CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/12/28-2019/1/10 | Main | NPOが押さえておきたい省庁情報(2019/01/07-11)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
Vol.004【100夜100組織】公民館 [2019年01月11日(Fri)]

公民館

みんなが知っている公民館。
行ったことのある公民館。

でも、公民館って、なんでしょうか?

『公民館とは、市町村が教育基本法に基づき設置する、生涯教育のための公共施設である。その他に、町内会や部落ごとに地域住民によって設立され、集会場を兼ねている公民館もある。これを区別するために自治公民館と呼ばれている。
公民館と公民権運動は、基本的に関係性はないと思われる。』
(日本地域組織大全より)


山田の地元でも、各町内会ごとに公民館(建物だけで人は常駐していない)があり、さらに各小学校区に職員が常駐している公民館が一つずつありました。同じ公民館と呼んでましたが、前者は自治公民館、後者は法律に基づいた公民館ですね。

社会教育法で定められた公民館は、文部科学省のHPによれば、「公民館は地域住民にとって最も身近な学習拠点というだけでなく,交流の場として重要な役割を果たしています。平成27年10月現在,全国の公民館数は1万4,171館となっています。」だそうです。

平成27年当時、全国の公立の小学校は約20,300校だったので、一つの目安として小学校区に一つにあるような感じでしょうか。
ちなみに、自治公民館は、2002(平成 14)年に実施した調査によると、約7万あったそうです。


Wikipediaの記載では、「公民館は、市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育、学術および文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする(社会教育法第20条)」だそうです。

現在の形の公民館は、戦後、社会教育法に基づき、各地で設立されていきました。


こちらに、2009年頃発行された公民館のパンフです。
これを読めば、公民館の歴史からこれからの未来像まで、とてもわかりやすく理解できると思います。

「公民館(日本語版)」(1ページ目) (PDF:1510KB) PDF
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/09/13/1292569_1.pdf

「公民館(日本語版)」(2ページ目) (PDF:1266KB) PDF
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/09/13/1292569_2.pdf


このパンフに、公民館の役割が記載されていました。

定期講座の開設や、討論会・講習会・講演会等の開催、図書・記録・模型・資料等を備え、その利用を図ること、体育・レクリエーション等に関する集会の開催、各種団体・機関等との連絡、その施設を公共的利用に供すること等を行うとされています。(社会教育法 第 21条第 1 項、第 22 条)


同じく、パンフより、2005年のデータです。
公民館数:17,143館
公民館で働く職員数:52,230人
公民館の年間主催講座数:472,697講座
公民館の利用者数 年間:244,349,217人



さて、公民館は、法律で定められた公共施設のため、禁止事項があります(社会教育法第23条第1項参照)。
・もっぱら営利を目的として事業を行い、特定の営利事業に公民館の名称を利用させその他営利事業を援助すること。
・特定の政党の利害に関する事業を行い、または公私の選挙に関し、特定の候補者を支持すること。
・また、市町村の設置する公民館は、特定の宗教を支持し、または特定の教派、宗派若しくは教団を支援してはならない(社会教育法第23条第2項)。


なるほど、公共施設ゆえに制約がありますね。

この制約の関係もあるようですが、最近では、より多くの人々が施設で交流を深めてもらうよう、公民館を「生涯学習センター」、「交流館」、「地域交流センター」などと言い換えて設置する自治体もあります。
公民館と同じ機能だとしても、社会教育法の枠外にすることで、柔軟に運用ができるようです(住民に運営を委託する、指定管理、有料講座もありなど)。こういった施設を「公民館類似施設」として位置づけられます。

上記の内容は、Wikipediaの情報を参考にしましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

Wikipedia:公民館


最後に、公民館の歌である「自由の朝」をお届けします。

公民館の歌
自由の朝

1.平和の春に あたらしく 
  郷土を興す よろこびも
  公民館の つどいから 
  とけあう心 なごやかに
  自由の朝を たたえよう
2.心の花の におやかに
  郷土にひらく ゆかしさも
  公民館の つどいから
  希望を胸に 美しい
  文化の泉 くみとろう
3.働くものの 安らかに
  郷土に生きる たのしさも
  公民館の つどいから
  まどいになごむ ひとときに
  明日への力 そだてよう
作詞:山口晋一
作曲:下総皖一
コメントする
コメント