CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«Vol.005【100夜100組織】児童館 | Main | 今週の助成金情報(2019年1月11日)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
Vol.367【ファンドレイジングスーパースター列伝】ホワイトリボンラン(日本) [2019年01月15日(Tue)]

ホワイトリボンラン


世界では1日830人の女性が妊娠・出産・中絶が原因で命を落としています。

「WHITE RIBBON RUN」は、その現実を知ってもらうため、「走ろう。自分のために。誰かのために。」をスローガンに3月8日国際女性デーに先駆け、日本全国、世界中に参加のアクションを促すチャリティファンラン大会です。同じ大会公式Tシャツを着て走ればどこでも誰でも参加が可能であり、バーチャル(オンライン上で写真や動画を投稿)で世界中のランナーが、ホワイトリボンの名のもとにつながり、エントリー費の一部が途上国の女性支援のための寄付金となります。
ーーーーーーーーーーーーー
(ホワイトリボンラン公式サイトより)
http://www.wrun.jp/2019/info/about

今年(2019年)は、3月2日(土)3日(日)に開催されます。
大阪と東京がそれぞれメイン会場として、チャリティランが実施されます。

その他にも、全国ホワイトリボン拠点ランということで、以下の都道府県でも実施されます。
北海道・秋田県・宮城県・新潟県・東京都・神奈川県・長野県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・広島県・徳島県・香川県・高知県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
※3月2日(土)、3日(日)いずれかに開催 ※開催日時、会場など各拠点に順ずる

このチャリティランの面白いところは、「どこでも誰でもバーチャルラン」という仕組みがあります。

ーーーーーーーーーーー
どこでも誰でもバーチャルランとは、会場に来られない方も、大会当日にお好きな場所で同じホワイトリボンラン大会公式Tシャツを着て走り、その様子をハッシュタグ「#ホワイトリボンラン」「#whiteribbonrun」「#女性に力を」を付けてSNSに投稿することで参加できる企画です。
性別年齢は問いません。世界中のどこからでも参加できます。

ホワイトリボンラン当日について
3月2日(土)、3月3日(日)であれば、スタート時刻、場所、距離はご自由に決めてご参加いただけます。
事前に送付される、参加賞の「ホワイトリボンラン大会公式Tシャツ」を着て走ってください。
走っている様子を写真に撮り、ハッシュタグ「#whiteribbonrun」「#ホワイトリボンラン」「#女性に力を」を必ずつけて、Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)に投稿してください。また、Facebookに投稿するなどSNSにて発信してください。
ーーーーーーーーーーーーー
http://www.wrun.jp/2019/entry/personal-virtual-run


さて、このチャリティランはどのようなチャリティなのでしょうか?
2019年の大会については、次の通りのチャリティです。
ーーーー
WHITE RIBBON RUN 2019に参加していただいた皆さまのエントリー費の半額を下記の活動に寄付します。
「WHITE RIBBON RUN 2019」では、国際家族計画連盟(IPPF)と連携し、家族計画サービスや避妊具の不足で女性の健康に深刻な影響のある国々への支援を計画しています。(ザンビア・ケニア)
ーーーー


さて、ホワイトリボン運動の日本の事務局は、国際協力 NGO ジョイセフが担っています。
https://white-ribbon.org/

こちらのサイトでは、この取り組みを次のように紹介しています。
ーーーーー
途上国のお母さんや赤ちゃんの命を救うため、ホワイトリボン運動がスタートしました。
1999年、ホワイトリボン・アライアンス(WRA)が設立され、現在では世界155ヶ国の団体や個人が、ホワイトリボンの名のもとに集い、世界中のお母さんが安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、草の根の支援活動を行っています。
ーーーーーー


こちらが、ホワイトリボンの大元であるWRAのWebサイトです。

The White Ribbon Alliance (WRA)
https://www.whiteribbonalliance.org/



ところで、いろいろ情報をみていると、ホワイトリボンについては、女性に対する男性の暴力を防止するためのキャンペーンという、「ホワイトリボンキャンペーン」というものもありました。

The White Ribbon Campaign (WRC)
https://www.whiteribbon.ca/

このキャンペーンは、1989年12月にカナダ・モントリオールで発生した、モントリオール大虐殺と呼ばれる、14人の女性を殺害した事件をきっかけに女性への暴力防止を求めて実施されたものです。ホワイトリボンキャンペーンは、カナダ、オーストラリア、パキスタン、イタリア、そしてイギリスを含む世界60カ国以上で活動しています。

ホワイトリボンで、女性に関する二つのソーシャルムーブメントがあるんですね。
コメントする
コメント