CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.341【ファンドレイジングスーパースター列伝】下村善太郎(日本) | Main | No.343【ファンドレイジングスーパースター列伝】前橋城再築&臨江閣建設(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.342【ファンドレイジングスーパースター列伝】前橋二十五人衆(日本) [2018年12月08日(Sat)]

前橋二十五人衆

前橋二十五人衆(まえばしにじゅうごにんしゅう)は、明治時代初期、群馬県令楫取素彦と協力して前橋市に県庁を誘致した前橋の有力者25名を指す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)


明治時代の群馬県前橋市に、すごい寄付者・ファンドレイザー集団がいました。それが、前橋二十五人衆でした。

Wikipediaによれば、こんなストーリーがありました。
→熊谷県が1876年(明治9年)に群馬県と埼玉県に分割される。
→楫取素彦は第2次群馬県の初代県令となった。
→当初県庁は高崎に置かれることになっていた。
→高崎市民は協力的でなかった
→下村善太郎を中心とした前橋の有力者25名が、師範学校の建設や衛生局の設立などに私財を投じ、物心両面から楫取の県政を支える決意を示した。
→楫取素彦はその熱意に感動し、県庁を前橋に移す決心を固めた。
→1881年(明治14年)に県庁が前橋に置かれることになった。


こちらが、前橋二十五人衆です。

下村善太郎(生糸商・初代前橋市長)・勝山源三郎・勝山宗三郎(質商・唐物商)・須田傳吉(紙・油・ろうそく商)・大島喜六(魚問屋)・市村良平(生糸業)・江原芳平(生糸業)・竹内勝蔵・横川重七(河内屋呉服太物商)・松井林吉(糸繭商)・鈴木久太郎(荒物雑貨商)・荒井友七(金物商小松屋本店)・荒井久七(小松屋陶器店)・深町代五郎(味噌醤油醸造業)・八木原三代吉(大地主)・筒井勝次郎(油商)・中島政五郎(肥料商・糸繭商)・田部井惣助(生糸商)・武田友七郎(繭糸商)・横川吉次郎(呉服商・生糸商)・生方八郎・桑原壽平(薬種商)・太田利喜蔵(酒造業・生糸業)・久野幸人・串田宗三郎


実際に、1876年(明治9年)の第2次群馬県の成立に伴う県庁誘致の際、楫取県令の要請に応え前橋二十五人衆が中心となって、多額の寄付金を集めました。この時の県庁職員の官舎建設に係る寄付金総額は2万6千5百円だったそうです。

こちらは、Wikipediaに掲載されていたエピソードです。
ーーーーーーーーー
県庁移転費用調達の協議会では、下村善太郎が「一万両出すから」と口火を切り、ある富豪に「三千両出してもらえないか」と持ちかけたところ、「二十両でも出せない」と嫌がったため、怒った勝山宗三郎がこの富豪の頭を二つ殴り、「一打ちが千両として、二つ打ったから二千両増して(私の分と合わせ)三千両出しましょう」と言ったので、目標金額の三万両は即座に集まったという。
ーーーーーーーーーーーー



さらに、Wikipediaには「前橋町人の寄付文化」という項目もありました。
「前橋町人は生糸などであげた利益を自らの懐に貯めこむのではなく、町の発展のために進んで寄付をおこなっていた」そうです。


こちらのサイトにも、前橋二十五人衆が紹介されていました。

前橋まるごとガイド
幕末維新の志士から各県令、そして前橋市の恩人
楫取素彦(かとりもとひこ)
http://www.maebashi-cvb.com/history/person/katori/index.htm

Wikipedia:前橋二十五人衆
コメントする
コメント