CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPOが押さえておきたい省庁情報(2018/11/19-22) | Main | No.329【ファンドレイジングスーパースター列伝】The Giving Pledge(アメリカ)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.328【ファンドレイジングスーパースター列伝】メトロポリタン歌劇場(MET)(アメリカ) [2018年11月24日(Sat)]

メトロポリタン歌劇場(MET)

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House)はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区のリンカーン・センター内にあるアメリカ随一のオペラ・ハウスである。メトロポリタン・オペラ・カンパニーの本拠地であり、キャストや装置の豪華さで名高い。Metropolitan Opera Associationにより運営されている。しばしば「メト」(MET)と呼ばれる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)


メトロポリタン歌劇場(MET)の歴史や今の状況を解説した本を見つけました。

チャールズ・アフロン/ミレッラ・J・アフロン『メトロポリタン歌劇場――歴史と政治がつくるグランドオペラ』佐藤宏子訳
https://www.msz.co.jp/topics/08733/

まだ購入して読むことができないていないのですが、出版社のページの解説でも、とても参考になりました。メトロポリタン歌劇場は、公演収入と寄付で成立しているそうです。
先のページから少し引用します。
ーーーーー
この「ライブビューイング」で、進行役が毎回きまって口にするフレーズがある。
「METライブビューイング」は皆さまのご寄付によって成り立っています

METは、民間の個人出資者たちが共同で出資してできた国の後ろ盾をもたないオペラハウスであり、約3億ドルと言われる年間予算のうち、国やニューヨーク市の助成は数パーセントにも満たない。

さらにMETがそれだけの運営資金を、チケットの売り上げと商業活動からの収益、民間企業からの寄付、そして、企業からの寄付総額をはるかに超える一般からの寄付で賄っている、と聞けば、ますます驚かずにはいられない。
ーーーーーーー

寄付で運営されているオペラなんですね。
訳者の佐藤宏子さんの講演が、東京女子大学同窓会で開催されたそうです。
その開催報告を見つけましたが、参考になります。

<報告> 10/13現代教養講座
https://twcu-alumnae.jp/sub/honbu/post-29.html



さて、メトロポリタン歌劇場(MET)のホームページは、こちらになります。
https://www.metopera.org/
MET.JPG


公演するオペラの情報の充実ぶり、すごいですね。

その中で、しっかり寄付のページもありました。
https://www.metopera.org/support/make-a-gift/

若者や学生がオペラに親しむためのプログラムや、オペラを広く普及させるためのプログラムなどの支援に充てられる寄付もあります。

また、寄付を贈り物とするプログラムや、座席の銘板に名前を刻むことができる寄付、企業によるマッチングファンドプログラムなどもあります。


ネットでいろいろ情報を検索していると、こんな論文を発見しました。

メトロポリタン歌劇場の革新的アートマネジメント(佐藤 敦子)
https://core.ac.uk/download/pdf/144444041.pdf

1931 年クリスマスの日に、MET は初めて全米にオペラのラジオ中継を行い、その際に聴取者に劇場運営のための寄付を募った。これが、その後の一般人からのファンドレイジングの取り組みのきっかけになったと言われている。

MET の 2011 年度の事業規模を示す総支出額は約 3 億 2,100 万ドル(約 257 億円)であった (5)。これはオペラの制作や劇場運営に係る年間費用の合計で、非営利団体である MET は、この金額を主としてチケットの売上を含む事業収入と寄付金(補助金、協賛金を含む)によって賄っている。

2009 年シーズンの実績値では、2 億8,200 万ドルの総支出額に対し、総収入額は 1 億 5,380 万ドルで総支出額の 54% に過ぎない。通常の企業であれば、営業収支は赤字が継続している状態である。支出に対する収入の不足分は、主に寄付金で補われている。
ーーーーーーーーーー


他にも参考になる記事をご紹介します。

NYメトロポリタン歌劇場、ただいま構造改革中
歌劇のかげに綿密なビジネスプラン
https://style.nikkei.com/article/DGXBZO16303720T11C10A0000000


Yメトロポリタン・オペラへの寄付増加−ゴールドマン慈善基金は減
Patrick Cole
2011年10月17日 13:05 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2011-10-17/LT6XN80D9L3701



こちらは、一般の方のブログ記事ですが、METのファンドレイジングの実態を垣間見える出来事が掲載されています。

Opera! Opera! Opera!
音楽知識ゼロ、しかし、メトロポリタン・オペラを心から愛する人間の、
独断と偏見によるNYオペラ感想日記。
https://blog.goo.ne.jp/madokakip/e/80c03e3a9560f4d4e5d90be7a80d1782




Wikipedia:メトロポリタン歌劇場(MET)
コメントする
コメント