CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«Vol.008【100夜100組織】ロータリークラブ | Main | NPOが押さえておきたい省庁情報(2019/01/21-25)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
Vol.370【ファンドレイジングスーパースター列伝】賀川豊彦記念館(日本) [2019年01月26日(Sat)]

賀川豊彦記念館

賀川豊彦といえば、大正・昭和期のキリスト教社会運動家で、戦前日本の労働運動、生活協同組合運動において、重要な役割を担った人物です。
その記念館について調べてみました。

賀川豊彦の名前を冠している記念館だけで、なんと賀川ゆかりの地に、4つもあります。
1.賀川豊彦記念 松沢資料館(東京都世田谷区)
2.本所賀川記念館(東京都墨田区)
3.賀川記念館(兵庫県神戸市)
4.鳴門市賀川豊彦記念館(徳島県鳴門市)
(その他に、コープこうべ協同学苑史料館(兵庫県三木市)にも賀川の資料コーナーがあるそうです)


それぞれの記念館が、地域の有志による寄付で建設されています。


◎賀川豊彦記念 松沢資料館
賀川豊彦の事業活動および著作に関する膨大な資料文献、原稿等は、日本近代史の貴重な資料です。当館は、これらの資料を収集、整理、保存し、一般に公開し、調査研究に資することを目的として、多くの人々の献金、寄付金により、1982 年 10 月に開館いたしました。
http://zaidan.unchusha.com/members_guide#kihu


◎本所賀川豊彦記念館
本所賀川記念館の原点は、1923年の関東大震災が起こった時に、賀川豊彦が被災者救援のため、神戸より東京本所の地に駆けつけてセツルメント活動を開始した時に始まる。この時、賀川豊彦を中心にしてこの活動に参加した人たちにより本所基督教産業青年会が創立され、医療、保育、宿泊、消費組合(生協の原点)、給食、訪問看護その他多彩な社会事業を展開したが、太平洋戦争下の東京大空襲で、これらの事業も本所地域もろとも壊滅状態となる。
戦後の復興の中で、東駒形教会・光の園保育学校・中ノ郷信用組合は運営を続け、1969年に建てられた本所賀川記念館が、本所基督教産業青年会の志を継承して、民間の児童館活動、地域活動を中心にその働きを再開した。この働きは、日本の児童館における一つの先駆的なものとなった。
https://www.honjokagawakinenkan.or.jp/


◎賀川記念館
賀川記念館は、1909年に始められた賀川豊彦とその仲間たちによる働きと志を引き継ぎ、コミュニティセンターとして地域福祉に努め、平和を望み、共に生きる社会をつくることを目的としています。
2009年、賀川豊彦の献身100年を記念して、イエス団をはじめとする、多くの志しあるものが集まり建物を再建しました。この新たな器は、次なる100年に向う私たちの献身を支える「場」として建てられたのです。
賀川記念館は前身である救霊団の100年前に始めたこの地での働きがすべて社会保障の枠外にあったことを覚えて、視野を広く持ち、周辺地域、および現代社会の問題に真摯に取り組みます。  賀川記念館の働きは、みなさんとともに進めて参りたいと願っています。共に歩んでいきましょう。
http://www.core100.net/


◎鳴門市賀川豊彦記念館

鳴門市賀川豊彦記念館は、賀川豊彦鳴門記念館設立を目指す会・賀川豊彦鳴門記念館建設実行委員会の活動により、3千人近くの方々のご寄付を頂いて、徳島県鳴門市大麻町に2002年春に完成し鳴門市へ寄贈されました。多くの方々のご支援を頂き、苦節6年の末の民間だけによる記念館の建設で、内外装とも豪華とはいえませんが、いわば手作りの温かみのある記念館であると自負し、ここに多大なご支援を頂きました皆様方に心より厚く感謝とお礼を申し上げ、またぜひ一度ご来館をお願い致します。
https://www.kagawakan.com/


各資料館の詳細については、こちらの資料に詳しく掲載されています。

賀川豊彦記念館・資料館の紹介 - 日本共済協会
https://www.jcia.or.jp/publication/pdf/%E8%B3%80%E5%B7%9D%E8%B1%8A%E5%BD%A6%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8%E3%83%BB%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B.pdf


賀川豊彦の活動もさることながら、その遺志を引き継いでいるみなさんの志を感じます。
コメントする
コメント