CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【開催案内】読書会:ソシオ・マネジメント創刊号「社会に挑む5つの原則、組織を育てる12のチカラ」(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)7月9日(木)夜・東京 | Main | 今週の助成金情報(2015年5月20日)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】寄付者獲得・サービス充実に効く【本音のヒアリング調査】(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2015年5月21日(木)夜 [2015年05月22日(Fri)]

「これってNPOでも活用できるのでは!?」と思い、カードゲームを使ったヒアリング調査のトレーニング&実践のセミナーを開催しました。

design (57).png


NPOの活動の中で、いろいろ話しを聞く機会があります。イベント主催者として、サービスの提供者として、寄付を集める立場として、企業に社会貢献プログラムを提供する際にと、いろいろな役割をもって、外部の方にお話をお伺いすると思います。そう、ヒアリング調査というものですね。でも、そのヒアリング調査の方法を学んだり、実践トレーニングする機会はあまりないと思います。

そこで、ヒアリング調査をカードゲーム形式で学ぶことができる研修プログラムを開発した株式会社小石川の代表取締役である広瀬眞之介さんを講師にお招きして、カードゲームを使ったヒアリング調査の実践トレーニングの場を開催しました。

寄付者獲得やサービス充実など、今年こそは本音のヒアリング調査力を高めたいNPOや個人の方にご参加いただいたセミナーです。

寄付者獲得・サービス充実に効く【本音のヒアリング調査】
〜カードゲームを使った実践トレーニング〜
日本財団CANPAN・NPOフォーラム


日 時:2015年5月21日(木)19:00〜21:00(開場18:45)
場 所:日本財団ビル2階第8会議室
対 象:ヒアリング調査に興味がある方ならNPO、企業、行政などのセクターに関わらず、
    どなたでも参加可能
参加者:8名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

【講師】 広瀬眞之介さん
株式会社小石川 代表取締役
事業創造コンサルタント/メンタルトレーナー
事業開発/商品開発での本音を引き出すヒアリング調査が得意。
約700時間以上(350人以上)のヒアリング実績あり。
代表作は「ネコワーキング」「うつ病サポート体感ゲーム」

【内容】
1.ヒアリング調査の秘訣
図4.jpg

「良いヒアリングってどんなヒアリングだと思いますか?」という問いかけからスタートしました。それは「1.本音(=誘導は×)」「2.背景まで理解ができること」とのことです。例えば、新企画の際、お話してる中(ヒアリング)で顧客が必要としていること・気づけていなかったことに気づくことができたり、自分自身でもわからなかったことが認識できたり。これは発想の転換をする上で必要なことで、それをカードゲームを使って体験する新しい場でした。

2.カードゲームを使った実践
ヒアリングのポイントを教えて頂いた上で、カードゲームを使ったヒアリングを行いました。
図3.jpg

3.講師の見本
図2.png

4.振り返りと質疑応答
カードゲームを行っての改めて活用方法やヒアリングのコツなど、質問が集まりました。
図1.jpg

★★★参加者の気づきの共有シート★★★
初めてのテーマのセミナーでした。参加者のみなさまの気づきはいかがでしたでしょうか。


こちらのカードが気になりました方はぜひ株式会社小石川までお問い合わせください。
http://maccoto.com/

以上ですが、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

CANPAN 藤川
Posted by 藤川 幸子 at 12:40 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント