CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【ご案内】Bmaps杯(ビーマップカップ)の開催 | Main | No.184【ファンドレイジングスーパースター列伝】早稲田大学(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ヨシムラ トシアキ
【開催案内】はじめての、あらためての助成金フル活用講座(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年8月28日(水)午後・東京 (08/24) 三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【ご案内】第2回 全国47都道府県のNPO支援組織が選ぶ「社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」エントリー募集中!!2018年9月30日(日)まで [2018年07月02日(Mon)]

CANPANも委員会として関わっている「社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」の募集が今年も始まりました。

original.jpg


【今年度のエントリー募集中】
社会課題の解決を支えるICTサービス大賞の募集が始まっています!
募集は以下の3部門。〆切は2018年9月30日(日)です!

A.社会課題解決部門
 具体的な社会課題の解決を促すためのICTサービス。
 例)子どもの貧困、健康寿命延伸、地球温暖化等の様々な社会課題解決を促進するもの

B.NPO運営支援部門
 NPOの組織運営や事務、経営の改善を加速させるICTサービス。
 例)ファンドレイジング促進、ボランティアコーディネート、業務管理、事務の効率化等

C.災害支援・緊急救援部門
 自然災害などの発生時に、その緊急救援や復興支援を支えるICTサービス。
 例)災害情報共有、被災者安否確認、避難所運営等

たくさんのご応募、お待ちしています!
http://npo-ict-award.jp/


第2回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞 応募要領

1. 応募者に必要な資格
(1)応募者の資格本賞の趣旨を理解し、社会課題の解決に貢献したいと考える事業者であること。
(2)日本国内に活動拠点を持つ事業者であること。事業者の業種や、事業の営利・非営利(NPO等)の形態は問いません。
   ※個人事業の場合は事務局にご相談ください。
(3)直近の決算期の業績が黒字であることが望ましい。
(4)コンプライアンス(公序良俗に反する事業を行っておらず、3 年以内に法人や構成員が重大な法令違反をしておらず、重大な労働災害を起こしていない)を遵守していること。
(5)社会通念上不適切と思われる事業者からの応募は受理できません。


2.応募対象サービス
(1)応募対象が「社会課題の解決を支えるICTサービス」であること。
 ただし、以下の3部門のいずれかに該当すること。
 A.社会課題解決部門
  具体的な社会課題の解決を促すためのICTサービス。
  例)子どもの貧困、健康寿命延伸、地球温暖化等の様々な社会課題解決を促進するもの
 B.NPO運営支援部門
  NPOの組織運営や事務、経営の改善を加速させるICTサービス。
  例)ファンドレイジング促進、ボランティアコーディネート、業務管理、事務の効率化等
 C.災害支援・緊急救援部門
  自然災害などの発生時に、その緊急救援や復興支援を支えるICTサービス。
  例)災害情報共有、被災者安否確認、避難所運営等

(2)2018年4月時点で提供していないサービス、および1年以内に終了が見込まれるサービスは応募できません。
(3)応募内容が他の特許等を侵害している場合、または係争中の場合は応募できません。
(4)その他、社会課題の解決を支えるICTサービス大賞実行委員会(以下、「実行委員会」)が不適と判断した応募は受理できません。


3.応募の条件
(1)応募には、該当するサービスの責任者(企業・団体の代表者・責任者等)の同意が必要です。
(2)審査に伴う追加の資料提供やヒアリングを求める場合がありますので、その対応が可能であること。
(3)受賞した場合、表彰式(2018年10-11月中旬開催予定)に出席できること。


4.審査・選出方法
実行委員会による書類審査及び必要に応じて行うヒアリング等による選考を経て、最終選考で表彰サービスを決定します。
(1) 第1次審査(書類審査)
 応募書類により審査を行い、有望な候補の絞り込みを行います。必要に応じて、ヒアリング等を実施します。
(2) 最終審査
 第1次審査で絞り込まれたサービスについて、最終選考会を行い、各賞の受賞サービスを決定します。


4.審査の基準
以下の各項目に関して、定量(数値指標)・定性(記述)の両側面から審査を行います。
(1) 社会課題解決のインパクトそのサービスが直接ないしは間接(NPO等の課題解決者の取り組みの広がりや効果を向上する等)的に成果をもたらしていること。あるいは、今までにない、新しい社会課題への注目や新しいアプローチや目線での解決に取り組み、成果をもたらしていること。または、社会課題の根治や広がりの抑止など、社会課題の発生自体を止め、抑止するものであること。
(2)サービスをつくりとどけるしくみや体制サポート体制、マニュアルの提供、各地域の中間支援組織との連携、持続的にサービス提供できるモデルや体制、社会課題解決に向けた理念とNPO等の活用への理解、NPO等の社会課題の解決の担い手が利用しやすい配慮(NPOプラン等) など。
(3)多様な利用者への配慮初心者でも使いやすい操作性、障がい者や高齢者への配慮、様々な立場や思想を持つ人への配慮、多言語対応、マルチプラットフォーム対応 など。
(4)波及効果当該サービスの利用者数、展開エリア、当該サービスがもたらす、組織やセクターを超えた多様な主体の連携促進や他の社会課題の解決へのつながりや促進への寄与 など。
(5)社会課題解決サービスの業界の発展への寄与他の事業者・団体が参考にし、新たなサービスの開発・向上に繋げるなど、広く応用・展開できるサービスであること。また、きらりと光る尖った特徴を持つ独創性・革新性のあるサービスであること。



5. 応募方法
下記のウェブサイトから所定のフォームよりお申し込みください。
ウェブサイトURL http://npo-ict-award.jp/
※必要事項の入力には時間がかかります。予め入力内容をご確認ください。
※以下の情報の入力が必要となります。
 1.応募事業者・団体:事業者名・団体名、代表者名、住所、WEBサイト、設立年月日
 2.担当者:名前、部署、連絡先(電話)、連絡先(メール)
 3.応募サービス:サービス名、サービス紹介WEBサイト、提供開始日、利用金額、サービス概要
 4.審査項目に関するアピール内容:
   (1) 社会課題解決のインパクト、
   (2)サービスをつくりとどけるしくみや体制、
   (3)多様な利用者への配慮、
   (4)波及効果、
   (5)社会課題解決サービスの業界の発展への寄与
 5.推薦コメント:利用者などからの推薦コメント(記入は任意)

〇応募受付期間:2018年6月6日(水)から2018年9月30日(日)


〇応募費用:応募に際して、手数料等はかかりません。


6.受賞発表・表彰@ 受賞発表
受賞発表は2018年10-11月を予定しています。受賞サービスおよび受賞内容をホームページ等で発表します。

〇表彰
受賞事業者に対して2018年10-11月中旬に表彰式を行います。
表彰式等の詳細については追って受賞事業者に連絡します。

〇受賞後の広報・PR等へのご協力のお願い
受賞事業者に対しては、受賞発表後、各種イベント等でのご講演や、
本賞に関する広報・PR活動へのご協力をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。

〇表彰の取消し
表彰後に重大な法令違反や行政処分、本賞の受賞に相応しくない事象などが発覚した場合は、
受賞を取り消すことがあります。その場合、表彰状等はご返納いただきます。


7.お問い合わせ
社会課題の解決を支えるICTサービス大賞実行委員会
運営委員会(事務局):ICT支援者ネットワーク(担当:NPO法人SEIN・宝楽)
電話 072-355-3225
E-mail npo-ict@npo-sein.org
※応募状況や、審査状況、受賞者決定前の候補者、審査結果に関するお問い合わせにはお答え出来ません。
※審査の公正を期するため、応募内容や応募書類の書き方に関する個別のご相談・ご面会はお受けできません


8.主催・共催
主催:「社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」実行委員会
共催:NPO法人 NPOサポートセンター

詳細はこちら。
http://npo-ict-award.jp/
コメントする
コメント