CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今週の助成金情報(2018年10月26日) | Main | No.301【ファンドレイジングスーパースター列伝】ハードロックカフェ(世界)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.300【ファンドレイジングスーパースター列伝】中條政恒(日本) [2018年10月27日(Sat)]

中條政恒

中條 政恒(なかじょう まさつね、天保12年3月8日(1841年4月28日) - 明治33年(1900年)4月14日)は幕末の武士(米沢藩士)、開拓事業者。福島県安積郡桑野村(現・郡山市)の原野の開墾に尽力し「安積開拓の父」と呼ばれた[1]。幼名は与七郎、号は開成山人、磐山。中條政済の長男。建築家・工学士の中條(ちゅうじょう)精一郎の父[注 1]。作家・宮本百合子の祖父。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)


今回ご紹介する「中條 政恒」が呼びかけて、今の福島・郡山の街が作られたそうです。

中條政恒が立ち上げたのが「開成社」。
郡山の商人25名に声をかけて、安積開拓をするための組織として結成されました。

2009年(平成21年)に開成社が135周年を迎えたことを記念して作成されたホームページで紹介されていましたので、引用します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明治初頭の1873年(明治6年)、「安積開拓の父」といわれた中條政恒の呼びかけで、
郡山の商人により「開成社」が誕生しました。
「開成」は、中国の古典『易経』に登場する「開物成務」から名付けられたもので、
“万物を開発してあらゆる事業を完成させること”を意味し、
これを座右の銘とした中條の、 安積開拓に対する熱い思いが込められています。
当時はまだ、荒涼とした原野が広がっていたこの地で、私財を投じて開拓事業を起こし、
困難を乗り越えながら、夢の実現に取り組んだ開成社の働きは、
やがて郡山市が福島県の「商業県都」と呼ばれるまでに発展する「礎」となりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.kaiseisya.jp/index.html

集まった商人25人自らがお金を出し合い、開拓を行ったそうです。


さらに、そこから時代が下がり、大正時代に、今度はまちの造成として、現在の郡山市の市街地の原型は、この時に民間の力で整備されたそうです。こちらに詳しく掲載されていました。

広報こおりやま2010年10月号
特集「まちの原型は大正時代に民の力で作られた」
https://www.city.koriyama.fukushima.jp/063000/koho/documents/kouhou201010.pdf


自らの私財を提供しなぜ民間の方たちがまちづくりを行った。

明治20年に福島駅が出来た。明治40年に、東部耕地整理組合が結成され、駅前周辺の整備を目的とした東部耕地整理事業開始。

大正5年に、民間の人たちで組織された「郡山町西部耕地整理組合」。道路整備や治水工事を行った。その当時、費用は35万円、現在のお金に換算して3億円以上の費用がかかったそうです。

これらの組合が、現在の一般財団法人郡山耕整会となっている。


郡山の開拓の歴史も、かなり面白いですね。
街そのものが、ある意味、寄付で出来た都市といえますね。
コメントする
コメント