CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«Vol.031【100夜100組織】保護司 | Main | Vol.032【100夜100組織】ボーイスカウト»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催報告】ギビング・サロン2019年4月〜寄付をしている人のための社交場「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) 2019年4月17日・夜 [2019年04月18日(Thu)]

寄付をしている人のための社交場「ギビング・サロン」も、第4回目の開催となりました。
このイベントは、寄付経験者限定のものとして企画しています。

5A4FC695-E691-4E3E-B395-B3A40DAF4817.jpeg

寄付をしたことのある人同士で、お互いの寄付体験について共有し、寄付への思いや寄付によって得られた価値を語り合う場です。

特に、NPOによるプレゼンも、ゲストによるトークもありません。
ただただ、寄付者が寄付について語り合うサロンです。
食べながら、飲みながら、寄付について語り合いながら、心も気候も陽気に過ごしませんか。
寄付について語り合いたいという寄付者のみなさん、ぜひご参加ください。
少数の参加者によるサロンですので、お早めにお申し込みください。
今回は、新札発表記念として、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎を寄付の視点から語りあう会として企画しましたが、参加者のみなさん自身が素晴らしい活動をされている方ばかりで、みなさんのお話をお聞きするだけで、とっても充実した時間となりました。



日本財団CANPAN・NPOフォーラム
Giving Salon(ギビング・サロン) 2019年4月
〜寄付をしている人のための社交場〜
「新札記念・渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎と寄付」
 Presented by KifuCreator


日 時:2019年4月17日(水)19:00〜21:30
場 所:東北酒場 トレジオンポート (赤坂)
    https://tregion-bal.com/tregion-port/
対 象:過去1年にNPO等に寄付をした方
定 員:4名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト

5943B8B1-378E-42F0-AAFD-755E99C4A20C.jpeg

今回のお店は、東北6県の美味しい食べ物と飲み物が味わえる「東北酒場 トレジオンポート」でした。食べながら、飲みながら、東北の物産で復興支援につながるという素敵なお店です。
ギビングサロンには、うってつけのお店です。
https://tregion-bal.com/tregion-port/


新札の肖像画に、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が選ばれました。
この3人の共通点といえば、やはり「寄付」です。
渋沢栄一は数多くの社会事業や教育機関の設立に関わり、そのたびにファンドレイザーとして役割を果たしてきました。
津田梅子は、「日本婦人米国奨学金」(ジャパニーズ・スカラシップ)という、日本女性留学のための奨学金設立を発起し、公演や募金活動などを行ったり、さらに、津田塾大学の設立のために、日米で積極的なファンドレイジングを実践してきました。
北里柴三郎は、伝染病研究所や結核の療養所、そして北里研究所などの設立の際には、福沢諭吉や実業家の森村市左衛門の寄付を受けながら、立ち上げています。

今回は、新札発行を記念して、この3人の寄付やファンドレイジングに焦点をあてて、トークを開始しましたが、参加された方が個性的でそれぞれ素晴らしい活動をされているので、参加者同士の活動紹介や寄付への思いで盛り上がりました。

こちら、ご参考までに新札肖像画の3名のファンドレイジングです。

Vol.50【ファンドレイジングスーパースター列伝】 渋沢栄一(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1196

No.200【ファンドレイジングスーパースター列伝】青い目の人形(アメリカと日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1446

No.205【ファンドレイジングスーパースター列伝】津田梅子(日本)
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1459

Vol.399【ファンドレイジングスーパースター列伝】北里柴三郎(日本
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1864


57649216_411167436326786_6613468351224086528_n.jpg

今回は、4名の参加だったので、参加者同士でじっくりそれぞれの活動のお話をお聞きすることが出来ました。寄付を集める側、寄付をする側、どちらの立場も経験されていることなどを共有することが出来ました。

寄付に関する話題をいくつかピックアップします。

・どの活動を応援するのか、活動内容よりも共感したかどうかで寄付をすることもある。

・寄付をする時(主にクラウドファンディング)には、返礼品を楽しみに寄付する人も、そういったものに興味関心がない人も、両方いる。

・クラウドファンディングが始まる前は、寄付にお礼の品がつくこと自体、少なかった。

・お金じゃない寄付も大事。自分の能力や時間をボランティアとして寄付することも楽しい。

・ミャンマーは寄付大国。貧しい人ほど寄付をするとのこと。

・古本の寄付やクリック募金、Tポイント募金など、お金がなくても、いろんな寄付の形がある。

・自分が何もできない時にこそ寄付を積極的にする。

・寄付には、自分が出来ないことを託すという意味もある。


寄付をテーマに語りあうと、いろんなものが見えてきますね。


1D38F8AA-CF7B-489F-9F90-15FEA83199EB.jpeg

こちらの写真は、お店にあった「南相馬市サポーター募集」のチラシです。
https://www.city.minamisoma.lg.jp/attraction/experience/supporters/7196.html

ぜひ、サイトをチェックしてみてください。

今回は、懇親会の会費のお釣り、659円を日本財団災害復興支援特別基金に寄付をしました。
コメントする
コメント