CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.179【ファンドレイジングスーパースター列伝】善堂(中国) | Main | NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/6/22-2018/6/28»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.180【ファンドレイジングスーパースター列伝】サンフランシスコ地震1906における日本からの義援金(アメリカ) [2018年06月29日(Fri)]

サンフランシスコ地震1906における日本からの義援金(

220px-San_Francisco_in_ruins_view_from_Captive_Airship_above_Folsom_1906.jpg
(地震により壊滅したサンフランシスコ市街)

サンフランシスコ地震(サンフランシスコじしん、San Francisco earthquake)は、1906年4月18日早朝にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ周辺を襲った、およそマグニチュード7.8[1]と見込まれる大地震。震源はサンフランシスコの近くを通るサンアンドレアス断層にある。地震及びその後の火災は、ハリケーン・ガルベストン及びハリケーン・カトリーナなどと並び、アメリカ合衆国の歴史の中で主要都市で起こった最も被害の大きい自然災害の1つとなった。
ーーーーーーーーーーーーーー
(Wikipediaより)

約100年前にアメリカであった大地震。

Wikipediaから引用です。

・サンフランシスコ市内では、充分な耐震強度を備えていなかった建造物の多くが倒壊し、少なくとも50ヶ所で火の手が上がった。水道管が破損していたため、満足な消火活動を行えず、火災は3日間燃え続けた。陸軍は、残っている建造物をダイナマイトで爆破して、防火帯を作った。

・当時のサンフランシスコの人口約40万人に対し、死者は公式発表によれば約500人、後年の研究では約3千人とされており、また22万5千人が家を失った。

・この地震によるサンフランシスコ市内の被害総額は、約5億ドル(21世紀初頭の消費者物価で100億ドル相当)に上った。


この大地震に対して、日本からはどのような支援があったのでしょうか。
ネットで調べたものですが、引用します。

渋沢栄一デジタルミュージアム(深谷市)
5.大震災と渋沢栄一(情けは人のためならず)
http://www.city.fukaya.saitama.jp/shibusawa_eiichi/shokai/story/1400203015711.html

『明治39年(1906年)にアメリカのサンフランシスコに大地震があり、日本の財界では災害見舞金の拠出に首脳陣が前例がないため大変苦慮していたとのことでした。その時、渋沢栄一が頭取をしていた第一銀行が当時のお金で1万円の寄付を申し出ました。すると、頭を痛めていた関係機関から見舞金が次々と集まり17万円もの義援金をサンフランシスコに送ることが出来たそうです。』


知る見る食べるアメリカ
第一章世界規模の絆を生んだサンフランシスコ大地震
http://www.myfood.jp/w_myfood/us_discovery/2012/03/post.html

『日本国内では日本赤十字社を通じた義援金募集と病院船派遣が閣議決定。これは日本政府初の海外緊急援助でした。さらに明治天皇が20万円の下賜を申し出、それに刺激された財界からはすぐに15万円の義援金が集まりました。そして日本は政府として50万円の見舞金をサンフランシスコ市に贈ることも決定します。これは当時の国家予算の1000分の1にあたる金額でした。』


ジョンソン・エンド・ジョンソンの災害援助活動は、1906年にサンフランシスコで発生した大地震と火事の緊急支援に始まったそうです。
https://www.jnj.co.jp/group/contribution/01/index.html?nv=side


Wikipedia:サンフランシスコ地震1906

By Panoramic Photographs Taking the Long View, 1851-1991, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10770
コメントする
コメント