CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.322【ファンドレイジングスーパースター列伝】マリア・シャラポワ(ロシア) | Main | 【開催報告】jfraボランティアデー@キフカッション2018年11月14日夜・東京»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.323【ファンドレイジングスーパースター列伝】フェリシモ 地球村の基金(日本) [2018年11月19日(Mon)]

フェリシモ 地球村の基金

大手通販会社の一つ「フェリシモ」。ファッション、子供服から雑貨、手づくり雑貨といった商品をオンラインショッピングすることができます。

フェリシモといえば、社会貢献活動に積極的なイメージがありますが、今回ご紹介する「フェリシモ 地球村の基金」は1993年から実施されている活動です。
https://www.felissimo.co.jp/kraso/gcd771122/

ーーーーーーーーーーーー
毎月1口100円の寄付による参加をいただき、集まった基金で貧困からの自立、自然災害からの救済、復興など、世界各地で進められている活動を支援しています。1993年に基金を設立し、これまでにみなさまから寄せられた基金は累計で3.1億円を越え、59ヵ国249プロジェクトを支援することができました(2018年10月現在)。これまでの経験で培われたネットワークをもとに、必要とされているところに支援することが可能となっています
ーーーーーーーーーーーー

オンラインショッピングで、商品の購入と一緒に手軽に寄付ができるのが素晴らしいですね。

その他にも、様々な基金があります。
現在、寄付ができるのは、こちらの二つになるようです。

フェリシモ わんにゃん基金
月1口 \100(非課税 \100)
一匹でも多くの犬猫をしあわせに!
国内約50の動物愛護団体に拠出され、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、保護動物のフード代や医療費、災害時の動物保護活動、野良猫の過剰繁殖防止活動(TNR)などに活用されます。
1匹でも多くの命が救われ、終生しあわせに暮らせますように。ご参加をお待ちしております。


フェリシモの森基金
月1口 \100(非課税 \100)
次の世代に緑あふれる地球を贈るために
次世代の子どもたちに緑豊かな森を残すために、1990年に発足した「フェリシモの森基金」。スタート時はまだ「環境問題」という言葉がようやく浸透しかけていた時でした。毎月100円で未来に緑あふれる社会を贈る、という思いに賛同いただいたみなさまからのご支援で、国内外各地で多数の森づくりを進めてきました。
これまでに集まった基金は、国内外の森の育成を通して、地球全体の緑化事業の支援に活用してきました。インドでは荒野だった大地に象が帰る森が、東北では生命を守る防災の森が生まれています。100円は小さな力なのかも知れませんが、みんなで続けることで描く未来をつくることができます。続けることで、豊かな森づくりを推進していきます。


東日本大震災 毎月100円義援金(基金)
月1口 \100(非課税 \100)
ずっと、みんなで続ける応援 東日本大震災義援金
みなさまから毎月お寄せいただく100円の義援金で、復興への長い道のりを応援する「続ける支援」。お預かりした基金は生活の復興、地域の環境や文化、産業の振興への支援などに活用。現在は主にとうほくIPPOプロジェクトにて推進中です。100円に込められたあたたかい思いをつなぎ合わせ、これからの東北、そして日本全体を元気づけていきたいと考えています。(2011年3月より開始)


自然栽培農法推進基金
月1口 \100(非課税 \100)
もっと知って、考えて、生産者のみなさんを応援しよう!木村秋則式「自然栽培農法推進基金」発足!
フェリシモでは木村式自然栽培農学校と、自然栽培指導員の育成に積極的に協力するために、「自然栽培農法推進基金」を創設しました。この基金は木村式自然栽培農学校と指導員の育成に役立てていきます。(2014年10月より開始)


北海道胆振東部地震 毎月100円義援金(基金)
月1口 \100(非課税 \100)
北海道厚真町地域おこし企業人から支援のお願い。
お世話になっている東胆振の町に恩返しがしたい。
こんにちは。フェリシモスタッフの三浦と申します。私は昨年より総務省の「地域おこし企業人制度」を活用して、北海道厚真町(あつまちょう)の役場に出向しています。9月6日の震災当日も厚真に居て自宅で被災しました。大好きだった美しい田園風景に土砂が流れ込み、主要産業である農業や林業に深刻な被害が出てしまいました。近隣の市町村でも大きな被害がでています。それでも、「これからがんばっぺ」と立ち上がろうとしている地域の仲間たちがいます。なんとかみんなを支えたい。フェリシモが窓口になってできることで、町に恩返しをしたい。そんな思いから今回、急遽この場をお借りして、みなさんに支援のお願いにあがりました。
おそらく復興にはとても長い時間がかかります。一時的な支援よりも、みなさまとフェリシモだからこそできる、継続的な支援を続けていけたらと思います。
現地の状況もまた場をつくってお知らせしてまいります。どうかご支援のほどよろしくお願いします。


過去には、もっといろんな基金があるようです。
こちらのページの下部にまとめて掲載されています。
https://www.felissimo.co.jp/company/csr/?iid=p_kr_170131_GD

ちゃんと、過去の活動報告がそのまま掲載されているのがいいですね。
コメントする
コメント