CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第1回NPO×IT EXPO 第1セッション 2012年3月3日@日本財団ビル | Main | NPOフォーラム〜情報開示と発信で信頼と寄付・応援を獲得する〜4月7日@日本財団ビル»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
第1回NPO×IT EXPO 開催報告 2012年3月3日@日本財団ビル [2012年03月05日(Mon)]

第1回NPO×IT EXPO、参加者・登壇者含めて約180名の方にご参加いただき、無事開催することが出来ました。また、約3週間というわずかな告知期間でしたが、多くの方にソーシャルメディアで広報にご協力いただき、多くの方に一挙18のツール・サービスをご紹介することが出来ました。
ちなみに、アンケートを集計したところ、149名中77名の方にご回答いただき、満足度は5段階で平均4.61でした!


早速ですが、この第1回NPO×IT EXPOの内容をこちらにまとめてみました。
ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。

概要・キーノートスピーチ(この記事です)
第1セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/17
第2セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/16
第3セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/15

また、株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所が運営するウェブサイトマガジン「Impress Innovation Lab.」で、当日の様子を記事にしていただきました!
http://i.impressrd.jp/e/2012/03/16/1192
※関係者のみなさん、ありがとうございます!(2012/03/22追記)



NPO×IT Expo
〜NPOが使えるIT・Webツールに出会える!〜

ファンドレイジング、ソーシャルメディア、広報、イベント開催、データベース、団体内コミュニケーションなど、NPOが使える様々なIT・Webツールやサービスが国内でもいろいろ出てきました。
これらを上手に利用することにより、組織の基盤強化を図ったり、活動を発展させることが出来る時代になりました!
でも、その一方で、様々なツールやサービスがいろいろ出てくる中で、どのツールをどのように使えばよいのかよくわからないと状況も出てきています。
そこで、これらのツール・サービス提供者にご協力いただき、15分間のプレゼン形式でみなさまに一挙に18サービスをご紹介するセミナーを下記の通り、開催しました。
組織を強化し、活動を発展させ、社会を変えたいという、NPO、社会起業家、プロボノのみなさんなど多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

開催日時:2012年3月3日(土)13:00〜18:20
開催場所:日本財団ビル2階大会議室
対  象:NPO、プロボノ、社会起業家等
定  員:150名
参加費 :1,000円
主  催:(特)CANPANセンター、日本財団セミナー3.0プロジェクト
特別協力:テントセン、ネットスクエアード東京

参加者: 一般参加149名 登壇者及び関係者24名 スタッフ8名 計181名

スケジュール:
13:00 オープンニング
13:05 キーノートスピーチ:NPOとIT・Web(ネットスクエアード東京 代表 市川裕康氏)
第1セッション
 13:30 ガイダンス(テントセン 代表 イケダハヤト氏)
 13:35 Readyfor?    →ファンドレイジング
 13:50 Grow!      →ファンドレイジング
 14:05 CauseWalker  →寄付アプリ
 14:20 F-donation   →寄付アプリ
 14:35 JustGiving    →ファンドレイジング
(休憩14:50〜)
第2セッション
 15:05 ガイダンス(イケダ氏)
 15:10 CANPANメンバーズ →ファンドレイジング
 15:25 PeaTix       →イベント支援
     SurveyMonkey   →アンケート
 15:40 isave        →寄付アプリ
 15:55 サイボウズLive    →グループウェア
 16:10 Collavol       →ボランティアマッチング
 16:25 hivelocity      →ソーシャルメディア支援
(休憩16:40〜)
第3セッション
 16:55 ガイダンス (イケダ氏)
 17:00 Motion Gallery   →ファンドレイジング
 17:15 skillstock      →ボランティアマッチング
 17:30 Yahoo!ボランティア →団体登録DB
 17:45 CANPAN       →団体登録DB
 17:55 サクタウン      →団体登録DB
 18:05 i-kifu        →ファンドレイジング
 18:15 クロージング
 18:20 終了


ツイッターのまとめ
http://togetter.com/li/267303
(スペシャルサンクス:@DiscoveryCoachさん


キーノートスピーチ:NPOとIT・Web
ネットスクエアード東京 代表 市川裕康氏
http://netsquared.jp/
https://twitter.com/#!/net2tokyo
http://www.facebook.com/net2tokyo

最初にキーノートスピーチを行ったネットスクエアード東京代表 市川 裕康氏は、NPOがIT・Webを利用する際のポイントとして【キュレーション(簡単に情報収集)/効果測定分析(ビックデータforグッド)/コミュニティマネージャー(コミュニティ,イベントの運営)】の3点が重要であると述べた上で、アメリカのNPOではFacebookやTwitterを活用しているケースが多いが、アメリカで起きていることを知り、今後の流れの予想、そして日本でどう使っていくかを考えていくことが大切であると述べました。




次に、各サービスの紹介ですが、今回は主に【ファンドレイジング・寄付アプリ・団体登録データベース・ボランティアマッチング・組織マネジメント】の5つに分類して御紹介頂きました。
※詳細は各セッションの報告記事をご覧ください。

【ファンドレイジング】
Readyfor:購入型のクラウドファンディング(物を購入することで支援)[第1セッション]
【@運営元のオーマはデータマイニングの会社。徹底的にデータにもとづき、プロジェクトを成功に導く。Aキュレーターによるサポート。マーケティング、デザイン面でアドバイス。】

Grow:ソーシャルショッピングプラットフォーム[第1セッション]
【@収益が得られる。ASNSで拡散する。B本当のファンが分かる。】

JustGiving:イギリス発の寄付を集めるサイト[第1セッション]
【日本ではYahoo!に次ぐ寄付サイトになっている。現在日本では8.5億を集めている。団体の支援者がチャレンジを行い、自分の周りの人から応援として寄付を集める。団体にとっては効率的なファンドレイジングになる。】

CANPANメンバーズ:クレジットカードの継続決済のサービス[第2セッション]
【CANPANは情報発信の努力をしている透明性の高い団体に、寄付に使える決済ソリューションを提供している。メンバーズはその決済ソリューションの一つ。】

motion gallery:クラウドファンディングプラットフォーム[第3セッション]
【カルチャーフレンドリー。映画制作プロジェクトなどに強み。文化を支えるクラウドファンディングサイト。】

i-Kifu:社会貢献・寄付プラットフォーム[第3セッション]
【@プロジェクトベース(寄付が何に使われるのか明確) Aユーザーフレンドリー BNPOをクチコミで広報 Cゲーミフィケーション D透明性 Eバイリンガル F企業スポンサーを巻き込む】


【寄付アプリ】
CauseWalker:万歩計と寄付を連携したアプリ[第1セッション]
【@先進国の運動不足 A寄付金などの支援を欲する団体がいる B継続的に寄付金を集める。「歩く」ことを「寄付化」することで解決する。】

F-donation:フェイスブックで寄付ができるアプリ(F度ね!)[第1セッション]
【@日本財団はNPOへのネットワーク&マーケティングに強み Aアラタナはアプリ開発に強み BGMOPGはクレジットカード決済面をサポート。】

isave:日本初の社会貢献モバイルアプリ[第2セッション]
【毎月1万人程度が1円募金に参加している。クリック募金までのアクションは迅速。アプリ起動から5-10秒程度で寄付完了。】


【団体登録ベータベース】
Yahoo!ボランティア:ボランティア情報データベース[第3セッション]
【人・モノが集まりやすい。年間募金人数は30万人、総額は1億円。2003年からNPO団体を支援。Yahoo!ブランドの安心感。厳格な登録審査。月間200万PV】

CANPAN:NPOの情報発信を網羅してサポート[第3セッション]
【 「ブログ機能」:広告は出ない無料ブログサービス。「トピックス」:イベントや寄付付き商品生告知などが可能。「団体情報」:団体の基礎的な情報を公開できる。透明性の担保。】

ソーシャルアクションタウン:社会貢献団体のデータベース
【@団体ホームページが簡単にできる。A団体活動の開催・報告を簡単にできる。B団体内部資料を簡単に共有できる。】


【ボランティアマッチング】
Collavol:ボランティア募集のマッチングサイト[第2セッション]
【期間が明確なプロジェクト制、タスクの細分化、時間、単価を可視化、ゲームフィケーション要素などが特徴】

skillstock:スキルからボランティアが表示されるサービス[第3セッション]
【フェイスブックでログインして、スキルを登録すると、最適なボランティア情報がレコメンドされる。スキルと地域を参照。】


【組織マネジメント】
グループウェア
サイボウズLive:無料で使えるプロジェクト管理ツール[第2セッション]
【チームの情報共有に必要な機能、ディスカッション、ファイル共有、タスク管理、カレンダーをグループスペースで管理できる】

イベント支援
PeaTix:イベントなどの事前決済サービス[第2セッション]
【クレジットカード、コンビニ決済が可能。フェイスブックイベントとの連携も容易。当日は簡単にチェックイン。顧客対応体制も充実。】

ソーシャルメディア支援
Hivelo Social Apps:Facebookページをカスタマイズ出来るサービス[第2セッション]
【現在17種類のアプリケーションを用意。ブログ感覚で簡単にいじることができる。ロゴは出るが、完全無料。総インストール数は76,000、導入ページ数は31,000。】

アンケート支援
SurveyMonkey:アンケート・集計分析ツール[第2セッション]
【アンケートの作成から回収、集計分析まで簡単に実施できるツール。無料版から有料版までその機能に応じて幅広いラインナップ。】

<各サービス・ツールの詳細は以下のセッションごとの報告記事へ>
第1セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/17
第2セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/16
第3セッション http://blog.canpan.info/cpforum/archive/15

日本財団CANPAN 山田泰久
コメントする
コメント