CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.225【ファンドレイジングスーパースター列伝】坂本九(日本) | Main | No.227【ファンドレイジングスーパースター列伝】クラフトビール「Ales for ALS 」(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.226【ファンドレイジングスーパースター列伝】島耕作(日本) [2018年08月14日(Tue)]

島耕作

『課長島耕作』(かちょうしまこうさく)は、弘兼憲史による日本の漫画。『モーニング』(講談社)にて、1983年から1992年まで掲載され、2018年3月1日にてコミックDAYSにて毎日再掲される。
------------------
(Wikipediaより)

あの「島耕作」が、西日本豪雨水害の復興支援のために立ち上がりました。
しかも、たぶん日本で一番知られているだろう日本酒の「獺祭」とのコラボです。

獺祭の旭酒造のWebサイトからです。

西日本豪雨被災者復興支援 純米大吟醸 獺祭 島耕作
https://www.asahishuzo.ne.jp/info/information/dassai-shimakousaku.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
島耕作と獺祭が手を組み、西日本豪雨の被害に前向きに取り組むお酒です。

img_shimakousaku_flyer.jpg

このお酒は2018年7月に西日本豪雨時に、酒蔵内で発酵中に、停電の被害を受けたお酒です。
そのお酒は、十分に美味しい、ただ、私達の思う獺祭としての品質基準には届かず、通常の獺祭としては世に出せません。

そのお酒を、できるだけポジティブな形で、西日本豪雨への被害を心配されている皆様の想いに応え、被害を受けた様々な地域のお役に立てるお酒にしたい。

旭酒造のそんな想いに、漫画家の弘兼憲史氏が共感し、弘兼氏の漫画の主人公であり、様々な困難に直面し、それを前向きに乗り越えてきた、島耕作氏を使用し、「獺祭 島耕作」として販売することとなりました。

このお酒については、販売価格である1200円のうち200円をこの度の西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付させていただきます。

※8月10日より全国の特約店、旭酒造直営店、WEB店にて販売開始いたします。
旭酒造直営店、WEB店は8月2日15時より予約を開始いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー
(写真、文章ともに引用)

WEB店は、こちらから購入することができます。
https://www.dassaistore.com/products/detail.php?product_id=116


新聞記事などによれば、65万本を出荷されるそうです。
1本200円の寄付とすれば、なんと1億3千万円の寄付になりますね。


AERAのWeb記事に詳しく掲載されているので、ぜひご覧ください。

3万の”獺祭”が1200円?! 島耕作ラベルで総額1億円以上を被災地支援へ
https://dot.asahi.com/dot/2018080200070.html?page=1


もう一つ、島耕作の生みの親である、漫画家弘兼憲史さんは、こんな寄付をされていました。

OB・OGインタビュー
漫画家 弘兼憲史さん
https://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2007b/137e.html

WASEDA BEARという 大学キャラクターの「産みの親」
ーーーーーーーーーーーー
結局、約60点の応募作品の中から選考委員会が3点に絞り込み、これを学生・校友・教職員を中心に人気投票にかけて、僕が提出したWASEDA BEARが最終的に早稲田の理事会で最優秀作品に選ばれた、というわけです。今から7年前の2000年のことです。

 賞金は全額大学に寄付し、もちろん著作権も大学に差し上げました。自分の作品が大学のキャラクターに採用されるのは、光栄なことですからね。
ーーーーーーーーーーーーーーー


Wikipedia:島耕作
コメントする
コメント