送局や番組製作会社等が、地場産業や地方自治体等と連携しながら日本の各地域の魅力ある放送コンテンツを製作し、海外に継続的に発信する事業を実施しています。
 このたび、地域の創意工夫による地域経済活性化に資する放送コンテンツ海外展開モデル事業に関する事業企画の募集を、請負主体を通じて実施します。
2 募集の詳細
 総務省平成26年度補正予算「地域の創意工夫による地域経済活性化に資する放送コンテンツ海外展開モデル事業」に関する事業企画の募集(請負主体:株式会社電通。下記URL参照。)  
 http://soumu-contents26.jp/
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu04_02000040.html


「「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」(案)に対する意見募集
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000181.html



経済産業省

「平成27年版通商白書」をまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150703001/20150703001.html


第1回「日本サービス大賞」の募集を開始しました
本件の概要
経済産業省では、サービス産業生産性協議会と共にサービス産業の活性化に向けて取り組んでまいりました。
この度、同協議会において、企業のイノベーションを促進し、生産性を高めるために、優れたサービスをつくりとどけるしくみを有する事業者を表彰する「日本サービス大賞」を実施します。本日より募集を開始します。
対象:製造業や非営利団体も含む、業種を問わず「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を有する事業者
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701009/20150701009.html


第6 回「キャリア教育アワード」及び第5 回「キャリア教育推進連携表彰」を実施します
本件の概要
経済産業省は、子どもや若者たちに対して、仕事のやりがいや学校での学びと実社会とのつながりを伝える「キャリア教育」に取り組む企業等の活動を表彰する「キャリア教育アワード」を昨年度に引き続き開催します。
また、教育関係者と地域・社会や産業界の関係者とが連携・協働して取り組む「キャリア教育」の先進事例を表彰する「キャリア教育推進連携表彰」を文部科学省と共同で実施します。
「キャリア教育アワード」、「キャリア教育推進連携表彰」どちらも、本日より取組を募集しますので、奮って御応募ください。
1.趣旨
将来の我が国を支える子どもや若者たちの育成は、学校だけに限らず、企業や地域が連携し、社会全体で取り組んでいくべき課題です。同時に、企業による教育支援活動は、単なる社会貢献活動にとどまらず、社員のモチベーション向上や地域活性化につながるなど、企業側にも様々な効果をもたらしています。
経済産業省は、企業等による優れた教育支援活動の成果を広く社会で共有し、こうした活動をさらに促進することを目的として、第6 回「キャリア教育アワード」を実施します。
また、一企業の取組にとどまらず、教育関係者と地域・社会や産業界の関係者とが連携・協働してキャリア教育に取り組んでいる先進事例について、第5 回「キャリア教育推進連携表彰」として文部科学省と共同で表彰を行い、キャリア教育の全国への
普及・啓発を推進します。
※「キャリア教育」とは、「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」を指します。「職業体験活動」や「インターンシップ」といった職業に直接触れる体験だけでなく、国語・算
数・理科などの授業の内容と実社会とのつながりを理解させる活動なども含まれます。
2.表彰制度の概要
<キャリア教育アワード>
企業や経済団体等による教育支援の取組を奨励・普及するため2010 年度に創設された表彰制度です。また、2011 年度より最も優秀と認められる取組には経済産業大臣賞を授与しています。
<キャリア教育推進連携表彰>
学校を中心としたキャリア教育の推進のために、教育関係者(学校や教育委員会等)と、行政(首長部局等)や地域・社会(NPO 法人やPTA 団体等)、産業界(経済団体や企業等)が連携・協働して行う取組を奨励・普及するため2011 年度に創設された表彰制度です。
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701008/20150701008.html


伝統工芸の未来を担う人材育成講座 伝産アカデミー2015 開講
本件の概要
現在、伝統的工芸品の持つ「手わざ」の魅力が再認識され、職人の技術を活かし、現代の消費者ニ−ズに合わせたデザインが施された商品は、国内外から高い評価を得ています。伝統的工芸品を、クール・ジャパンの核となるブランドとして確立するためには、伝統的工芸品の職人自身が、流通・経営・情報発信等の、販路開拓や商品開発に必要な基礎知識を体系的に習得する仕組みづくりが求められています。
そこで、経済産業省においては、「マネジメント」、「マ−ケティング」等をテーマとした、伝統的工芸品の職人向け人材育成講座を開設します。
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701006/20150701006.html


NIPPON QUESTトレードマーク(TM)」がスタートします〜世界が知らないニッポンの“ふるさと名物”を発見、発信するWEBサイト〜
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701005/20150701005.html


経済産業省にロボット政策室を設置します〜ロボットの利用促進に向けた取組を強化します〜
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150701004/20150701004.html


「クールジャパン資源を観光に活用した地域経済活性化研究会」の報告書をとりまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2015/06/20150630005/20150630005.html


「平成26年商業統計調査」の速報結果をとりまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2015/06/20150630004/20150630004.html


第4回クールジャパン資源を観光に活用した地域経済活性化研究会‐議事要旨(7月2日)
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/chiiki/cool_japan/004_giji.html


第6回コト消費空間づくり研究会‐配布資料(7月2日)
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/chiiki/koto_shouhi/006_haifu.html



国土交通省

平成27年度スマートウェルネス住宅等推進モデル事業及び 平成27年度スマートウェルネス拠点整備事業の募集開始について
この度、「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」及び「スマートウェルネス拠点整備事業」について、下記の通り募集を行うこととしましたのでお知らせします。
1.スマートウェルネス住宅等推進モデル事業
1)事業概要
高齢者、障害者又は子育て世帯の居住の安定確保及び健康の維持・増進に資する事業の提案を公募し、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助するもの(別紙1参照)
2) 公募する提案事業の部門
先導性が高い提案事業の部門(一般部門)と、健康の維持・増進に対応した事業の部門(特定部門)の2部門で募集します。
https://www.mlit.go.jp/report/press/house07_hh_000136.html


「平成27年度G空間社会実証プロジェクト事業」の選定結果について
https://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku01_hh_000082.html



観光庁

宿泊旅行統計調査(平成26年・年間値(確定値))〜平成26年の延べ宿泊者数は約4億7,350万人泊で前年比+1.6%〜
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000255.html


旅行・観光消費動向調査 平成26年・年間値(確定値)〜国内旅行の延べ旅行者数、消費額ともに前年比でマイナス〜
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000254.html


「クールジャパン資源を観光に活用した地域経済活性化研究会」の報告書を取りまとめました
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000130.html


グローバルMICE強化都市を5都市選定しました!
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news07_000086.html



気象庁

気象庁情報カタログ
気象庁情報カタログは、気象庁が保有・提供する各種情報(気象情報)のカタログであって、気象情報の利用促進を目的として作成するものです。気象情報を網羅的に記述するとともに、その提供方法についても紹介しています。
現在掲載している内容は概ね平成26年12月時点のものになりますが、可能な範囲で内容を更新しています。 実際に提供している気象情報と仕様等が異なる場合がありますので、ご注意ください。
http://www.jma-net.go.jp/common/177jmh/catalogue.html


地震防災対策強化地域判定会会長会見
気象庁では、いつ発生してもおかしくない状態にある「東海地震」を予知すべく、東海地域の地震活動や地殻変動等の状況を監視しています。また、これらの状況を定期的に評価するため、地震防災対策強化地域判定会を毎月開催しています。本資料は本日開催した判定会で評価した、主に前回(平成27年5月18日)以降の調査結果を取りまとめたものです。次回は7月27日を予定しています。
なお、下記調査結果は本日17時00分に「東海地震に関連する調査情報(定例)」として発表しています。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/gaikyo/hantei20150629/index.html


農業気象
気象庁から提供する情報の中には、農業分野に役立つ様々な気象情報があります。
気象情報を上手に使うことで、天候による農作物へのリスクを減らす、気象災害から農作業者の身を守るなどの効果があります。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/nougyou/nougyou.html



環境省

「平成27年度 気候変動キャンペーン「Fun to Share」におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の採択案件の決定について
低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」では、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による低炭素社会実現に向けた活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を支援する標記事業を実施しています。
これは、民間団体が行う活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会実現に向けた具体的な活動の促進等を目的としています。
この度、4月24日から5月29日まで、本事業の公募を行ったところ、43件の応募があり、これらにつき有識者からなる選考委員会にて審議した結果、5件を採択することとなりましたのでお知らせします。
https://www.env.go.jp/press/101175.html


第24回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー(The Twenty-Fourth Asia-Pacific Seminar on Climate Change)の結果について(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/101159.html


平成27年度全国自然学校実態把握調査実施業務
https://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/20150701_87379.html


水・土壌ウォータープロジェクトが提案する「水の日」(8月1日)のNewアクション「Water Day」について(お知らせ)
環境省では、官民連携で推進するウォータープロジェクトの施策として、「水循環基本法」に定める水の日」(8月1日)を「Water Day」と称して、身近な友人やご家族など大切な人へ、日頃の感謝を、「Water Style」や水に関連した商品など、ささやかなプレゼントにして贈ることを提案します。
https://www.env.go.jp/press/101184.html


自主的な環境配慮の取組事例集の公表について(お知らせ)
環境省は、本日、法令等の対象とならない事業や事業活動について、事業者による自主的な環境配慮の取組を支援し、促進するために、参考となる様々な事例をとりまとめた「自主的な環境配慮の取組事例集〜環境配慮で三方一両得〜」を公表しました。
今後、環境省では本事例集について自治体や事業者などに広く周知を図るとともに、自主的な環境配慮の取組の意義を共有していきます。
https://www.env.go.jp/press/101179.html


「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト中間とりまとめの公表について(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/101178.html


2030年まで継続する新国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」を開始します
政府は6月2日、第29回地球温暖化対策推進本部において、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標を掲げ、その達成に向けて政府だけでなく、事業者や国民が一致団結して「COOL CHOICE」を旗印に国民運動を展開すると発表しました。
環境省では現在、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術を、みんなで楽しく共有し、発信していこうという気候変動キャンペーン「Fun to Share」を展開しています。
「COOL CHOICE」は、「Fun to Share」で共有・発信された知恵や技術をはじめ、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す新しい国民運動として、7月1日から開始します。
https://www.env.go.jp/press/101177.html


「国民公園・国立公園のユニバーサルデザインプロジェクト」の取りまとめについて
5月13日に発足した「国民公園・国立公園ユニバーサルデザインプロジェクト」のチームで、有識者からアイディアをいただき、懇談を行ったり、先進例の視察を行ったりしてきました。
ハード面・ソフト面、短期・中長期の取組を整理した検討結果を取りまとめましたので、高橋大臣政務官から発表します。今後、この取りまとめを受けて、施設の運営等を改善していきます。
https://www.env.go.jp/press/101181.html


第5回「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)の開催結果について(お知らせ)
https://www.env.go.jp/press/101162.html


平成27年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書
環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書を閲覧・検索することができます。
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/index.html



文部科学省


大学等における産学官連携活動の推進に伴うリスクマネジメントの在り方に関する検討の方向性について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu16/007/houkoku/1359621.htm


オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議(第3回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/024/shiryo/1359320.htm


「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第1回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/110/gijiroku/1359561.htm


「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第2回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/110/shiryo/1359569.htm

平成28年度前期(第4期)官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム〜の募集について
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/tobitate/1359512.htm


【キャリア教育関係表彰】第9回「キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」及び第5回「キャリア教育推進連携表彰」の取組の募集について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/07/1359394.htm


スポーツ庁シンボルマークの公募について
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1359498.htm


「早寝早起き朝ごはん」中高生等向け普及啓発資料及び指導者用資料
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1359388.htm


不登校に関する調査研究協力者会議(第4回)・フリースクール等に関する検討会議(第4回)合同会議 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/108/shiryo/1357590.htm


不登校に関する調査研究協力者会議(第3回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/108/shiryo/1357587.htm


第4回ESD特別分科会 配付資料
http://www.mext.go.jp/unesco/002/006/002/012/shiryo/1359024.htm



内閣府

第11回経済財政諮問会議 平成27年6月30日
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2015/index.html


経済財政運営と改革の基本方針2015 〜経済再生なくして財政健全化なし〜
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2015/decision0630.html


国家戦略特別区域諮問会議 第14回 平成27年6月29日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/shimonkaigi.html



農林水産省

平成27年度消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施主体の取組について
農林水産省は、平成27年度消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業の実施主体が行う体験活動や講習会等食育活動のスケジュール等について取りまとめました。
1.事業の概要
農林水産省は、平成27年度消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業において、「日本型食生活」の普及・実践、食や農林水産業への理解増進のため、消費者の様々なライフスタイルの特性・ニーズに対応した食育活動を関係者の連携のもと、体系的に提供するモデル的取組を支援します。
2.経緯
農林水産省は、本事業について、平成27年1月26日(月曜日)に公募を行い、審査の結果18団体を事業主体とすることを平成27年4月に決定しました。
3.事業実施主体の主な取組
本事業は、子育て世代、高齢者、大学生、働く若い世代、視覚障害者、社会人などの対象者のニーズに応じた時間、場所、内容を設定して、農業体験や加工食品手作り体験、産地見学や郷土料理講習会、食育セミナー等を行います。
食育活動のスケジュール等については、以下のURLから御覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/torikumi.html
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/johokan/150701.html


農の雇用事業の募集を開始します(平成27年11月研修開始分)
農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
全国農業会議所において、平成27年11月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始します。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/150701_1.html


平成26年度 多面的機能支払交付金及び中山間地域等直接支払交付金の実施状況について
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyusan/150630.html


平成26年度 環境保全型農業直接支払交付金の実施状況について
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/150630.html


食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会 林政審議会施策部会地球環境小委員会 水産政策審議会企画部会地球環境小委員会 合同会議
第20回 (平成27年7月3日) 配布資料
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/goudou/index.html


スマイルケア食の選び方 検討ワーキンググループ (噛むこと・飲み込むことが困難な人向け食品)
第2回会議 (平成27年7月2日) 【非公開】 資料一覧
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/seizo/kaigo/fukyuu_suishin.html


平成27年度農山漁村6次産業化対策事業のうち医福食農連携推進環境整備事業のうち介護食品普及支援の公募について
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/150701.html



厚生労働省

精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第5回)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000090522.html


精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第4回)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000090517.html


精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第4回)議事要旨(2015年5月22日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000090511.html


情報国民生活基礎調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/20-21a.html


平成26年 国民生活基礎調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa14/index.html


「第4回健康寿命をのばそう!アワード」に母子保健分野を創設し、応募受付を開始します。〜募集期間は7月1日(水)から8月31日(月)〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000090160.html


「第4回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)の応募受付を開始します。〜募集期間は7月1日(水)から8月31日(月)〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000090348.html


妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089986.html


平成26年労使コミュニケーション調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/18-26.html


医療施設動態調査(平成27年4月末概数)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m15/is1504.html


雇用促進税制
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/roudouseisaku/koyousokushinzei.html


市町村職員を対象とするセミナーについて
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/seminar/index.html


7月1日(水)の児童相談所全国共通ダイヤル「189」開始に伴う広報活動について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000090074.html


第11回 今後の仕事と家庭の両立支援に関する研究会 配付資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000090071.html


平成27年度健康増進普及月間の実施について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089756.html


「イクメンスピーチ甲子園2015」を開催します〜育児と仕事を両立しているイクメンエピソードを募集。期間は6月29日から8月23日まで〜
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089472.html



復興庁

東日本大震災における震災関連死の死者数(平成27年3月31日現在)を公表しました
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/sub-cat2-6/20140526131634.html


平成28年度以降5年間を含む復興期間の復旧・復興事業の規模と財源について
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat8/sub-cat8-3/20150630153804.html


全国の避難者等の数(所在都道府県別・所在施設別の数)を更新しました
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat2/sub-cat2-1/hinanshasuu.html
外務省
コメントする
コメント