CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【開催案内】『草の根ロビイング勉強会』〜「食品ロス削減推進法案」の実践事例から学ぶロビイングの基礎〜 2018年8月27日(月)夜・東京 | Main | No.220【ファンドレイジングスーパースター列伝】模合(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【開催案内】JWLI&日本財団CANPAN・NPOフォーラム Partnering for a Better World〜アメリカの事例から、セクターを超えたコラボレーションの仕方を学ぶワークショップ〜2018年9月15日(土)午後・東京 [2018年08月07日(Tue)]

今回のCANPANセミナーは、アメリカ・ボストンで日本人女性向けの社会変革リーダー研修プログラムを実施している「Japanese Women’s Leadership Initiative (JWLI)」が企画する、社会変革のためのワークショップを開催します。

バナー.jpg

現在の日本において、社会問題が複雑化している中で、その問題解決のためには、NPO、行政、企業などセクターを超えて協力して取り組むことが重要になってきています。本ワークショップでは、アメリカのNPOの事例をお聞きしながら、セクターを超えたコラボレーションの仕方について学ぶ場として企画しました。
社会問題解決に取り組むにあたり、行政や企業へのアプローチの仕方や支援の獲得方法など、さまざまなステークホルダーの巻き込み方を紹介いたします。公衆衛生の部門で全米最大級のNPO「Management Sciences for Health」で30年以上にわたってプリンシパル・テクニカルアドバイザーを務めた、シルビア・ヴリーセンドルプさんを講師にお招きして、アメリカやアフリカでの成功実例を紹介しながら、ディスカッションベースでお話を進めていきます。

参加者同士のネットワーキングの機会にもなりますので、ぜひワークショップに参加して、社会問題に立ち向かう仲間を増やしませんか?

【ワークショップから学べること】
• 行政や企業の巻き込み方法
• 行政、企業、非営利団体の3者間での協力体制の築き方、継続の仕方
• 行政を巻き込むための有効なアプローチの方法、戦略の立て方
• 政策提言に影響を及ぼす方法
• アメリカのファンドレイジングの方法
特に、アメリカのグラント・ライター(助成金や支援金に特化した申請書の作成および、それらの資金調達の情報収集を専門とする業務)から得られるヒントや、ファンドレイジングのコツなど

JWLI&日本財団CANPAN・NPOフォーラム
Partnering for a Better World
〜アメリカの事例から、セクターを超えたコラボレーションの仕方を学ぶワークショップ〜


日 時:2018年9月15日(土)13:30〜16:30(開場13:15)
会 場:日本財団ビル 日本財団ビル2階会議室
対 象:NPO、行政、企業など、セクターを問わず、興味関心がある方ならどなたでも
定 員:40名
参加費:3,000円(要事前申込・キャンセル不可)
主 催:Japanese Women’s Leadership Initiative (JWLI)、日本財団CANPANプロジェクト
言 語:日本語と英語

★★★お申込みはこちら★★★
http://canpan20180915.peatix.com
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

【スケジュール】
13:30 オープニング
    ・本日の趣旨説明(日本財団CANPAN 山田泰久)
    ・アメリカでの社会変革(フィッシュ・厚子さん)
13:50 講演「クロスセクター・コラボレーションについて」
    講師:シルビア・ヴリーセンドルプさん
14:50 休憩
15:00 ワークショップ(応用とディスカッション)
    ・グループワーク形式で実施
16:00 まとめ
16:20 クロージング


【こんな方にオススメ】
日本社会に良い社会変革を起こしたいNPOや社会起業家の方々必見!

• 行政や企業との連携に興味がある方
• アメリカ社会における企業や行政の社会問題解決に対する取り組み、非営利団体の役割や位置づけを学びたい方、最新事例・成功事例に興味がある方
• 近い未来に自ら率先してアクションを起こしたい方、すでに起こしている方
• 社会問題解決にあたり、似たような志を持つ仲間を増やしたい方
• 企業や行政に勤務しており、非営利団体と協力体制のもとに問題解決をしたい方

【講師プロフィール】

シルビア・ヴリーセンドルプさん
画像1.jpg

Management Sciences for Health(1971年設立、40カ国以上で活動し、公衆衛生の分野では全米最大級の非営利団体)に、リーダーシップとマネジメントセンター部門の、プリンシパル・テクニカルアドバイザーとして、2018年6月まで30年以上関わる。発展途上国でのファミリー・プランニング、エボラやエイズなどの感染症予防、及び女性や子供の健康に関わる様々なプロジェクトに携わる。

途上国におけるヘルスケアの分野で約40年の経験を持ち、「全ての人々のより健康的な生活」を目指し、公衆衛生や組織的・社会構造的な解決を目指す。オランダ出身。レバノン、アフガニスタン、イエメン等で暮らした経験がある。現在は、ボストン郊外に住む。

オランダのライデン大学で心理学を専攻後、組織開発、異文化トレーニング、リーダーシップ開発、グループ・ファシリテーション等のコーチングを専門とする。
Management Sciences for Health (MSH): http://www.msh.org/

【JWLIについて】

画像2.png

JWLI(Japanese Women’s Leadership Initiative)は、日本各地より選ばれた、活躍が期待される女性リーダーたちを、さらに行動力のあるリーダーへ育成します。ボストンで行われる4週間のプログラムを中心とした2年間にわたる研修を通して、応募者の中から選ばれた「フェロー」たちは、リーダーとなる自信とマネージメントのスキルや知識を身につけ、社会変革をもたらす具体的なプランを構築し実現に向け推進します。東京での事前研修後、ボストンでは非営利団体、社会起業家やインキュベーターなど数団体を視察訪問し、組織運営のノウハウやファンドレイジングの手法、リーダーシップなどを学びます。また、アントレプレナーシップの分野で全米1位を誇るバブソン大学にて、1週間にわたる女性社会人向けのリーダーシップ研修にも参加します。さらに、同大学教授による指導のもと、自身が実現したいと考える社会変革に対するアクションプランを立案し発表します。帰国後はメンターの伴走のもと、その実行プランを日本社会において2年で実現していただきます。

JWLIは、年二回、春と秋に行われます。次回の2019年春プログラムへの参加応募は、今年の年末に開始予定です。

詳細・最新情報は下記URLからご覧下さい。
Website: http://jwli.org
Facebook: https://www.facebook.com/jwliboston/

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。


<参加申し込み>
http://canpan20180915.peatix.com
・お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、ATM払い等の前払いとなっています。
・事前参加申込は9月15日(土)10時に締め切ります。
・定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・なお、コンビニ払い、ATM払いの場合は、9月14日(金)24時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・当日現金での受付は対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はPeatixのサイトから印刷するものとなります。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。


<個人情報の取扱に関して>
個人情報保護法に定義されます個人情報に該当する情報については、主催である日本財団CANPANプロジェクト(事務局:NPO法人CANPANセンター)、Japanese Women’s Leadership Initiative (JWLI)で実施する事業で使用させて頂きます。 当該個人情報の第三者(業務委託先を除く)への提供または開示はいたしません。ただし、お客様の同意がある場合および、法令に基づき要請された場合については、当該個人情報を提供できるものといたします。
◎個人情報保護方針
 http://www.canpan.jp/privacy.html


【チケットのお申し込みに関するお問い合わせ】
Peatixコールセンター
0120-777-581
10:00〜18:00 | 年末年始、GWを除く

【お問合せ先】
日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
E-mail:canpanforum@canpan.jp
※お問合せはメールでお願いします。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

The Nippon Foundation CANPAN NPO Forum x Japanese Women’s Leadership Initiative
present
Partnering for a Better World
an interactive workshop on cross-sector collaboration

DETAILS:
Title: Partnering for a Better World
Date: Saturday, September 15, 2018
Time: 1:30p.m. – 4:30p.m.
Venue: The Nippon Foundation
Address: The Nippon Zaidan Building 1-2-2 Akasaka, Minato-ku Tokyo 107-8404
Languages: English and Japanese
Registration Fee: 3,000 yen


EVENT FLOW:
1:30p.m. Opening Remarks
• Purpose of the Workshop (Mr. Yamada, The Nippon Foundation)
• Social Change in the U.S. (Ms. Atsuko Fish, Fish Family Foundation)
1:50p.m. Lecture: Cross-Sector Collaborations
Lecturer: Sylvia Vriesendorp, Management Sciences for Health
2:50p.m. Break
3:00p.m. Workshop (practical application and discussions)
• Group Work format
4:00p.m. Wrap up
4:20p.m. Closing Remarks

DESCRIPTION:
Japanese Women’s Leadership Initiative (JWLI) and CANPAN at Japan Foundation are excited to host an interactive workshop on cross-sector collaboration!

In Japan, social issues are becoming complicated. To solve the problems, it is necessary for different sectors, such as nonprofits, government, and industries to collaborate with one another. This interactive public event is intended to show its participants what is possible in terms of engaging the government and the private sector in bringing about social change. Case studies of successful tripartite collaboration will be provided. This interactive workshop should produce the following takeaways: people leave knowing pressure points for getting the government to participate in needed social change, and influence policy making (plus some tools for doing so).

During the interactive workshop, the participants are expected to form groups of a few for discussions. Each group will identify and discuss pressing social issues its members are currently addressing (this could be broad like support for working women, disability, disadvantaged youth, elder, poverty reduction, etc.) and have people in smaller subgroups address a series of questions. The questions are the tool for zooming in on the critical issues presented during the lecture (what/who/where, etc.)


The workshop is provided both in English and Japanese for Japanese nonprofits and social entrepreneurs:
• To be better positioned by understanding their ecosystems including the government (central or municipal), corporate and other nonprofit organizations,
• To identify pressure points in the government (politicians and bureaucrats) and strategize approaches for endorsement, and
• To influence policy-making to secure a budget and resources for their causes.

Overall points included in this workshop are:
• Introduction and Setting the context to bring in the learnings from outside source
• Case studies of how this is done in the U.S. and Africa (Mali-gender based violence reduction initiative).
• Examples of professions in the U.S. surrounding this topic including grant making as well as some lessons grant writers have learned over the last few decades.
• Clarify your goal and objectives, knowing who to target, craft messages and prepare messenger(s), and build coalitions with others pursuing similar goals.

FACILITATOR:
画像1.jpg
Sylvia Vriesendorp is an independent consultant and has over 35 years of experience working in the health sector of developing countries with a focus on capacity development of health professionals, public health managers and leaders to improve the performance of the health systems at national and local levels. Since 1986 she has worked in various positions at Management Sciences for Health (MSH), a nonprofit public health consulting organization based in Washington DC and Boston, MA. She has made multiple trips to Japan to work with the Foundation for Advanced Studies in International Development (FASID) and HANDS, a Japanese international development NGO. As leader of the MSH team, she has received JWLI fellows during their stay in Boston, since 2014 for a brief workshop on leadership in the NGO field. Born, raised and schooled in the Netherlands, she has made the United States her permanent home since 1981. Aside from her native Holland and the US, she has lived and worked in Afghanistan, Lebanon and (North) Yemen.

JWLI:
画像2.png
The Japanese Women’s Leadership Initiative (JWLI) is a 2-year leadership development program and invests in emerging women leaders from across Japan and will transform them to be action-oriented leaders. Through a four-week core training in Boston, selected applicants, referred to as Fellows, will acquire confidence to lead, skills and knowledge to manage, and create a plan to make social change. The four weeks include participation in the Women’s Leadership Program at Babson College, a 5-day intensive entrepreneurial management program, and visits to successful nonprofit organizations in Boston to learn their best practices on nonprofit management and leadership. Also, the Fellows develop their Action Plans to turn their visions of social change into reality. Upon returning to Japan, they will work towards achieving their vision, leveraging their experience and knowledge acquired in Boston, and working with their mentors.
web: http://jwli.org/
Facebook: https://www.facebook.com/jwliboston

Posted by 藤川 幸子 at 15:03 | NPO支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント