CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/8/3-2018/8/9 | Main | No.224【ファンドレイジングスーパースター列伝】1964年東京パラリンピック(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.223【ファンドレイジングスーパースター列伝】リチャード・ブランソン (イギリス) [2018年08月11日(Sat)]

リチャード・ブランソン

サー・リチャード・チャールズ・ニコラス・ブランソン(Sir Richard Charles Nicholas Branson, 1950年7月18日 - )は、イギリスの実業家。コングロマリット、ヴァージン・グループの創設者で会長を務める。
ーーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)

136px-Richard_Branson.jpg

Wikipediaでは、イギリスの慈善家として、紹介されています。
具体的なファンドレイジングの事例はわかりませんでしたが、本当にいろんな活動をされているようです。


◎Virginのリチャード・ブランソン会長「死ぬかと思った」──自転車事故で
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/27/news020.html

Virgin STRIVE Challengeへの参加は決行する予定。このチャリティイベントは、Virginが支援し、非営利慈善団体BIG CHANGEが組織するもので、今年で3回目。今回はアルプス山脈のマッターホルンからシチリア島にある活火山、エトナ火山の頂上までのルートを人力のみで踏破するというハードなもので、参加費やその他の寄付をBIG CHANGEを通じて若者の育成のために寄贈する。目標額は150万ポンド(約2億円)

→STRIVE Challenge
https://strivechallenge.com/
--------------


◎リチャード・ブランソン 「高度10,000メートルの人生」
 https://ja.tiny.ted.com/talks/richard_branson_s_life_at_30_000_feet

リチャード・ブランソンがTEDのクリス・アンダーソンを相手に、億万長者としての成功から何度もの死と隣り合わせの経験まで、自身のキャリアの軌跡について語り、さらに彼の(驚くべき)モチベーションの元を明らかにします。

このインタビューの中で、リチャード・ブランソンに次のような質問をしています。
「CA: 近年始められた 資本家としての慈善事業について 教えてください」

この質問への回答は、リチャード・ブランソンの慈善活動をいろいろ紹介しています。
ーーーーーーーーーーーー


◎ジャパン・スピーカー・ビューロー(JSB)
 リチャード・ブランソン
 http://www.japanspeakerbureau.com/speakers/bio_038/

リチャード・ブランソン候は1950年に生まれ、ストウ・スクールを卒業した。彼がスチューデント・マガジンを16歳のとき創刊したのはここで、17歳までに若者を助けるチャリティ団体であるスチューデント・アドバイザー・センターをも設立している。

2002年にはヴァージンが持つ会社の総売上高は40億ポンドを超えた。彼は自身のビジネス活動に加えて、複数の慈善団体の役員を務めており、その中には、AIDSに関連した健康教育を行う為の主要健康慈善団体で、1987年に設立しヴァージン・ヘルスケア基金などが含まれている。

この基金はParents Against Tobacco と呼ばれる、タバコ会社が広告やスポーツへのスポンサー活動を制限することを目的としたロビー活動にも関わってきている。

彼の助けにより、コミック・リリーフやその他の慈善活動を通じて1億ポンドを超える資金を調達することが出来た。
ーーーーーーーーーーー


Wikipedia:リチャード・ブランソン

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=560893
コメントする
コメント