CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/11/30-2018/12/6 | Main | No.346【ファンドレイジングスーパースター列伝】水木しげるロード(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.345【ファンドレイジングスーパースター列伝】連邦美術計画(アメリカ) [2018年12月11日(Tue)]

220px-Rachel_Silverthorne_Mural_in_Muncy,_Pennsylvania.jpg連邦美術計画

厳密には、ファンドレイジングでないかもしれませんが、なかなか面白いなと思い、とりあげました。


連邦美術計画(れんぽうびじゅつけいかく、Federal Art Project 、フェデラル・アート・プロジェクトとも訳される。略称FAP)はアメリカ合衆国の連邦政府公共事業促進局が1930年代に打ち出した芸術家支援計画のひとつ。
ーーーーーーーー
(Wikipediaより)

220px-Rachel_Silverthorne_Mural_in_Muncy,_Pennsylvania.jpg
ペンシルベニア州ライカミング郡の郵便局外壁の壁画

世界恐慌に端を発した大不況時代、第二期ニューディール政策の一環として、失業者救済の事業が芸術家支援計画「フェデラル・ワン」で、この計画のうち、ヴィジュアル・アート(美術、視覚芸術)分野の計画が「連邦美術計画」です。
そして、その当時、芸術活動や団体への寄付に対する控除制度が設けられたそうです。

ーーーーーーー
連邦美術計画の最初の目標は仕事のない美術家を政府が雇い、美術作品を連邦政府以外に属する建物(郡役所、郵便局、図書館など)に供給し、市民に美術に接する機会をより多く与えることだった。

連邦美術計画によって5000人〜1万人が雇用され、20万点もの作品が制作され、さまざまなポスター・壁画・絵画・彫刻が作成された。それらの作品は公共機関や学校や病院などに飾られ、2000以上のビルの壁面を覆い、国内で最も目立つパブリック・アートがいくつも誕生した。
ーーーーーーー
(Wikipediaより)

この計画のおかげにより、戦後、新築ビルに建築費の1パーセントをパブリック・アートに使うよう義務付ける条例などができたそうです。

このムーブメントは、アメリカにとどまらず、ヨーロッパにも同じムーブメントが生まれます。

『1パーセントフォーアート』

1パーセントフォーアートとは、公共建築の建設費の1パーセントを、その建築物に関連・付随する芸術・アートのために支出しようという考えのこと。欧米では戦後早い時期に、公共建築の建設費の1%をその建物に関連する芸術に割り当てる法律が成立した。この建設費を環境芸術に割り当てる歩合国や自治体によって様々である。

フランスでは、1%芸術法(1 pourcent artistique=アンプールサン アーティスティック)と呼ばれている。現代美術を大衆層に近づけることを目的に1935年に法案が準備されたが、同法案が正式に文部省より発令されたのは1951年になってからの事である。大学を含む学校建築物のモニュメンタルな装飾事業を義務付けた法令の基礎がここに定められた。
ーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)


【1% For Art】
公共建築物を建てた際、その費用の1%を建物に関連するパブリックアートに割く「1%フォー・アート」は現在、欧米だけでなくアジアでは韓国や台湾でも採用されています。どのような経緯を辿って導入したのか、幾つかの国の事例を紹介します
http://www.1percent-for-art.com/public-art-(world).html


ファンドレイジングの事例として、どうぞ。



Wikipedia:連邦美術計画


Wikipedia:1パーセントフォーアート

By Painting John W. Beauchamp (1906 - ?) - http://www.pavalleys.com/content/property/01903/PDF.pdf, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1972229
コメントする
コメント