CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【開催案内】スポーツとチャリティを学ぶ!〜先進国の事例から、日本の取り組みをアップデートするヒントを探る〜(日本財団CANAPN・NPOフォーラム)2019年1月10日(木)夜・東京 | Main | 今週の助成金情報(2018年11月21日)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.326【ファンドレイジングスーパースター列伝】防弾少年団(BTS)(韓国) [2018年11月22日(Thu)]

防弾少年団(BTS)

防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん、ハングル:방탄소년단)は2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループである。所属事務所はBigHitエンターテインメント。 2017年から「BTS(ビーティーエス)」の名前でも活動している。
ーーーーーーーー
(Wikipediaより)

640px-BTS_at_the_31st_Golden_Disk_Awards.jpg


韓国のヒップホップグループの防弾少年団(BTS)は、積極的にチャリティ活動に関わっています。

日本ユニセフ協会のWebサイトからの引用です。

ーーーーー
2017年11月、韓国ユニセフ協会とBTS(防弾少年団)、Big Hit Entertainment社は、ユニセフの#ENDviolence(暴力をなくそう)キャンペーンを支援するためのパートナーシップを結びました。
そして、2018年4月、日本においても、日本ユニセフ協会、BTS、Big Hit Entertainment社がパートナーシップを締結。子ども及び青少年に対するあらゆるかたちの暴力を撲滅することを目指して、ユニセフの#ENDviolenceキャンペーンが始まります。
ーーーーーーー
https://www.unicef.or.jp/endviolence/bts/

このキャンペーンは、「Love Myself」キャンペーンという名称で実施されています。
(日本でも上述のWebページで、日本ユニセフ協会を通じて、このキャンペーンに寄付することが出来ます)


韓国ユニセフ協会の発表によれば、開始から1年で1.5億円の寄付が集まったそうです。
こちらの記事に詳しく紹介されています。

2018.11.05
BTS(防弾少年団)、ユニセフ「Love Myself」キャンペーンへの寄付金が1.5億円を超える! 開始から1周年で
https://www.kpopmonster.jp/?p=6946


防弾少年団(BTS)と所属するレーベルもこのキャンペーンに44万7000ドル(約5,000万円)の寄付をしたことが報じられています。。



さらに、2018年現9月24日(月)にニューヨークで開催された国連総会の中で、防弾少年団は、ユニセフの新たなパートナーシップ「Generation Unlimited」の発足を記念する会合「Youth 2030」でスピーチを行いました。

BTS(防弾少年団)、国連総会で世界の若者に向けてスピーチ
アメリカのニューヨークで開催されている国連総会。ユニセフのグローバルパートナーシップ「Generation Unlimited」の発足式でBTS(防弾少年団)がスピーチを行った。
https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a23437021/bts-unicef-180925/


世界中の若者たちへ
BTS防弾少年団が国連総会で行ったスピーチ
#GenerationUnlimited(無限の可能性を秘めた世代)
9月24日(月)、ユニセフのグローバル・サポーターであるBTS(防弾少年団)が、ニューヨークの国連本部で、世界中の若者たちに向けて、「自分自身を語ろう」とメッセージをおくりました。
2030年までにすべての若者が質の高い教育、技能研修、雇用を得られることを目指す、世界的パートナーシップ「#GenerationUnlimited(無限の可能性を秘めた世代)」が発足したこのハイレベル・イベントには、国連事務総長アントニオ・グテーレス氏やユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォア、ユニセフ親善大使リリー・シン氏などの他、「Generation Unlimited」を支持する人々が一同に会しました。
https://www.unicef.or.jp/news/2018/0160.html
(※このサイトに、スピーチの日本語訳と英語原文の全文が掲載されています)

世界の若者に向けて彼らが語ったこと
防弾少年団(BTS)が国連でスピーチ「ありのままの自分を愛してほしい」
https://courrier.jp/news/archives/137816/


こちらが、その時のスピーチの動画(日本語字幕付き)です。




こちらの記事には、他にも防弾少年団のチャリティ活動が紹介されていました。

BTSが世界で成功を収めた理由:K-popのルールや価値観を覆したBTSの軌跡
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/28460/1/1/1

2014年4月に起きた韓国のフェリー船セオル号沈没事故の犠牲者の遺族たちに10万ドル(約1千万円)を寄付した。

数年前にBTSのメンバーSugaがファンに、金持ちになったらファン全員に牛肉を買ってあげると言ったことがあったが、2018年、Sugaは自分の誕生日にその約束を果たした。牛肉を贈呈するファンを選ぶのではなく、ARMYの代理として1万9千ドル(約200万円)分の牛肉を孤児たちに寄付したのである。彼のこの行為に満足したファンはSugaと同じように自分たちも寄付を行った。

BTSが反暴力の「Love Yourself」キャンペーンでユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを結んだとき、彼らのファンはどんな助けが出来るのかをグループに確認したと言う。そしてこの5月、ユニセフUSAが行った栄養失調の子どもたちに食べ物を送るキャンペーンにBTSファンであるARMYが参加し、寄付金額100万ドル(約1億1千万円)を2日間弱で達成した。
※こちらは、スターウォーズとユニセフが組んだ寄付キャンペーンです。
 詳しく、このページに掲載されています。
 https://bts-matome.com/archives/4962



その他に、防弾少年団のユニセフとの取り組みの詳細は、こちらのサイトに詳しく掲載されていました。

ユニセフと「LOVE MYSELF」キャンペーンの協定を結んだ時の記事
https://bts-matome.com/archives/2938



BTS (防弾少年団)、アイス・バケツ・チャレンジで指名され韓国初のALS病院建設へ向け寄付
2018/06/28
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/64918/2

2018/06/27 19:27
「防弾少年団」、寄付でアイス・バケツ・チャレンジに参加
https://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/wowkorea_215643



Wikipedia:防弾少年団

By AJEONG_JM - http://ajeongjm951013.tistory.com/30, CC 表示 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=55457048
コメントする
コメント