CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.273【ファンドレイジングスーパースター列伝】ルイスポート・エリア・フライト15奨学金(カナダ) | Main | No.275【ファンドレイジングスーパースター列伝】ロータリークラブ(世界)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.274【ファンドレイジングスーパースター列伝】ポール・ニューマン(アメリカ) [2018年10月01日(Mon)]

ポール・ニューマン

ポール・ニューマン(Paul Newman, 1925年1月26日 - 2008年9月26日)はアメリカ合衆国の俳優である。3度のアカデミー賞受賞を初めとして数多くの受賞歴を持つ。また食品製造会社「ニューマンズ・オウン」の設立者であり、1982年の設立以降挙げた純利益2億2千万ドルを全額寄付。その他レーサー、政治運動家としても多くの功績を残した。1950年代以降半世紀以上にわたり第一線で活躍した人物である。
ーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)

映画俳優のポール・ニューマンも、素晴らしいフィランソロピストでした。
ポール・ニューマンが起業した食品製造会社「ニューマンズ・オウン」(Newman's Own)をご存じでしょうか?

ポール・ニューマン.JPG

https://newmansown.com/home


Wikipediaの解説によれば、「自家製のサラダを自慢していたニューマンは1982年、冗談半分で食品会社「ニューマンズ・オウン」を設立した。極力食品添加物を排除したフレンチ・ドレッシングやランチドレッシングは好評を博し、スパゲッティー(あるいはパスタ)のソースやポップコーンの販売にも着手する。日本では日本アムウェイが商品の販売に参入するなどポールの知名度も相乗効果を齎し、瞬く間に世界規模での事業拡大に成功。純利益を全額、貧困に喘ぐ子供たちに寄付している。」ということです。


ニューマンズ・オウンのサイトから、その物語をピックアップしました。

ポール・ニューマンによって、1982年に設立された食品飲料会社が「Newman's Own」。
その会社のの唯一のオーナーが「Newman's Own Foundation」(IRS認定の慈善団体)となります。
慈善目的のためにNewman's Own製品の販売から得られる金額は、Newman's Own Foundationを通じて慈善活動に使われています。。

この「100%の利益をチャリティへ」というコミットメントは、ポール・ニューマンズが創設した際の2つの価値感の1つです(もう1つは「品質は常にボトム・ラインを越える」)。

「100%の利益をチャリティへ」という意味は、明確しないといけないと考えています。35年近くにわたりこれをやっており、2017年5月現在、世界中の何千もの団体に5億ドル以上を寄付しています。

「100%の利益をチャリティへ」について、利益の100%をいうと、食品および飲料事業の売上から得られるすべての収入から、通常の事業費を差し引いた残額です。すべての事業(営利目的または非営利目的)と同様に、従業員報酬と給付、旅行、商品代金、輸送費、倉庫管理、マーケティングと広告、備品、占有費、税金など、Newman's Ownを運営するために必要な通常の事業費があります。経営陣は、年次予算の作成を担当し、審査および承認のために取締役会に提出する。報酬方針および慣行は、当社の報酬基準の妥当性を評価するために定期的に外部の第三者による、取締役会から独立した報酬委員会の権限の下に置かれています。

定義した100%の利益は、ニューイングランドにある、ニューマンズ・オウン財団に送られ、アメリカの国歳入庁のコード501(c)3に基づいて慈善団体として認識されます。

財団は独立した取締役会によって運営されています。独立取締役会は、財団の財源を慈善目的のためにのみ使用する義務があります。財団は、慈善団体に助成金を提供し、その他の適格慈善費用を支払うとともに、慈善団体への将来の約束を守るために、慈善目的を実行し、緊急事態に迅速に対応できる資金提供能力を維持するなど、プログラムに関連する投資を行い、予期せぬ支出をカバーしています。すべての場合において、

Newman's Own Foundation のプログラム、運営、財政、および人々は以下のサイトで確認することができます。
www.newmansownfoundation.org


Newman's Own Foundationのサイトに掲載されていた最新の実績は以下の通りです。

◎1982年から2018年6月:合計で5億3000万ドルを超える22,000件以上の助成金

◎2017年:945件以上の助成金、計29,386,526ドル(財団から29,000,000ドル、企業から386,526ドル)

◎2018予算:$ 26,500,000(財団から)



Wikipediaによれば、他にもいくつかのチャリティ・フィランソロピー活動をしていました。

1978年には、息子スコットが酒とドラッグに溺れ命を落とした。愛息の死を嘆いたポールは、麻薬撲滅運動の展開を決意。ドラッグで命を絶たれた息子の名を冠した「スコット・ニューマン基金」を設立 し、ドラッグの弊害を描いた映画やテレビ番組に対する資金提供を行っている。

ニューマンにとって私生活での著名な活動の1つである「ニューマンズ・オウン」は四半世紀に及ぶ運営で挙げた2億2000万ドルの純利益を全額恵まれない子供たちに寄付。1993年にはその功績に対しアカデミー賞のジーン・ハーショルト友愛賞が贈られた。俳優としての活動に終止符を打った後は、これらの事業や家族とのコミュニケーションに専念する意向を示していた。

2007年6月、中西部オハイオ州ガンビアの母校ケニヨン大に対し、奨学基金の設立資金として1000万ドル(約10億円)の寄付を申し出た。今回の寄付について「母校への個人的愛情や恩義」と説明。奨学金は家庭の事情で学費が払えない非白人のマイノリティー(少数派)の学生らに支給されていくという。


本当に、素晴らしい人でした!


こちらの記事も参考になります。

アメリカの食品ブランド「ニューマンズオウン」で美味しくチャリティ
https://eigo-life.com/792.html
コメントする
コメント