CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«Vol.423【ファンドレイジングスーパースター列伝】野崎武吉郎(岡山) | Main | Vol.046【100夜100組織】宗教法人»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
Vol.424【ファンドレイジングスーパースター列伝】相馬黒光(東京) [2019年06月05日(Wed)]

相馬黒光

相馬 黒光(そうま こっこう、1876年9月12日 - 1955年3月2日)は、夫の相馬愛蔵とともに新宿中村屋を起こした実業家、社会事業家である。旧姓は星、本名は良(りょう)。
ーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)

347px-Kokkō_Sōma.jpg

スーパーおばあちゃんですね。


とある方から、こんな事例を教えていただきました。

昭和30(1955)年 黒光が集めた寄付により、老人ホーム「黒光ホーム」が完成
https://www.nakamuraya.co.jp/pavilion/history/showa/s18.htm?fbclid=IwAR1vw_ahU-OKJFk2RD_BOMH8GXX9CE06KPkQLV79jKWY7QRTuK0cSEtAOhY

『黒光は戦後、家族制度が崩れ老人の地位が不安定になったことを憂い、思案を重ね「千一クラブ」運動を起こします。これは有志を募り、収入の千分の一を積み立て老人ホームの建設資金に充てる活動で、集まった募金と相馬夫妻からの寄付を合わせ、杉並区高井戸の浴風園内に「黒光ホーム(黒光園)」を建設しました。昭和30年9月に完成しますが、黒光はその半年前に他界しており、完成した黒光ホームを目にすることはできませんでした。』

この黒光ホームは、現在の社会福祉法人浴風会の敷地に建設されました。
平成25年12月の会報誌にその当時のことが掲載されていました。
http://www.yokufuukai.or.jp/information_disclosure/yokufuukaishi344.pdf

この記事によれ、昭和24年から黒光らが始めた寄付キャンペーンが「千一運動」です。
老人ホームの建設費を寄付で集めるというものでした。
国民の有志が収入の千分の一を積み立てるという、国民運動を目指していました。



この紹介文も参考になります。
https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/information/pdf/jitsugyouka/012souma.pdf

『昭和24年ごろ、愛蔵・黒光夫妻は、収入の千分の一を不遇な老人救済のための老人ホーム建設に寄付することを主眼とする「千一運動」を提唱。愛蔵は200万を、愛蔵の死後には黒光が100万円を寄付。多数の有志の義援金により、二人の没後の昭和30年(1955)に「黒光ホーム」と名づけられた有料老人ホームが、杉並区下高井戸の老人施設「浴風園」敷地内に完成した。』

千一運動、面白いですね。


相馬愛蔵・黒光夫妻の志は、今でも、中村屋に健在です。
たまたま、中村屋の東日本大震災の復興支援の取り組みのリリースを見つけました。
https://www.nakamuraya.co.jp/company/pdf/info_20110704.pdf

この中に、給与天引きによる、収入の1000分の1(0.1%)の積み立てによる社会貢献活動のことが紹介されていました。


Wikipedia:相馬黒光

By 不明 - Uniform Edition of Nowadays Japanese Literatures vol.97, Chikuma Bookstore (1958), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11058752
コメントする
コメント