CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.284【ファンドレイジングスーパースター列伝】メタリカ(アメリカ) | Main | NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/10/5-2018/10/11»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.285【ファンドレイジングスーパースター列伝】寄付付き私募債(日本) [2018年10月12日(Fri)]

寄付付き私募債

最近、「寄付」でWeb検索をすると、寄付付きの私募債のニュースをよく見かけます。
これは、地域の企業が発行する私募債について、地域の金融機関(主に地銀・第二地銀が多いようです)がその発行を受託し、発行手数料の一部を金融機関が、私募債を発行した企業が指定した学校や自治体等に寄付や物品贈与を行うというものです。

正式な名称はないようで、金融機関によって「寄付型私募債」や「CSR私募債」と表記をしています。


まとまった解説記事がないので、少し調べてみました。

まずは、「私募債」についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社や公共団体が発行する債券は、大きく2つに分かれる。不特定多数に販売する一般的な公募債と、少数特定の投資家に債券発行をする私募債である。私募債を会社が発行する目的は、株式会社が長期の資金調達をするため。私募債に分類される条件としては2種類あり、1つは発行する対象の人数が50人未満であること。もう1つは金融機関に所属するプロの機関投資家のみに限定して発行することである。後者の場合は人数が50人を超えてもかまわない。公募債と異なり、比較的に規制が緩く、時価評価による財務内容を公表する必要がないのが特徴。
ーーーーーーーーーーーーーー
コトバンク:ASCII.jpデジタル用語辞典
https://kotobank.jp/word/%E7%A7%81%E5%8B%9F%E5%82%B5-4307


先ほどの説明の通り、この私募債の仕組みに、寄付が組み込まれたものが「寄付付き私募債」となります。
具体的に、いくつかの銀行の事例をご紹介します。


◎愛知銀行
http://www.aichibank.co.jp/corporate/finance/private_bond/asunaro/index.html

あいぎん寄付型私募債「あすなろ」は、当行が私募債を発行されるお客さまから受け取る発行手数料の一部で、書籍やスポーツ用品、楽器等を購入し、お客さまが指定する学校や地方公共団体等に寄贈する私募債です。

<概要>
対象のお客さま:当行の私募債適債基準を満たすお客さま
発行額
 銀行保証付:1億円以上2億円以内(10百万円単位)
 信用保証協会保証付:1億円以上5億6千万円以内(10百万円単位)
            2億5千万円までは原則無担保
償還期間:2年以上7年以内(最長)
償還方法:満期一括償還または定時償還
金利:当行所定の固定金利
手数料:当行所定の手数料
寄贈者:愛知銀行(寄付に関する手続きは、当行が全て行います)
寄贈先:発行企業が指定する当行営業エリア内の教育機関、地方公共団体等
寄贈品:発行企業が指定する物品(発行額の0.2%相当額を上限に当行が購入します)
寄贈について:寄贈は当行および発行企業の連名で行います
      発行企業や寄贈先のご要望に応じ、贈呈式を開催します
     (当行からの寄贈であり、発行企業の寄付金控除対象等には該当いたしません)

愛知銀行.JPG
(愛知銀行のホームページより引用)



次に、滋賀銀行は、SDGs私募債 「つながり」 という制度があります。
http://www.shigagin.com/company/catalog/tsunagari/

こちらも、寄付付き私募債のスキームですが、「SDGs」を冠にしています。


愛媛銀行は、「復興支援型私募債」ということで実施しています。
https://www.himegin.co.jp/new_csr/20180820_2.html
『平成30年8月20日
当行は、株式会社二神組様の発行する「復興支援型私募債」を受託いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。
この私募債は、一定の財務内容等の基準を満たす優良企業が発行するもので、私募債発行時に当行が発行企業様より受け取る私募債発行手数料の一部を、平成30年7月豪雨災害による被災者支援の一環として、発行企業様が希望する平成30年7月豪雨の災害義援金に寄付をする商品です。
今回は、株式会社二神組様のご希望により、「愛媛県豪雨災害義援金」として、当行から寄付いたしました。』



最後に、こちらの記事も参考になりました。

りそなHD、1000億円の大型CSR私募債募集
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-28/P98ARC6JTSEB01

この記事の中では、「寄付型のCSR私募債」と表現されています。
先の寄付型私募債と同じ、銀行がもらう手数料の一部を寄付するスキームです。

ただし、他の銀行のCSR私募債を見ると、CSRに取り組んでいる企業に対して優先的に私募債を引き受けるというものあります。

山陰合同銀行
CSR型銀行保証付私募債
http://www.gogin.co.jp/www/contents/1000000594000/index.html
『CSR型銀行保証付私募債とは
企業の財務健全性に加えて、企業が行う「CSR活動」を評価する私募債。
近年企業には継続して事業を行い利益を計上するだけでなく、現代社会を構成する一員としてその責任(CSR)を果たすことが求められています。CSR型銀行保証付私募債は社会的責任を積極的に担う企業を評価する私募債です。』


いずれにしても、私募債という仕組み、面白いですね。
コメントする
コメント