CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【平成30年7月豪雨】避難生活地で必要となる参考情報やWebサイト集(日本財団CANPAN調べ) | Main | No.213【ファンドレイジングスーパースター列伝】1888年の磐梯山噴火(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.212【ファンドレイジングスーパースター列伝】濃尾地震(日本) [2018年07月31日(Tue)]

濃尾地震

大きな災害が、寄付や慈善活動、社会事業を促進するきっかけとなっていることは否めません。
そういった視点でいえば、1891年(明治24年)10月28日に、濃尾地方で発生した「濃尾地震」もエポックメイキングのような地震です。

Wikipediaからの引用です。

◎濃尾地震は、1891年10月28日6時38分50秒に発生した。震源は、岐阜県本巣郡西根尾村(現・本巣市)。河角廣 (1951) は岐阜市付近(北緯35.6度、東経136.6度)に震央を仮定し規模 MK = 7.0 を与え、マグニチュードは M = 8.4 に換算されているが、明治・大正期の地震については0.5程度大きく見積もられているとされる。

◎「根尾谷断層帯」が活動した典型的な内陸地殻内地震(いわゆる直下型地震)であり、これは日本の陸域で発生した地震としては観測史上最大である。

◎濃尾2県はもとより、近隣の滋賀県や福井県にも被害は及んだ。明治時代では最大規模の地震であり、宇佐美龍夫『新編日本被害地震総覧』によると、死者は7273名、負傷者17175名、全壊家屋は14万2177戸を数えた。
-----------------------


この濃尾地震では、数多くの孤児が生まれたそうです。
以下の資料によれば、「1136名」もいたとのことです。
「濃尾大地震と児童救済事業
―浄土真宗本願寺派の動向を中心に―」
徳広圭子
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180721170729.pdf?id=ART0010443358


この孤児を救済するために活動したのが、岡山の石井十次であり、東京の石井亮一でした。
『石井十次は濃尾地震や東北大飢饉により発生した孤児を受け入れ,岡山孤児院は一時期 1,200 人を超える児童を収容した。また石井亮一は濃尾地震で孤児となった少女のために孤女学院 (1891。後に滝乃川学園と改称し東京府滝野川村に移転,孤児教育と知的障害児教育を行う ) を開設する。』
慈善事業・社会事業にみる災害福祉
後 藤 康 文
http://gku-repository.gifu-keizai.ac.jp/bitstream/11207/241/1/ronshu_51%282%29_061_GOTO.pdf



濃尾地震にまつわる慈善活動については、面白い資料を発見しました。
「義援金を競い合う」
北原 糸子(神奈川大学 非常勤講師)
http://www.sonpo.or.jp/news/publish/safety/dizaster/yobou_jihou/pdf/ybja_ez/ybja-ez-223.pdf

「この3枚続き錦絵は明治24年(1891)10月28日に発生した濃尾地震(M8.0)後、各地から寄せられた義援金の施主と義援高を題材に、面白おかしく、鯰絵漫画に仕立てたものである。」
ということで、この当時の義援金の金額がわかります。

「天皇皇后の2万6千円の恩賜金、続いて各宮家の義援金、華族、関係部署の大臣、役人、県知事、尾張・美濃の旧藩主、各国領事などの顕官貴顕を一覧表の頭に置き、次に銀行、郵船会社などの企業、新聞社、本願寺や日蓮宗、菓子職、人力車夫組合、次いで歌舞伎役者、新吉原の芸妓、茶屋仲間、東京神田・浅草・芝、本郷辺の個人商店主などと並ぶ。東京の義援者が大半で、横浜の義援者が多少入り交じっている程度である。」

「さて、義援比べはどうだろう。将棋を競うのは、三井物産(300円)対古河市兵衛(200円)、川上音二郎(50円)対小劇場、医師(100円)対新聞社(11円35銭)、幇間(たいこもち) (5円)対茶屋(100円)、左団次・団十郎・菊五郎(猟師対庄屋対狐の拳遊び)など、」



Vol.4 日赤が養成中の看護婦が初めて活躍〜濃尾地震震災〜
http://www.jrc.or.jp/plaza/display/vol4/

日本赤十字社は医師10人と共に養成した看護婦20人からなる救護班を派遣し、被災者の救護にあたりました。

日本赤十字社は、磐梯山噴火の翌年の1889年に日本赤十字社看護婦養成規則を制定し、看護婦を養成することを決めます。そして1890年4月に一期生10人が入学、さらにその翌年の濃尾地震災害にその10人を現地に派遣したのです。
ーーーーーーーーーーーーーー

災害救援の活動の歴史でもありますね。
勉強になります。


Wikipedia:濃尾地震

By 歌川国利 (1847 - 1899) - 『岐阜市街大地震之図』 (http://morimiya.net/online/ukiyoe-big-files/U782.html), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=17042753
コメントする
コメント