CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.338【ファンドレイジングスーパースター列伝】フラナガン神父(アメリカ) | Main | No.340【ファンドレイジングスーパースター列伝】ファーム・エイド(アメリカ)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.339【ファンドレイジングスーパースター列伝】アジア善隣国民運動(日本) [2018年12月05日(Wed)]

アジア善隣国民運動

アジア善隣国民運動(アジアぜんりんこくみんうんどう)は、1950年代から1960年代にかけての日本で行われた、主に東南アジア諸国との関係改善運動。
ーーーーーーーー
(Wikipediaより)

今から約60年前、こんな取り組みがあったんですね。

『アジア善隣国民運動は、第二次世界大戦後、日本との関係が悪化した東南アジア諸国との関係改善を図るため、内山岩太郎神奈川県知事および神奈川県民有志により開始され、1956年に全国知事会で内山が運動構想を提唱すると知事会の全面協力が得られ、日比谷公会堂でアジア善隣国民運動推進大会(全国大会)が開催された。運動の全国組織である中央本部会長には、その後外務大臣となる藤山愛一郎が就任した。運動の資金源を得るため、同年2月からは全国規模で1本10円で黄色い羽根を購入する募金活動が行われたほか、記念タバコ(ショートピースの特別パッケージ)の販売も行われ、約6,000万円が集まった。資金は順次、東南アジア各国の文化財の保全活動や文化活動に充てられ、フィリピンではマニラ大聖堂の復旧に必要なセメント6万袋の寄贈に充てられたほか、ベトナムには医療団派遣、インドネシアには医療機器の寄贈、ミャンマーには大仏の寄贈、スリランカには仏典編纂のための支援などが行われた。』


この当時で、約6000万円の募金が集まったというのがすごいですね。
ネットで調べると、だいたい今の価値にすると10〜15倍ということなので、約6億円の募金活動になります。
1950年頃、ハガキ1枚2円だったので、黄色い羽根の募金1本10円でハガキ5枚分でしたから、現在のハガキ62円で考えると約300円になります。



アジア善隣国民運動について、昭和33年(1958年)の国会外部委員会で、以下のように討論されています。

ーーーーーーーーーーー
第028回国会 外務委員会 第8号
昭和三十三年二月二十八日(金曜日)
    午前十一時十二分開議
○床次委員長 これより会議を開きます。
 国際情勢に関して調査を進めます。昨日松本君からアジア善隣協会に関する質疑が出ておったのでありますが、これに対して情文局長からお答え申し上げます。
○近藤政府委員 昨日の本委員会で、松本委員からアジア善隣国民運動中央本部について御質問がありました。この団体につきましては、アジア局が取り扱っておるものでございますが、アジア局長が出席できませんので、私からかわって答弁させていただきます。
 アジア善隣国民運動は、そもそも内山神奈川知事外、主として神奈川県下の有志によりまして起されたものでありまして、この運動の主たる目的は、アジア諸国との善隣友好関係の促進を国民間のベースで推進しようとするものでございます。その具体的方法といたしまして、戦争中破壊されましたマニラのカトリック大寺院再建用のセメントの寄贈、セイロンにおける仏典編さんに対する援助等が考慮されておったのでございます。この運動の関係者から国会に対して請願が出まして、それが昭和三十年七月三十日衆議院の外務委員会において受理され、その趣旨に対して賛意が表明されたのであります。また同じ日に参議院本会議において本運動の推進を支持するとの決議がなされた経緯がございます。
 その後、本運動は各界の代表が参加しまして、その組織化がはかられまして、昭和三十一年八月十日、アジア善隣国民運動中央本部の結成大会が開かれたのであります。そのとき役員が正式に決定されたのでありますが、名誉会長といたしまして安井誠一郎氏、会長といたしまして当時アジア協会の会長でありました藤山現外務大臣が会長となられたのでございます。
 この運動の募金運動は昨年の二月から開始されまして、その開始に当りまして全国知事会の協力を受けることになりまして、従いましてこの運動の中央本部の事務局も都道府県会館内に置かれることになりまして、全国知事会議におきましては昭和三十一年十一月六日に、この運動に全面的に協力するということが了承された次第でございます。
 この運動の現在までの事業の実績は、マニラ寺院の建設用のセメント六万袋の寄贈が本年一月完遂いたしましたほか、募金額は約六千万円余に上っておると承知しております。このうちヴェトナムヘの医療団の派遣、セイロン仏教大学設置運動のためのバッジの寄贈等のためにすでに支出されておりますほか、現在この募金の有効な使途について、この国民運動中央本部の理事会を中心に検討中であると承知しております。
 また、先ほど申し上げましたように本運動中央本部の会長として藤山外務大臣がなっておられましたが、外務大臣に就任されるに当りましてこの会長を辞任され、その後会長の地位は空席になっておりますが、これにつきましては過般の理事会において適当な専任の会長の推選をすることが決議されておりまして、現在その後任についてまだ決定をしていないと承知しております。
ーーーーーーーーーーー
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/028/0082/02802280082008a.html



こちらは、佐賀県伊万里市の広報誌です。
伊万里市における募金活動の様子がまとめられています。
http://www.city.imari.saga.jp/secure/9547/No.36(S32-4).pdf

・アジア善隣国民運動は、目標募金額1億5千万円だった(集まったのは約半分)。
・伊万里市での目標額は7万円。
・具体的なプロジェクトが先に決まっていて、それに対する募金活動だった。

※本題とはずれますが、この当時、市の発行する広報誌に値段(一部5円)がついていることに驚きました。


こちらのサイトには、アジア善隣国民運動の記念たばこ(ピース)の写真が掲載されていました。
http://2nd.geocities.jp/smoke201303/s-peace-sub.html

sp-101.jpg


Wikipedia:アジア善隣国民運動
コメントする
コメント