CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.318【ファンドレイジングスーパースター列伝】沖縄平和賞(日本) | Main | 今週の助成金情報(2018年11月15日)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.319【ファンドレイジングスーパースター列伝】PGAツアーのプロゴルファー(世界) [2018年11月15日(Thu)]

PGAツアーのプロゴルファー

たまたまネットで検索していて見つけたサイトがこちらです。
『在米ゴルフジャーナリストが見た、プロゴルファーの知られざる素顔』
https://www.drsgate.com/company/c00074/index.php

この連載記事がすごいんです。
2018年11月1日時点で、16本の記事が掲載されています。
プロゴルファーの社会貢献活動をがっつり紹介しています。
まさに、プロゴルフ界のファンドレイジングスーパースター列伝です。


サイトからの引用です。
『プロゴルファー・松山英樹選手がPGAツアーの総合ランキング2位(2017年6月現在)になったというニュースで盛り上がっているアメリカ・プロゴルフ界。
全米オープンゴルフの賞金総額は1,200万ドル、優勝賞金は216万ドル(2億4000万円)という夢の世界だ。そんな華々しい舞台で転戦する選手たちに、実は社会貢献活動にも精力的に取り組んでいる人が多いということをご存知だろうか? 世界有数のトップゴルファーたちが、なぜ社会貢献活動に力を入れるのか? 「Number」「ALBA」などスポーツメディアに寄稿する在米ゴルフジャーナリストの舩越園子氏がその理由を解き明かしていく。』


この文章を読むだけでも、ワクワクしてきます。

最初の方の記事から、少しだけ引用して、ご紹介します。


『全英オープン覇者、ジョーダン・スピースの強さの秘密』
https://www.drsgate.com/company/c00074/02.php?
妹エリーのためにゴルフをする。妹エリーのために勝利を目指す。妹の存在こそが「自分のゴルフの原点だ」と言い切るスピースは、2013年のジョンディア・クラシックを制し、米ツアー初優勝を挙げた直後から、その優勝賞金を活かす形でジョーダン・スピース財団を設立した。
 知的障害者、身体障害者、経済的事情で教育が受けられない子供たちのために活動していくことが彼の財団の目標だ。

『マスターズ2勝のバッバ・ワトソンが一人の人間として抱く夢』
https://www.drsgate.com/company/c00074/03.php?
ワトソンは米フロリダ州のバグダッドという小さな田舎町で生まれ育った。父親がグリーンベレーと呼ばれる陸軍特殊部隊の将校だったこともあり、ワトソンは幼いころから愛国心に溢れていた。そのスピリッツが、国への愛のみならず、人間愛にも発展していったのだろう。彼は昔から社会貢献やチャリティにとても積極的だった。

『アーニー・エルスの山谷の越え方』
https://www.drsgate.com/company/c00074/04.php?
エルスが心配していたのは家族のことばかりではなかった。ジュピターにはエルスが創設した自閉症の子供たちのための教育施設『エルス・センター・オブ・エクセレンス』があり、ハリケーンに襲われたら、その施設や子供たちに何が起こるかわからない。だから彼は欧州行きを中止したのだ。

『ゴルフより大切なものを知って強くなったプロゴルファー』
https://www.drsgate.com/company/c00074/05.php?
翌年、リーシュマン夫妻は敗血症を多くの人々に知ってもらうための財団を設立。チャリティ・トーナメントも創設した。
「米国では年間25万人が敗血症で亡くなっている。でも早く治療すれば治るんだ」


もう、記事を読むだけで、本当に感動します。
ゴルフ好きはもちろんのこと、そうでない方もぜひ、お読みください。
コメントする
コメント